グリーズマン、待ちわびた主要タイトル獲得…「このために14歳で家を離れた」2018.05.17 08:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがヨーロッパリーグ(EL)優勝への喜びを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽アトレティコは16日、EL決勝でマルセイユと対戦。先発出場したグリーズマンは、21分に先制点を奪うと、49分にも追加点を奪う。その後チームは、1点を加えて3-0で勝利。6年ぶり3度目のEL制覇を成し遂げた。

▽試合後、2点を記録したグリーズマンは歓喜。去就について問われると「今は話す時ではない」と主張し、自身初の主要タイトル獲得を喜んだ。

「僕はトロフィーを勝ち取るために、14歳で家を離れた。そして、スーペル・コパ以来、2つ目のタイトルを獲得することができた。これからもっとトロフィーを勝ち取りたいね」

「(去就について)今は将来について話す時ではない。僕らは試合と勝利を楽しみ、ファンのみんなと祝うんだ」

「アトレティコで、そしてシメオネとチームメイトのみんなと優勝したかったんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、今夏最初の新戦力はビジャレアルMFロドリ! 5年契約での加入を発表

▽アトレティコ・マドリーは24日、ビジャレアルからスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽なお、スペイン『マルカ』は以前に移籍金2000万ユーロ+インセンティブ500万ユーロの総額2500万ユーロ(約32億1000万円)の取り引きになったと伝えていた。また、契約解除金に関しては1億ユーロ(約128億円)に設定されているようだ。 ▽首都マドリードで生まれアトレティコの下部組織で育った“ロドリ”の愛称で知られるロドリゴ・エルナンデスだが、低身長や体力不足を理由に出場機会を与えられず、2013年にビジャレアルへ完全移籍した。 ▽その後、同クラブでトップチーム昇格を果たしたロドリゴ・エルナンデスは現在では190cmの偉丈夫となり、卓越した身体能力と戦術眼を武器にバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツの後継者と目されるまでのトッププレーヤーに成長した。今季はリーグ戦37試合に出場し1ゴール3アシストの数字を残し、チームの5位フィニッシュに貢献していた。 ▽そして、以前から元カンテラーノの動向を注視してきたアトレティコは昨年12月頃に取り引きをまとめ、今回の正式発表の運びとなった。なお、ロドリゴ・エルナンデスはアトレティコにとって今夏最初の補強選手となる。 2018.05.24 21:38 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン加入を歓迎するアルバ「素晴らしい補強になる」

バルセロナDFジョルディ・アルバが、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンについて、加入するのであれば「素晴らしい補強になる」と語った。<br><br>2022年までアトレティコと契約を残しているグリーズマンだが、7月1日以降契約解除金が2億ユーロ(約260億円)から1億ユーロ(約130億円)に引き下げられるとみられ、バルセロナがその状況を注視している。<br><br>バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は先日、「今シーズンが終わったばかりだ。選手獲得・選手放出について話すのは7月1日以降だ。それはグリーズマンに限らず、ほかの選手でも同じだ」と述べていた。<br><br>一方、アルバはフランス代表FW獲得の可能性に関して以下のように話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。<br><br>「両クラブが合意に至るかどうかだね。僕は世界一のクラブに行くという決断を下した。家族のそばにいたい気持ちもあったけど、バレンシアを去るのは難しい決断だった。グリーズマンも同じような感情を抱くだろう。でも、選手なら誰しも成長を望むはずだ」<br><br>「グリーズマンは周りとうまく連携するタイプの選手だ。得点力があり、複数ポジションでプレーできる。バルセロナにとって、素晴らしい補強になるんじゃないかな」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.24 21:16 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ会長、グリーズマンについて問われ「他クラブの選手に敬意を」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得について、意見を述べている。<br><br>アトレティコと2022年まで契約を結んでいるグリーズマン。だが今年7月1日に契約解除金が2憶ユーロ(約260億円)から1憶ユーロ(約130億円)に引き下げられるとみられ、バルセロナが関心を寄せているといわれている。<br><br>バルトメウ会長はスペイン『カタルーニャ・ラジオ』で次のように話している。<br><br>「我々は他クラブで働く選手に最大の敬意を抱いている。今シーズンが終わったばかりだ。選手獲得・選手放出について話すのは7月1日以降だ。それはグリーズマンに限らず、ほかの選手でも同じだ」<br><br>「我々は来シーズンを見据えて動いている。今シーズンは成功だったと考えているが、毎年向上しなければらない。しかし、それは7月以降の話だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 23:08 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマン獲得の行方は...契約解除金が引き下がる7月以降に動く考えか

バルセロナは、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得に慎重な姿勢を示しているようだ。<br><br>バルセロナからの関心が盛んに取りざたされているグリーズマン。スペイン『ムンド・デポルティーボ』によれば、バルセロナは数カ月前からグリーズマン獲得に向けて動いてきたという。だが同選手の契約解除金が7月1日に2億ユーロから1億ユーロに引き下げられる状況に顧みて、それまで待機する考えを固めつつある様子だ。<br><br>一方、スペイン『カデナ・セール』によると、グリーズマンは18日にアトレティコに残留の意向を伝えたという。だがフランス代表FWは20日のリーガエスパニョーラ最終節エイバル戦(2-2)で一部サポーターからブーイングを浴びてショックを受け、将来を再考する可能性があると報じられている。<br><br>バルセロナは今季限りでMFアンドレス・イニエスタが退団する。冬の移籍市場で加入したMFフィリップ・コウチーニョをイニエスタの後釜に据え、FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、グリーズマンで3トップを形成するプランがあるといわれているが、アトレティコは徹底抗戦の構えをみせている。今後の動きに注目が集まりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

トーレス、日本行きに興味? 鳥栖は2年半契約を提示か

▽アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)のサガン鳥栖移籍が近づいているようだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えた。 ▽今シーズン限りでのアトレティコ退団を決断したトーレスには現在、中国行きやアメリカ行きが噂される中、サガン鳥栖も獲得を狙っていることが伝えられている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、サガン鳥栖はトーレスに対して、2年半契約を提示。それに対して、トーレスも中国クラブ、メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーから関心を寄せられている中で、日本行きに興味を示しているようだ。 ▽アトレティコの下部組織で育ったトーレスは、リバプールやチェルシー、ミランと国外クラブでプレー。スペイン国内ではアトレティコ以外でのプレー経験はなく、今シーズンはクラブ史上5人目となるリーガエスパニョーラ100ゴールも達成した。 2018.05.23 08:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース