ラニエリがナントの監督を今季限りで退任2018.05.17 06:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナントの会長を務めるヴァルダマー・キタ氏は16日、同クラブを指揮するクラウディオ・ラニエリ監督が今季限りで退任することを発表した。

▽来年まで残っていた契約を解消したラニエリ監督についてキタ氏は次のように語っている。

「何も隠すことはない。スポンサーと会合を持ち、全員が彼に対して感謝していた。彼の仕事に感謝しなければならない。後悔はあるが、これが人生であり、怒りはない」

▽昨年の夏にナントの監督に就任したラニエリ監督は今季、37試合を消化した段階で10位と残留争いに巻き込まれることなく順調なシーズンを送っていた。しかし、シーズン後半戦は失速した上、選手起用に関してキタ会長との確執があったようで今季限りでの退任に至った模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

“ミラクル・レスター”のラニエリ監督がイングランド帰還? ロンドンのクラブで指揮か

▽ナントで指揮を執るクラウディオ・ラニエリ監督がプレミアリーグに復帰するかもしれない。フランス『プレッス・オセアン』が報じた。 ▽これまでプレミアリーグでチェルシー、レスター・シティで指揮を執り、2015-16シーズンには“ミラクル・レスター”と呼ばれ、プレミアリーグを制したラニエリ監督。今シーズンからナントで指揮を執っている。 ▽しかし、会長であるウォルデマー・キタ氏との関係が悪化。『プレッス・オセアン』によると、新シーズンはナントには残らないとのことだ。 ▽さらに、ラニエリ監督が次に向かうのはイングランドと報道。そのチームは、今シーズンのトップ4入りが近づくトッテナムとのことだ。 ▽トッテナムはマウリシオ・ポチェッティーノ監督が率いているものの、新シーズンはチェルシーの指揮官に就任するとされているが、果たして。 2018.05.09 03:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、来季リヨンを指揮か

▽ナントを率いるクラウディオ・ラニエリ監督(66)にリヨン行きの可能性が浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽ラニエリ監督は、2015―16シーズンにレスター・シティをプレミアリーグ初制覇に導いたが、翌シーズン途中に成績不振で解任。今シーズンからナントの監督に就き、リーグ・アン8位に位置している。 ▽伝えられるところによれば、ラニエリ監督とナントの契約は2019年まで。2015年からブルーノ・ジェネシオ体制を続けるリヨンだが、ラニエリ監督の指導力に惹かれ、来シーズンの招へいに関心を示しているという。 2018.04.08 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

D・カルロス、試合中に蹴りを喰らわせた審判に「彼のことを許す。笛を吹き続けて」

ナントDFジエゴ・カルロスが、無期限の活動停止処分を受けたトニー・チャプロン主審について口を開いている。<br><br>先のナントとパリ・サンジェルマンの一戦で、&ldquo;事件&rdquo;は起こった。この試合の後半アディショナルタイム、ジエゴ・カルロスと接触したチャプロン主審は反射的に同選手に蹴りを喰らわせ、加えて2枚目のイエローカードを提示して退場を命じたのである。<br><br>事態を重く見たフランスサッカー連盟は、チャプロン主審の無期限活動停止を決定している。だが渦中のジエゴ・カルロスは、スペイン『コペ』で同主審の復帰を願うと話している。<br><br>「あのリアクションには驚いた。信じられなかったよ。僕は銅像のように固まってしまった。『今、何をしたんだい?』と思わず彼に聞いてしまったからね」<br><br>「だけど、僕は彼のことを許すよ。これからも笛を吹き続けてほしい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 13:02 Thu
twitterfacebook
thumb

フランスサッカー連盟が、選手を蹴り、イエローカードを提示したチャプロン主審を次節の担当から外すと発表

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、渦中のトニー・チャプロン主審の処分を発表した。公式サイトで発表した。 ▽チャプロン主審は、14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)で主審を務めていた。0-1でPSGがリードして迎えた後半アディショナルタイムに事件が発生。ナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスが守備に戻る際にチャプロン氏と交錯。倒れこんだチャプロン氏は、そのままカルロスの足を蹴り、さらにはイエローカードを提示。カルロスは2枚目のイエローカードを受けて退場となっていた。 ▽FFFは、主審の愚行に対してすぐさま処分を発表。チャプロン氏は、17日に行われるアンジェvsトロワの主審を務める予定だったが、担当から外すことを決定。また、懲戒委員会にすぐさま召集する予定とのこと。聴取を受けた後に、追加の処分も発表される可能性は高そうだ。 2018.01.15 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

前代未聞? ナント対PSG戦で仰天事件…主審が選手にキック見舞う報復行為

14日に行われたリーグ・アン第20節ナントvsパリ・サンジェルマンにおいて、主審が選手に報復行為を行う珍事件が発生した。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』など各メディアが伝えている。<br><br>FWネイマール不在のパリSGは12分、FWエディンソン・カバーニのアシストからMFアンヘル・ディ・マリアが先制点を挙げ、1点を守りきり勝利した。クラウディオ・ラニエリ率いるナントにとって、パリSGはこれまで15連敗を喫している相手だったが、後半、オフサイドにより得点が取り消されたものの好機を演出。さらなる失点を許すこともなく、まずまずパフォーマンスを見せている。<br><br>ところが91分、非常に珍しいハプニングが発生している。パリSGがカウンターで攻勢を仕掛ける場面において、主審のトニ・シャプロン氏がナントのDFジエゴ・カルロスと交錯。ブラジル人DFに押され、ピッチに倒れこんだ主審は、起き上がりざまに同選手にキックを見舞い、報復行為を行った。主審は続いて、ジエゴ・カルロスにイエローカードを提示。24歳のブラジル人選手はすでに29分にも警告を受けていたため、退場処分を受けることになった。怒りの収まらないジエゴ・カルロスは主審に抗議しようとしたが、チームメートになだめられてピッチを後にしている。なお『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、警告が主審に対するファウルによるものなのか、暴言によるものなのかは明らかになっていない。<br><br>ナント指揮官のラニエリは、「こんなことは初めて見た。主審は私の選手に蹴りを入れた。&ldquo;何をしているのか&rdquo;と言っただけなのに。主審には出場停止処分が下るだろうが、それにしてもこんなことはこれまでなかった」とコメント。現在66歳で長いキャリアを誇る監督だが、前代未聞の主審の行動に首を傾げた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 12:31 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース