アラダイス解任で一転…アメリカ行き噂のルーニー、エバートン残留か!?2018.05.17 16:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド移籍で基本合意に達したことが伝えられていたエバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32)に、残留の可能性が出てきたようだ。イギリス『サン』が伝えている。

▽5月に入って浮上したルーニーのアメリカ行きの噂。ルーニーはクラブに対して不満を持ち、クラブ側もユナイテッドでの輝かしい活躍ぶりと比べ、同選手の今シーズンの出来が満足できるほどのものではないことから放出も視野に入れていることがアメリカメディアによって報じられた。その後、イギリスメディアでもクラブの間で基本合意に達したことやルーニーがチームメイトやスタッフに別れの挨拶を行ったと伝えられたことからアメリカ行きが現実味を帯びてきている。

▽そんな中、エバートンは16日にサム・アラダイス監督(63)を解任。『サン』によるとチームが新体制を迎えることからルーニーは交渉を保留に。アメリカ行きを決断する前に、新指揮官との話し合いを考えているという。現在、後任にはワトフォード前監督のマルコ・シウバ氏が最有力であることが伝えられているが、ルーニーはどのような決断を下すのだろうか…。

コメント

関連ニュース

thumb

ルーニー、MLSへ…アメリカに到着

▽エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32)のアメリカ行きが迫っている。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』が独占情報として伝えたところによれば、ルーニーはワシントンに到着。メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド入りに向け、会談とメディカルチェックに臨むという。 ▽ルーニーは、代理人のポール・ストレットフォード氏を引き連れ、DCユナイテッドの幹部らと会談。まだ移籍金を含めて取引成立に至ってないものの、早ければ2日以内にもまとまる可能性が高い模様だ。 ▽ルーニーは2017年夏、数々の栄誉を勝ち取ってきたマンチェスター・ユナイテッドに別れを告げ、古巣エバートンに復帰。プレミアリーグでチームトップの10ゴールを挙げるなど、公式戦40試合11得点3アシストを記録した。 2018.05.24 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元米代表GKハワード、元同僚ルーニーのMLS入りを歓迎「衰えたなんて思っていない」

かつてマンチェスター・ユナイテッド、エバートンでプレーした元アメリカ代表GKティム・ハワードが、現在うわさとなっている元同僚ウェイン・ルーニーのDCユナイテッド入りに歓迎の意向を示している。<br><br>現在コロラド・ラピッズでプレーしているハワードは『ワシントン・ポスト』の取材で次のように述べている。<br><br>「ウェインの年齢(32歳)はそれほど問題ではないと思う。衰えたなんて思っていないし、彼ほどのプレーヤーだったら経験を生かして、常に最適な判断ができるだろうしね。ベン・オルセン(DCユナイテッド監督)だって、ルーニーがどこでプレーするのが理想的か、すでにイメージしていると思うよ」<br><br>その一方でハワードは「だけど、MLSは決して簡単なリーグではない。彼はアメリカでも数々のリスペクトを受ける存在として迎えられるだろう。そんな中でもウェインはMLSで本領を発揮し、最高のプレーを見せてくれるはずだ。チームは間違いなく強くなるだろうし、MLSにとっても素晴らしいことだと思う」と言及。MLSは過小評価されるべきリーグではなく、ルーニーの次なる選択肢として&ldquo;価値がある&rdquo;と強調している。<br><br>1979年生まれ、現在39歳のハワードは2003年から在籍したマンチェスター・U時代にルーニーとともにプレー。2006年からエバートンで11年に渡ってプレーし、南アフリカ・ワールドカップではアメリカ代表のGKとしてイングランド代表のルーニーとも対峙した。プレミアリーグで長らく活躍したハワードからしても、ルーニーのMLS挑戦はリーグ全体のレベルが底上げされる、興味深い話題と見ているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.18 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、“残留請負人”ビッグ・サムを解任!

▽エバートンは16日、サム・アラダイス監督(63)を解任したことを発表した。 ▽エバートンは昨年11月末日、サム・アラダイス監督を招へい。当時リーグ13位、降格圏との勝ち点差「8」という際どい位置にいたトフィーズを最終的に8位に上げ、“残留請負人”としての腕力を発揮した。 ▽2019年6月まで1年半契約だったが、クラブはビッグ・サムと袂を分かつことを決意。契約が12カ月残っていることと、プレミアに残留させた実績から、600万ポンド(約9億円)の違約金が発生するようだ。 ▽なお、イギリスメディアによれば、後任にはワトフォード前監督のマルコ・シウバ氏が最有力と伝えられている。 2018.05.16 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

トフィーズ、数日以内に監督交代へ

▽エバートンが、まもなく監督交代に踏み切るようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽エバートンは昨年11月末日、サム・アラダイス監督を招へい。当時リーグ13位、降格圏との勝ち点差「8」という際どい位置にいたトフィーズを最終的に8位に上げ、“残留請負人”としての腕力を発揮した。 ▽それでも、エバートンは来季に向けて新監督を迎える準備を進めているようで、アラダイス監督招へいの際にも声をかけていたとされるマルコ・シウバ氏(40)が、次期指揮官として最有力候補となっているようだ。 ▽これまでスポルティング・リスボンやオリンピアコス、ハル・シティを指揮してきた同監督は、昨年5月にワトフォードの監督に就任。アグレッシブなスタイルで初戦のリバプールとの打ち合いを演じると、第8節ではアーセナルから白星を挙げるなど上位をキープしていた。しかし、徐々に黒星が目立つようになると12月には4連敗を喫するなど調子を下げ、今年1月21日にクラブを解任されていた。 ▽『ミラー』によれば、エバートンは2日以内に会議を開き、何らかの決定を下すだろうと推測されている。 2018.05.15 18:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーニー移籍の噂が浮上したDCユナイテッド指揮官「何もない」と語るも…

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドで指揮を執るベン・オルセン監督は、エバートンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーへの興味を認めた。アメリカ『TMZスポーツ』が報じた。 ▽イングランド代表の得点記録を持つルーニーは、2017年7月にマンチェスター・ユナイテッドから自身が育ったエバートンへと移籍。開幕2戦連続ゴールなど、復活が期待された中、最終節を残した時点で31試合に出場し10ゴールを記録している。 ▽エバートンのサム・アラダイス監督は、ルーニーが移籍を求めていないと語っていたものの、DCユナイテッドとルーニーの間に話し合いが持たれていたと報じられていた。 ▽そんな中、DCユナイテッドのオルセン監督がルーニーへの興味を認めたものの、契約を結ぶまでは遠い道程があると語った。 「何について話しているのか、私にはわからない」 「確実なことは、契約については何も行われていないということだ。しかし、そこにはいくつかの関心がある」 2018.05.12 16:45 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース