レーティング:マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー《EL》2018.05.17 05:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽マルセイユ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 マンダンダ 4.5
失点場面はもちろん味方のミスだが、より安全な選択肢もあったはず。やや最終ラインの背後のケアで躊躇が見えた

DF
17 B・サール 5.5
守備では堅実に対応。マイボール時は持ち味の縦への仕掛けで幾度か見せ場を作った

23 ラミ 5.5
ジエゴ・コスタに対してタイトな寄せで仕事を許さず。惜しいシュートを放つなど概ね安定したプレーだった

19 グスタボ 5.5
本職ではないセンターバックで攻守に安定したプレー。パイエの負傷交代後は腕章を巻いてチームを鼓舞

18 アマヴィ 5.0
対面のコレアに苦戦。攻撃の場面でもややクロスに固執し過ぎた

MF
26 トヴァン 5.0
同胞のリュカとカバーに入る相手DFに挟み込まれて封殺される。エースの役割を果たせず

29 アンギッサ 4.5
痛恨のトラップミスで先制点に関与…その後は盛り返すも決勝の舞台ではあまりに痛すぎるミスだった

10 パイエ 5.5
試合開始直後に絶好機を演出。だが、強行出場の中で身体が耐え切れず、涙を流しての無念の負傷交代…

(→マキシム・ロペス 5.0)
経験不足やフィジカル不足を露呈。パイエの代役は荷が重かった

8 サンソン 5.0
無難にパスを捌いたが、攻撃面で違いを生めず。課題の守備では劣勢を強いられた

5 オカンポス 5.5
前半は積極的な仕掛けや激しい守備で気持ちは見せた。後半序盤に交代に

(→エンジエ 5.0)
絶好機でシュートをふかすなど、攻撃を活性化できず

FW
28 ジェルマン 4.5
序盤の絶好機を逃す。相手の屈強なセンターバックコンビを前に起点としての役割を全く果たせず


(→ミトログル 5.5)
あわやゴールという惜しいヘディングシュートを放った

監督
ガルシア 5.0
ミスからの失点やパイエの負傷交代などツキに恵まれなかった部分もあるが、妥当な敗戦でフランス勢の悲願達成ならず

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.0
ピンチは決して多くなかったが、抜群の飛び出しでジェルマンのシュートミスを誘発するなどさすがの存在感

DF
16 ヴルサリコ 5.5
オカンポスの対応に苦戦。また、軽い対応で警告を受けたため、ベンチの安全策によって前半でお役御免

(→フアンフラン 5.5)
ベテランらしい堅実な仕事ぶりできっちり逃げ切りに貢献

24 ホセ・ヒメネス 6.5
タイトな寄せでジェルマンに仕事をさせず。カバーリングの質も高かった

2 ゴディン 6.5
キャプテンのガビと共に指揮官不在の中でチームをしっかりと締める。守備の局面ではほぼパーフェクトな仕事ぶりだった

19 リュカ 6.5
持ち味の対人能力の強さを発揮して相手のキーマンを封殺。要所で攻撃にも良い形で絡んだ

MF
11 コレア 6.5
決定的な仕事はなかったが、優れたアジリティを生かした守備面の貢献は絶大。カウンターの局面でも相手の脅威に

(→トーマス -)

14 ガビ 7.0
指揮官に代わるピッチ内の闘将として3点目を記録するなど攻守に抜群の存在感。とりわけ、先制点のアシストは見事の一言

8 サウール 6.5
球際の強さと正確なポジショニングで中盤を制圧。地味ながらガビと共に果たした役割は大きかった

6 コケ 7.0
2点をアシスト。良い距離感と正確なプレーで周囲の仕事を容易なものとした

FW
7 グリーズマン 7.0
いずれも冷静なフィニッシュでチームにタイトルをもたらすエースの仕事を果たした

(→トーレス -)
アトレティコでの初タイトルを獲得

18 ジエゴ・コスタ 6.5
相手守備陣と積極的に駆け引きを行い、集中を削いでいった。献身的な守備や利他的なプレーできっちり役目を果たす

監督代行
ブルゴス 6.5
ヴルサリコの退場を未然に阻止する交代策など、的確な采配で相棒と共に鍛え上げたチームをうまく引っ張った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽キャリア3度目の重要なファイナルでようやく結果を残してクラブにタイトルをもたらした。圧巻の決定力に加えて、シメオネイズムを体現する抜群の守備など際立つ存在感だった。

マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー
【アトレティコ・マドリー】
グリーズマン(前21)
グリーズマン(後4)
ガビ(後44)

※アトレティコが6年ぶり3度目の優勝!
コメント
関連ニュース
thumb

モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?

チェルシーに所属するFWアルバロ・モラタは、アトレティコ・マドリーへの移籍に関して同意している。『Goal』の取材でわかった。<br><br>今シーズン、マウリツィオ・サッリ監督の信頼を勝ち得ることができていないモラタは、今冬での移籍が濃厚とみられてきた。そして現在、モラタは今季終了時までのレンタル移籍でアトレティコ入りすることで同意した。だが、アトレティコは取引を完了させるために、資金を捻出する必要がある。<br><br>『Goal』の情報では、アトレティコは今季終了時までのレンタル料として、チェルシーに300万ユーロ(約3億7000万円)を支払う。さらに、シーズン終了後に完全移籍させる4000万ユーロ(約50億円)の買い取りオプションを取り付けるという取引でチェルシーと合意している。ただ、チェルシーとは現在も、モラタの給与負担額についてせめぎ合いを続けている状況だ。<br><br>ただ、アトレティコは近々にモラタの取引を完了させることはないとみられる。アトレティコはまず、昨夏に獲得するもここまでリーグ戦2得点と苦しむFWニコラ・カリニッチ、そしてフリーで加入するもリーグ戦1試合の先発にとどまるMFジェルソン・マルティンスを放出することで資金を捻出することを見据えている。<br><br>なお、チェルシーは、ユベントスからレンタルでミラン入りしているFWゴンサロ・イグアインの獲得に迫っている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.19 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

今季アウェイでわずか2勝…グリーズマン「強くなれるかは僕ら次第」

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、アウェイでの試合の難しさを語っている。スペイン『アス』が伝えた。 アトレティコは、リーガエスパニョーラ第19節終了時点で10勝8分け1敗の成績を収めており、勝ち点38の2位に位置している。3位のセビージャ、4位のレアル・マドリーが同勝ち点の「33」で並んでいることを考えれば、アトレティコは現状で首位のバルセロナ(勝ち点43)に肉薄できる唯一のチームとなっている。 シーズン序盤から故障者が続出したことを考えれば悪くない位置に付けているアトレティコだが、悔やまれるのがアウェイでの成績だ。同クラブはアウェイでのリーグ戦を9試合戦っており、成績は2勝6分け1敗。反対に、ホームでは10試合8勝2分け無敗でバルセロナの10戦7勝2分け1敗という数字も上回れているだけに、アウェイでの戦いぶりはタイトルへの課題になっている。 チームのエースとして今シーズンもリーグ19試合9ゴール5アシストを決めているグリーズマンは、以下のように語りアウェイでの勝利に意気込んだ。 「ホーム以外でプレーする全ての試合はタフだし、それは続いていく。相手チームは座って僕らを待っていて、ファンからの後押しを受ける」 「より強くなれるかは僕ら次第だし、明日アウェイで3ポイント全部が奪えるといいな」 「僕らは良好だし、頂点を巡る争いを続けている。これからも多くの試合があるし、どこに行き着くか見ていこう。残りの試合全てに勝って取りこぼさないようにしたい」 「ファンからのサポートは重要で、先月は僕のレベルを引き上げるのを助けてくれた。賞は全部彼らとチームメイトにかかっている。上手くやれば、彼らを助け続けられるだろうね」 アトレティコは19日、リーガ第20節でウエスカのホームに乗り込む。 2019.01.19 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーのイグアイン獲得報道で、モラタのアトレティコ移籍が加速

チェルシーを巡るストライカーの去就が慌ただしくなっている。 先日、チェルシーのミラン所属アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得合意報道が流れた。昨夏から興味を示していたマウリツィオ・サッリ監督の愛弟子の獲得にようやく漕ぎ着けた模様だ。 一方で、イグアインのスタンフォード・ブリッジ到着は、現チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの出発も意味している。イギリス『スカイ・スポーツ』は、イグアインの所属先であるユベントスとチェルシーは、1年間の延長オプション付きの今季いっぱいまでのレンタルで合意したと報道。同時に、以前から噂が上がっていたモラタのアトレティコ移籍に拍車がかかると見込んでいる。 同選手にはセビージャやバルセロナからの関心も伝えられていたが、ここにきてアトレティコがポールポジションに立った模様。交渉も順調に進んでいるようだ。 2017年夏に7000万ポンド(現在のレートで約98億円)の移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに移籍したモラタ。しかし、その高額は移籍金とは裏腹に、プレミアリーグのスタイルに馴染めず、今季もここまで16試合で5ゴールと結果を残せていない。 果たしてモラタはユース時代を過ごした古巣で輝きを取り戻すことはできるのだろうか。チェルシーを巡るストライカーの玉突き移籍が刻一刻と迫っている。 2019.01.17 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームで3失点を喫したアトレティコがまさかの5回戦敗退…《コパ・デル・レイ》

アトレティコ・マドリーは16日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでジローナとのホーム戦に臨み、3-3の引き分けに終わった。この結果、2戦合計4-4となりアウェイゴール差でアトレティコの敗退が決まった。 9日に行われた敵地での1stレグを1-1のドローに終わったアトレティコは、直近に行われたレバンテ戦からスタメンを5人変更。グリーズマンやロドリゴ・エルナンデス、ビトロ、サビッチ、GKオブラクに代えてカリニッチ、サウール、レマル、ホセ・ヒメネス、GKアダンをスタメンで起用した。 2点差以上での引き分けが必要となるジローナに対し、いつも通りのフラットな[4-4-2]を採用したアトレティコはGKにアダン、4バックに右からアリアス、ホセ・ヒメネス、ゴディン、フアンフラン、中盤に右からコケ、サウール、トーマス、レマル、2トップにカリニッチとコレアを起用した。 そのアトレティコは13分、ゴディンのロングフィードから相手DFの裏に抜け出したカリニッチが、ゴールエリア右付近からシュートを突き刺して先制に成功した。 主導権を握ったアトレティコは、33分にも決定機。ボックス右から侵入した8の折り返しを中央に走り込んだコレアがシュート。これはゴール前のカリニッチに当たるも、こぼれ球を再びカリニッチがゴールに押し込んだ。しかし、これはカリニッチのオフサイドを取られノーゴールとなった。 チャンスを逃したアトレティコは、37分を許す。相手の右クロスをホセ・ヒメネスがクリアするも、セカンドボールをボックス左で拾ったヴァレリー・フェルナンデスが胸トラップから豪快なボレーシュートをゴール右に叩き込んだ。 1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはジローナ。57分、右サイドから仕掛けたポッロがボックス右横でフアンフランに倒されFKを獲得。アレイクス・ガルシアのFKをゴール前のストゥアーニがヘディングでゴール右隅に叩き込んだ。 勝ち越しを許したアトレティコは、61分にコケを下げてグリーズンマンを投入。すると66分、ボックス手前でボールを受けたコレアがグリーズマンとのパス交換でボックス内に侵入。ゴール前まで持ち上がりと冷静に右足のシュートを流し込んだ。 準々決勝進出にもう1点が必要なアトレティコは、78分にも決定機。ショートコーナーの流れからボックス左深くでボールを受けた10の折り返しをゴディンが合わせえたが、GKイライソスが弾いたボールはクロスバーを直撃。さらに79分には、途中出場のロドリゴ・エルナンデスのループパスからゴール前に抜け出したアリアスがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。 立て続けにチャンスを逃したアトレティコだったが、エースがチームを救う。83分、左サイドからカットインしたレマルの浮き球のパスを供給するとゴールエリア左に抜け出したグリーズマンが左足のシュートをゴールに突き刺した。 エースの勝ち越し弾で勢いづきたいアトレティコだが、試合終盤に悲劇が待っていた。88分、右サイド高い位置でパスを受けたポッロがマイナスの折り返しを供給。これを中央に走り込んだボルハ・ガルシアがダイレクトシュートで狙うと、ゴール前のドゥンビアが左足でコースを変えてゴールネットを揺らした。 結局、試合は3-3のまま終了。ホームで3失点を喫したアトレティコは、7シーズンぶりに準々決勝進出を逃した。一方、アウェイゴール差でアトレティコを上回ったジローナは、チーム史上初のコパ・デル・レイ準々決勝進出となった。 2019.01.17 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、新星FWボルハ・ガルセスと2022年まで契約延長! 昨年9月のリーガデビュー戦で初ゴールを記録

アトレティコ・マドリーは15日、スペイン人FWボルハ・ガルセス(19)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2016年にアトレティコ・マドリーの下部組織に入団したボルハ・ガルセスは、2018年の夏にアトレティコ・マドリーBに昇格。また、昨年9月15日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のエイバル戦の71分からピッチに立ち、トップチームデビューを飾ると試合終了間際の94分に同点となる値千金のゴールを記録した。 今回の契約延長を受けてボルハ・ガルセスは、クラブの公式サイトで次のようにコメントを残した。 「子供のころからアトレティコでプレーすることが僕の夢だったんだ。だから新たな契約を結べたことをとても誇りに思っているよ。そして、もしも願いが叶うならできる限り長くここに居続けたいんだ」 2019.01.16 03:35 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース