グリーズマン躍動のアトレティコが酒井宏樹不出場のマルセイユ撃破! 6年ぶり3度目のEL制覇!《EL》2018.05.17 05:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。なお、マルセイユDF酒井宏樹はベンチ入りも出場機会はなかった。▽今季、予備予選3回戦からの参戦となったマルセイユはグループステージを2位で通過。さらに決勝トーナメントではブラガ、アスレティック・ビルバオとイベリア半島勢を続けて撃破。さらに、準々決勝ではRBライプツィヒ、準決勝ではRBザルツブルクとレッドブル勢を退けて前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出を果たした。

▽1992-93シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となるヨーロッパでのビッグタイトルを目指すマルセイユは、直近のギャンガン戦から先発4人を変更。酒井宏樹、ブバカル・カマラ、セルティク、マキシム・ロペスに代わってブナ・サール、ラミ、グスタボ、パイエが起用された。

▽一方、CLグループステージで3位敗退となったアトレティコは、今季のELにラウンド32から参戦。コペンハーゲン、ロコモティフ・モスクワ、スポルティング・リスボンと比較的組み合わせに恵まれた中、順当にベスト4進出。事実上の決勝戦と目されたアーセナルとの準決勝を1勝1分けで制し、2011-12シーズン以来のファイナル進出を果たした。

▽3度目のEL制覇を目指すアトレティコは、リーグ2位を確定させた直近のヘタフェ戦から先発4人を変更。ゴディンを除く最終ラインを変更し、ヴルサリコとリュカ、ホセ・ヒメネスが先発復帰。また、トーマスに代わってコレアが右サイドハーフに入った。

▽母国開催となったことでリヨンに大挙したマルセイユサポーターが完全ホームの雰囲気を作り出した中、マルセイユがいきなり決定機を作り出す。3分、相手陣内中央でパスを受けたパイエが右サイドのトヴァンとのパス交換でボックス付近まで侵攻し、DF2枚の間でスルーパスを要求するジェルマンへ絶妙なパス。だが、ゴール右に抜け出したジェルマンはシュートを枠に飛ばせない。

▽それでも、このファーストチャンスをキッカケにリズムを掴んだマルセイユは6分にもセットプレーの二次攻撃からラミが際どいシュートを飛ばすなど、相手のプレスをうまく剥がしては良い形でフィニッシュへと繋げていく。また、守備の局面でも切り替えの部分できっちりプレッシャーをかけて相手のカウンターを許さない。

▽一方、立ち上がりからやや守勢に回ったアトレティコだったが、相手のミスを突いて先制点を奪う。21分、マルセイユのGKマンダンダが味方からのバックパスを中央のアンギッサに繋ぐと、ここでアンギッサが痛恨のトラップミス。これを奪ったガビがすかさずゴール前に走り込むグリーズマンにスルーパスを通すと、百戦錬磨のロヒブランコスのエースが冷静に同胞GKとの一対一を制した。

▽良い流れの中でミスから堅守アトレティコに厳しい先制点を献上したマルセイユはさらにアクシデントに見舞われる。強行出場したキャプテンのパイエがプレー続行不可能となり、32分にマキシム・ロペスがスクランブルで投入される。志半ばでピッチを去ることになったパイエは涙を浮かべながらベンチへと引き上げた。

▽その後、パイエのためにも攻勢に出たいマルセイユがオカンポスやB・サールのサイドからの仕掛けで何とか打開を図るも、1点リードでより守備的になったアトレティコの堅守を脅かすまでには至らず。前半はアトレティコの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、先に動いたのは1点リードのアトレティコ。アーセナルとの準決勝1stレグで退場した前科を持ち、前半に1枚警告を受けていたヴルサリコを下げてハーフタイム明けにフアンフランを投入。すると、立ち上がりの49分に貴重な追加点が生まれる。相手のスローインをハーフウェイライン付近ではね返してカウンターを発動。バイタルエリアでフリーとなったコケがゴール右に走り込むグリーズマンへ絶妙な斜めのスルーパスを送ると、これを受けたグリーズマンが左足のチップキックで流し込んだ。

▽エースのドブレテの活躍で勝利に大きく近づいたアトレティコはその後も攻撃の手を緩めず、相手陣内でうまく時間を使っていく。さらに、セットプレーからコケのミドルシュートやゴディンのヘディングシュートで3点目に迫る。

▽一方、何とかゴールをこじ開けたいマルセイユは74分、精彩を欠いたジェルマンを下げてミトログルを投入。すると81分、サンソンが右サイドから入れたアーリークロスに対してDFゴディンに競り勝ったミトログルがヘディングシュート。これが枠の左隅を捉えるが、ボールは左ポストの内側を叩く。

▽その後、85分にコレアを下げてトーマスを投入し試合を締めに掛かるアトレティコ。89分にはロングカウンターからジエゴ・コスタが前線でキープしたボールをコケが絶妙なダイレクトパスでボックス右フリーのガビに繋ぐと、ロヒブランコスの闘将が右足のシュートでゴール左を射抜き試合を決める3点目を奪取。この直後に殊勲のグリーズマンを下げて今季限りで退団するトーレスをピッチに送り込んだアトレティコがこのまま3-0で快勝。マルセイユに地力の差を見せ付けたアトレティコが6年ぶり3度目のEL制覇を成し遂げた。一方、母国開催のファイナルでフランス勢初の優勝を目指したマルセイユだったが、クラブ通算3度目のファイナルも敗戦という結果に終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

イグアインのチェルシー移籍、22日に完了か

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍は22日にも実現しそうだ。 今冬のチェルシー移籍報道が取り巻くイグアイン。保有権を持つユベントスとチェルシーの間で1年間の期間延長オプションが付随した半年間のレンタル移籍で合意に達しているとみられる。 その中、イグアインは21日に敵地で行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外に。ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も「彼の決断を受け入れる」と話しており、もはや移籍濃厚だ。 そして、イギリス『エクスプレス』が21日付けで報じたところによれば、イグアインは22日にもロンドンに到着予定。そこで、契約書にサインを済ませ、晴れてチェルシーの一員になる見込みだという。 これにより、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)がチェルシーからアトレティコ・マドリーへ。ミランもジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の加入が決まる模様だ。 2019.01.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」

アトレティコ・マドリーMFコケが、19日のリーガ・エスパニョーラ第20節、アウェーでのウエスカ戦(3&minus;0)で同クラブでの400試合出場を達成した。<br><br>アトレティコの下部組織出身コケは、2009年9月20日のバルセロナ戦で、17歳8カ月という若さでトップチームデビュー。それからすぐに定位置を手にして、バルセロナなどの名だたるクラブからのオファーに目もくれず、アトレティコ一筋でプレーし続けてきた。<br><br>そして今月8日に27歳となったコケは、ウエスカ戦で400試合目の出場を達成。同試合ではDFリュカ・エルナンデスの先制点をアシストし、さらにはチーム3点目も記録するなど、自ら祝砲を上げている。<br><br>チームの最高走行距離を記録することを常とする働き者のファンタジスタはウエスカ戦後、400試合出場について次のような感想を述べている。<br><br>「最も重要なのは、アウェーで再び勝てたことだ。自分の人生のクラブで400試合に出場できて幸せだし、あと400試合に出られたら。僕たちは何としてでも勝たなくてはいけなったし、素晴らしい試合を演じられた」<br><br>アトレティコで400試合以上に出場した選手は、これまで6選手存在する。最多出場記録はアデラルド・ロドリゲス氏が保持する550試合だが、コケは数シーズン以内に塗り替えることが可能だ。<br><br>「契約は2024年にまで残っているし、僕の考えはここでずっとプレーすることにある。フットボールでは何が起こるかわからないけど、僕の意思は何年もここで続けることにあるんだよ。アトレティコの伝説、アデラルドを超えることだってできるかもしれない。それは、とても難しいことだって分かっているけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.20 23:01 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」

インテルのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)は、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが新契約にサインすることを確信しているようだ。『DAZN(ダゾーン)』のインタビューで語った。<br><br>インテルのエースであり、キャプテンを務めるイカルディは、契約が2021年までとなっている。同選手にはレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドといったトップクラブが興味を示しているとされるが、マロッタ氏は契約延長が近いと話す。<br><br>「イカルディはここに残ることに疑いはない。唯一の問題はいつ契約にサインするかということだけだ」<br><br>また、加入が近いと伝えられているアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンにも言及。ディエゴ・シメオネ監督も同選手が退団することを認めており、マロッタ氏もこのように話した。<br><br>「インテルがとても強いということをアピールしなければならないし、多くの選手やその代理人にアプローチしている」<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

モラタ、22日にもアトレティコ入りか 買取OPは75億円?

チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)のアトレティコ・マドリー入りは、22日になりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 育成年代にアトレティコ・マドリーからヘタフェを経てレアル・マドリーに加入、トップチーム昇格を果たしたモラタは、ユベントス移籍、レアル・マドリー復帰を経て2017-18シーズンからチェルシーに加入。今シーズンは公式戦24試合9ゴールを記録しているが、イングランドでは物足りなさが指摘されており、アトレティコへの移籍が既定路線と見られている。 また、19日に行われたプレミアリーグ第23節アーセナル戦(0-2でチェルシーは敗北)で招集メンバーに含まれなかったことも、移籍報道に信憑性をもたらす事柄の一つだ。『マルカ』は、大きな変更さえ起こらなければモラタはアトレティコと契約することになり、その日付が22日になるであろうことを伝えている。 モラタはレンタル移籍の契約を結ぶとされており、残る交渉は買い取りオプションの設定金額のみ。なお、記事ではチェルシーが6000万ユーロ(約75億円)前後の値が付くと信じている、とされている。 とはいえ、アトレティコ内部での問題も残されており、それはラ・リーガの設定する給与制限に関するものだ。現状で上限までの猶予が残されておらず、モラタの給与を負担するためには人員整理が必要に。伝えられるところでは、MFジェウソン・マルティンスがモナコに売却され、FWニコラ・カリニッチも放出される可能性があるようだ。 さらに、以前から伝えられる通り、ユベントスからレンタルでミランに加入しているFWゴンサロ・イグアインのチェルシー入りも間近に。チェルシーは24日にリーグカップ準決勝のトッテナム戦を控えており、同選手に関してもそれまでの発表が見込まれそうだ。 2019.01.20 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

リュカ&アリアスの両SBが共に初ゴール! アトレティコが最下位ウエスカ粉砕でコパ敗退ショックを払拭!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第20節、ウエスカvsアトレティコ・マドリーが19日に行われ、アウェイのアトレティコが3-0で快勝した。 首位バルセロナを勝ち点5差で追う2位のアトレティコ(勝ち点38)はリーガで16戦無敗と好調を維持。だが、ミッドウィークのコパ・デル・レイではホームでジローナ相手にまさかの3失点を喫する3-3のドローゲームを演じ、アウェイゴール数の差で下回り、5回戦敗退となった。 コパ敗退からリバウンドメンタリティが求められるアトレティコは最下位ウエスカのホームに乗り込んだこの一戦に向けて負傷の一部主力を除く現状のベストメンバーを起用。コレアとグリーズマンが2トップを組んだ。 濃い霧がスタジアムを包む中でスタートした一戦。やや落ち着かない入りとなったアウェイのアトレティコは12分にプリードに右ポスト直撃のシュートを許すと、16分にはDFゴディンが競り負けて裏へ抜け出したクチョ・エルナンデスにGKとの一対一の局面を作られるが、ここは守護神オブラクの絶妙なポジショニングと追い込みにより相手のシュートミスを誘い、事なきを得た。 コパ敗退を引きずるかのように思うようなパフォーマンスを見せられないアトレティコだったが、伏兵中の伏兵がゴールをこじ開ける。32分、味方からのスルーパスに抜け出したコケがボックス右から折り返すと、DFに当たってコースが変わったボールがファーに流れる。これをリュカが利き足とは逆の右足のボレーで流し込んだ。なお、アトレティコ通算107試合出場のリュカは意外にもこれが自身の初ゴールとなった。 この先制点で試合は一気にアトレティコペースと思われたが、失点後も高い士気を見せるウエスカは失点前と同様に強豪相手に堂々と渡り合う。だが、同点ゴールを奪うまでには至らず、試合はアトレティコの1点リードで折り返す。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢を見せるアウェイチームは再び伏兵のゴールでリードを広げる。52分、左サイドに流れてボールを引き出したグリーズマンが狙いすました浮き球のクロスをボックス右のスペースに入れると、ここに走り込んだアリアスが見事なダイレクトボレーで合わせ、こちらも移籍後初ゴールを挙げた。 この追加点で完全に流れを掴んだアトレティコはゲームコントロールに意識を傾けながらも得意のカウンターから3点目を狙う。すると71分、左サイドの高い位置に抜け出したリュカのクロスをゴール前のグリーズマンがヘディングシュート。これはクロスバーを叩くもファーに詰めたコケがこぼれ球を流し込み、ダメ押しのゴールを奪った。 その後、殊勲のコケとリュカを下げて17歳FWビクトル・モジェホ、19歳MFホアキン・ムニョスをリーガデビューさせる余裕の采配を見せたシメオネ監督率いるチームは相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切って3-0の完勝。今季のアウェイ3勝目を快勝で飾ると共にコパ敗退のショックを見事に払しょくした。 2019.01.20 04:48 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース