ラニエリがナントの監督を今季限りで退任2018.05.17 06:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナントの会長を務めるヴァルダマー・キタ氏は16日、同クラブを指揮するクラウディオ・ラニエリ監督が今季限りで退任することを発表した。

▽来年まで残っていた契約を解消したラニエリ監督についてキタ氏は次のように語っている。

「何も隠すことはない。スポンサーと会合を持ち、全員が彼に対して感謝していた。彼の仕事に感謝しなければならない。後悔はあるが、これが人生であり、怒りはない」

▽昨年の夏にナントの監督に就任したラニエリ監督は今季、37試合を消化した段階で10位と残留争いに巻き込まれることなく順調なシーズンを送っていた。しかし、シーズン後半戦は失速した上、選手起用に関してキタ会長との確執があったようで今季限りでの退任に至った模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

カーディフ、ハリル教え子で今季リーグ・アン12発のFWサラを獲得! クラブレコードの移籍金に

カーディフ・シティは19日、ナントからアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年半となる。 なお、移籍金に関してカーディフはクラブ史上最高額とのみ伝えているが、フランス『レキップ』は1500万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1700万ユーロ(約21億2000万円)と推定している。 アルゼンチン生まれもボルドーでキャリアをスタートした187cmの大型ストライカーは、2015年に加入したナントでも直近2シーズン連続でリーグ戦12ゴールを記録。しかし、今季は途中就任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下、名ストライカーの薫陶を受けた10月以降にゴールを量産し、前半戦だけでキャリア最多タイの12ゴールを記録する爆発を見せた。さらに、屈強なフィジカルに加え、スピードも十分に備えており、得点以外の部分での貢献も見逃せない好タレントだ。 プレミアリーグ第23節消化時点で降格圏の18位に低迷するカーディフはここまで1試合平均1ゴール以下と深刻な得点力不足に悩まされている。前日にはエバートンのセネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセ(28)のレンタル加入が発表されており、今冬の前線補強で逆転での残留を目指す。 2019.01.20 05:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ハリル指揮のナント、元スウェーデン代表MFカチャニクリッチの契約を解除

ナントは1日、元スウェーデン代表MFアレクサンデル・カチャニクリッチ(27)との契約を双方合意の上で解除したことを発表した。 カチャニクリッチは、2016年6月にフルアムからナントに完全移籍。昨シーズンは公式戦12試合2アシストを記録したが、今シーズンはここまで公式戦での出場はなかった。 カチャニクリッチの契約解除に際し、ナントは公式ツイッター(@FCNantes)で、「キャリアの追求へアレクサンデルの幸運を祈っている」とコメントしている。 2019.01.02 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

被害総額1億超…チアゴ・シウバ、ナント戦中に空き巣被害

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバが空き巣被害に遭ったようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽同メディアが伝えるところによると、窃盗犯はパリの高級住宅街である16区のチアゴ・シウバの自宅に侵入。60万ユーロ(約7500万円)相当の高級時計のほか、高価なジュエリー、パスポートの入ったバッグが盗まれたとされ、被害総額は約100万ユーロ(約1億2000万円)になるという。なお、その時、チアゴ・シウバはホームでリーグ・アン第19節のナント戦(1-0)を戦っていた最中だったようだ。 ▽PSGでは11月にカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティングが、2017年12月には現在アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督も空き巣被害に遭っている。 2018.12.24 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹がヒザを負傷…ナント戦欠場でハリル監督との再会はお預け

▽マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、ヒザを負傷したようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽マルセイユ加入3年目を迎えた酒井は、今シーズンここまで公式戦20試合のうち14試合に出場。主戦場の右サイドバックのみならず、左サイドバックやセンターバックでも起用され、チームを支え続けている。 ▽そんなマルセイユは5日、リーグ・アン第16節でナントとアウェイで対戦。酒井にとっては元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ監督との初対戦となる。 ▽しかし、マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督は酒井が負傷していることを明言。その後に発表された遠征メンバーにも名前がなく、欠場が決定した。なお、現段階で負傷に関する詳細は明かされていない。 「酒井はヒザに問題を抱えている。心配だが、良くなることを願っている。彼が欠場するなら、代わりの選手がその穴を埋めてくれるだろう」 2018.12.05 08:25 Wed
twitterfacebook
thumb

アブラモビッチより気短なヤツがいた!ハリル就任のナント会長、11年間で13人の監督をとっかえひっかえ…

▽2日に元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏を新監督に就任したことを発表したナントだが、フランス『フランス・フットボール』によれば、会長およびオーナーのヴァルダマー・キタ政権下では、これで13人目の監督となった。 ▽キタ会長は2007年夏にナントを買収。2007-08シーズンは、1963年以来となるリーグ・ドゥを戦った同クラブにおいて、エンブレムやクラブ名変更などに着手した。 ▽キタ会長就任当初はミシェル・デル・ザカリアン氏が監督を務めていたナントは、翌シーズンからエリ・ボー氏やゲルノト・ロール氏、ジャン=マルク・フルラン氏らが監督を務めたが、いずれも短命に終わった。 ▽以降はリーグ・ドゥ降格など紆余曲折を経て、2012年夏にザカリアン氏が復帰。近年ではセルジオ・コンセイソン氏やクラウディオ・ラニエリ氏、直近ではミゲル・カルドソ氏が1年交代でクラブを率いてきた。 ▽最長で2012年夏から4年間率いたザカリアン氏、最短では2009年12月から2010年2月まで率いたフルラン氏や、2011年3月から同年5月まで務めたフィリップ・アンジアーニ氏の3カ月と、結果が出せない監督は容赦なく首を切ってきたキタ会長は、同じく気短と揶揄されるチェルシーのロマン・アブラモビッチオーナーを連想させる。 ▽アブラモビッチ氏は2003年にチェルシーを買収。当初監督を務めていたラニエリ氏から数えると、暫定監督も含めてこれまでにアブラモビッチ政権下で指揮を執った監督は今夏に就任したマウリツィオ・サッリ監督で13人目を数える。ナントと同じ13人だが、こちらは15年で15人であるのに対し、ナントは11年で15人と、およそ9カ月周期で監督を代えている計算になる。 ▽だがしかし、世の中にはさらにワンマンなオーナーも存在する。2002年から2017年にかけてパレルモのオーナーを務めたマウリツィオ・ザンパリーニ氏は、在籍15年で39回も監督を交代。雇用した監督は延べ45人に上ったという。 ▽アブラモビッチ氏やザンパリーニ氏に並んでネガティブな意味での名物オーナーとしてのレッテルが張られたキタ氏。ハリルホジッチ新監督もこの悪習の波にのまれないことを祈りたい。 2018.10.03 02:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース