グリーズマン、待ちわびた主要タイトル獲得…「このために14歳で家を離れた」2018.05.17 08:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがヨーロッパリーグ(EL)優勝への喜びを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽アトレティコは16日、EL決勝でマルセイユと対戦。先発出場したグリーズマンは、21分に先制点を奪うと、49分にも追加点を奪う。その後チームは、1点を加えて3-0で勝利。6年ぶり3度目のEL制覇を成し遂げた。

▽試合後、2点を記録したグリーズマンは歓喜。去就について問われると「今は話す時ではない」と主張し、自身初の主要タイトル獲得を喜んだ。

「僕はトロフィーを勝ち取るために、14歳で家を離れた。そして、スーペル・コパ以来、2つ目のタイトルを獲得することができた。これからもっとトロフィーを勝ち取りたいね」

「(去就について)今は将来について話す時ではない。僕らは試合と勝利を楽しみ、ファンのみんなと祝うんだ」

「アトレティコで、そしてシメオネとチームメイトのみんなと優勝したかったんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

フィリペ・ルイスが移籍を志願 3年契約でPSG入りか

▽スペイン『マルカ』は、アトレティコ・マドリーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)が移籍を志願したと報じた。 ▽伝えられるところによれば、フィリペ・ルイスに対しては、以前からパリ・サンジェルマン(PSG)の監視下に。先のUEFAスーパーカップで先発から外されたことに不満を募らせ、アトレティコ・マドリー退団の意思を固めた模様だ。 ▽PSGはフィリペ・ルイスに対して、既に3年契約のオファーを打診。今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了を迎えるフィリペ・ルイスもこのオファーを受け、36歳までプレーすることを視野に入れているという。 ▽今夏に見事な立ち回りで補強を完遂させたアトレティコ・マドリー。フィリペ・ルイスが去るとなれば、左サイドバックの適任者がDFリュカ・エルナンデスだけとなるが、ディエゴ・シメオネ監督の決断はいかに。 2018.08.19 07:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコのCL王者キラーぶりが凄い

▽アトレティコ・マドリーのUEFAスーパーカップでの成績が凄い。 ▽UEFAスーパーカップは、チャンピオンズリーグ(CL)王者とヨーロッパリーグ(EL)王者によって争われる国際タイトルだ。毎年白熱の試合が繰り広げられる大会だが、通常はCLに強豪クラブが集結し、国内リーグやCLのグループステージでそれらの強豪の後塵を拝したクラブがELに出場するため、CL王者が圧倒的有利とみなされている。 ▽しかし、15日に行われたUEFAスーパーカップ2018では、EL王者アトレティコ・マドリーがCL王者レアル・マドリーを4-2で撃破。とはいえ、「EL王者がCL王者を破った」という事実はさして話題にならず、戦前からレアル・マドリーが圧倒的有利と見る向きも多くはなかった。その背景には、アトレティコ・マドリーの陣容・実力が充実していることの他に、観客が同クラブのUEFAスーパーカップ戴冠を見慣れていることが挙げられるかもしれない。 ▽過去の大会記録では、なんとアトレティコ・マドリーは過去のUEFAスーパーカップに3度出場し、全大会で優勝。また、驚くべきことに、いずれもEL王者として出場したものだ。さらに、UEFAスーパーカップがCL王者とEL王者の戦いになった2010年から、EL王者としてカップを掲げたのはアトレティコ・マドリーのみだ。 ◆歴代UEFAスーパーカップ結果 (CL王者vsEL王者) 2010:インテル 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アトレティコ・マドリー</span> 2011:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 2</span>-0 ポルト 2012:チェルシー 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2013:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バイエルン 2</span>-2(PK:5-4) チェルシー 2014:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-0 セビージャ 2015:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 5</span>-4 セビージャ 2016:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 3</span>-2 セビージャ 2017:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-1 マンチェスター・ユナイテッド 2018:レアル・マドリー 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2018.08.16 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、スーパー杯敗戦も新戦力獲得には言及せず「彼らは飢えている」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、現在の選手たちへの信頼を口にした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは15日、UEFAスーパーカップでアトレティコ・マドリーと対戦して延長戦の末に2-4で敗戦。『マルカ』やスペイン『アス』など国内各紙は、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド不在による、得点力不足が敗戦の原因ではないかと指摘している。 ▽また、試合後には、ハングリー精神に欠けるのでは、という趣旨の質問が会見場で飛び交った。「既にこれだけ多くを勝ち獲ってきた選手たちでこれからも勝ち続けられるのか。それがハンディキャップになるのでは? 」と尋ねられたロペテギ監督は、以下のように返答している。 「いや、ハンディキャップとはみなしていない」 「この選手たちは多くのタイトルを勝ち取ってきたし、昨シーズン欲していたラ・リーガを逃した。だから、今シーズンは集中しようと努力しているし、チームを改善しようとしているんだ。スーパーカップを失ってから前に進み、最近獲れていないラ・リーガを求めている。日曜日に始まるんだ。彼らはさらに飢えているし、私たちは細部まで詰めていきたい」 ▽新戦力獲得については言及しなかったロペテギ監督。スコアラーの獲得がないことを批判的に見る向きも強いが、19日に行われるリーガエスパニョーラ開幕節ヘタフェ戦に勝利し外野の意見を跳ね返すことが出来るのだろうか。 2018.08.16 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「残留は間違っていなかった」マドリーを下したグリーズマンが主張

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、UEFAスーパカップ後にコメント。チームへの自信を窺わせた。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップを制したグリーズマンは、レアル・マドリーとのUEFAスーパーカップに先発出場。試合はジエゴ・コスタの2ゴールやサウール・ニゲス、コケの活躍などで延長戦を制し、アトレティコがマドリッドダービーで勝利を収めた。 ▽グリーズマンは、試合後に『Movistar+』のインタビューに応じ、バルセロナ移籍の噂があった中、アトレティコへの残留が正しかったと主張。シーズンの良いスタートを切れたことを喜んだ。 「良いプロジェクトがあったので、僕は残った」 「僕はこのクラブ、チョロ(ディエゴ・シメオネ監督)に自信を持っている。今日、僕が間違っていなかったことを目の当たりにした」 「2度目の試合だったから、少し消えてしまった」 「最終的に重要なことは、スコアボードを動かすことだった。僕たちは非常に完璧な戦いをしたね」 「両チームがフィジカル的に100%でないことは明らかだった。でも勝つことが重要だ」 「UEFAスーパーカップで再び勝つことができた。このようにシーズンをスタートさせることはとても重要だったよ」 2018.08.16 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー《UEFAスーパーカップ》

▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが15日にエストニアで行われ、延長戦の末に2-4でアトレティコが勝利している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.0 防ぎようはなかったが、4失点 DF 2 カルバハル 5.0 さほど攻撃に出られず、4失点目に関与 5 ヴァラン 5.0 概ね安定していたが、痛恨のボールロストで決勝点献上 4 セルヒオ・ラモス 5.5 開始早々ジエゴ・コスタに出し抜かれたが、PKで一時同点弾を決めた 12 マルセロ 5.0 1つ好機演出も2失点目の対応は軽かった MF 14 カゼミロ 5.5 グリーズマンにプレースペースを与えなかった。後半終盤に負傷交代 (→ダニ・セバージョス 5.0) 中盤をコントロールできず 22 イスコ 5.5 トップ下でプレー。幅広く動いてボールによく関与も違いを生むには至らず (→L・バスケス 5.0) ボールに触れなかった 8 クロース 5.5 正確なパスでゲームメーク。CKがPKを誘った (→マジョラル -) FW 11 ベイル 6.0 好調を維持。スピードを生かして同点弾をアシスト 9 ベンゼマ 6.5 同点弾を決め、PK奪取にも関与 20 アセンシオ 5.5 個人技でシュートに持ち込む場面もあったが、ボールに絡む回数が少なかった (モドリッチ 5.5) 投入直後はよくボールに絡んだが、徐々に消える 監督 ロペテギ 5.5 内容は悪くなかっただけに2-1で逃げ切りたかった ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 2失点も17分のアセンシオのヒールシュートを好守で防ぐ DF 20 フアンフラン 5.5 不用意なPK献上も2点目を演出 15 サビッチ 5.5 ベンゼマのマークを外して失点に関与もそれ以外は安定 2 ゴディン 6.0 鉄壁の守備を見せる 21 リュカ 5.5 ベイルにぶち抜かれて失点に関与。ただ、後半以降は持ち直した MF 11 レマル 6.0 コケとサイドを入れ替えながらドリブルでアクセントを付ける (→トーマス 6.0) ボール奪取からのショートカウンターが利いていた 14 ロドリゴ・エルナンデス 5.5 シンプルなボール捌きでリズムを作る (→ビトロ 6.0) 4点目をアシスト。攻め手に 8 サウール 6.5 クロースの監視役。守備に重点を置いていたが、決勝点をゲット 6 コケ 6.0 サイドでは守備に追われて良さが出なかったが、センターに移ってからはリズムを生みダメ押しゴール FW 19 ジエゴ・コスタ 7.0 開始50秒でのゴールなど全得点に絡む。戦う姿勢を全面に押し出して2ゴールの活躍 (→ホセ・ヒメネス -) 7 グリーズマン 5.0 まだまだ調整段階。守備に追われ、プレー機会が少なかった (→コレア 6.0) 持ち味の仕掛けを随所に見せ、アシストを決める 監督代行 ブルゴス 6.5 勝負強さを見せてレアル・マドリー撃破 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー) ▽2ゴールを決めて延長戦に持ち込み、3、4点目を演出。セルヒオ・ラモスとのスペイン代表マッチアップも激しかった。 レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(前27) セルヒオ・ラモス(後18[PK]) 【アトレティコ・マドリー】 ジエゴ・コスタ(前1) ジエゴ・コスタ(後34) サウール(延前8) コケ(延前14) 2018.08.16 06:40 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース