レーティング:マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー《EL》2018.05.17 05:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽マルセイユ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 マンダンダ 4.5
失点場面はもちろん味方のミスだが、より安全な選択肢もあったはず。やや最終ラインの背後のケアで躊躇が見えた

DF
17 B・サール 5.5
守備では堅実に対応。マイボール時は持ち味の縦への仕掛けで幾度か見せ場を作った

23 ラミ 5.5
ジエゴ・コスタに対してタイトな寄せで仕事を許さず。惜しいシュートを放つなど概ね安定したプレーだった

19 グスタボ 5.5
本職ではないセンターバックで攻守に安定したプレー。パイエの負傷交代後は腕章を巻いてチームを鼓舞

18 アマヴィ 5.0
対面のコレアに苦戦。攻撃の場面でもややクロスに固執し過ぎた

MF
26 トヴァン 5.0
同胞のリュカとカバーに入る相手DFに挟み込まれて封殺される。エースの役割を果たせず

29 アンギッサ 4.5
痛恨のトラップミスで先制点に関与…その後は盛り返すも決勝の舞台ではあまりに痛すぎるミスだった

10 パイエ 5.5
試合開始直後に絶好機を演出。だが、強行出場の中で身体が耐え切れず、涙を流しての無念の負傷交代…

(→マキシム・ロペス 5.0)
経験不足やフィジカル不足を露呈。パイエの代役は荷が重かった

8 サンソン 5.0
無難にパスを捌いたが、攻撃面で違いを生めず。課題の守備では劣勢を強いられた

5 オカンポス 5.5
前半は積極的な仕掛けや激しい守備で気持ちは見せた。後半序盤に交代に

(→エンジエ 5.0)
絶好機でシュートをふかすなど、攻撃を活性化できず

FW
28 ジェルマン 4.5
序盤の絶好機を逃す。相手の屈強なセンターバックコンビを前に起点としての役割を全く果たせず


(→ミトログル 5.5)
あわやゴールという惜しいヘディングシュートを放った

監督
ガルシア 5.0
ミスからの失点やパイエの負傷交代などツキに恵まれなかった部分もあるが、妥当な敗戦でフランス勢の悲願達成ならず

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.0
ピンチは決して多くなかったが、抜群の飛び出しでジェルマンのシュートミスを誘発するなどさすがの存在感

DF
16 ヴルサリコ 5.5
オカンポスの対応に苦戦。また、軽い対応で警告を受けたため、ベンチの安全策によって前半でお役御免

(→フアンフラン 5.5)
ベテランらしい堅実な仕事ぶりできっちり逃げ切りに貢献

24 ホセ・ヒメネス 6.5
タイトな寄せでジェルマンに仕事をさせず。カバーリングの質も高かった

2 ゴディン 6.5
キャプテンのガビと共に指揮官不在の中でチームをしっかりと締める。守備の局面ではほぼパーフェクトな仕事ぶりだった

19 リュカ 6.5
持ち味の対人能力の強さを発揮して相手のキーマンを封殺。要所で攻撃にも良い形で絡んだ

MF
11 コレア 6.5
決定的な仕事はなかったが、優れたアジリティを生かした守備面の貢献は絶大。カウンターの局面でも相手の脅威に

(→トーマス -)

14 ガビ 7.0
指揮官に代わるピッチ内の闘将として3点目を記録するなど攻守に抜群の存在感。とりわけ、先制点のアシストは見事の一言

8 サウール 6.5
球際の強さと正確なポジショニングで中盤を制圧。地味ながらガビと共に果たした役割は大きかった

6 コケ 7.0
2点をアシスト。良い距離感と正確なプレーで周囲の仕事を容易なものとした

FW
7 グリーズマン 7.0
いずれも冷静なフィニッシュでチームにタイトルをもたらすエースの仕事を果たした

(→トーレス -)
アトレティコでの初タイトルを獲得

18 ジエゴ・コスタ 6.5
相手守備陣と積極的に駆け引きを行い、集中を削いでいった。献身的な守備や利他的なプレーできっちり役目を果たす

監督代行
ブルゴス 6.5
ヴルサリコの退場を未然に阻止する交代策など、的確な采配で相棒と共に鍛え上げたチームをうまく引っ張った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽キャリア3度目の重要なファイナルでようやく結果を残してクラブにタイトルをもたらした。圧巻の決定力に加えて、シメオネイズムを体現する抜群の守備など際立つ存在感だった。

マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー
【アトレティコ・マドリー】
グリーズマン(前21)
グリーズマン(後4)
ガビ(後44)

※アトレティコが6年ぶり3度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベがアトレティコに接触…狙いはゴディン

▽ユベントスが、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)の獲得に動いているようだ。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽アトレティコで8シーズン目を迎え、より円熟味が増したウルグアイ代表DFは、32歳になっても衰えを知らず、ロヒ・ブランコスの鉄壁を支え続けている。今季もリーグ戦30試合に出場し、最少失点に大きく貢献した。 ▽そんなゴディンに、ユベントスがモロッコ代表DFメディ・ベナティアの後釜として注目しているようだ。記事によれば、ベナティアは今夏退団の可能性があるようで、ユベントスはその穴埋めに動いているという。ゴディンの32歳という年齢と、残り1年という契約状況から、比較的安価で交渉できるという点も考慮しているようだ。 ▽なお、ベナティアに関しては、マルセイユが2500万ユーロ(約32億円)で獲得を狙っているという噂がある。 2018.05.27 21:16 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコがモナコからファビーニョ獲得へ! 約45億円でクラブ間合意!

▽アトレティコ・マドリーがモナコからブラジル代表MFファビーニョ(24)を獲得することになるようだ。フランス『Le10Sport』が伝えている。 ▽昨夏に続き今夏もマンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に乗り出しているファビーニョは、すでにモナコ退団を表明しており、今夏に新天地を求めることになる。 ▽そして、同選手の新天地は以前にもスペイン『アス』が加入の可能性を報じていたアトレティコとなるようだ。 ▽『Le10Sport』が伝えるところによれば、アトレティコとモナコは3500万ユーロ(約44億6000万円)の条件でクラブ間での合意に至った模様だ。当初、モナコ側は5000万ユーロ(約63億7000万円)を要求していたものの、アトレティコの粘り強い交渉が実り、最終的に3500万ユーロで合意に達したようだ。 ▽なお、ファビーニョはモナコ加入前にレアル・マドリー・カスティージャで1年間プレーし、2013年5月のマラガ戦ではトップチームでリーガデビューも飾っている。そして、来季は古巣のライバルであるアトレティコでプレーする見込みだ。 ▽レオナルド・ジャルディム監督の下で右サイドバックからセントラルMFにコンバートしたファビーニョは、機動力と手足の長さを生かしたボール奪取力に加え、推進力や堅実なパス捌きに定評がある。 2018.05.27 20:47 Sun
twitterfacebook
thumb

F・トーレス、移籍先は日本or中国か…スペインメディア「有力候補は鳥栖と北京人和」

今季限りでアトレティコ・マドリーを退団するFWフェルナンド・トーレスの移籍先だが、スペインメディアは日本か中国になるとの見解を示している。<br><br>スペイン『マルカ』は、トーレスに対してはアメリカのシカゴ・ファイアー、日本のサガン鳥栖、そして中国の北京人和が獲得に動いていると報道。そして移籍先の有力候補は鳥栖か北京人和であると記している。<br><br>鳥栖の獲得競争の相手と目される北京人和は、今季に中国スーパーリーグ昇格。レバンテやヘタフェなどを率いたスペイン人ルイス・ガルシア・プラサ監督が指揮を執っている。<br><br>北京人和は冬の移籍市場でもトーレスにオファーを提示したとされるが、今夏にも獲得に動いている模様。中国でも大人気の元スペイン代表FWを引き入れ、クラブの知名度を上げることが目的で、同選手が魅力的と感じるオファーを用意しているという。<br><br>『マルカ』は「中国と日本のスポーツ戦争がイニエスタのときと同じように始まった」と記し、トーレスの移籍先が鳥栖と北京人和のどちらになるのか、注目を促している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、今季ブレイクのベティスMFファビアン・ルイスの獲得レースに参戦か

▽アトレティコ・マドリーがレアル・ベティスに所属するU-21スペイン代表MFファビアン・ルイス(22)の獲得レースに名乗りを上げたようだ。スペイン『フットボール・エスパーニャ』がイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』の情報をもとに伝えた。 ▽『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、リーガエスパニョーラ6位と躍進したベティスで今季リーグ戦34試合に出場するなどブレイクを果たしたファビアン・ルイスには、ローマやナポリが獲得に興味を示していたが、アトレティコも獲得レースに参戦するようだ。 ▽ベティスの下部組織出身のファビアン・ルイスは、当時リーガ2部に所属していた2014年7月にトップチームに昇格。その後は出場機会に恵まれなかったが、エルチェからレンタル復帰した今季はリーグ戦34試合に出場し3ゴール6アシストを記録した。 ▽なお、ファビアン・ルイスは今年1月にベティスとの契約を2023年まで延長しており、ベティスは同選手のバイアウト条件をこれまでの1200万ユーロ(約15億3000万円)から3000万ユーロ(約38億3000万円)まで引き上げていた。 2018.05.27 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【2017-18リーガエスパニョーラベストイレブン】バルセロナから最多4選手を選出

▽2017-18シーズンのリーガエスパニョーラが終了しました。そこで本稿では今季のリーガエスパニョーラベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆リーガエスパニョーラベストイレブン GK:オブラク DF:ジェネ、ゴディン、ユムティティ MF:ゴンサロ・ゲデス、ファビアン・ルイス、パレホ、イニエスタ、ジョルディ・アルバ FW:メッシ、ストゥアーニ GK ヤン・オブラク(25歳/アトレティコ・マドリー) 出場試合数:37(先発:37)/出場時間:3330分 失点数:22<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季も抜群の安定感を示して3年連続のサモラ賞(最優秀GK)を獲得した。今季チームは昨季から11点も少ない58得点と深刻な得点力不足に悩まされた。その中で2位フィニッシュできた最大の要因こそ昨季の26失点を上回る堅守を築いた守備陣。とりわけ、相手の決定的な枠内シュートを驚異的な反応で防ぎ続けたスロベニア人守護神の躍動ぶりは見事だった。前半戦のインパクトではバルセロナGKテア・シュテーゲンに劣るも文句なしの今季最優秀GKだ。 DF ジェネ・ダコナム(26歳/ヘタフェ) 出場試合数:36(先発:36)/出場時間:3240分 得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ3位の堅守を支えた遅咲きの万能型DF。今季、ベルギーのシント=トロイデンから加入した26歳のトーゴ代表DFはセグンダのアルコルコンでのプレー経験はあったもののプリメーラは初挑戦だった。しかし、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器に世界屈指のアタッカー陣との一対一をことごとく制すなど対人守備は無敵。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力や無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応していた。今夏の移籍市場では間違いなくビッグクラブが触手を伸ばすはずだ。 DF ディエゴ・ゴディン(32歳/アトレティコ・マドリー) 出場試合数:30(先発:28)/出場時間:2553分 得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽堅守アトレティコの頼れるディフェンスリーダーは今季も健在。対戦相手による徹底対策の影響か、チーム全体でセットプレーが機能せず珍しく無得点でシーズンを終えた。ただ、本職の守備ではリュカ、サビッチ、ホセ・ヒメネスと相棒が入れ替わる中で見事な統率力を発揮して昨季以上の堅守構築に大きく貢献した。 DF サミュエル・ユムティティ(24歳/バルセロナ) 出場試合数:25(先発:24)/出場時間:2189分 得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前半戦の堅守を支えた若きディフェンスリーダー。加入2年目で凄みを増した今季は組織的な守備の構築に長けた新指揮官の下で守護神テア・シュテーゲンと共に躍動。卓越した身体能力とプレーリードを武器に相手のエースストライカーをことごとく封殺。また、ビルドアップの局面では昨季以上に安定したパス捌きを見せていた。 MF ゴンサロ・ゲデス(21歳/バレンシア) 出場試合数:33(先発:27)/出場時間:2437分 得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽クリスティアーノ・ロナウド2世が完全ブレイク。昨季、途中加入したパリ・サンジェルマンでは思うように出場機会を得られず、昨夏にレンタル移籍でバレンシアに加入すると、下馬評が低かったチームと同様に序盤から快進撃を見せた。若かりし頃のC・ロナウドを彷彿とさせる驚異的な加速力と足元のテクニックを武器に左サイドを蹂躙し高速カウンターの担い手になると共に、ハイスピードでも落ちないプレー精度と判断力で5ゴール11アシストとフィニッシュの場面の存在感も抜群。両足から繰り出されるパンチのあるシュートに磨きがかかれば、さらなる飛躍も期待できる。 MF ファビアン・ルイス(22歳/ベティス) 出場試合数:34(先発:30)/出場時間:2642分 得点数:3<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季のリーガ最大のサプライズ。直近の2シーズンはリーグ戦16試合の出場にとどまり、同い年で同じレフティのダニ・セバージョス(現レアル・マドリー)の陰に隠れていた。しかし、セティエン新監督の下ポゼッションスタイルに変貌を遂げたチームでポジションを勝ち取ると、優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を生かして瞬く間に若きリーダーに成長した。アトレティコMFサウールを彷彿とさせる189cmの大型MFはすでに国内外のビッグクラブの関心を集めるも、移籍のタイミングを見誤った親友セバージョスを教訓に残留が濃厚だ。来季はEL出場権を手にしたベティスで更なる飛躍が期待される。 MF ダニエル・パレホ(29歳/バレンシア) 出場試合数:34(先発:34)/出場時間:3005分 得点数:7(PK6)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バレンシア復活の立役者。近年、迷走を続けていたクラブと共に自身もナイトクラブでのチーム批判や移籍騒動など、ピッチ内外で問題を抱えていた悩めるカピタン。だが、今季はマルセリーノ新監督の下で堅守速攻にスタイル変更したチームの絶対的司令塔として、かつて天才MFと評された頃のパフォーマンスを取り戻した。卓越した戦術眼とパスセンスを生かして縦への意識が強いチームの攻撃に抜群の間を与えると共に、課題の守備でも大きな改善を見せて攻守に戦えるピボーテという新境地を開いた。惜しくもロシアW杯行きを逃すも今年3月には28歳でスペイン代表デビューを飾るなど、充実のシーズンを過ごした。 MF アンドレス・イニエスタ(34歳/バルセロナ) 出場試合数:30(先発:25)/出場時間:1842分 得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽22年を過ごしたブラウ・グラナを去る偉大なるMF。加齢によるパフォーマンス低下もあってルイス・エンリケ前体制下では存在感を失いつつあったイニエスタだが、今季は[4-4-2]と[4-3-3]を併用したバルベルデ率いるチームで左サイドハーフとインテリオールで持ち味の超絶技巧を遺憾なく発揮。とりわけ、同サイドのジョルディ・アルバと盟友メッシとのコンビネーションは圧巻の一言。Jリーグのヴィッセル神戸移籍が決定し、日本のフットボールファンにとってはそのプレーをスタジアムで拝める特権を味わえることになる。 MF ジョルディ・アルバ(29歳/バルセロナ) 出場試合数:33(先発:30)/出場時間:2744分 得点数:2<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネイマール移籍の恩恵を最も享受した男。ここ数年は一列前のネイマールを後方から支援する黒子の役割を求め続けられたアルバだが、今季は左ウイングとしてバルセロナの攻撃をけん引した。爆発的なスピードと職人芸の飛び出しを武器に、メッシからの対角線のスルーパス、イニエスタの抜群のタメからの短いスルーパスに抜け出しては正確なマイナスのクロスやシュートでフィニッシュに絡み、2ゴール9アシストを記録。また、守備の局面でもネイマールが居なくなったことで前線からのサポートも強まり、余裕を持った対応が目立った。 FW リオネル・メッシ(30歳/バルセロナ) 出場試合数:36(先発:32)/出場時間:2996分 得点数:34(PK2)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季のリーガ最優秀プレーヤー。30歳になって初めてのシーズンに臨んだアルゼンチン代表FWは、今季更なる進化を見せた。バルベルデ新監督の下でトップ下や2トップの一角という新たな役割を与えられた中、34ゴール12アシストとフィニッシャーとチャンスメーカーの2つの役割を異次元のレベルでこなした。 FW クリスティアン・ストゥアーニ(31歳/ジローナ) 出場試合数:33(先発:32)/出場時間:2724分 得点数:21(PK5)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_100_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3年ぶり復帰のリーガでキャリアハイの21ゴール。ミドルズブラでの2シーズンを経て2015年のエスパニョール時代以来のリーガ復帰を果たした31歳のウルグアイ代表FW。マチン監督の下で昨季セグンダ2位のジローナのエースストライカーに収まると、攻守にインテンシティの高いチームをけん引した。屈強なフィジカルを生かしたポストワーク、ベテランストライカーらしいペナルティエリア内の嗅覚、決定力を武器に小兵ポルトゥとの名コンビでゴールを量産。とりわけ、プレースキックの場面では正確なキックを誇るグラネルとのホットラインがチームの強力なストロングポイントとなっていた。 2018.05.25 19:31 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース