山口DF福元洋平が右外側半月板損傷及び右膝窩部ガングリオン…手術後6週間程度の加療予定2018.05.17 12:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レノファ山口FCは17日、DF福元洋平が右外側半月板損傷と右膝窩部(みぎしつかぶ)ガングリオンと診断されたことを発表した。手術後、6週間程度の加療を予定している。

▽福元は2017年に徳島ヴォルティスから加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに1試合出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

主将MF三幸弾で競り勝った山口が勝ち点で首位大分に並ぶ! 大宮&千葉、岡山が久々の白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節の6試合が27日に行われた。 ▽下関市営下関陸上競技場で行われたレノファ山口vsカマタマーレ讃岐は、ホームの山口が1-0で勝利した。 ▽直近4試合負けなしで2位に位置する山口が4連敗中の最下位讃岐をホームで迎え撃った一戦。立ち上がりからボールを保持するホームチームが押し込んでいくが、最初の決定機は讃岐に訪れる。14分、カウンターから原のパスに抜け出した木島がボックス内でGKと一対一になるが、ここはGK藤嶋が見事な反応で阻む。 ▽すると、その後は再び攻撃のギアを上げた山口が小野瀬や大崎のシュートで相手ゴールに迫ると、前半終了間際の45分に先制点を奪う。ロングカウンターで高木大輔が相手陣内の右サイドで独走しボックス左に走り込むオナイウ阿道に浮き球で繋ぐ。タメを作ったオナイウが短いマイナスのパスを送ると、これを絶妙なファーストタッチでゴール左に運んだ三幸が狭いニアを抜くシュートで決め切った。 ▽迎えた後半は讃岐が早い時間帯の選手交代で盛り返すと、試合は一進一退の攻防に。山口が高木大輔、オナイウのヘディングシュートでゴールに迫るもここは相手GK清水の好守とクロスバーに阻まれる。一方、讃岐も78分にボックス内に抜け出した原の鮮やかなループシュートでゴールに迫るも、これはわずかに枠の上に外れる。互いに見せ場を作ったものの、後半にゴールは生まれず。最下位讃岐に競り勝った山口が首位大分トリニータと並ぶ勝ち点31に到達した。 ▽また、栃木県グリーンスタジアムで行われた栃木SCvs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が1-0で勝利した。 ▽前節、ホームでFC岐阜に完敗するなど3戦勝利がない17位大宮が同じく3戦勝利がない11位栃木のホームに乗り込んだ一戦。試合は立ち上がりの14分に動く。嶋田のクロスがDF久富のハンドを誘いPKを獲得した大宮は、これをキッカーの大前が冷静に決めて先制に成功した。 ▽その後、キャプテンのDF菊池が負傷交代に見舞われるもその後も大宮のペースで試合は進み、後半へと突入する。後半も半ばを過ぎると、二川を投入した栃木が押し込んでいく時間が続くも、なかなかシュートを枠に飛ばせない。一方の大宮も嶋田らの仕掛けで幾度か決定機を作り出すも決め切れない。89分にはロングカウンターからマテウスに試合を決めるチャンスもここは飛び出した相手GKの好対応に遭う。結局、序盤の大前のゴールを守り切った大宮が4戦ぶりの白星を手にした。なお、同試合のラストプレーでは古巣対戦のネイツ・ペチュニクが小競り合いを起こした末、試合後にレッドカードを掲示される一幕もあった。 ▽その他の試合ではジェフユナイテッド千葉vsロアッソ熊本は、増嶋とラリベイ、ホルヘ・サリーナスの3ゴールによって千葉が3-1で逆転勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。また、FC町田ゼルビアvsファジアーノ岡山はアウェイの岡山が上田の絶妙FKや仲間のスーパーボレーなどの3ゴールで3-1の快勝。5試合ぶりの勝利で4位に浮上している。 ◆明治安田生命J2リーグ第16節 日程・結果 ▽5/27(日) 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-1 ロアッソ熊本 FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ファジアーノ岡山</span> ▽5/26(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">甲府 6</span>-2 大分 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岐阜 2</span>-1 新潟 京都 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> 徳島 1-1 松本 東京V 0-0 愛媛 2018.05.27 18:03 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府が大量6得点で首位大分に快勝! 松本は連勝ストップ《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節の5試合が26日に行われた。 ▽首位の大分トリニータはアウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦。試合は開始間もなく大きく動くことになる。まずは3分、甲府が相手のペナルティエリア前でボールを奪うと、ゴール前に侵入した金園がGKとの一対一を制して、2分に甲府が先制した。その1分後、今度は相手陣内でボールを奪った小塚がそのままドリブルでゴールまで侵攻。GKのタイミングを外すループシュートを沈めて早くも2点差とした。 ▽だが、甲府の攻撃はここで終わらない。6分、右サイドから堀米がドリブル突破を図ると、小塚とつないで最後は佐藤がフィニッシュ。さらに15分には小出が敵陣でボールを奪って攻撃に転じると、金園のシュートはポストに弾かれてしまうものの、冷静に対処した堀米の折り返しを小出が押し込んで4点目を奪った。 ▽押せ押せの甲府は27分にも追加点。エデル・リマが左サイドを駆け上がり、小塚とのワンツーでボックス左に侵入。狭いペースを突いてネットを揺らした。 ▽すでに試合を決められてしまった大分は、38分に馬場のゴールで1点を返し、後半へ。しばらく膠着状態が続いたが、迎えた76分、右サイドのクロスから、味方からパスを受けた後藤がボックス左から見事なコントロールシュートを決めて2点目を奪った。 ▽しかし、88分に途中出場のリンスにCKから決められ万事休す。甲府は首位の大分相手に前半だけで5点を奪う大量6得点で大勝を収め、リーグ戦4連勝を飾った。 ▽徳島ヴォルティスと松本山雅FCの試合は、一進一退の攻防を見せた。20分に松本が、右サイドからのクロスに前田大がダイビングヘッドでゴールに迫ると、28分には今度は徳島のシシーニョがボックス手前から強烈なシュートを放つが、右ポストを直撃。互いに一歩も引かない戦いが続く。 ▽そんな中スコアが動いたのは36分、カウンターを発動した松本はセルジーニョのスルーパスに前田大が反応。相手DFのチェックを振り切り、右足でゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、追いつきたい徳島が攻勢を強める中、58分に山崎が橋内にボックス内で倒されPKを獲得。岩尾がキッカーを務めたが、シュートをクロスバーに当ててしまう。その跳ね返りを自ら頭で押し込んでネットを揺らしたがこれがオフサイドの判定になりゴールは認められなかった。 ▽絶好のチャンスを逃した徳島だったが79分、ショートコーナーから島屋にボール渡ると、ボックス手前左からゴール右隅に沈める見事なシュートを決めて、徳島が同点に追いついた。 ▽最後まで白熱した試合はこのまま終了。徳島はこれで5戦無敗、松本は連勝が「2」でストップした。 ◆明治安田生命J2リーグ第16節 日程・結果 ▽5/26(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">甲府 6</span>-2 大分 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岐阜 2</span>-1 新潟 京都 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> 徳島 1-1 松本 東京V 0-0 愛媛 2018.05.26 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

雷雨中止の岡山vs東京V、6月27日に19時半KOで再試合

▽Jリーグは25日、明治安田生命J2リーグ第15節のファジアーノ岡山vs東京ヴェルディにおいて、6月27日に再試合を開催することを発表した。 ▽シティライトスタジアムで行われた同試合は当初、18日に開催。しかし、雷雨の影響により、試合途中で中止が決定した。再試合はシティライトスタジアムで19時半にキックオフ。62分、0-1の状況で再開することが決まっている。 ▽なお、試合は岡山のCKから再開。原則として、18日の試合中止時点と同じメンバーがピッチに立ち、新たに補充することはできず、交代人数においても18日の試合中止時点にならい、岡山が残り3名、東京Vが残り2名となる。 2018.05.25 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

山口GK吉満大介に第一子の長男誕生 「より一層責任を」

▽レノファ山口FCは25日、GK吉満大介(25)に第一子の長男が22日に誕生したことを発表した。 ▽吉満は、2017年から山口でプレー。今シーズンはここまで出番がない。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、私事ではありますが、第一子(次男)が誕生しました。元気な子を産んでくれた妻には感謝の気持ちでいっぱいです。これから父として、選手として、より一層責任を持ち、成長していけるように努めます。これからも応援よろしくお願いします」 2018.05.25 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府DF今津佑太がプロA契約締結「あくなき向上心を持つ」

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、DF今津佑太(22)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽今津は12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の栃木戦(2-1で甲府が勝利)に先発出場し、規定出場時間に到達。契約締結に際し、同選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私に携わる全ての皆様への感謝の気持ちを忘れず、あくなき向上心を持ち、チームの勝利の為に全力で戦い頑張りますので、引き続きヴァンフォーレ甲府と今津佑太をよろしくお願いします」 ▽山梨県出身の今津は、2018年に流通経済大学から甲府に加入。今シーズンはJ2リーグでここまで11試合に出場している。 2018.05.23 18:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース