ブランド力向上へ…C大阪、社名を「株式会社セレッソ大阪」に変更2018.05.17 10:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セレッソ大阪は17日、同クラブを運営する大阪サッカークラブ株式会社の社名を変更したことを発表した。▽変更後の会社名は「株式会社セレッソ大阪」。クラブチームのブランド力向上を目的とした社名変更とのこと。

▽クラブは公式サイトで「時代を超えて皆様に愛され続ける企業となれますようクラブスタッフ・チーム一丸となって、心を一つにして取り組んで参ります。今後ともご支援ご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪、アトレチコ・ミネイロの23歳ブラジル人アタッカー獲得へ接触か

▽セレッソ大阪がアトレチコ・ミネイロに所属するブラジル人FWデニウソン(23)の獲得に動いているようだ。ブラジル『Terra』が伝えている。 ▽フルミネンセでプロキャリアをスタートさせたデニウソンは、2015年にグラナダBに加入。サンパウロやヴィトーリアらへのレンタル移籍を経験し、今シーズンから5年契約でアトレチコ・ミネイロに完全移籍を果たした。左ウイングを主戦場とし、今シーズンはここまで11試合2ゴールを記録している。 ▽今回伝えられるところによると、2006年にFC東京を指揮した経験を持ち、現在アトレチコ・ミネイロのGMを務めるアレシャンドレ・ガーロ氏がC大阪からの関心を明かした模様。C大阪はレンタル移籍での獲得に興味を持っており、すでにアトレチコ・ミネイロと10日前に接触したようだ。 2018.10.18 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

セレッソ大阪、MF山村和也が左第3、第4中手骨骨折で全治2カ月

▽セレッソ大阪は12日、前日にMF山村和也が左第3、第4中手骨骨折の手術を受け、全治2カ月と診断されたことを発表した。 ▽山村は今月5日に行われたトレーニング中に同箇所を負傷し、同11日に手術を実施した。 ▽山村は今季ここまでの明治安田生命J1リーグで21試合に出場していた。今回のケガによって今季中の戦列復帰は微妙な状況だ。 2018.10.12 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪に痛い離脱…ダービーで負傷のDF松田陸が全治5~6週間

▽セレッソ大阪は10日、DF松田陸が全治5~6週間と診断されたことを発表した。 ▽松田は、明治安田生命J1リーグ第29節ガンバ大阪戦に先発出場して負傷。前半早々の14分に途中交代を強いられており、検査の結果、左ハムストリング筋損傷と診断された。 ▽大阪府大阪市出身の松田は、2014年にFC東京でプロデビューを飾り、2016年からC大阪でプレー。すぐさまレギュラーを確保しており、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ全28試合に出場していた。 ▽C大阪はJ1第29節終了時点で暫定8位。勝ち点を「41」まで積み上げており、3位の鹿島アントラーズ(勝ち点46)まで勝ち点差5に迫っている中での痛い離脱となった。 ▽今後の6週間中に、C大阪はJ1リーグでFC東京(10月20日)、鹿島アントラーズ(10月31日)、名古屋グランパス(11月6日)、川崎フロンターレ(11月10日)との対戦を控えている。 2018.10.10 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、会心の5連勝! アデミ技あり弾で大阪ダービーをも制す《J1》

▽6日にヤンマースタジアム長居で行われた明治安田生命J1リーグ第29節のセレッソ大阪(勝ち点41/7位)vsガンバ大阪(同33/13位)は、アウェイのG大阪が1-0で勝利した。 ▽2試合連続ドロー中でACL争いから後退気味のC大阪は、右肩脱臼の杉本、コンディション不良の柿谷が欠場。苦しい台所事情の1トップに山村を置き、2シャドーに水沼と清武を抜擢した。 ▽一方、4連勝で降格圏からの脱出に成功したG大阪は、ここ3戦4得点のファン・ウィジョが累積で欠場。その代役としてアデミウソンを5試合ぶりに先発させ、渡邉の2トップを形成した。 ▽試合は、立ち上がりからダービーらしく激しい攻防戦となる。ボールの主導権争いでやや優位に立つC大阪は開始3分、CKの流れからソウザが右足のミドルシュート。これがゴール右に決まるが、ゴール前の木本がプレーに関与したとしてオフサイドの判定が下される。 ▽攻勢を続けるC大阪は、13分に松田が高木と無念の負傷交代。嫌な雰囲気が漂う。だが、続く15分、左サイドから清武がクロスでチャンスメーク。これにファーサイドで反応した高木がフリーの状態から右足ダイレクトで合わせるが、わずかにゴール左に外れてしまう。 ▽やや相手の勢いに押し込まれ気味のG大阪だが、緻密なパスワークでゴールに迫る中、23分にロングカウンター。アデミウソンのパスを敵陣中央で受けた倉田がそのまま爆進するが、GKキム・ジンヒョンの好守に遭う。だが、徐々に反撃の色を強め、巻き返し始める。 ▽その中で、39分に許したソウザの右足ミドルシュートがクロスバーを叩く運をも味方につけたG大阪が均衡を破る。45分、ハーフウェイライン付近の倉田が相手背後に浮き球パス。これに反応したアデミウソンが相手GKの頭上を越す右足ループシュートを決め、G大阪が先制する。 ▽早いうちに試合を振り出しに戻したいC大阪は、1点ビハインドで迎えた後半も立ち上がりから攻勢に出る。55分、右サイドの高木が右足でクロスを送り、ファーサイドで浮いた丸橋が左足ダイレクト。あわや同点かに思われたが、シュートを枠に飛ばせず、同点機を逸する。 ▽どこかで突き放したいG大阪は、リスク覚悟で押し込む形を作ってくる相手を尻目に、ボールを奪い返せば遠藤を中心にしっかりとポゼッション。守備に回っても際で対面の相手に過度な自由を許すことなく、バイタルエリア付近でチャンスらしいチャンスを作らせない。 ▽攻め続けるC大阪は71分、2枚目の交代カードで水沼を下げて澤上を投入。前線の枚数を増やしてより前がかる。84分には前線でボールをキープした澤上のパスをボックス右で受けた高木が左足シュートでゴール左下を狙うが、ここもGK東口に難なくセーブされる。 ▽結局、逃げ切り策として米倉、一美、高といったハードワーカーを起用したG大阪がC大阪との大阪秋の陣をも制して破竹の5連勝。残留に向けて、また一歩前進した。敗れたC大阪は3試合ぶりの黒星となり、これで3試合勝ちなし。ACL出場権へ足踏みが続いている。 2018.10.06 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】健勇&ウィジョ不在の大阪秋の陣《C大阪vsG大阪》

▽セレッソ大阪(勝ち点41/7位)と、ガンバ大阪(同33/13位)──。大阪の地を二分する両雄が6日にヤンマースタジアム長居で行われる明治安田生命J1リーグ第29節で激突する。 ◆6年半ぶりの勝ちを〜セレッソ大阪〜 ▽ACL出場権争いに身を置くC大阪。だが、直近2試合でジュビロ磐田、湘南ベルマーレから立て続けに勝ち点1ずつを掴むにとどまるなど、停滞感が漂う。その中で、前節の名古屋グランパス戦は、台風24号の影響で開催延期に。そのため、2週間のブレイクを経て、宿敵G大阪との大一番を迎えることになる。 ▽ただ、エースのFW杉本健勇が右肩脱臼で離脱すると、FW柿谷曜一朗も胃腸炎でコンディション不良。負けられない一戦を前に深刻なFW不足に瀕している。中断明け後の13試合中12試合で失点を重ねる守備面を含め、尹晶煥監督がどのような策を講じるか。J1の舞台で6年半勝ちのない宿敵との一戦で勝利を目指す。 ◆勢いをこのダービーでも〜ガンバ大阪〜 ▽対するG大阪は前節、首位のサンフレッチェ広島をも吞み込み、3年半ぶりの4連勝。ついに降格圏からの脱出を成し遂げ、チーム内に好ムードが漂い始めている。そして、内容も広島を相手に崩しの形に持ち込むなど、右肩上がり。先発メンバーも定まりつつあり、薄氷の勝利を重ねる中でようやく現状のベストを見つけた感がある。 ▽だが、今節に向けては、直近3試合4得点の韓国代表FWファン・ウィジョが累積で出場停止。チーム内得点王(13得点)の韓流ストライカーの穴をカバーする手立ては、宮本恒靖監督の構想にあるか。ようやく生還した残留圏を確固たるものにするためにも、広島を破り、本物であることを証明した勢いでこのダービーも勝つのみだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆セレッソ大阪[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_20_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:木本恭生、マテイ・ヨニッチ、オスマル MF:松田陸、山口蛍、ソウザ、丸橋祐介、水沼宏太、清武弘嗣 FW:山村和也 監督:尹晶煥<hr>▽外国人枠の関係でFWヤン・ドンヒョンを起用できないことから、MF山村和也の1トップ出場が濃厚。2シャドーに入ることが予想されるMF水沼宏太、MF清武弘嗣とのトライアングルの関係性に注目が集まる。 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、遠藤保仁、今野泰幸、倉田秋 FW:渡邉千真、アデミウソン 監督:宮本恒靖<hr>▽大幅な選手の入れ替えや、布陣の変更はないだろう。注目ポイントの欠場となるファン・ウィジョの代役は、FWアデミウソンが有力。ボールキープに優れたFW渡邉千真とのコンビネーションに期待がかかる。 【注目選手】 MF山村和也(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽C大阪の注目選手は山村だ。尹晶煥監督の秘蔵っ子として昨年に8得点をマークした山村だが、今シーズンはここまでノーゴール。起用法に違いこそあれど、昨年の活躍ぶりを比べると、物足りない。やや落ち込み傾向にあるチームの起爆剤として、このダービーで輝けるか。 FWアデミウソン(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181005_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、アデミウソンだ。かつてU-21ブラジル代表で背番号「10」を背負った逸材だが、今シーズンのここまでわずか2得点。渡邉が今夏加入して以降は、先発出場の機会が減り、ここ4試合でもわずか1試合の途中出場にとどまる。C大阪戦は名誉挽回のチャンスだ。 ◆状況に関係ないのが大阪ダービー ▽今節の最注目カードとなる大阪ダービー。最近の調子だけでみれば、G大阪に分がある一戦だが、現役時代から大阪ダービーの重要性を身をもって経験する宮本監督は「状況に関係ないのが大阪ダービー」だと言い切る。J1リーグ通算36回目となる大阪ダービーを制するクラブは果たして──。大阪ダービーは14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">36回目の大阪ダービー<br />C大阪vsG大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.05 17:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース