レスターがアディダスとパートナーシップ契約…奇跡の優勝をともに成し遂げたプーマには感謝2018.05.17 14:06 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、アディダスとのパートナーシップ契約を結んだことを発表した。クラブ公式サイトが発表した。▽レスターは、これまでプーマとサプライヤー契約を締結。2018年6月1日からアディダスとオフィシャル・テクニカルキットパートナー契約を結ぶとのこと。複数年にわたる契約という。なお、新ホームキットは6月1日から予約可能に。7月1日にストアで販売が開始されるとのことだ。

▽レスターのスーザン・ウィーランCEOは「アディダスとのパートナーシップは、我々にとって、世界でも最も評判の良いブランドの1つとともに、レスター・シティを国内外に広めるための素晴らしい機会となる」とコメントした。

▽また、これまでパートナーであったプーマに対しては「新しいサプライヤーとの旅路をスタートさせるにあたり、5シーズンにわたって歴史を作ってくれたプーマに感謝の気持ちを伝えたい。ピッチでは不可能なことを成し遂げ、最も売れたレプリカシャツはレスター・シティの歴史です」と述べ、2015-16シーズンに達成した奇跡のプレミアリーグ優勝を共に成し遂げたことに感謝した。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月20日は、レスターにミラクルを起こしたイタリア人指揮官

◆クラウディオ・ラニエリ 【Profile】 国籍:イタリア 誕生日:1951年10月20日 職業:監督 ポジション:DF 身長:- 体重:- ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月20日は、クラウディオ・ラニエリ氏だ。 ▽カタンザーロやカターニャなどイタリアのクラブで現役時代を過ごしたラニエリ氏は1986年に引退しすぐに監督業に就いた。これまでにフィオレンティーナやバレンシア、チェルシー、ユベントスなどのビッグクラブも歴任。2014年にはギリシャ代表を率いていた。 ▽その後、2015年夏に就任したレスター・シティで奇跡を起こすことになる。日本代表FW岡崎慎司も要したレスターは、FWジェイミー・ヴァーディやMFリヤド・マフレズ、MFエンゴロ・カンテなど現在フットボール界の第一線で活躍する選手らを中心にシーズン前半から優勝争いを演じた。勢いは衰えることなく、2015-16シーズンのプレミアリーグを制覇。クラブ創設133年目にして初のリーグタイトルをもたらした。また、自身にとってもこれが初めての主要リーグタイトルとなった。 ▽翌シーズンはリーグ戦の不振からシーズン半ばに解任されてしまったものの、それまでスモールクラブであったレスターをプレミア優勝に導いた奇跡は、未来永劫語り継がれることになるだろう。 ※誕生日が同じ主な著名人 杉田玄白(学者) 川西幸一(ドラマー/ユニコーン) 平野ノラ(お笑い芸人) 山田孝之(俳優) ミシェル・フォルム(サッカー選手/トッテナム) 河合郁人(アイドル/A.B.C-Z) 新垣里沙(アイドル/元モーニング娘。) マッティア・デ・シリオ(サッカー選手/ユベントス) アデモラ・ルックマン(サッカー選手/エバートン) 2018.10.20 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月18日は、プレミアで最も荒かった元ウェールズ代表MFのバースデー

◆ロビー・サベージ 【Profile】 国籍:ウェールズ 誕生日:1974年10月18日 現役時所属クラブ:レスター・シティ、ブラックバーンなど ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:74kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月18日は、元ウェールズ代表MFロビー・サベージ氏だ。 ▽デイビッド・ベッカム氏と同世代でマンチェスター・ユナイテッドユース黄金世代の1人であるサベージ氏。交通事故が原因でトップチームデビューは果たせなかったものの、レスター・シティやバーミンガム、ブラックバーン、ダービー、ブライトンなど複数クラブを渡り歩きプレミアリーグ通算346試合に出場した。 ▽端正なマスクとは真逆の激しいスタイルが有名であり、激しいタックルの横行していたプレミアリーグの中でも群を抜いて荒々しくプレー。プレミアで最も汚い選手とも呼ばれ、一時はプレミア史上最多の警告数を記録した。 ※誕生日が同じ主な著名人 ライアン・ネルセン(元サッカー選手) ユ・サンチョル(元サッカー選手) 小林裕紀(サッカー選手/名古屋グランパス) チャック・ベリー(ギタリスト) 郷ひろみ(歌手) ジャン=クロード・ヴァン・ダム(俳優) 仲里依紗(女優) 森泉(モデル) 能條愛未(アイドル/乃木坂46) 2018.10.18 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司にガラタサライ関心報道

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司(32)にガラタサライ移籍の可能性が急浮上した。トルコ『Haber Turk』が報じた。 ▽2015年夏にレスター・シティ入りした岡崎。その加入初年度にプレミアリーグ優勝を経験したが、近年は故障にも苛まれ、今シーズンのプレミアリーグでここまで4回の途中出場にとどまっている。その岡崎は今シーズン限りでレスターとの契約が満了の見込み。そのため、去就が慌ただしくなりつつある。 ▽その中、日本代表で同僚のDF長友佑都も籍を置くガラタサライがファティ・テリム監督の意向を受け、岡崎に関心。既にコンタクトを図ったという。なお、現在の岡崎であれば、推定200万ユーロ(約2億5000万円)で契約可能とみられる。 ▽年齢的に古巣の清水エスパルスを含め、2010年以来のJリーグ帰還にも期待が集まり始める岡崎。ガラタサライ側はモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを売却して獲得に乗り出す気概だというが、果たして…。 2018.10.11 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、3度目のプレミアへ? フルアムが興味

▽フルアムが、イタリア人のクラウディオ・ラニエリ氏(66)の新監督就任を考慮しているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽今季からプレミアに昇格したフルアムは現在スラビシャ・ヨカノビッチ監督が指揮を執っている。同監督は2015年12月にフルアムの監督に就任すると、それまでチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で残留争いをしていたチームを2016-17シーズンは6位、昨季は3位で終え、プレーオフを制して見事にプレミア昇格に導いた。 ▽しかし、プレミア初挑戦のヨカノビッチ監督の下、フルアムは第8節を終えた時点で1勝2分け5敗で17位に位置。失点数もリーグワーストの「21」と、5シーズンぶりとなったプレミアの洗礼を受けている。 ▽この不振を受けて、ヨカノビッチ監督の後任候補に挙がっているのがラニエリ氏だ。同氏はこれまでチェルシーとレスター・シティで2度プレミアクラブを指揮。レスターでは2015-16シーズンにクラブ創設133年目にして初のトップリーグタイトルをもたらし、後世に語り継がれる奇跡を起こした。直近では、昨シーズンにナントを率いていたが、1年で退任。現在はフリーの身となっている。 2018.10.10 18:56 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場も、10人のレスターがシグルドソンのスーパーゴールに沈む《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、レスター・シティvsエバートンが6日に行われ、2-1でエバートンが勝利した。レスターの岡崎慎司は86分からプレーしている。 ▽第7節を終えた時点で4勝3敗の8位レスターと、2勝3分け2敗の11位エバートンが対戦。現在リーグ戦2連勝、カップ戦を含めると3連勝と好調のレスターは、リーグ戦2試合連続ゴール中のヴァーディや、イングランド初招集がかかったマディソンが先発出場。 ▽対するエバートンは公式戦ここ5試合で1勝のみ。直近のEFLカップのサウサンプトン戦はPK戦の末に敗退となった。それでもリーグ戦連勝を狙う今節は、フランス代表に復帰したズマとリュカ・ディーニュが揃って先発。ブラジル代表リシャルリソンもスタメンに名を連ねた。 ▽試合を動かしたのはそのリシャルリソン。7分、左サイドを侵略したベルナールがリカルド・ペレイラ、アマルティをドリブルで華麗にかわしクロスを供給。これに、ファーサイドでフリーとなっていたリシャルリソンがダイレクトで押し込んでエバートンが先制に成功した。 ▽エバートンは30分に今度はウォルコットがゴールに迫る。チルウェルへの相手のパスをカットしたウォルコットは勢いに乗ってボックスへ侵攻。躱しにかかったマグワイアの肩にぶつかり倒れるが笛は鳴らなかった。 ▽レスターがゴールに近づいたのは34分のこと。DFからのロングボールでヴァーディが一気に最終ラインを抜け出すも、シュートはGKに弾かれ枠の外へ。しかしその6分後、レスターは得意のカウンターで同点とする。 ▽相手のCKの場面、GKシュマイケルが弾き出したボールをリカルド・ペレイラがカウンターにつなげると、ピッチ中央でヴァーディとのワンツーで最終ラインを突破。そのままゴール前に侵入し、冷静にシュートを流し込んだ。さらにエバートンは43分にもヴァーディがヘディングシュートでゴールに迫ったが枠に飛ばせず、試合は同点で折り返した。 ▽後半、ヴァーディの突破やチルウェルのシュートなどで優位に進めていたレスターだったが、63分にモーガンが後ろからのタックルで足をかけてしまいイエローカード。これが2枚目となり、退場処分となってしまった。 ▽1人少なくなったレスターはその後、イヘアナチョを下げてオルブライトンを投入。攻撃的な交代カードを切る。しかし、主導権はエバートンに渡る。 ▽73分、相手が1人少なくなったことでフリーでボールを持つ機会が多くなったシグルドソンは、フェイントで相手を躱して左足を振り抜く。これは惜しくも枠の右へ外れてしまうものの、迎えた77分、敵陣中央ででパスを受けたシグルドソンは、華麗なターンでマークにきたマディソンを躱して、ボックス手前から右足一閃。強烈なドライブがかかったシュートはゴール左上に突き刺さり、エバートンが勝ち越しゴールを奪った。 ▽1点ビハインドのレスターは86分、ここでリカルド・ペレイラを下げて岡崎を投入。後半アディショナルタイムの92分にはCKからアマルティがヘディングシュートを放つも枠の外。エバートンは残っていた2つの交代枠を巧みに使い時間を消費。 ▽結局、レスターに1点をもぎ取る体力は残っておらず、2-1で居合終了。エバートンがリーグ戦2連勝とした一方で、レスターはリーグ戦では3試合ぶりの黒星となり、連勝もストップした。 2018.10.07 00:59 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース