ラニエリがナントの監督を今季限りで退任2018.05.17 06:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナントの会長を務めるヴァルダマー・キタ氏は16日、同クラブを指揮するクラウディオ・ラニエリ監督が今季限りで退任することを発表した。

▽来年まで残っていた契約を解消したラニエリ監督についてキタ氏は次のように語っている。

「何も隠すことはない。スポンサーと会合を持ち、全員が彼に対して感謝していた。彼の仕事に感謝しなければならない。後悔はあるが、これが人生であり、怒りはない」

▽昨年の夏にナントの監督に就任したラニエリ監督は今季、37試合を消化した段階で10位と残留争いに巻き込まれることなく順調なシーズンを送っていた。しかし、シーズン後半戦は失速した上、選手起用に関してキタ会長との確執があったようで今季限りでの退任に至った模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

「希薄、ユートピア的、幻想的」 最後まで希望を捨てなかったハリル、サラ逝去に傷心

ナントを率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督がアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死亡確認を受け、コメントを残した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 サラは今冬、カーディフ移籍が決定。だが、カーディフに向かう際、小型機の事故に見舞われ、7日に検視結果として、見つかった遺体がサラ本人のものであることが確認された。 ハリルホジッチ監督は翌8日、10日にホームで行われるリーグ・アン第24節のニーム戦に向けた会見に出席。沈痛な思いを思い口にしつつ、サラの母国アルゼンチンで予定される葬儀に参列したい意向を示した。 「もちろん、我々は参列するつもりだ。まだ何も正しい情報がないがね」 「まだ何もわかっていないので、話し合うつもり。我々はこの状況下で3試合を戦った。先に進まなければならないが、私は常々言っている。『それは簡単なことじゃない』とね」 「我々は常に希望を持ち続けたよ。それが希薄なこと、ユートピア的なこと、幻想的なことだとわかっていたが…。現実は残念ながら本当にひどく、不条理だ」 「このクラブの歴史に刻まれるであろう彼の選手としての功績だけでなく、行動、謙虚さに敬意を払う必要がある。彼は本当に全員から愛され、スポーツ界全体からもだ」 2019.02.09 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ナント、エミリアーノ・サラの9番が永久欠番化

ナントは8日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)が着用した背番号「9」を永久欠番にしたことを発表した。 小型機事故で命を落としたサラは今シーズン、ナントでリーグ・アン19試合に出場して12得点を記録。今冬にカーディフ移籍が決まるまで、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で得点源として活躍した。 ナントは小型機残骸から見つかった遺体がサラのものであることが7日に断定されたことを受け、クラブ公式ツイッター(@FCNantes)で背番号「9」の永久欠番化を次のように発表した。 「エミリアーノ・サラはナントの歴史における伝説として永遠に残り続ける。彼が背負った9番は永久欠番に」 2019.02.09 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フットボールファミリーの愛は国境を越えて…マドリーがサラの一件に声明

レアル・マドリーは2月8日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の一件に関しての声明を掲載した。 今冬にナントからカーディフ移籍が決まったサラは1月21日夜、デイビッド・アイボットソン氏が操縦する小型機に乗り、フランスを出発したが、イギリス海峡のチャネル諸島付近で行方不明に。 捜索再開後の2月3日早朝に海底に沈む小型機の残骸が発見され、その中から1人の身体も見つかった。その後、遺体は収容され、検視に。その結果を受け、ドーセット警察が「遺体は本日7日に回収され、プロフットボール選手のエミリアーノ・サラのものとして正式に確認した」と発表した。 サッカー界随一の規模を誇るマドリーは、この一件に関して以下のような声明をクラブ公式サイト上に掲載している。 「レアル・マドリードC.F.はエミリアーノ・サラ選手の死去を心からお悔やみ申し上げます。クラブは家族や友人にその悲しみを伝えると共にサッカーファン、特にアルゼンチンサッカーにとって哀悼の意をここに表します」 マドリー以外にも、1月30日にはアーセナルがプレミアリーグ第24節カーディフ戦でマッチデープログラムにサラの名前を記載。背番号の代わりにウェールズの国花であるラッパ水仙を添え、フットボール界の隣人として寄り添う姿勢を示していた。 2019.02.08 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

カーディフ、プレミアpt没収の危機!? サラ移籍金問題で

カーディフは決断を迫られているのかもしれない。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 カーディフは今冬、クラブ史上最高額の移籍金1500万ポンド(約21億2000万円)でナントからアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)を獲得。だが、サラは小型機でカーディフに向かう途中、事故に巻き込まれ、帰らぬ人となった。 予想だにしない形で新戦力を失ったカーディフは当初、ナントと3年間の分割払いでサラの移籍交渉が成立。1回目の振込みとして、ナントから10日以内に527万ポンド(約7億4000万円)を支払うよう書面が送られてきた模様だ。 だが、カーディフ側は事件の真相が全て明らかにならない限り、加入するはずだった移籍金の支払いを先延ばしにしたい意向とのこと。そうなれば、契約違反により、プレミアリーグの勝ち点剥奪処分を受ける恐れがあるという。 2019.02.08 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

エミリアーノ・サラの死亡確認

イギリス『BBC』は7日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死亡確認を報じた。 今冬にナントからカーディフ移籍が決まったサラは1月21日夜、デイビッド・アイボットソン氏が操縦する小型機に乗り、フランスを出発したが、イギリス海峡のチャネル諸島付近で行方不明に。捜索再開後の3日早朝に海底に沈む小型機の残骸が発見され、その中から1人の身体も見つかった。 その後、遺体は収容され、検視に。その結果を受け、ドーセット警察は「遺体は本日7日に回収され、プロフットボール選手のエミリアーノ・サラのものとして正式に確認した」と発表したという。 2019.02.08 08:25 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース