レーティング:マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー《EL》2018.05.17 05:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽マルセイユ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 マンダンダ 4.5
失点場面はもちろん味方のミスだが、より安全な選択肢もあったはず。やや最終ラインの背後のケアで躊躇が見えた

DF
17 B・サール 5.5
守備では堅実に対応。マイボール時は持ち味の縦への仕掛けで幾度か見せ場を作った

23 ラミ 5.5
ジエゴ・コスタに対してタイトな寄せで仕事を許さず。惜しいシュートを放つなど概ね安定したプレーだった

19 グスタボ 5.5
本職ではないセンターバックで攻守に安定したプレー。パイエの負傷交代後は腕章を巻いてチームを鼓舞

18 アマヴィ 5.0
対面のコレアに苦戦。攻撃の場面でもややクロスに固執し過ぎた

MF
26 トヴァン 5.0
同胞のリュカとカバーに入る相手DFに挟み込まれて封殺される。エースの役割を果たせず

29 アンギッサ 4.5
痛恨のトラップミスで先制点に関与…その後は盛り返すも決勝の舞台ではあまりに痛すぎるミスだった

10 パイエ 5.5
試合開始直後に絶好機を演出。だが、強行出場の中で身体が耐え切れず、涙を流しての無念の負傷交代…

(→マキシム・ロペス 5.0)
経験不足やフィジカル不足を露呈。パイエの代役は荷が重かった

8 サンソン 5.0
無難にパスを捌いたが、攻撃面で違いを生めず。課題の守備では劣勢を強いられた

5 オカンポス 5.5
前半は積極的な仕掛けや激しい守備で気持ちは見せた。後半序盤に交代に

(→エンジエ 5.0)
絶好機でシュートをふかすなど、攻撃を活性化できず

FW
28 ジェルマン 4.5
序盤の絶好機を逃す。相手の屈強なセンターバックコンビを前に起点としての役割を全く果たせず


(→ミトログル 5.5)
あわやゴールという惜しいヘディングシュートを放った

監督
ガルシア 5.0
ミスからの失点やパイエの負傷交代などツキに恵まれなかった部分もあるが、妥当な敗戦でフランス勢の悲願達成ならず

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.0
ピンチは決して多くなかったが、抜群の飛び出しでジェルマンのシュートミスを誘発するなどさすがの存在感

DF
16 ヴルサリコ 5.5
オカンポスの対応に苦戦。また、軽い対応で警告を受けたため、ベンチの安全策によって前半でお役御免

(→フアンフラン 5.5)
ベテランらしい堅実な仕事ぶりできっちり逃げ切りに貢献

24 ホセ・ヒメネス 6.5
タイトな寄せでジェルマンに仕事をさせず。カバーリングの質も高かった

2 ゴディン 6.5
キャプテンのガビと共に指揮官不在の中でチームをしっかりと締める。守備の局面ではほぼパーフェクトな仕事ぶりだった

19 リュカ 6.5
持ち味の対人能力の強さを発揮して相手のキーマンを封殺。要所で攻撃にも良い形で絡んだ

MF
11 コレア 6.5
決定的な仕事はなかったが、優れたアジリティを生かした守備面の貢献は絶大。カウンターの局面でも相手の脅威に

(→トーマス -)

14 ガビ 7.0
指揮官に代わるピッチ内の闘将として3点目を記録するなど攻守に抜群の存在感。とりわけ、先制点のアシストは見事の一言

8 サウール 6.5
球際の強さと正確なポジショニングで中盤を制圧。地味ながらガビと共に果たした役割は大きかった

6 コケ 7.0
2点をアシスト。良い距離感と正確なプレーで周囲の仕事を容易なものとした

FW
7 グリーズマン 7.0
いずれも冷静なフィニッシュでチームにタイトルをもたらすエースの仕事を果たした

(→トーレス -)
アトレティコでの初タイトルを獲得

18 ジエゴ・コスタ 6.5
相手守備陣と積極的に駆け引きを行い、集中を削いでいった。献身的な守備や利他的なプレーできっちり役目を果たす

監督代行
ブルゴス 6.5
ヴルサリコの退場を未然に阻止する交代策など、的確な采配で相棒と共に鍛え上げたチームをうまく引っ張った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽キャリア3度目の重要なファイナルでようやく結果を残してクラブにタイトルをもたらした。圧巻の決定力に加えて、シメオネイズムを体現する抜群の守備など際立つ存在感だった。

マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー
【アトレティコ・マドリー】
グリーズマン(前21)
グリーズマン(後4)
ガビ(後44)

※アトレティコが6年ぶり3度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコのCL王者キラーぶりが凄い

▽アトレティコ・マドリーのUEFAスーパーカップでの成績が凄い。 ▽UEFAスーパーカップは、チャンピオンズリーグ(CL)王者とヨーロッパリーグ(EL)王者によって争われる国際タイトルだ。毎年白熱の試合が繰り広げられる大会だが、通常はCLに強豪クラブが集結し、国内リーグやCLのグループステージでそれらの強豪の後塵を拝したクラブがELに出場するため、CL王者が圧倒的有利とみなされている。 ▽しかし、15日に行われたUEFAスーパーカップ2018では、EL王者アトレティコ・マドリーがCL王者レアル・マドリーを4-2で撃破。とはいえ、「EL王者がCL王者を破った」という事実はさして話題にならず、戦前からレアル・マドリーが圧倒的有利と見る向きも多くはなかった。その背景には、アトレティコ・マドリーの陣容・実力が充実していることの他に、観客が同クラブのUEFAスーパーカップ戴冠を見慣れていることが挙げられるかもしれない。 ▽過去の大会記録では、なんとアトレティコ・マドリーは過去のUEFAスーパーカップに3度出場し、全大会で優勝。また、驚くべきことに、いずれもEL王者として出場したものだ。さらに、UEFAスーパーカップがCL王者とEL王者の戦いになった2010年から、EL王者としてカップを掲げたのはアトレティコ・マドリーのみだ。 ◆歴代UEFAスーパーカップ結果 (CL王者vsEL王者) 2010:インテル 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アトレティコ・マドリー</span> 2011:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 2</span>-0 ポルト 2012:チェルシー 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2013:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バイエルン 2</span>-2(PK:5-4) チェルシー 2014:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-0 セビージャ 2015:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 5</span>-4 セビージャ 2016:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 3</span>-2 セビージャ 2017:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-1 マンチェスター・ユナイテッド 2018:レアル・マドリー 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2018.08.16 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、スーパー杯敗戦も新戦力獲得には言及せず「彼らは飢えている」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、現在の選手たちへの信頼を口にした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは15日、UEFAスーパーカップでアトレティコ・マドリーと対戦して延長戦の末に2-4で敗戦。『マルカ』やスペイン『アス』など国内各紙は、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド不在による、得点力不足が敗戦の原因ではないかと指摘している。 ▽また、試合後には、ハングリー精神に欠けるのでは、という趣旨の質問が会見場で飛び交った。「既にこれだけ多くを勝ち獲ってきた選手たちでこれからも勝ち続けられるのか。それがハンディキャップになるのでは? 」と尋ねられたロペテギ監督は、以下のように返答している。 「いや、ハンディキャップとはみなしていない」 「この選手たちは多くのタイトルを勝ち取ってきたし、昨シーズン欲していたラ・リーガを逃した。だから、今シーズンは集中しようと努力しているし、チームを改善しようとしているんだ。スーパーカップを失ってから前に進み、最近獲れていないラ・リーガを求めている。日曜日に始まるんだ。彼らはさらに飢えているし、私たちは細部まで詰めていきたい」 ▽新戦力獲得については言及しなかったロペテギ監督。スコアラーの獲得がないことを批判的に見る向きも強いが、19日に行われるリーガエスパニョーラ開幕節ヘタフェ戦に勝利し外野の意見を跳ね返すことが出来るのだろうか。 2018.08.16 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「残留は間違っていなかった」マドリーを下したグリーズマンが主張

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、UEFAスーパカップ後にコメント。チームへの自信を窺わせた。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップを制したグリーズマンは、レアル・マドリーとのUEFAスーパーカップに先発出場。試合はジエゴ・コスタの2ゴールやサウール・ニゲス、コケの活躍などで延長戦を制し、アトレティコがマドリッドダービーで勝利を収めた。 ▽グリーズマンは、試合後に『Movistar+』のインタビューに応じ、バルセロナ移籍の噂があった中、アトレティコへの残留が正しかったと主張。シーズンの良いスタートを切れたことを喜んだ。 「良いプロジェクトがあったので、僕は残った」 「僕はこのクラブ、チョロ(ディエゴ・シメオネ監督)に自信を持っている。今日、僕が間違っていなかったことを目の当たりにした」 「2度目の試合だったから、少し消えてしまった」 「最終的に重要なことは、スコアボードを動かすことだった。僕たちは非常に完璧な戦いをしたね」 「両チームがフィジカル的に100%でないことは明らかだった。でも勝つことが重要だ」 「UEFAスーパーカップで再び勝つことができた。このようにシーズンをスタートさせることはとても重要だったよ」 2018.08.16 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー《UEFAスーパーカップ》

▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが15日にエストニアで行われ、延長戦の末に2-4でアトレティコが勝利している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.0 防ぎようはなかったが、4失点 DF 2 カルバハル 5.0 さほど攻撃に出られず、4失点目に関与 5 ヴァラン 5.0 概ね安定していたが、痛恨のボールロストで決勝点献上 4 セルヒオ・ラモス 5.5 開始早々ジエゴ・コスタに出し抜かれたが、PKで一時同点弾を決めた 12 マルセロ 5.0 1つ好機演出も2失点目の対応は軽かった MF 14 カゼミロ 5.5 グリーズマンにプレースペースを与えなかった。後半終盤に負傷交代 (→ダニ・セバージョス 5.0) 中盤をコントロールできず 22 イスコ 5.5 トップ下でプレー。幅広く動いてボールによく関与も違いを生むには至らず (→L・バスケス 5.0) ボールに触れなかった 8 クロース 5.5 正確なパスでゲームメーク。CKがPKを誘った (→マジョラル -) FW 11 ベイル 6.0 好調を維持。スピードを生かして同点弾をアシスト 9 ベンゼマ 6.5 同点弾を決め、PK奪取にも関与 20 アセンシオ 5.5 個人技でシュートに持ち込む場面もあったが、ボールに絡む回数が少なかった (モドリッチ 5.5) 投入直後はよくボールに絡んだが、徐々に消える 監督 ロペテギ 5.5 内容は悪くなかっただけに2-1で逃げ切りたかった ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 2失点も17分のアセンシオのヒールシュートを好守で防ぐ DF 20 フアンフラン 5.5 不用意なPK献上も2点目を演出 15 サビッチ 5.5 ベンゼマのマークを外して失点に関与もそれ以外は安定 2 ゴディン 6.0 鉄壁の守備を見せる 21 リュカ 5.5 ベイルにぶち抜かれて失点に関与。ただ、後半以降は持ち直した MF 11 レマル 6.0 コケとサイドを入れ替えながらドリブルでアクセントを付ける (→トーマス 6.0) ボール奪取からのショートカウンターが利いていた 14 ロドリゴ・エルナンデス 5.5 シンプルなボール捌きでリズムを作る (→ビトロ 6.0) 4点目をアシスト。攻め手に 8 サウール 6.5 クロースの監視役。守備に重点を置いていたが、決勝点をゲット 6 コケ 6.0 サイドでは守備に追われて良さが出なかったが、センターに移ってからはリズムを生みダメ押しゴール FW 19 ジエゴ・コスタ 7.0 開始50秒でのゴールなど全得点に絡む。戦う姿勢を全面に押し出して2ゴールの活躍 (→ホセ・ヒメネス -) 7 グリーズマン 5.0 まだまだ調整段階。守備に追われ、プレー機会が少なかった (→コレア 6.0) 持ち味の仕掛けを随所に見せ、アシストを決める 監督代行 ブルゴス 6.5 勝負強さを見せてレアル・マドリー撃破 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー) ▽2ゴールを決めて延長戦に持ち込み、3、4点目を演出。セルヒオ・ラモスとのスペイン代表マッチアップも激しかった。 レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(前27) セルヒオ・ラモス(後18[PK]) 【アトレティコ・マドリー】 ジエゴ・コスタ(前1) ジエゴ・コスタ(後34) サウール(延前8) コケ(延前14) 2018.08.16 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ躍動のアトレティコがレアル・マドリーとの延長戦を制して3度目の戴冠《UEFAスーパーカップ》

▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが15日にエストニアで行われ、延長戦の末に2-4でアトレティコが勝利している。 ▽チャンピオンズリーグ3連覇中のレアル・マドリーとヨーロッパリーグ王者のアトレティコによる一戦。 ▽週末にリーガエスパニョーラ開幕を控える中、ロペテギ新監督率いるレアル・マドリーはモドリッチがベンチスタート、GKクルトワがベンチ外となった以外は、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方のアトレティコはグリーズマンやジエゴ・コスタら主力がスタメンに名を連ね、新戦力のレマルとロドリゴ・エルナンデスが先発となった。 ▽試合は開始1分に動きを見せる。ゴディンのロングボールに反応したジエゴ・コスタがセルヒオ・ラモスとヴァランに競り勝ってボックス右に侵入。角度の厳しい位置から右足を振り抜き左サイドネットに突き刺した。 ▽出鼻を挫かれたレアル・マドリーが失点後、ボールを動かして押し込む流れが続くと17分、マルセロの左クロスからアセンシオのヒールシュートが枠に向かったが、GKオブラクのファインセーブに阻まれる。 ▽その後も [4-4-2]のフラットな3ラインを形成して構えるアトレティコに対し、レアル・マドリーが仕掛けていく展開で推移。すると27分、試合を振り出しに戻す。右サイドをベイルがスピードで抜け出して右足でクロスを送ると、ファーサイドに流れたベンゼマがヘッドで流し込んだ。 ▽さらに29分、ドリブルでボックス左まで持ち上がったアセンシオが右足シュートで逆転ゴールに迫ると、34分にはカウンターから好機を演出。ハーフタイムにかけてもレアル・マドリーが敵陣でポゼッションする展開が続いたが、チャンスは生めずに前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、アトレティコが前がかる入りをした中、レアル・マドリーは57分にアセンシオに代えてモドリッチを投入。対するアトレティコはグリーズマンに代えてコレアを投入した。 ▽イスコを左ウイングに配す[4-3-3]としたレアル・マドリーは62分にPKを獲得する。クロースの右CKからファーサイドのベンゼマがボレーで合わせにかかったところで、フアンフランのハンドを誘った。このPKをセルヒオ・ラモスが決めてレアル・マドリーが逆転に成功した。 ▽失点を受けてアトレティコはロドリゴ・エルナンデスに代えてビトロを投入。攻撃色を強めると79分、アトレティコが同点に持ち込む。フアンフランがマルセロからボールを奪ってコレアへパス。ボックス右で仕掛けたコレアはゴールライン際から折り返し、最後はジエゴ・コスタが押し込んだ。 ▽後半終盤にかけてはこう着状態が続き、2-2のまま90分が終了。延長戦にもつれ込んだ。その延長戦はレアル・マドリーが押し込む展開が続いたが、同前半8分にアトレティコが勝ち越す。トーマスがヴァランからボールを奪ってボックス左に侵入すると、折り返したクロスをサウールがボレーで蹴り込んだ。 ▽勝ち越されたレアル・マドリーはクロースに代えてマジョラルを投入。しかし同14分、アトレティコが勝負を決定付ける。ジエゴ・コスタがカルバハルとの競り合いを制してボックス左に侵入。タメを作ってパスを送ると、ビトロがダイレクトで叩く。このパスをボックス中央に走り込んだコケがボレーで流し込んだ。 ▽延長後半、ジエゴ・コスタに代えてホセ・ヒメネスを投入したアトレティコがレアル・マドリーの攻撃を凌いで4-2のまま勝利。6年ぶり3度目のUEFAスーパーカップ戴冠となっている。 2018.08.16 06:39 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース