グリーズマン、待ちわびた主要タイトル獲得…「このために14歳で家を離れた」2018.05.17 08:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがヨーロッパリーグ(EL)優勝への喜びを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。▽アトレティコは16日、EL決勝でマルセイユと対戦。先発出場したグリーズマンは、21分に先制点を奪うと、49分にも追加点を奪う。その後チームは、1点を加えて3-0で勝利。6年ぶり3度目のEL制覇を成し遂げた。

▽試合後、2点を記録したグリーズマンは歓喜。去就について問われると「今は話す時ではない」と主張し、自身初の主要タイトル獲得を喜んだ。

「僕はトロフィーを勝ち取るために、14歳で家を離れた。そして、スーペル・コパ以来、2つ目のタイトルを獲得することができた。これからもっとトロフィーを勝ち取りたいね」

「(去就について)今は将来について話す時ではない。僕らは試合と勝利を楽しみ、ファンのみんなと祝うんだ」

「アトレティコで、そしてシメオネとチームメイトのみんなと優勝したかったんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、フィリペ・ルイス獲得を目指す

バルセロナが、アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)の獲得を目論んでいるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 現在、DFジョルディ・アルバとの契約延長交渉が進められているバルセロナは、完璧なバックアッパーまたは最高の代役を担うことができるF・ルイスの獲得を考えているという。同選手とアトレティコの契約は今季終了時で満了を迎えるため、現在ブラジル代表DFはあらゆるクラブと自由に交渉ができる状態にある。 伝えられるところによると、バルセロナは経験豊富なF・ルイスを連れてくることで若手の成長促進に繋がると考えている模様。だが、同選手を巡ってはパリ・サンジェルマンやユベントスからの関心も噂されており、今夏の去就に注目が集まっている。 以前は「アトレティコで引退したい」とも語っていたが、退団が有力視されている。 2019.02.23 01:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「驚くべきグリーズマンと何かが足りないC・ロナウド」デル・ピエロ氏が持論

元イタリア代表のレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、イタリアメディア『スカイスポーツ』に応じ、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー対ユベントス戦に出場したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて自身の見解を示した。<br><br>デル・ピエロ氏の古巣であるユベントスは20日、CL決勝トーナメント1回戦でディエゴ・シメオネ率いるアトレティコと激突した。ワンダ・メトロポリターノで開催されたファーストレグでは、2-0でホームのアトレティコに軍配が上がったが、デル・ピエロ氏は両チームの中でグリーズマンを称賛している。<br><br>「彼は驚くべき選手だ。パスにしても感性にしてもゲームの解釈にしても驚くばかりだ。特にポジションの理解度は優れている。彼は実際、どんなポジションであってもこなすことができる。試合の最後の10分間では、右サイドバックの役割を務め、90分にペナルティエリア近くでクリアをした際に警告を受けている。得点を挙げることはできなかったが、それは(ヴォイチェフ)シュチェスニーが彼のシュートに対し、素晴らしいセーブをしたからだ」<br><br>続いてデル・ピエロ氏は、古巣のエースであるC・ロナウドのパフォーマンスについて評価を下した。ポルトガル人スターの献身性を認めつつ、あと一歩が足りなかったと指摘している。<br><br>「確かに熱心にスペースを探し、シュートを狙っていた。トップコンディションではなかったが、常に顔を出していたと思う。だが他のチームメートと同様に、何かが足りなかったのだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 23:35 Fri
twitterfacebook
thumb

物議醸した闘将シメオネのパフォにガットゥーゾ「判断できるのは私1人。だが私自身は…」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが21日、エンポリ戦の前日記者会見に出席し、意気込みなどを語ったほか、アトレティコ・マドリー指揮官ディエゴ・シメオネについても見解を示した。<br><br>直近の6試合において4勝2分と無敗のミランは22日、ホームのサンシーロにエンポリを迎える。残留争いを続ける格下が対戦相手とはいえ、ガットゥーゾは警戒を緩めない。<br><br>「私は非常に心配している。相手はシステムを変えた上、試合の準備が抜かりない指揮官がいる。技術的なクオリティは高く、守備も面白い。簡単な試合はないと思う。我々の成長は、このような試合で明らかになるだろう」<br><br>■ミランの好調ぶりは全員の手柄一時期は勝利から見放され、進退が危ぶまれたこともあったが、ガットゥーゾは現在のミランに自信を持っている。<br><br>「自分ならできると考えているので、この仕事をしている。自分の特徴は把握しており、チームに対して何を与えることができるか理解している。私は毎日、目の前のことに向き合い、長期のスパンで考えることはない。現実が好きなのでね。ミランは幹部や選手、サポーターなど皆のおかげで成り立っている。(クシシュトフ)ピョンテクが大活躍しているが、功績は全員のものだ。誰も自分のエゴなど考えていない。意欲が重要だ。問題が起きることもあるが、普通のことだと思う」<br><br>先日、元イタリア代表DFのフルヴィオ・コッロヴァーティ氏が、「女性のサッカー戦術論など聞いていられない」などと発言したことで波紋が広がっているが、ミラン指揮官はジョークを交えて自身の考えを述べた。<br><br>「フォーメンションは私の妻が決めているよ。冗談はさておき、週に3回は(ミラン女子チーム監督の)カロリーナ・モラーチェと話す。サッカーを知らない女性は多いかもしれないが、彼女とは常にオープンで面白い話ができる」<br><br>チャンピオンズリーグのアトレティコ対ユヴェントス戦では、シメオネ監督のパフォーマンスが物議を醸した。アトレティコ指揮官と同様に&ldquo;闘将&rdquo;として知られるガットゥーゾが見解を示した。<br><br>「判断できるのは唯一、私だけだろう。あれほど興奮しているときは起こり得ることだ。だが今のところ私自身は感情を非常に上手く抑えていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

デル・ピエロ氏が考えるユベントスがアトレティコに屈したワケ…ピルロ氏も古巣に辛辣

元イタリア代表のレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、イタリアメディア『スカイスポーツ』に応じ、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー対ユベントス戦を分析した。<br><br>デル・ピエロ氏の古巣であるユベントスは20日、CL決勝トーナメント1回戦アトレティコ戦のファーストレグに挑んだ。昨夏にFWクリスティアーノ・ロナウドをレアル・マドリーから獲得し、今年のCL制覇を狙うユーベだが、敵地ワンダ・メトロポリターノにおいて0-2で敗れ、準々決勝進出が厳しくなった。デル・ピエロ氏は、自身の見解を示した。<br><br>「アトレティコ対ユベントス戦を解釈するカギはインテンシティだと思う。スペインのクラブはCL決勝のつもりで試合を戦っていたが、ユベントスは&ldquo;研究している&rdquo;ようだった。だからユベントスが試合に入れていないような印象を与えたのだと考える。だがこれではアトレティコに食われてしまう。守備から攻撃に至るまであらゆる場面で2チームのインテンシティに隔たりがあった」<br><br>「アトレティコはCLのリズムで試合をしていたが、ユベントスはボール回しにしても注意力や動きに関してもやや低調だった。ユベントスはセットプレーで2失点している。セットプレーは万全のはずだったが、予測不能なボールが違いを作り、アトレティコの得点につながった。ジエゴ・コスタや(アントワーヌ)グリエズマンに訪れたチャンスもセカンドボールから生まれている。ユーベの選手は細かい部分とインテンシティにおいて低調だった。アトレティコ相手にワンダ・メトロポリターノでこんなプレーをすれば、75分間は持ちこたえるかもしれないが、その後2失点し、突破が厳しくなる」<br><br>■ユーベOBのピルロ氏も厳しい見解同じく元イタリア代表でユベントスでのプレー経験を持つアンドレア・ピルロも古巣の戦いぶりに苦言を呈している。<br><br>「大きな目標のために戦えば、プレッシャーがあるのは当然だ。ユベントスの選手であるならそのプレッシャーに耐え、試合で全力を尽くさなければならない。だが今回、それが見えなかった。パーソナリティがなく、積極的に仕掛けたり、何かを生み出そうとしたりする姿勢がほとんどなかった。ただ待ち構えて、遅かれ早かれゴールは生まれると時間が流れるのを待っているようだった」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、オブラクと新契約締結間近!

アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(26)の新契約締結が近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2014年にベンフィカから加入して以降、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームの絶対的守護神に君臨するオブラク。今シーズンもここまでリーグ最少失点(17失点)の堅守を支えており、4年連続サモラ賞獲得という偉業に向けて順調な歩みを見せている。 そんなオブラクはアトレティコとの現行契約が2021年までとなっており、契約解除金も昨今の移籍市場では決してあり得ない額ではない1億ユーロ(約123億円)に設定されている。パリ・サンジェルマン(PSG)からの熱視線も伝えられている中、2022年まで契約を延長したディエゴ・シメオネ監督はオブラクの慰留を最優先事項に考えているようだ。 また、オブラク自身も「更なる延長にサイン出来れば僕は満足するだろうね」と契約延長を望んでいる。さらに、今回の『アス』によると、同選手の代理人も既にアトレティコとの交渉に将来を絞ることを表明。当事者間での合意にも達しており、来週にも正式にアナウンスされるようだ。 新契約では、契約解除金が1億5000万~2億ユーロ(約188億~約251億円)に設定され、年俸も1000万~1200万ユーロ(約12億5000~約15億円)に上昇。当人もこの内容に喜んでおり、他のクラブからの関心は振り切っているようだ。 2019.02.22 16:03 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース