ラニエリがナントの監督を今季限りで退任2018.05.17 06:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナントの会長を務めるヴァルダマー・キタ氏は16日、同クラブを指揮するクラウディオ・ラニエリ監督が今季限りで退任することを発表した。

▽来年まで残っていた契約を解消したラニエリ監督についてキタ氏は次のように語っている。

「何も隠すことはない。スポンサーと会合を持ち、全員が彼に対して感謝していた。彼の仕事に感謝しなければならない。後悔はあるが、これが人生であり、怒りはない」

▽昨年の夏にナントの監督に就任したラニエリ監督は今季、37試合を消化した段階で10位と残留争いに巻き込まれることなく順調なシーズンを送っていた。しかし、シーズン後半戦は失速した上、選手起用に関してキタ会長との確執があったようで今季限りでの退任に至った模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

アブラモビッチより気短なヤツがいた!ハリル就任のナント会長、11年間で13人の監督をとっかえひっかえ…

▽2日に元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏を新監督に就任したことを発表したナントだが、フランス『フランス・フットボール』によれば、会長およびオーナーのヴァルダマー・キタ政権下では、これで13人目の監督となった。 ▽キタ会長は2007年夏にナントを買収。2007-08シーズンは、1963年以来となるリーグ・ドゥを戦った同クラブにおいて、エンブレムやクラブ名変更などに着手した。 ▽キタ会長就任当初はミシェル・デル・ザカリアン氏が監督を務めていたナントは、翌シーズンからエリ・ボー氏やゲルノト・ロール氏、ジャン=マルク・フルラン氏らが監督を務めたが、いずれも短命に終わった。 ▽以降はリーグ・ドゥ降格など紆余曲折を経て、2012年夏にザカリアン氏が復帰。近年ではセルジオ・コンセイソン氏やクラウディオ・ラニエリ氏、直近ではミゲル・カルドソ氏が1年交代でクラブを率いてきた。 ▽最長で2012年夏から4年間率いたザカリアン氏、最短では2009年12月から2010年2月まで率いたフルラン氏や、2011年3月から同年5月まで務めたフィリップ・アンジアーニ氏の3カ月と、結果が出せない監督は容赦なく首を切ってきたキタ会長は、同じく気短と揶揄されるチェルシーのロマン・アブラモビッチオーナーを連想させる。 ▽アブラモビッチ氏は2003年にチェルシーを買収。当初監督を務めていたラニエリ氏から数えると、暫定監督も含めてこれまでにアブラモビッチ政権下で指揮を執った監督は今夏に就任したマウリツィオ・サッリ監督で13人目を数える。ナントと同じ13人だが、こちらは15年で15人であるのに対し、ナントは11年で15人と、およそ9カ月周期で監督を代えている計算になる。 ▽だがしかし、世の中にはさらにワンマンなオーナーも存在する。2002年から2017年にかけてパレルモのオーナーを務めたマウリツィオ・ザンパリーニ氏は、在籍15年で39回も監督を交代。雇用した監督は延べ45人に上ったという。 ▽アブラモビッチ氏やザンパリーニ氏に並んでネガティブな意味での名物オーナーとしてのレッテルが張られたキタ氏。ハリルホジッチ新監督もこの悪習の波にのまれないことを祈りたい。 2018.10.03 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ハリル氏がナントの新監督に就任!32年ぶり、現役時代以来の古巣復帰へ

▽ナントは2日、ボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァイッド・ハリルホジッチ氏(66)が新監督に就任したことを発表した。契約期間は2020年6月までとなる。 ▽ナントは同日に、成績不振からミゲル・カルドソ監督(46)を解任を発表。後任に日本代表でも指揮を執ったハリルホジッチ氏を選んだ。 ▽ハリルホジッチ氏は現役時代に5年間ナントでプレーした経歴を持つ。そのナントでは2度のリーグ得点王やクープ・ドゥ・フランス優勝に貢献した。 ▽また、指導者としてもフランスで成功を収めており、1998年から4年間率いたリールでは、1999-00シーズンにリーグ・ドゥを制覇し1部昇格に導くと、クラブにとって4季ぶりのリーグ・アン挑戦となった00-01シーズンは3位、その翌シーズンには5位という好成績を残し、00-01シーズンには自身もリーグ・アン年間最優秀監督に選ばれるなど評価を高めた。 ▽その後はレンヌやパリ・サンジェルマン、コートジボワール代表、アルジェリア代表、そして日本代表など、数々のチームを歴任してきたハリルホジッチ氏は、およそ32年ぶりに古巣ナントの監督に復帰。初戦は7日のリーグ・アン第9節のアウェイでのボルドー戦。果たして、ここまで1勝3分け4敗と19位に沈むクラブを立て直すことは出来るのだろうか。 2018.10.02 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ナント、成績不振で指揮官解任決定的…後任候補にハリル氏浮上か

▽ナントを率いるミゲル・カルドソ監督(46)の解任が決定的となっているようだ。フランス『20 Minutes』が伝えている。 ▽カルドソ監督は、昨シーズン自身初の監督を務めたポルトガル1部のリオ・アヴェでクラブ史上最高位となる5位に導いた。この功績が認められ、今シーズンからクラウディオ・ラニエリ監督の後任としてナントの指揮官に就任。しかし、今シーズンここまで1勝2分け4敗で降格圏の19位に沈んでいる。 ▽この現状を受けて、ナントは指揮官解任を決断した模様。29日に行われるリーグ・アン第8節のリヨン戦後に解任するようだ。ナントはすでに後任探しに動いており、昨シーズンまでウェストハムを指揮していたデイビッド・モイーズ氏やラニエリ監督のコーチングスタッフを務めていたアンドレア・アザリン氏やパオロ・オルランドーニ氏、2017年9月までバイエルンでアシスタントコーチを務めていたウィリー・サニョル氏が挙げられている中、元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏の名も浮上しているとのことだ。 ▽ハリルホジッチ氏は、現役時代に5年間ナントでプレー。2度の得点王に輝き、リーグ優勝を成し遂げた経験も持っているレジェンドだが、同氏は古巣クラブの救世主として指揮官に就任することになるのだろうか。 2018.09.27 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

なぜ…? PSGヘセ・ロドリゲスのナント移籍が市場閉幕数分前に破談に

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン人FWヘセ・ロドリゲス(25)のナント移籍が移籍市場が閉まるほんの数分前に破談になっていたようだ。フランス『RMC SPORT』が伝えている。 ▽伝えられるところによれば、PSGとナントはヘセ・ロドリゲスの完全移籍で合意に至っていたようだが、あることを理由に取り消しに。移籍金はゼロだったにも関わらずだ。 ▽その背景にあるのは、ナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスの移籍問題。同クラブは、ディエゴ・カルロスをゼニトに売却して得られる1000万ユーロ(約13億円)を、ヘセ・ロドリゲスのサラリーに充てる算段をしていたのだが、ほとんどまとまりかけていたこちらの移籍も成立しなかったため、ヘセ・ロドリゲス獲得は見送られることになったという。 ▽ヘセ・ロドリゲスは2016年夏にレアル・マドリーからPSGに移籍するも、FWエディンソン・カバーニやMFアンヘル・ディ・マリアらを擁する攻撃陣で満足な出場機会を得られず、シーズン後半はラス・パルマスへ、昨季はストーク・シティへレンタル移籍していた。今季はさらにFWネイマールやFWキリアン・ムバッペらともポジション争いを強いられることになり、ヘセ・ロドリゲスにとって難しいシーズンとなりそうだ。 2018.09.01 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ナント、ポルトからガーナ代表FWをレンタルで獲得!

▽ナントは7日、ポルトからガーナ代表FWアブドゥル・マジェード・ワリス(26)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「10」に決定した。 ▽ガーナ代表として通算25キャップを持つ個の打開力と高い決定力を誇るストライカーのワリスは、スパルタク・モスクワやトラブゾンシュポルを経て2015年に当時リーグ・アンに所属していたロリアンに完全移籍。そして、今年1月にはポルトに買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍で加入していた。昨シーズンは公式戦8試合に出場していた。 ▽なお、スウェーデンのBKヘッケンに所属していた時代にはトップリーグのアルスヴェンスカンで得点王を獲得した経験も持っている。 2018.08.07 18:18 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース