ブランド力向上へ…C大阪、社名を「株式会社セレッソ大阪」に変更2018.05.17 10:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セレッソ大阪は17日、同クラブを運営する大阪サッカークラブ株式会社の社名を変更したことを発表した。

▽変更後の会社名は「株式会社セレッソ大阪」。クラブチームのブランド力向上を目的とした社名変更とのこと。

▽クラブは公式サイトで「時代を超えて皆様に愛され続ける企業となれますようクラブスタッフ・チーム一丸となって、心を一つにして取り組んで参ります。今後ともご支援ご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

J1通算200試合出場の丸橋が1G1A! C大阪、長崎撃破で連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節のV・ファーレン長崎vsセレッソ大阪が19日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、2-0でC大阪が勝利した。 ▽ここまで6勝3分け13敗で17位に沈む長崎(勝ち点21)と、8勝9分け5敗で6位につけるC大阪(勝ち点33)の一戦。前節との鹿島アントラーズ戦を1-2で敗れて4試合未勝利の長崎は、その一戦から先発メンバー2人を変更。徳永に代わって田上先発した。また、鈴木に変わり、前々節に負傷から復帰した中村慶太が復帰後初先発を果たした。 ▽一方、前節の清水エスパルス戦を3-1で勝利して8試合ぶり白星を飾ったC大阪は、その一戦と同様の先発メンバーを起用。前節9試合ぶりにゴールを記録した杉本は2トップの一角に入った。また、丸橋がこの試合でJ1通算200試合出場を達成している。 ▽試合は開始早々にアウェイのC大阪が先制点を奪う。3分、ソウザからの左CKをニアサイドに走り込んだ丸橋が頭で合わせてゴールに押し込んだ。C大阪がメモリアルマッチとなった丸橋の得点で先手を取る。 ▽いきなり追う立場となった長崎は6分、中村慶太のパスを受けた島田がボックス左手前からシュートを放つが、クロスバーに直撃。16分には落としを受けた中村慶太が敵陣中央から右足を振り抜くも、強烈なシュートはわずかにゴール左外へと外れてしまう。 ▽その後は長崎が押し込む時間帯が続くと25分、ボックス左手前でセカンドボールを拾った磯村が、右足でミドルシュート。しかし、今度は右ポストに嫌われてしまい、同点ゴールを奪うことができない。 ▽一方、リードを広げたC大阪は37分、右サイド深い位置からの松田のクロスに清武が中央でヘディング。しかし、これは枠を捉えることができず、1-1のまま試合を折り返した。 ▽後半に入ると、両者は激しくゴールに迫る。C大阪は49分、ボックス手前に持ち込んだ杉本が左足でミドルシュート。しかし、ここはGK徳重の守備範囲に飛んでしまう。対する長崎は59分、相手のクリアボールを拾った田上がボックス右手前から右足でゴールを狙うも枠を捉えることができない。 ▽最後のところでシュートを許さない両者。同点ゴールが欲しい長崎は74分、澤田に代えて鈴木を投入する。一方、追加点が欲しいC大阪は76分、清武に代えて水沼を投入することで攻撃の活性化を図る。 ▽試合終盤、C大阪は長崎を畳みかける。88分、味方のスルーパスに抜け出した杉本がボックス内に侵攻して右足シュート。ここはGK徳重の好守に阻まれた。しかし、迎えた89分、先制点を奪った丸橋の右CKをファーサイドでマテイ・ヨニッチが頭で合わせ、ダメ押しゴールを記録した。 ▽J1通算200試合出場達成となった丸橋の1ゴール1アシストの活躍で2-0の勝利を収めたC大阪が連勝を飾った。一方の長崎は、5試合未勝利となった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 20:07 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪、苦境脱出! 杉本健勇の9試合ぶり弾含む3発で8試合ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節セレッソ大阪vs清水エスパルスが15日にキンチョウスタジアムで行われ、3-1でC大阪が勝利した。 ▽ここまで7勝9分け5敗で6位につけるC大阪(勝ち点30/1試合未消化)と、8勝3分け9敗で11位につける清水(勝ち点27/1試合未消化)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を1-1で引き分けて、リーグ戦7試合未勝利のC大阪は、その一戦と同様の先発メンバーを起用した。 ▽一方、前節の川崎フロンターレ戦を1-2で敗れて連敗中の清水は、その一戦から先発メンバーを3人変更。 ミッチェル・デュークほか、アジア競技大会に出場しているU-21日本代表に招集中の立田、前節頭部激突で途中交代したドウグラスに代えて、飯田と石毛、クリスランを起用した。 ▽8試合ぶり勝利を目指すC大阪と、3試合ぶり勝利を目指す鳥栖の一戦。互いに試合の主導権を握ろうとする中、清水がシュートまで持ち込む。9分、敵陣中央のハイボールをクリスラン、北川と頭でパス交換し、最後はボックス左に侵攻した北川が左足を振り抜くも、シュートは枠を捉えることができない。 ▽ボックス内でチャンスを作られたC大阪も攻勢に転じる。14分、右サイドからのクロスをファーサイドのオスマルが中央に折り返し、杉本がヘディングシュート。しかし、ここはGK六反に阻まれた。 ▽前半半ばに差し掛かると、清水がやや押し込み始める。22分、金子の右CKに中央のクリスランがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーに直撃する。34分には味方のスルーパスに反応した左サイドの石毛のクロスをニアサイドで納めた北川が左足シュートを放つも、今度はゴールの上へと外れた。 ▽これを決めることができなかった清水に対して、C大阪が一瞬の隙を突いて先制に成功する。高木のパスを受けた清武が巧みなタッチでボックス右手前からボックス右外に持ち込んでグラウンダーのクロス。フリーとなっていた杉本が落ち着いて合わせてゴール左へと流し込み、1-0と先制に成功する。 ▽先制点を許してしまった清水だったが、すぐさま反撃。40分、自陣から金子が一気に前線へとロングボールを送る。これに反応していたクリスランが相手DFとの競り合いに勝ってボックス内に侵攻すると、最後はGKとの一対一を冷静に制して、スコアを振り出しに戻した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽1-1で試合を折り返すと、両者は後半立ち上がりから激しく相手陣内へと攻め込む。50分、ボックス右手前でボールを持った木本がカットインから左足を振り抜く。対する清水は58分、白崎のパスを松原がボックス左外からクロス。ファーサイドの金子が中央へ戻し、最後は北川がボックス内から強引にシュートまで持ち込むも、ボールはわずかにゴール右外へと逸れた。 ▽すると迎えた64分、ホームのC大阪に勝ち越しゴールが生まれる。右サイドのマツダからのパスをボックス右に走り込んだ木本が落とす。これをボックス右浅い位置に走り込んでいたソウザが右足アウトサイドで合わせると、ボールは綺麗なカーブを描いて左サイドネットへと吸い込まれた。 ▽ついに勝ち越しに成功したC大阪。さらに68分、丸橋の右CKをニアサイドの木本がヘディングシュート。これがゴール方向に向かい、最後はゴールラリンギリギリのところで高木が身体に当てて押し込んだ。 ▽これで2点差に広げたC大阪は、その後も清水を押し込み続けて試合をクローズ。3-1で勝利したC大阪が8試合ぶり白星を飾った。一方の清水は、3連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

チャナティップ豪快弾の札幌、引き分けで2試合未勝利 C大阪は7戦白星なし《J1》

▽11日に札幌ドームで行われた明治安田生命J1リーグ第21節の北海道コンサドーレ札幌(4位/勝ち点30)vsセレッソ大阪(7位/同29)は、1-1のドローに終わった。 ▽札幌は、福森が左足を痛めてメンバー外に。最終ラインに進藤、キム・ミンテ、石川のセットを選択した。C大阪は、山村と柿谷が負傷欠場。3バックの布陣で挑んだ。 ▽試合は6分に動く。右CKから丸橋が左足で高精度のクロスを供給。ニアサイドのマテイ・ヨニッチが動きなおなしながら頭で合わせ、C大阪が先手を取る。 ▽だが、7分、バイタルエリア中央でボールを受けたチャナティップがワントラップから左足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、札幌がすぐさま同点に追いつく。 ▽続く14分にも札幌が決定的な場面。左サイドから出された相手背後を突くスルーパスにジェイが反応する。相手GKとの一対一を迎えるが、オフサイドの判定が下される。 ▽今度は18分、C大阪にセットプレーから勝ち越し機。相手GKが跳ね返したボールをボックス左で拾った杉本が右足でゴールを狙う。だが、枠に飛ばることができない。 ▽攻防が続く中、C大阪は48分、素早いリスタートから相手最終ラインのギャップを突いた高木がシュート。だが、鋭い飛び出しで間を詰めたGKク・ソンユンに阻まれる。 ▽停滞した流れを変えるべく73分に都倉と白井の2枚替えを行った札幌だが、ゴールが遠い。C大阪としてもその隙を突きたいところだが、最後の一手を見いだせない。 ▽その中、ソウザを中心に展開した細かいパスワークで札幌を押し込んだC大阪は85分、山口が右足でミドルシュート。これが枠に飛ぶが、相手GKに弾かれてしまう。 ▽結局、試合はドローに終わり、前節黒星の札幌は2試合未勝利。C大阪は7試合で白星から遠ざかる結果となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 14:56 Sat
twitterfacebook
thumb

第11回開催はコパ・スダメリカーナ王者インデペンディエテンテに軍配!C大阪惜敗《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽セレッソ大阪は8日、スルガ銀行チャンピオンシップで、インデペンディエンテ(アルゼンチン)と対戦し、0-1で敗れた。 ▽今年で11回目を迎えたスルガ銀行チャンピオンシップ。昨年、ルヴァンカップを制覇したC大阪と、コパ・スダメリカーナ王者のインデペンディエンテが激突。3日後に明治安田生命J1リーグ第21節の北海道コンサドーレ札幌戦を控えるC大阪は、スタメンにGK丹野、藤本、田中、酒本、山下、森下、福満、山内、秋山、オスマル、高木を起用した。 ▽2011年以来2回目の出場となるインデペンディエンテが序盤の主導権を握る。まずは10分、右サイドのCKからフランコが頭で合わせるが枠の外に。19分にはベニテス、24分にはシルビオ・ロメロが枠内シュートを放つも、C大阪GK丹野がファインセーブ。ゴールを許さない。 ▽それでも、相手陣内で試合を展開するインデペンディエンテが先制するのは時間の問題だった。28分、ボックス手前でボールを細かく回すインデペンディエンテは、隙を見つけたベニテスがスルーパスを供給。するとこれがオスマルの足に当たってコースが変わり、ゴール前に飛び出したシルビオ・ロメロの下へ。シルビオ・ロメロは飛び出してきたGKを躱してゴールに流し込んだ。 ▽1点のビハインドを負って後半を迎えたC大阪は、福満と高木を下げて斧澤と田中亜を投入し攻撃のカードを入れ替える。前半よりも58分に獲得した左CKでは、ニアで藤本が合わせるが相手GKカンパーニャが鋭い反応で枠の外へかき出す。その直後に山内と山下を、安藤とソウザに交代させた。 ▽なかなか1点が遠いC大阪は75分に、田中亜のスルーパスに安藤が反応。ボックス右で受けて強烈なシュートを放つが、相手に当たってしまい枠を捉えることが出来なかった。 ▽C大阪に流れが傾く中、81分に田中裕と藤本を下げて片山とマテイヨニッチをピッチへ送る。しかし、集中した守りを見せるコパ・スダメリカーナ覇者を最後まで崩すことが出来ないまま試合終了。11回目のスルガ銀行チャンピオンシップは1-0でインデペンディエテンテが勝利。通算成績を日本の6勝5敗とした。 ◆試合結果 セレッソ大阪 0-1 インデペンディエテンテ(アルゼンチン) 【インデペンディエテンテ】 シルビオ・ロメロ(前28) 2018.08.08 20:59 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖、C大阪に”ウノゼロ”で7戦ぶり勝利! F・トーレス好機演出も初弾おあずけ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪が、5日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽リーグ6試合勝ちのない17位・鳥栖(勝ち点15)は、0-1で敗北した前節の清水エスパルス戦からスタメンを1名のみ変更。小野に代えて、キム・ミンヒョクを起用した。J初弾に期待が懸かるF・トーレスは、3試合連続でスタメンに名を連ねた。 ▽対する5試合勝ちのない6位・C大阪(勝ち点29)は、1-1で引き分けた前節のヴィッセル神戸戦からスタメンを2名変更。山村、柿谷に代えて、水沼、ヤン・ドンヒョンを起用した。 ▽試合の序盤から、主導権を握るC大阪に対して素早くF・トーレスにボールを当てて打開を試みる鳥栖という構図が続く。5分、ボックス手前で金崎とのワンツーからF・トーレスがシュートを放ったが、C大阪DFにブロックされた。 ▽15分、鳥栖が右CKを獲得。キッカーの原川が入れたクロスは味方の頭には合わなかったが、ボックス手前にボールがこぼれる。反応した吉田がバウンド際を右足で叩きグラウンダーシュートを放つと、これが左ポストに当たりながらもネットを揺らした。 ▽29分、反撃に出るC大阪が決定機を迎える。ボックス手前左でFKを獲得すると、キッカーのソウザがGK権田とディフェンスラインの間に精度の高いクロスを通す。しかし、飛び込んだ木本が放ったヘディングシュートはGK権田に阻まれ、得点とはならない。 ▽その後、鳥栖がやや守備に比重を置き、1-0で前半が終了。C大阪にとっては1点を追う展開で後半を迎えることとなった。 ▽53分、鳥栖が右CKを獲得。キッカーの原川がボックス中央に蹴り込むと、飛び上がったF・トーレスが頭で合わせる。しかし、シュートは枠を左に逸れた。 ▽細かいミスの目立つC大阪があまりゴールに迫れずにいると、またしても鳥栖が決定的なシーンを迎える。60分、カウンターの場面で原川が中央をドリブル。しかし、左に金崎、右にF・トーレスという絶好の3対2の場面で、パスを出すことができず。シュートに繋げることはできなかった。 ▽すると69分、C大阪に同点のチャンスが巡ってくる。左サイドでボールを持った清武がゴールに対して直線的なクロスを入れると、杉本が軌道を逸らすようなヘディングシュートを放つ。これはポストを掠めつつ枠を右に外れたものの、鳥栖ゴールを脅かした。 ▽73分、今度は鳥栖が鋭い攻撃を浴びせる。GK権田のフィードを最前線のF・トーレスがうまくディフェンスラインの裏に落とし、金崎がGKキム・ジンヒョンとの一対一を迎える。しかし、金崎のシュートは攻守に阻まれた。 ▽その後、C大阪の猛攻をしのぎ続けた鳥栖は94分に豊田を投入し、F・トーレスを下げる。直後に終了の笛が鳴り、鳥栖が前半のリードを守り抜く形で試合を終えた。 ▽この結果、鳥栖は7試合ぶりの勝利を手にすることに。対するC大阪は、6試合勝ちなしとなった。 2018.08.05 21:12 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース