レーティング:マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー《EL》2018.05.17 05:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽マルセイユ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 マンダンダ 4.5
失点場面はもちろん味方のミスだが、より安全な選択肢もあったはず。やや最終ラインの背後のケアで躊躇が見えた

DF
17 B・サール 5.5
守備では堅実に対応。マイボール時は持ち味の縦への仕掛けで幾度か見せ場を作った

23 ラミ 5.5
ジエゴ・コスタに対してタイトな寄せで仕事を許さず。惜しいシュートを放つなど概ね安定したプレーだった

19 グスタボ 5.5
本職ではないセンターバックで攻守に安定したプレー。パイエの負傷交代後は腕章を巻いてチームを鼓舞

18 アマヴィ 5.0
対面のコレアに苦戦。攻撃の場面でもややクロスに固執し過ぎた

MF
26 トヴァン 5.0
同胞のリュカとカバーに入る相手DFに挟み込まれて封殺される。エースの役割を果たせず

29 アンギッサ 4.5
痛恨のトラップミスで先制点に関与…その後は盛り返すも決勝の舞台ではあまりに痛すぎるミスだった

10 パイエ 5.5
試合開始直後に絶好機を演出。だが、強行出場の中で身体が耐え切れず、涙を流しての無念の負傷交代…

(→マキシム・ロペス 5.0)
経験不足やフィジカル不足を露呈。パイエの代役は荷が重かった

8 サンソン 5.0
無難にパスを捌いたが、攻撃面で違いを生めず。課題の守備では劣勢を強いられた

5 オカンポス 5.5
前半は積極的な仕掛けや激しい守備で気持ちは見せた。後半序盤に交代に

(→エンジエ 5.0)
絶好機でシュートをふかすなど、攻撃を活性化できず

FW
28 ジェルマン 4.5
序盤の絶好機を逃す。相手の屈強なセンターバックコンビを前に起点としての役割を全く果たせず


(→ミトログル 5.5)
あわやゴールという惜しいヘディングシュートを放った

監督
ガルシア 5.0
ミスからの失点やパイエの負傷交代などツキに恵まれなかった部分もあるが、妥当な敗戦でフランス勢の悲願達成ならず

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.0
ピンチは決して多くなかったが、抜群の飛び出しでジェルマンのシュートミスを誘発するなどさすがの存在感

DF
16 ヴルサリコ 5.5
オカンポスの対応に苦戦。また、軽い対応で警告を受けたため、ベンチの安全策によって前半でお役御免

(→フアンフラン 5.5)
ベテランらしい堅実な仕事ぶりできっちり逃げ切りに貢献

24 ホセ・ヒメネス 6.5
タイトな寄せでジェルマンに仕事をさせず。カバーリングの質も高かった

2 ゴディン 6.5
キャプテンのガビと共に指揮官不在の中でチームをしっかりと締める。守備の局面ではほぼパーフェクトな仕事ぶりだった

19 リュカ 6.5
持ち味の対人能力の強さを発揮して相手のキーマンを封殺。要所で攻撃にも良い形で絡んだ

MF
11 コレア 6.5
決定的な仕事はなかったが、優れたアジリティを生かした守備面の貢献は絶大。カウンターの局面でも相手の脅威に

(→トーマス -)

14 ガビ 7.0
指揮官に代わるピッチ内の闘将として3点目を記録するなど攻守に抜群の存在感。とりわけ、先制点のアシストは見事の一言

8 サウール 6.5
球際の強さと正確なポジショニングで中盤を制圧。地味ながらガビと共に果たした役割は大きかった

6 コケ 7.0
2点をアシスト。良い距離感と正確なプレーで周囲の仕事を容易なものとした

FW
7 グリーズマン 7.0
いずれも冷静なフィニッシュでチームにタイトルをもたらすエースの仕事を果たした

(→トーレス -)
アトレティコでの初タイトルを獲得

18 ジエゴ・コスタ 6.5
相手守備陣と積極的に駆け引きを行い、集中を削いでいった。献身的な守備や利他的なプレーできっちり役目を果たす

監督代行
ブルゴス 6.5
ヴルサリコの退場を未然に阻止する交代策など、的確な采配で相棒と共に鍛え上げたチームをうまく引っ張った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽キャリア3度目の重要なファイナルでようやく結果を残してクラブにタイトルをもたらした。圧巻の決定力に加えて、シメオネイズムを体現する抜群の守備など際立つ存在感だった。

マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリー
【アトレティコ・マドリー】
グリーズマン(前21)
グリーズマン(後4)
ガビ(後44)

※アトレティコが6年ぶり3度目の優勝!

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、今夏最初の新戦力はビジャレアルMFロドリ! 5年契約での加入を発表

▽アトレティコ・マドリーは24日、ビジャレアルからスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽なお、スペイン『マルカ』は以前に移籍金2000万ユーロ+インセンティブ500万ユーロの総額2500万ユーロ(約32億1000万円)の取り引きになったと伝えていた。また、契約解除金に関しては1億ユーロ(約128億円)に設定されているようだ。 ▽首都マドリードで生まれアトレティコの下部組織で育った“ロドリ”の愛称で知られるロドリゴ・エルナンデスだが、低身長や体力不足を理由に出場機会を与えられず、2013年にビジャレアルへ完全移籍した。 ▽その後、同クラブでトップチーム昇格を果たしたロドリゴ・エルナンデスは現在では190cmの偉丈夫となり、卓越した身体能力と戦術眼を武器にバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツの後継者と目されるまでのトッププレーヤーに成長した。今季はリーグ戦37試合に出場し1ゴール3アシストの数字を残し、チームの5位フィニッシュに貢献していた。 ▽そして、以前から元カンテラーノの動向を注視してきたアトレティコは昨年12月頃に取り引きをまとめ、今回の正式発表の運びとなった。なお、ロドリゴ・エルナンデスはアトレティコにとって今夏最初の補強選手となる。 2018.05.24 21:38 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン加入を歓迎するアルバ「素晴らしい補強になる」

バルセロナDFジョルディ・アルバが、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンについて、加入するのであれば「素晴らしい補強になる」と語った。<br><br>2022年までアトレティコと契約を残しているグリーズマンだが、7月1日以降契約解除金が2億ユーロ(約260億円)から1億ユーロ(約130億円)に引き下げられるとみられ、バルセロナがその状況を注視している。<br><br>バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は先日、「今シーズンが終わったばかりだ。選手獲得・選手放出について話すのは7月1日以降だ。それはグリーズマンに限らず、ほかの選手でも同じだ」と述べていた。<br><br>一方、アルバはフランス代表FW獲得の可能性に関して以下のように話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。<br><br>「両クラブが合意に至るかどうかだね。僕は世界一のクラブに行くという決断を下した。家族のそばにいたい気持ちもあったけど、バレンシアを去るのは難しい決断だった。グリーズマンも同じような感情を抱くだろう。でも、選手なら誰しも成長を望むはずだ」<br><br>「グリーズマンは周りとうまく連携するタイプの選手だ。得点力があり、複数ポジションでプレーできる。バルセロナにとって、素晴らしい補強になるんじゃないかな」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.24 21:16 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ会長、グリーズマンについて問われ「他クラブの選手に敬意を」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得について、意見を述べている。<br><br>アトレティコと2022年まで契約を結んでいるグリーズマン。だが今年7月1日に契約解除金が2憶ユーロ(約260億円)から1憶ユーロ(約130億円)に引き下げられるとみられ、バルセロナが関心を寄せているといわれている。<br><br>バルトメウ会長はスペイン『カタルーニャ・ラジオ』で次のように話している。<br><br>「我々は他クラブで働く選手に最大の敬意を抱いている。今シーズンが終わったばかりだ。選手獲得・選手放出について話すのは7月1日以降だ。それはグリーズマンに限らず、ほかの選手でも同じだ」<br><br>「我々は来シーズンを見据えて動いている。今シーズンは成功だったと考えているが、毎年向上しなければらない。しかし、それは7月以降の話だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 23:08 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマン獲得の行方は...契約解除金が引き下がる7月以降に動く考えか

バルセロナは、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得に慎重な姿勢を示しているようだ。<br><br>バルセロナからの関心が盛んに取りざたされているグリーズマン。スペイン『ムンド・デポルティーボ』によれば、バルセロナは数カ月前からグリーズマン獲得に向けて動いてきたという。だが同選手の契約解除金が7月1日に2億ユーロから1億ユーロに引き下げられる状況に顧みて、それまで待機する考えを固めつつある様子だ。<br><br>一方、スペイン『カデナ・セール』によると、グリーズマンは18日にアトレティコに残留の意向を伝えたという。だがフランス代表FWは20日のリーガエスパニョーラ最終節エイバル戦(2-2)で一部サポーターからブーイングを浴びてショックを受け、将来を再考する可能性があると報じられている。<br><br>バルセロナは今季限りでMFアンドレス・イニエスタが退団する。冬の移籍市場で加入したMFフィリップ・コウチーニョをイニエスタの後釜に据え、FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、グリーズマンで3トップを形成するプランがあるといわれているが、アトレティコは徹底抗戦の構えをみせている。今後の動きに注目が集まりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

トーレス、日本行きに興味? 鳥栖は2年半契約を提示か

▽アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)のサガン鳥栖移籍が近づいているようだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えた。 ▽今シーズン限りでのアトレティコ退団を決断したトーレスには現在、中国行きやアメリカ行きが噂される中、サガン鳥栖も獲得を狙っていることが伝えられている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、サガン鳥栖はトーレスに対して、2年半契約を提示。それに対して、トーレスも中国クラブ、メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーから関心を寄せられている中で、日本行きに興味を示しているようだ。 ▽アトレティコの下部組織で育ったトーレスは、リバプールやチェルシー、ミランと国外クラブでプレー。スペイン国内ではアトレティコ以外でのプレー経験はなく、今シーズンはクラブ史上5人目となるリーガエスパニョーラ100ゴールも達成した。 2018.05.23 08:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース