グリーズマン躍動のアトレティコが酒井宏樹不出場のマルセイユ撃破! 6年ぶり3度目のEL制覇!《EL》2018.05.17 05:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。なお、マルセイユDF酒井宏樹はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽今季、予備予選3回戦からの参戦となったマルセイユはグループステージを2位で通過。さらに決勝トーナメントではブラガ、アスレティック・ビルバオとイベリア半島勢を続けて撃破。さらに、準々決勝ではRBライプツィヒ、準決勝ではRBザルツブルクとレッドブル勢を退けて前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出を果たした。

▽1992-93シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となるヨーロッパでのビッグタイトルを目指すマルセイユは、直近のギャンガン戦から先発4人を変更。酒井宏樹、ブバカル・カマラ、セルティク、マキシム・ロペスに代わってブナ・サール、ラミ、グスタボ、パイエが起用された。

▽一方、CLグループステージで3位敗退となったアトレティコは、今季のELにラウンド32から参戦。コペンハーゲン、ロコモティフ・モスクワ、スポルティング・リスボンと比較的組み合わせに恵まれた中、順当にベスト4進出。事実上の決勝戦と目されたアーセナルとの準決勝を1勝1分けで制し、2011-12シーズン以来のファイナル進出を果たした。

▽3度目のEL制覇を目指すアトレティコは、リーグ2位を確定させた直近のヘタフェ戦から先発4人を変更。ゴディンを除く最終ラインを変更し、ヴルサリコとリュカ、ホセ・ヒメネスが先発復帰。また、トーマスに代わってコレアが右サイドハーフに入った。

▽母国開催となったことでリヨンに大挙したマルセイユサポーターが完全ホームの雰囲気を作り出した中、マルセイユがいきなり決定機を作り出す。3分、相手陣内中央でパスを受けたパイエが右サイドのトヴァンとのパス交換でボックス付近まで侵攻し、DF2枚の間でスルーパスを要求するジェルマンへ絶妙なパス。だが、ゴール右に抜け出したジェルマンはシュートを枠に飛ばせない。

▽それでも、このファーストチャンスをキッカケにリズムを掴んだマルセイユは6分にもセットプレーの二次攻撃からラミが際どいシュートを飛ばすなど、相手のプレスをうまく剥がしては良い形でフィニッシュへと繋げていく。また、守備の局面でも切り替えの部分できっちりプレッシャーをかけて相手のカウンターを許さない。

▽一方、立ち上がりからやや守勢に回ったアトレティコだったが、相手のミスを突いて先制点を奪う。21分、マルセイユのGKマンダンダが味方からのバックパスを中央のアンギッサに繋ぐと、ここでアンギッサが痛恨のトラップミス。これを奪ったガビがすかさずゴール前に走り込むグリーズマンにスルーパスを通すと、百戦錬磨のロヒブランコスのエースが冷静に同胞GKとの一対一を制した。

▽良い流れの中でミスから堅守アトレティコに厳しい先制点を献上したマルセイユはさらにアクシデントに見舞われる。強行出場したキャプテンのパイエがプレー続行不可能となり、32分にマキシム・ロペスがスクランブルで投入される。志半ばでピッチを去ることになったパイエは涙を浮かべながらベンチへと引き上げた。

▽その後、パイエのためにも攻勢に出たいマルセイユがオカンポスやB・サールのサイドからの仕掛けで何とか打開を図るも、1点リードでより守備的になったアトレティコの堅守を脅かすまでには至らず。前半はアトレティコの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、先に動いたのは1点リードのアトレティコ。アーセナルとの準決勝1stレグで退場した前科を持ち、前半に1枚警告を受けていたヴルサリコを下げてハーフタイム明けにフアンフランを投入。すると、立ち上がりの49分に貴重な追加点が生まれる。相手のスローインをハーフウェイライン付近ではね返してカウンターを発動。バイタルエリアでフリーとなったコケがゴール右に走り込むグリーズマンへ絶妙な斜めのスルーパスを送ると、これを受けたグリーズマンが左足のチップキックで流し込んだ。

▽エースのドブレテの活躍で勝利に大きく近づいたアトレティコはその後も攻撃の手を緩めず、相手陣内でうまく時間を使っていく。さらに、セットプレーからコケのミドルシュートやゴディンのヘディングシュートで3点目に迫る。

▽一方、何とかゴールをこじ開けたいマルセイユは74分、精彩を欠いたジェルマンを下げてミトログルを投入。すると81分、サンソンが右サイドから入れたアーリークロスに対してDFゴディンに競り勝ったミトログルがヘディングシュート。これが枠の左隅を捉えるが、ボールは左ポストの内側を叩く。

▽その後、85分にコレアを下げてトーマスを投入し試合を締めに掛かるアトレティコ。89分にはロングカウンターからジエゴ・コスタが前線でキープしたボールをコケが絶妙なダイレクトパスでボックス右フリーのガビに繋ぐと、ロヒブランコスの闘将が右足のシュートでゴール左を射抜き試合を決める3点目を奪取。この直後に殊勲のグリーズマンを下げて今季限りで退団するトーレスをピッチに送り込んだアトレティコがこのまま3-0で快勝。マルセイユに地力の差を見せ付けたアトレティコが6年ぶり3度目のEL制覇を成し遂げた。一方、母国開催のファイナルでフランス勢初の優勝を目指したマルセイユだったが、クラブ通算3度目のファイナルも敗戦という結果に終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ・マドリー、15日に行われるUEFAスーパーカップの招集メンバー22名を発表

▽アトレティコ・マドリーは13日、15日にエストニアで行われるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップに向けた招集メンバー22名を発表した。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は、FWアントワーヌ・グリーズマンやFWジエゴ・コスタ、MFコケ、DFディエゴ・ゴディンら主力を順当に招集。新戦力のFWニコラ・カリニッチやMFトマ・レマルらもメンバー入りした。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アトレティコ・マドリー招集メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">アントニオ・アダン</span> 13.<span style="font-weight:700;">ヤン・オブラク</span> 37.<span style="font-weight:700;">アレックス・ドス・サントス</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span> 3.<span style="font-weight:700;">フィリペ・ルイス</span> 4.<span style="font-weight:700;">サンティアゴ・アリアス</span> 15.<span style="font-weight:700;">サビッチ</span> 20.<span style="font-weight:700;">フアンフラン</span> 21.<span style="font-weight:700;">リュカ</span> 24.<span style="font-weight:700;">ホセ・ヒメネス</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.<span style="font-weight:700;">トーマス・パルティ</span> 6.<span style="font-weight:700;">コケ</span> 8.<span style="font-weight:700;">サウール・ニゲス</span> 11.<span style="font-weight:700;">トマ・レマル</span> 14.<span style="font-weight:700;">ロドリゴ・エルナンデス</span> 18.<span style="font-weight:700;">ジェウソン・マルティンス</span> 23.<span style="font-weight:700;">ビトロ</span> 30.<span style="font-weight:700;">オラベ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.<span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span> 9.<span style="font-weight:700;">ニコラ・カリニッチ</span> 10.<span style="font-weight:700;">アンヘル・コレア</span> 19.<span style="font-weight:700;">ジエゴ・コスタ</span> 2018.08.14 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコでF・トーレスの9番受け継ぐカリニッチ「D・コスタ&グリーズマンと競い合いたい」

今夏の移籍市場でミランからアトレティコ・マドリーに加わったFWニコラ・カリニッチが、13日に入団会見に臨んだ。<br><br>アトレティコは移籍金として1500万ユーロをミランに支払うことで、カリニッチを獲得。クロアチア人FWはアトレティコで、昨季まで同クラブの絶対的アイドルFWフェルナンド・トーレス(現サガン鳥栖)が付けていた背番号9を背負うことになる。<br><br>カリニッチは入団会見で、FWジエゴ・コスタ、FWアントワーヌ・グリーズマンの定位置を争っていく意志を示した。<br><br>「アトレティコは適応が難しいクラブ? 恐れることはない。早く試合を戦いたいし、チームに適応できたらいいと思う」<br><br>「グリーズマンとD・コスタは、おそらく欧州最高のストライカー2人だ。僕は彼らと競い合うためにここに来た。でも、もちろん彼らには敬意を持っているし、それに僕たちは多くの試合をこなしていくことになるんだよ」<br><br>またロシア・ワールドカップでクロアチア代表から追放されたことについては、「もう過ぎたこと」と話している。<br><br>「シメオネとそのことについて話はいない。代表での出来事はもう過ぎたことだ。ただ代表監督が僕を戦力に数えることを望まず、僕が(準優勝の)メダルを望まなかっただけだ。だってプレーしていないし、クロアチアの素晴らしい成績に貢献したわけじゃないんだよ。今、僕は新しい挑戦に臨む。過ぎたことは過ぎたことだ」<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.14 01:22 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがUEFAスーパーカップの招集メンバー29名を発表

▽レアル・マドリーは13日、15日にエストニアで行われるアトレティコ・マドリーとのUEFAスーパーカップに向けた招集メンバー29名を発表した。 ▽チャンピオンズリーグ王者のレアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ新監督は、FWガレス・ベイルやMFルカ・モドリッチ、DFセルヒオ・ラモスら主力を順当に招集。新戦力のGKティボー・クルトワもメンバー入りした。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆レアル・マドリー招集メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span> <span style="font-weight:700;">ケイロル・ナバス</span> <span style="font-weight:700;">フランシスコ・カシージャ</span> <span style="font-weight:700;">リュカ・ジダン・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">アンドリー・ルニン</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マルセロ</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・カルバハル</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span> <span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span> <span style="font-weight:700;">ナチョ・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">アルバロ・オドリオソラ・アルザリウス</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・レギロン</span> <span style="font-weight:700;">ヘスス・バジェホ</span> <span style="font-weight:700;">ハビ・サンチェス</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ロペス</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span> <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span> <span style="font-weight:700;">カゼミロ</span> <span style="font-weight:700;">マルコス・ジョレンテ</span> <span style="font-weight:700;">イスコ</span> <span style="font-weight:700;">ダニ・セバージョス</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・アセンシオ</span> <span style="font-weight:700;">フェデリコ・バルベルデ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">カリム・ベンゼマ</span> <span style="font-weight:700;">ガレス・ベイル</span> <span style="font-weight:700;">ルーカス・バスケス</span> <span style="font-weight:700;">ボルハ・マジョラル</span> <span style="font-weight:700;">ラウール・デ・トマス</span> <span style="font-weight:700;">ヴィニシウス</span> 2018.08.14 00:34 Tue
twitterfacebook
thumb

オドリオソラが右足外転筋負傷…アトレティコとのスーパー杯欠場か

▽レアル・マドリーは13日、スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(22)が右足外転筋に程度1のケガを負っていると発表。今後、回復状況を見守るとしている。 ▽なお、離脱期間は伝えられていないものの、スペイン『マルカ』はオドリオソラが16日のUEFAスーパーカップ、アトレティコ・マドリー戦を欠場することになるだろう、と報じた。 ▽負傷した時期に関しては、アメリカで行われたプレシーズンツアー中に問題が確認された模様。8日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018ローマ戦では、ウォーミングアップを途中で切り上げていたと伝えられており、試合には出場していない。 ▽オドリオソラは、今夏にレアル・ソシエダからマドリーに移籍。ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前までスペイン代表を率いた、フレン・ロペテギ現マドリー指揮官から本大会にも召集されており、今シーズンの飛躍が期待されている選手の1人だ。 2018.08.13 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコの腕章は漢気ガビから闘将ゴディンへ!

▽アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが、正式にチームのキャプテンに昇格するようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコからは今夏、チームの芯として熱意をピッチに注入し続けたカピタン、MFガビがアル・サッドに去った。ディエゴ・シメオネ監督のソリッドな戦術を体現するピッチ上の指揮官を失い、今シーズンのアトレティコサポーターは大きな喪失感に苛まれることだろう。 ▽しかし、『マルカ』が伝えたところでは、そんなアトレティコの新主将にはDFゴディンが就任。今やクラブのアイデンティティーにもなった堅守を支えるディフェンスリーダーが、偉大な前任者からバトンを受け取った。 ▽また、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、元スペイン代表DFフアンフラン、スペイン代表MFコケが副主将として脇を固めることになる模様。グリーズマンとフアンフランに関しては今夏の退団も噂されていたが、契約を延長してクラブへの忠誠を誓っていた。 2018.08.13 15:35 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース