レーティング:マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー《EL》2018.05.17 05:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽マルセイユ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 マンダンダ 4.5
失点場面はもちろん味方のミスだが、より安全な選択肢もあったはず。やや最終ラインの背後のケアで躊躇が見えた

DF
17 B・サール 5.5
守備では堅実に対応。マイボール時は持ち味の縦への仕掛けで幾度か見せ場を作った

23 ラミ 5.5
ジエゴ・コスタに対してタイトな寄せで仕事を許さず。惜しいシュートを放つなど概ね安定したプレーだった

19 グスタボ 5.5
本職ではないセンターバックで攻守に安定したプレー。パイエの負傷交代後は腕章を巻いてチームを鼓舞

18 アマヴィ 5.0
対面のコレアに苦戦。攻撃の場面でもややクロスに固執し過ぎた

MF
26 トヴァン 5.0
同胞のリュカとカバーに入る相手DFに挟み込まれて封殺される。エースの役割を果たせず

29 アンギッサ 4.5
痛恨のトラップミスで先制点に関与…その後は盛り返すも決勝の舞台ではあまりに痛すぎるミスだった

10 パイエ 5.5
試合開始直後に絶好機を演出。だが、強行出場の中で身体が耐え切れず、涙を流しての無念の負傷交代…

(→マキシム・ロペス 5.0)
経験不足やフィジカル不足を露呈。パイエの代役は荷が重かった

8 サンソン 5.0
無難にパスを捌いたが、攻撃面で違いを生めず。課題の守備では劣勢を強いられた

5 オカンポス 5.5
前半は積極的な仕掛けや激しい守備で気持ちは見せた。後半序盤に交代に

(→エンジエ 5.0)
絶好機でシュートをふかすなど、攻撃を活性化できず

FW
28 ジェルマン 4.5
序盤の絶好機を逃す。相手の屈強なセンターバックコンビを前に起点としての役割を全く果たせず


(→ミトログル 5.5)
あわやゴールという惜しいヘディングシュートを放った

監督
ガルシア 5.0
ミスからの失点やパイエの負傷交代などツキに恵まれなかった部分もあるが、妥当な敗戦でフランス勢の悲願達成ならず

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.0
ピンチは決して多くなかったが、抜群の飛び出しでジェルマンのシュートミスを誘発するなどさすがの存在感

DF
16 ヴルサリコ 5.5
オカンポスの対応に苦戦。また、軽い対応で警告を受けたため、ベンチの安全策によって前半でお役御免

(→フアンフラン 5.5)
ベテランらしい堅実な仕事ぶりできっちり逃げ切りに貢献

24 ホセ・ヒメネス 6.5
タイトな寄せでジェルマンに仕事をさせず。カバーリングの質も高かった

2 ゴディン 6.5
キャプテンのガビと共に指揮官不在の中でチームをしっかりと締める。守備の局面ではほぼパーフェクトな仕事ぶりだった

19 リュカ 6.5
持ち味の対人能力の強さを発揮して相手のキーマンを封殺。要所で攻撃にも良い形で絡んだ

MF
11 コレア 6.5
決定的な仕事はなかったが、優れたアジリティを生かした守備面の貢献は絶大。カウンターの局面でも相手の脅威に

(→トーマス -)

14 ガビ 7.0
指揮官に代わるピッチ内の闘将として3点目を記録するなど攻守に抜群の存在感。とりわけ、先制点のアシストは見事の一言

8 サウール 6.5
球際の強さと正確なポジショニングで中盤を制圧。地味ながらガビと共に果たした役割は大きかった

6 コケ 7.0
2点をアシスト。良い距離感と正確なプレーで周囲の仕事を容易なものとした

FW
7 グリーズマン 7.0
いずれも冷静なフィニッシュでチームにタイトルをもたらすエースの仕事を果たした

(→トーレス -)
アトレティコでの初タイトルを獲得

18 ジエゴ・コスタ 6.5
相手守備陣と積極的に駆け引きを行い、集中を削いでいった。献身的な守備や利他的なプレーできっちり役目を果たす

監督代行
ブルゴス 6.5
ヴルサリコの退場を未然に阻止する交代策など、的確な采配で相棒と共に鍛え上げたチームをうまく引っ張った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽キャリア3度目の重要なファイナルでようやく結果を残してクラブにタイトルをもたらした。圧巻の決定力に加えて、シメオネイズムを体現する抜群の守備など際立つ存在感だった。

マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー
【アトレティコ・マドリー】
グリーズマン(前21)
グリーズマン(後4)
ガビ(後44)

※アトレティコが6年ぶり3度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。 ▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。 ▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。 2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

出場機会減のトーマス、1月のアトレティコ退団を考慮…アーセナルorPSGへ?

▽アトレティコ・マドリーに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)が、来年1月の移籍を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコの下部組織で育ち2015-16シーズンにトップチームへの昇格を果たしたトーマスは、徐々に出場機会を増やし昨シーズンには公式戦50試合5ゴールを記録。しかし、今シーズンの出場はここまで公式戦9試合、プレー時間は378分間に留まっている。 ▽ディエゴ・シメオネ監督はトーマスを高く評価しているが、今夏には同じく有望株のMFロドリゴ・エルナンデスがアトレティコに到着。押し出されるような形で、トーマスの出場時間を工面することが難しくなっている。 ▽『マルカ』によると、トーマスはベンチスタートが増えた現状に満足しておらず。来年1月に退団する可能性があるようだ。その場合、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)が有力な新天地候補と目されている。 2018.10.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネJr.が父の愛するクラブでのプレーを希望 「アトレティコでのプレーはきっと素晴らしい」

▽フィオレンティーナに所属するアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(23)がアトレティコ・マドリーでのプレーを希望している。同選手がアルゼンチン『FOX』で語った。 ▽アトレティコの指揮官ディエゴ・シメオネ監督を父親に持つシメオネは、母国屈指の名門、リーベルプレートでプロデビュー。その後、2016年にジェノアでヨーロッパでのキャリアをスタートし、昨季はフィオレンティーナでリーグ戦14ゴールの見事な活躍を披露。さらに、先月の代表ウィークにはグアテマラ代表戦でアルゼンチン代表デビューを飾り、デビューゴールまで決めてみせた。 ▽現在、多くのビッグクラブが関心を示す中、シメオネは尊敬する父が選手としてだけでなく監督としても活躍しているアトレティコでプレーすることを希望しているようだ。 「アトレティコのためにプレーすることはきっと素晴らしいと思うよ」 「僕はこれまで父から指導を受けるチャンスが一度もなかった。同時に彼はその可能性について僕に求めることは一度もなかったんだ」 ▽なお、シメオネ監督は以前に自分がアトレティコを率いる限り、息子が同クラブでプレーすることは“絶対”にないと主張しており、同クラブで親子共演が果たされる可能性は限りなく低い。 ▽その一方で、以前からアルゼンチン代表監督の有力候補に挙がっている同監督が、今後のアルビセレステの将来を担う息子を指導するチャンスはあるのかもしれない。 「父がアルゼンチン代表監督になるかって? 彼はいつでも正しい時期ではないと言っているよ。だけど、プレーヤーとしては父が代表監督になるところを見てみたいと思っている」 「個人的に多くのアルゼンチン国民は父の就任を希望しているんじゃないかな。偉大な監督だからね」 2018.10.15 15:48 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤若手構成のアトレティコがベテランMFセスクを注視!

▽アトレティコ・マドリーが、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を注視しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ▽チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了となるセスク。依然として延長合意は報じられておらず、その去就に注目が集まっている。 ▽記事によると、アトレティコがマウリツィオ・サッリ新体制下でプレー機会を減少させているセスクに注視。ケガで出遅れた影響もあるとはいえ、今シーズンの出場が公式戦4試合に留まっているクリエイティブなミッドフィルダーに、ベテランとしての役割を期待しているそうだ。 ▽アトレティコからは今夏にMFガビが退団。中盤はMFロドリゴ・エルナンデス(22)、MFトーマス・パルティ(22)、サウール・ニゲス(23)、MFコケ(26)らリーガ屈指の若手構成になっており、経験豊かな選手を加えたがっている。 ▽先日、セスクは自身の去就について、「クラブからは何もないけど、僕はこの先もここにいたい」とチェルシー残留を希望したが、「クラブ次第だけど」とも発言。アトレティコに移り、FWジエゴ・コスタと再タッグを組む可能性もゼロではなさそうだ。 2018.10.14 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ロドリ驚愕スタッツ! パス成功率スペイン代表歴代3位

▽アトレティコ・マドリーに所属するMFロドリゴ・エルナンデスが、スペイン代表で輝いている。スペイン『マルカ』が称賛した。 ▽スペイン代表は11日、国際親善試合ウェールズ代表戦に臨み、4-1で快勝。その試合ではドルトムントFWパコ・アルカセルが2得点で力を示したほか、ロドリの愛称で親しまれるロドリゴ・エルナンデスが存在感を発揮した。 ▽その日、バルセロナMFセルヒオ・ブスケッツのポジションでフル出場を果たしたロドリは、なんとパス成功率97.70%を記録。131回中128回のパスを成功させた。 ▽この数字は、歴代のスペイン代表の中でも3番目に高いパス成功率だ。ロドリ以上にパスを成功させたのは、ユーロ2016予選スロバキア代表戦のMFセルヒオ・ブスケッツ(97.74%)、ユーロ2012予選チェコ代表戦のMFチャビ・エルナンデス(98.50%)のみだ。 ▽190cmの上背を誇り“ブスケッツの後継者”と目されているロドリ。138回のパス中136回を成功させたチャビには及ばないとしても、中盤の底で代表の中核を担う日も近いかもしれない。 2018.10.14 11:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース