グリーズマン躍動のアトレティコが酒井宏樹不出場のマルセイユ撃破! 6年ぶり3度目のEL制覇!《EL》2018.05.17 05:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。なお、マルセイユDF酒井宏樹はベンチ入りも出場機会はなかった。▽今季、予備予選3回戦からの参戦となったマルセイユはグループステージを2位で通過。さらに決勝トーナメントではブラガ、アスレティック・ビルバオとイベリア半島勢を続けて撃破。さらに、準々決勝ではRBライプツィヒ、準決勝ではRBザルツブルクとレッドブル勢を退けて前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出を果たした。

▽1992-93シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となるヨーロッパでのビッグタイトルを目指すマルセイユは、直近のギャンガン戦から先発4人を変更。酒井宏樹、ブバカル・カマラ、セルティク、マキシム・ロペスに代わってブナ・サール、ラミ、グスタボ、パイエが起用された。

▽一方、CLグループステージで3位敗退となったアトレティコは、今季のELにラウンド32から参戦。コペンハーゲン、ロコモティフ・モスクワ、スポルティング・リスボンと比較的組み合わせに恵まれた中、順当にベスト4進出。事実上の決勝戦と目されたアーセナルとの準決勝を1勝1分けで制し、2011-12シーズン以来のファイナル進出を果たした。

▽3度目のEL制覇を目指すアトレティコは、リーグ2位を確定させた直近のヘタフェ戦から先発4人を変更。ゴディンを除く最終ラインを変更し、ヴルサリコとリュカ、ホセ・ヒメネスが先発復帰。また、トーマスに代わってコレアが右サイドハーフに入った。

▽母国開催となったことでリヨンに大挙したマルセイユサポーターが完全ホームの雰囲気を作り出した中、マルセイユがいきなり決定機を作り出す。3分、相手陣内中央でパスを受けたパイエが右サイドのトヴァンとのパス交換でボックス付近まで侵攻し、DF2枚の間でスルーパスを要求するジェルマンへ絶妙なパス。だが、ゴール右に抜け出したジェルマンはシュートを枠に飛ばせない。

▽それでも、このファーストチャンスをキッカケにリズムを掴んだマルセイユは6分にもセットプレーの二次攻撃からラミが際どいシュートを飛ばすなど、相手のプレスをうまく剥がしては良い形でフィニッシュへと繋げていく。また、守備の局面でも切り替えの部分できっちりプレッシャーをかけて相手のカウンターを許さない。

▽一方、立ち上がりからやや守勢に回ったアトレティコだったが、相手のミスを突いて先制点を奪う。21分、マルセイユのGKマンダンダが味方からのバックパスを中央のアンギッサに繋ぐと、ここでアンギッサが痛恨のトラップミス。これを奪ったガビがすかさずゴール前に走り込むグリーズマンにスルーパスを通すと、百戦錬磨のロヒブランコスのエースが冷静に同胞GKとの一対一を制した。

▽良い流れの中でミスから堅守アトレティコに厳しい先制点を献上したマルセイユはさらにアクシデントに見舞われる。強行出場したキャプテンのパイエがプレー続行不可能となり、32分にマキシム・ロペスがスクランブルで投入される。志半ばでピッチを去ることになったパイエは涙を浮かべながらベンチへと引き上げた。

▽その後、パイエのためにも攻勢に出たいマルセイユがオカンポスやB・サールのサイドからの仕掛けで何とか打開を図るも、1点リードでより守備的になったアトレティコの堅守を脅かすまでには至らず。前半はアトレティコの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、先に動いたのは1点リードのアトレティコ。アーセナルとの準決勝1stレグで退場した前科を持ち、前半に1枚警告を受けていたヴルサリコを下げてハーフタイム明けにフアンフランを投入。すると、立ち上がりの49分に貴重な追加点が生まれる。相手のスローインをハーフウェイライン付近ではね返してカウンターを発動。バイタルエリアでフリーとなったコケがゴール右に走り込むグリーズマンへ絶妙な斜めのスルーパスを送ると、これを受けたグリーズマンが左足のチップキックで流し込んだ。

▽エースのドブレテの活躍で勝利に大きく近づいたアトレティコはその後も攻撃の手を緩めず、相手陣内でうまく時間を使っていく。さらに、セットプレーからコケのミドルシュートやゴディンのヘディングシュートで3点目に迫る。

▽一方、何とかゴールをこじ開けたいマルセイユは74分、精彩を欠いたジェルマンを下げてミトログルを投入。すると81分、サンソンが右サイドから入れたアーリークロスに対してDFゴディンに競り勝ったミトログルがヘディングシュート。これが枠の左隅を捉えるが、ボールは左ポストの内側を叩く。

▽その後、85分にコレアを下げてトーマスを投入し試合を締めに掛かるアトレティコ。89分にはロングカウンターからジエゴ・コスタが前線でキープしたボールをコケが絶妙なダイレクトパスでボックス右フリーのガビに繋ぐと、ロヒブランコスの闘将が右足のシュートでゴール左を射抜き試合を決める3点目を奪取。この直後に殊勲のグリーズマンを下げて今季限りで退団するトーレスをピッチに送り込んだアトレティコがこのまま3-0で快勝。マルセイユに地力の差を見せ付けたアトレティコが6年ぶり3度目のEL制覇を成し遂げた。一方、母国開催のファイナルでフランス勢初の優勝を目指したマルセイユだったが、クラブ通算3度目のファイナルも敗戦という結果に終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

シメオネJr.が父の愛するクラブでのプレーを希望 「アトレティコでのプレーはきっと素晴らしい」

▽フィオレンティーナに所属するアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(23)がアトレティコ・マドリーでのプレーを希望している。同選手がアルゼンチン『FOX』で語った。 ▽アトレティコの指揮官ディエゴ・シメオネ監督を父親に持つシメオネは、母国屈指の名門、リーベルプレートでプロデビュー。その後、2016年にジェノアでヨーロッパでのキャリアをスタートし、昨季はフィオレンティーナでリーグ戦14ゴールの見事な活躍を披露。さらに、先月の代表ウィークにはグアテマラ代表戦でアルゼンチン代表デビューを飾り、デビューゴールまで決めてみせた。 ▽現在、多くのビッグクラブが関心を示す中、シメオネは尊敬する父が選手としてだけでなく監督としても活躍しているアトレティコでプレーすることを希望しているようだ。 「アトレティコのためにプレーすることはきっと素晴らしいと思うよ」 「僕はこれまで父から指導を受けるチャンスが一度もなかった。同時に彼はその可能性について僕に求めることは一度もなかったんだ」 ▽なお、シメオネ監督は以前に自分がアトレティコを率いる限り、息子が同クラブでプレーすることは“絶対”にないと主張しており、同クラブで親子共演が果たされる可能性は限りなく低い。 ▽その一方で、以前からアルゼンチン代表監督の有力候補に挙がっている同監督が、今後のアルビセレステの将来を担う息子を指導するチャンスはあるのかもしれない。 「父がアルゼンチン代表監督になるかって? 彼はいつでも正しい時期ではないと言っているよ。だけど、プレーヤーとしては父が代表監督になるところを見てみたいと思っている」 「個人的に多くのアルゼンチン国民は父の就任を希望しているんじゃないかな。偉大な監督だからね」 2018.10.15 15:48 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤若手構成のアトレティコがベテランMFセスクを注視!

▽アトレティコ・マドリーが、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を注視しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ▽チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了となるセスク。依然として延長合意は報じられておらず、その去就に注目が集まっている。 ▽記事によると、アトレティコがマウリツィオ・サッリ新体制下でプレー機会を減少させているセスクに注視。ケガで出遅れた影響もあるとはいえ、今シーズンの出場が公式戦4試合に留まっているクリエイティブなミッドフィルダーに、ベテランとしての役割を期待しているそうだ。 ▽アトレティコからは今夏にMFガビが退団。中盤はMFロドリゴ・エルナンデス(22)、MFトーマス・パルティ(22)、サウール・ニゲス(23)、MFコケ(26)らリーガ屈指の若手構成になっており、経験豊かな選手を加えたがっている。 ▽先日、セスクは自身の去就について、「クラブからは何もないけど、僕はこの先もここにいたい」とチェルシー残留を希望したが、「クラブ次第だけど」とも発言。アトレティコに移り、FWジエゴ・コスタと再タッグを組む可能性もゼロではなさそうだ。 2018.10.14 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ロドリ驚愕スタッツ! パス成功率スペイン代表歴代3位

▽アトレティコ・マドリーに所属するMFロドリゴ・エルナンデスが、スペイン代表で輝いている。スペイン『マルカ』が称賛した。 ▽スペイン代表は11日、国際親善試合ウェールズ代表戦に臨み、4-1で快勝。その試合ではドルトムントFWパコ・アルカセルが2得点で力を示したほか、ロドリの愛称で親しまれるロドリゴ・エルナンデスが存在感を発揮した。 ▽その日、バルセロナMFセルヒオ・ブスケッツのポジションでフル出場を果たしたロドリは、なんとパス成功率97.70%を記録。131回中128回のパスを成功させた。 ▽この数字は、歴代のスペイン代表の中でも3番目に高いパス成功率だ。ロドリ以上にパスを成功させたのは、ユーロ2016予選スロバキア代表戦のMFセルヒオ・ブスケッツ(97.74%)、ユーロ2012予選チェコ代表戦のMFチャビ・エルナンデス(98.50%)のみだ。 ▽190cmの上背を誇り“ブスケッツの後継者”と目されているロドリ。138回のパス中136回を成功させたチャビには及ばないとしても、中盤の底で代表の中核を担う日も近いかもしれない。 2018.10.14 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

サウール・ニゲス、生涯アトレティコ・マドリー宣言…「僕の人生そのもの」

▽アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(23)が忠誠心を誓った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽その持って生まれたフットボールセンスを武器に、ここ数年のディエゴ・シメオネ体制下で確固たる地位を確立したサウール。バルセロナやレアル・マドリーといったライバルが目を光らせているとされる。 ▽だが、昨年7月に異例の2026年までの“超”長期契約を結んだことで多くの注目を集めたサウールに移籍の意思はない。スペインのラジオ『Nacional Espana』で生涯アトレティコ・マドリーを希望した。 「長期の新契約締結は僕の意思さ。アトレティコ・マドリーは僕の人生そのもの。僕としては、アトレティコで引退したい。関係が悪くなったり、愛想を尽かされない限りね」 2018.10.11 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン再三の願いは届くか?! 「バロンドールはフランス人に」

▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、同郷人のバロンドール獲得を熱望している。スペイン『マルカ』が、『フランス・フットボール』での発言を基に伝えた。 ▽『フランス・フットボール』は8日、『2018バロンドール』の候補者30名を発表。ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナFWリオネル・メッシらクラブで圧倒的な実績を残す常連に加え、ロシア・ワールドカップ(W杯)を制したフランス代表からは5名が選出されている。 ▽その中でも有力候補の1人であるグリーズマンは、対象期間にヨーロッパリーグ(EL)、UEFAスーパーカップ、W杯を獲得。しかし、W杯ゴールデンボール(最優秀選手賞)、UEFA欧州最優秀選手賞、FIFA最優秀選手賞といった個人賞を、全てレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチに獲得されており、フランス代表からの選出でないことに度々苦言を呈してきた。 ▽最後にして最大の個人賞であるバロンドールに関して、『フランス・フットボール』のインタビューに応じたグリーズマンは、「バロンドールはフランス人が勝ち取らなければならない」とコメント。W杯優勝国の中心選手としてプライドを示している。 ▽サッカー界最高の栄誉を手にするのはどの選手か。発表は12月3日に行われる。 2018.10.09 20:55 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース