アラダイス解任で一転…アメリカ行き噂のルーニー、エバートン残留か!?2018.05.17 16:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド移籍で基本合意に達したことが伝えられていたエバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32)に、残留の可能性が出てきたようだ。イギリス『サン』が伝えている。

▽5月に入って浮上したルーニーのアメリカ行きの噂。ルーニーはクラブに対して不満を持ち、クラブ側もユナイテッドでの輝かしい活躍ぶりと比べ、同選手の今シーズンの出来が満足できるほどのものではないことから放出も視野に入れていることがアメリカメディアによって報じられた。その後、イギリスメディアでもクラブの間で基本合意に達したことやルーニーがチームメイトやスタッフに別れの挨拶を行ったと伝えられたことからアメリカ行きが現実味を帯びてきている。

▽そんな中、エバートンは16日にサム・アラダイス監督(63)を解任。『サン』によるとチームが新体制を迎えることからルーニーは交渉を保留に。アメリカ行きを決断する前に、新指揮官との話し合いを考えているという。現在、後任にはワトフォード前監督のマルコ・シウバ氏が最有力であることが伝えられているが、ルーニーはどのような決断を下すのだろうか…。

コメント

関連ニュース

thumb

「反則でもないのにあれは厳しすぎる判定だ」エバートン指揮官がジャギエルカ退場の判定に苦言

エバートンのマルコ・シウバ監督は、DFフィル・ジャギエルカの退場は厳しすぎる判定だったと不満をあらわにした。<br><br>11日に行われたプレミアリーグ開幕戦でエバートンは昇格組のウォルバーハンプトンと対戦。1-0で迎えた40分、主将のジャギエルカがゴール前でコントロールミスから相手にボールを奪われそうになり、スライディングで止めに入った。しかし、このプレーに対してクレイグ・パウソン主審はレッドカードを提示。10人になったエバートンは2度のリードを守り切れず、2-2で引き分けに終わった。<br><br>しかし、この主審の判定に納得できないシウバ監督は試合後、『スカイスポーツ』で「厳しすぎる判定に見えた。それにあの場面で反則はなかったように映った。あのレッドカードの後、彼らに得点されてしまった」とレフェリーの判定に苦言を呈した。<br><br>「最初、彼はファウルを取っていなかったが、少し時間が経って、1秒か2秒後にレッドカードを提示した。まあいいさ。あれは彼の判断で、我々はその決定に敬意を払う必要がある。しかし、レフェリーの判断が本当に正しかったとは思えない」<br><br>一方で、高額でワトフォードから加入し、デビュー戦で2ゴールを挙げたリシャルリソンについて「彼にとってファンタスティックなスタートだ。金額は重要ではないし、それが彼の市場価値だったんだ。しかし、最高の才能を見せつけてくれた」と活躍を喜んだ。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.12 14:59 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のウルブスvsエバートンはドロー! リシャルリソン2発もネヴェス1G1Aで譲らず《プレミアリーグ》

▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、ウォルバーハンプトンvsエバートンが11日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽昨季、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのウルブスと、昨季8位のエバートンによるポルトガル人指揮官同士の一戦。久々のプレミア復帰となるウルブスは今夏の移籍市場でポルトガル代表の守護神と司令塔であるルイ・パトリシオ、モウティーニョ、ジョニーやラウール・ヒメネスら実力派の新戦力を補強。今回の開幕戦にはその新戦力を先発で起用してきた。 ▽一方、前ワトフォードのマルコ・シウバ監督を新指揮官に据えたエバートンもバルセロナからミナ、ディーニュ、アンドレ・ゴメスの3人にベルナールやリシャルリソンなど積極補強を敢行。ただ、今回の開幕戦はリシャルリソンを除き昨季の主力を起用してきた。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、エバートンの新戦力が早速魅せる。17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのベインズがクロスを入れると、ゴール前でマイケル・キーンが競ったこぼれ球にいち早く反応したリシャルリソンがゴールに蹴り込んだ。 ▽新エース候補のリシャルリソンの移籍後初ゴールで先手を奪ったエバートンはその後も安定した試合運びを見せる。しかし、このまま1点リードでハーフタイム突入と思われた40分にアクシデントが発生。最終ラインのパス回しでコントロールミスを犯したジャギエルカがこぼれ球に反応したジョッタに足裏を見せたタックルを見舞い、一発レッドで退場に。さらに、このファウルで与えたボックス手前のFKをネヴェスに見事な右上隅への直接FKで決められた。 ▽1-1のスコアで折り返した試合は数的優位を得たホームチームが立ち上がりから押し込んでいく。だが、ジャギエルカ退場後にシグルドソンを下げてDFホルゲイトを投入したエバートンも[4-4-1]の組織だった守備ブロックで失点を許さない。 ▽すると67分、左サイド深くに持ち込んだリシャルリソンがトスンとのワンツーでボックス左に抜け出すと、相手DFの股間を抜く見事なグラウンダーのコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、新星のこの試合2点目で10人のエバートンが勝ち越しに成功した。 ▽一方、10人相手にホームで負けられないウルブスは積極的に攻撃的なカードを切ってここから猛攻に打って出る。すると80分、相手陣内左サイドでボールを持ったネヴェスからの絶妙なクロスに反応したヒメネスが泥臭くヘディングシュートを右隅に流し込み、同点に追いついた。その後、互いに中盤が間延びした中でカウンターの応酬となったものの最後の場面で決め手を欠き、試合はこのまま2-2でタイムアップ。 ▽10人相手のホームゲームで勝ち切れなかったウルブス、2度のリードを守れなかったエバートンと互いに消化不良の形で初戦を終えることになった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.12 03:39 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、移籍期限ギリギリでズマをレンタルで獲得

▽エバートンは10日、チェルシーのフランス代表DFクルト・ズマ(23)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽エバートンはプレミアリーグの移籍期限最終日の9日、市場が閉まるギリギリに、ズマ獲得に関する書類を提出。書類審査のためにさらに2時間の猶予が設けられたことで、レンタル移籍が決まった格好だ。 ▽2014年夏にチェルシーに加入したセンターバックのズマは、チェルシーでこれまで公式戦74試合に出場。昨季はストーク・シティにレンタル移籍し、プレミアリーグ34試合に出場して1ゴールを記録していたが、チームを降格から救うことはできなかった。 ▽エバートンは今回の移籍市場が閉まる直前の9日に、バルセロナからコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)とポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(25)両選手の獲得を発表。最後の最後まで慌ただしい夏となった。 2018.08.11 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍市場はまだ終わってない?! エバートン、ズマ獲得オペレーション継続中!発表は間もなく

▽エバートンのトランスファーウインドウはまだ閉じていないようだ。 ▽例年とは異なり、リーグ開幕の前日で終えることになったプレミアリーグの移籍市場。終わってしまえば、いかなる場合でも選手の獲得はできないのだが、エバートンにはまだ可能性が残されているようだ。 ▽イギリス『エクスプレス』によれば、エバートンは市場が閉まるギリギリに、チェルシーのフランス代表DFクルト・ズマ(23)獲得に関する書類を提出。そうした場合、書類審査のためにさらに2時間の猶予が設けられ、その間に必要な書類を用意することが出来るという。 ▽ESPNの記者のリアム・トゥーミー氏によれば、この契約がFA(イングランドサッカー協会)によって拒否されることはないという。現在まで公式発表がないのは単に書類審査の遅れが原因と伝えている。 ▽また、エバートンのマルコ・シウバ監督も記者会見で「ほとんど完了している。しかしまだ公式にはできない」とコメント。ズマのエバートン移籍は秒読み段階となっている模様だ。 ▽エバートンは今回の移籍市場が閉まる直前の9日に、バルセロナからコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)とポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(25)両選手の獲得を発表。最後の最後まで慌ただしい夏となった。 2018.08.10 22:32 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コロンビア代表DFミナ&ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスのエバートン移籍を発表!

▽バルセロナは9日、コロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)とポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(25)がエバートンに移籍したことを発表した。 ▽バルセロナの発表によると、ミナの移籍金は3025万ユーロ(約38億円)で完全移籍。さらにエバートンからボーナスとして150万ユーロ(1億9000万円)を受け取ることになる。一方、アンドレ・ゴメスは1年間のレンタル移籍となり、レンタル料は225万ユーロ(約2億9000万円)となる。 ▽ミナは、今年1月にパルメイラスからバルセロナに加入。バルセロナ初のコロンビア人選手として期待を集め、先のロシア・ワールドカップでDFながら3得点をマークするなど活躍した。 ▽一方のアンドレ・ゴメスは、2016年夏にバレンシアからバルセロナへ加入。2016-17シーズンは途中出場が多くもリーグ戦30試合に出場したが、17-18シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の信頼を得ることが出来ず、リーグ戦出場は16試合にとどまった。 ▽また、2014年にデビューしたポルトガル代表では、これまで29試合に出場。ロシア・ワールドカップの候補メンバーに選出されていたものの、最終メンバーに入ることはできなかった。 2018.08.10 03:30 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース