グリーズマン躍動のアトレティコが酒井宏樹不出場のマルセイユ撃破! 6年ぶり3度目のEL制覇!《EL》2018.05.17 05:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが16日にパルク・オリンピック・リヨンで行われ、3-0で勝利したアトレティコが6年ぶり3度目の優勝を果たした。なお、マルセイユDF酒井宏樹はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽今季、予備予選3回戦からの参戦となったマルセイユはグループステージを2位で通過。さらに決勝トーナメントではブラガ、アスレティック・ビルバオとイベリア半島勢を続けて撃破。さらに、準々決勝ではRBライプツィヒ、準決勝ではRBザルツブルクとレッドブル勢を退けて前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出を果たした。

▽1992-93シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となるヨーロッパでのビッグタイトルを目指すマルセイユは、直近のギャンガン戦から先発4人を変更。酒井宏樹、ブバカル・カマラ、セルティク、マキシム・ロペスに代わってブナ・サール、ラミ、グスタボ、パイエが起用された。

▽一方、CLグループステージで3位敗退となったアトレティコは、今季のELにラウンド32から参戦。コペンハーゲン、ロコモティフ・モスクワ、スポルティング・リスボンと比較的組み合わせに恵まれた中、順当にベスト4進出。事実上の決勝戦と目されたアーセナルとの準決勝を1勝1分けで制し、2011-12シーズン以来のファイナル進出を果たした。

▽3度目のEL制覇を目指すアトレティコは、リーグ2位を確定させた直近のヘタフェ戦から先発4人を変更。ゴディンを除く最終ラインを変更し、ヴルサリコとリュカ、ホセ・ヒメネスが先発復帰。また、トーマスに代わってコレアが右サイドハーフに入った。

▽母国開催となったことでリヨンに大挙したマルセイユサポーターが完全ホームの雰囲気を作り出した中、マルセイユがいきなり決定機を作り出す。3分、相手陣内中央でパスを受けたパイエが右サイドのトヴァンとのパス交換でボックス付近まで侵攻し、DF2枚の間でスルーパスを要求するジェルマンへ絶妙なパス。だが、ゴール右に抜け出したジェルマンはシュートを枠に飛ばせない。

▽それでも、このファーストチャンスをキッカケにリズムを掴んだマルセイユは6分にもセットプレーの二次攻撃からラミが際どいシュートを飛ばすなど、相手のプレスをうまく剥がしては良い形でフィニッシュへと繋げていく。また、守備の局面でも切り替えの部分できっちりプレッシャーをかけて相手のカウンターを許さない。

▽一方、立ち上がりからやや守勢に回ったアトレティコだったが、相手のミスを突いて先制点を奪う。21分、マルセイユのGKマンダンダが味方からのバックパスを中央のアンギッサに繋ぐと、ここでアンギッサが痛恨のトラップミス。これを奪ったガビがすかさずゴール前に走り込むグリーズマンにスルーパスを通すと、百戦錬磨のロヒブランコスのエースが冷静に同胞GKとの一対一を制した。

▽良い流れの中でミスから堅守アトレティコに厳しい先制点を献上したマルセイユはさらにアクシデントに見舞われる。強行出場したキャプテンのパイエがプレー続行不可能となり、32分にマキシム・ロペスがスクランブルで投入される。志半ばでピッチを去ることになったパイエは涙を浮かべながらベンチへと引き上げた。

▽その後、パイエのためにも攻勢に出たいマルセイユがオカンポスやB・サールのサイドからの仕掛けで何とか打開を図るも、1点リードでより守備的になったアトレティコの堅守を脅かすまでには至らず。前半はアトレティコの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、先に動いたのは1点リードのアトレティコ。アーセナルとの準決勝1stレグで退場した前科を持ち、前半に1枚警告を受けていたヴルサリコを下げてハーフタイム明けにフアンフランを投入。すると、立ち上がりの49分に貴重な追加点が生まれる。相手のスローインをハーフウェイライン付近ではね返してカウンターを発動。バイタルエリアでフリーとなったコケがゴール右に走り込むグリーズマンへ絶妙な斜めのスルーパスを送ると、これを受けたグリーズマンが左足のチップキックで流し込んだ。

▽エースのドブレテの活躍で勝利に大きく近づいたアトレティコはその後も攻撃の手を緩めず、相手陣内でうまく時間を使っていく。さらに、セットプレーからコケのミドルシュートやゴディンのヘディングシュートで3点目に迫る。

▽一方、何とかゴールをこじ開けたいマルセイユは74分、精彩を欠いたジェルマンを下げてミトログルを投入。すると81分、サンソンが右サイドから入れたアーリークロスに対してDFゴディンに競り勝ったミトログルがヘディングシュート。これが枠の左隅を捉えるが、ボールは左ポストの内側を叩く。

▽その後、85分にコレアを下げてトーマスを投入し試合を締めに掛かるアトレティコ。89分にはロングカウンターからジエゴ・コスタが前線でキープしたボールをコケが絶妙なダイレクトパスでボックス右フリーのガビに繋ぐと、ロヒブランコスの闘将が右足のシュートでゴール左を射抜き試合を決める3点目を奪取。この直後に殊勲のグリーズマンを下げて今季限りで退団するトーレスをピッチに送り込んだアトレティコがこのまま3-0で快勝。マルセイユに地力の差を見せ付けたアトレティコが6年ぶり3度目のEL制覇を成し遂げた。一方、母国開催のファイナルでフランス勢初の優勝を目指したマルセイユだったが、クラブ通算3度目のファイナルも敗戦という結果に終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

フィリペ・ルイスが移籍を志願 3年契約でPSG入りか

▽スペイン『マルカ』は、アトレティコ・マドリーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)が移籍を志願したと報じた。 ▽伝えられるところによれば、フィリペ・ルイスに対しては、以前からパリ・サンジェルマン(PSG)の監視下に。先のUEFAスーパーカップで先発から外されたことに不満を募らせ、アトレティコ・マドリー退団の意思を固めた模様だ。 ▽PSGはフィリペ・ルイスに対して、既に3年契約のオファーを打診。今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了を迎えるフィリペ・ルイスもこのオファーを受け、36歳までプレーすることを視野に入れているという。 ▽今夏に見事な立ち回りで補強を完遂させたアトレティコ・マドリー。フィリペ・ルイスが去るとなれば、左サイドバックの適任者がDFリュカ・エルナンデスだけとなるが、ディエゴ・シメオネ監督の決断はいかに。 2018.08.19 07:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコのCL王者キラーぶりが凄い

▽アトレティコ・マドリーのUEFAスーパーカップでの成績が凄い。 ▽UEFAスーパーカップは、チャンピオンズリーグ(CL)王者とヨーロッパリーグ(EL)王者によって争われる国際タイトルだ。毎年白熱の試合が繰り広げられる大会だが、通常はCLに強豪クラブが集結し、国内リーグやCLのグループステージでそれらの強豪の後塵を拝したクラブがELに出場するため、CL王者が圧倒的有利とみなされている。 ▽しかし、15日に行われたUEFAスーパーカップ2018では、EL王者アトレティコ・マドリーがCL王者レアル・マドリーを4-2で撃破。とはいえ、「EL王者がCL王者を破った」という事実はさして話題にならず、戦前からレアル・マドリーが圧倒的有利と見る向きも多くはなかった。その背景には、アトレティコ・マドリーの陣容・実力が充実していることの他に、観客が同クラブのUEFAスーパーカップ戴冠を見慣れていることが挙げられるかもしれない。 ▽過去の大会記録では、なんとアトレティコ・マドリーは過去のUEFAスーパーカップに3度出場し、全大会で優勝。また、驚くべきことに、いずれもEL王者として出場したものだ。さらに、UEFAスーパーカップがCL王者とEL王者の戦いになった2010年から、EL王者としてカップを掲げたのはアトレティコ・マドリーのみだ。 ◆歴代UEFAスーパーカップ結果 (CL王者vsEL王者) 2010:インテル 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アトレティコ・マドリー</span> 2011:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 2</span>-0 ポルト 2012:チェルシー 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2013:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バイエルン 2</span>-2(PK:5-4) チェルシー 2014:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-0 セビージャ 2015:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ 5</span>-4 セビージャ 2016:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 3</span>-2 セビージャ 2017:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー 2</span>-1 マンチェスター・ユナイテッド 2018:レアル・マドリー 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アトレティコ・マドリー</span> 2018.08.16 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、スーパー杯敗戦も新戦力獲得には言及せず「彼らは飢えている」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、現在の選手たちへの信頼を口にした。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは15日、UEFAスーパーカップでアトレティコ・マドリーと対戦して延長戦の末に2-4で敗戦。『マルカ』やスペイン『アス』など国内各紙は、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド不在による、得点力不足が敗戦の原因ではないかと指摘している。 ▽また、試合後には、ハングリー精神に欠けるのでは、という趣旨の質問が会見場で飛び交った。「既にこれだけ多くを勝ち獲ってきた選手たちでこれからも勝ち続けられるのか。それがハンディキャップになるのでは? 」と尋ねられたロペテギ監督は、以下のように返答している。 「いや、ハンディキャップとはみなしていない」 「この選手たちは多くのタイトルを勝ち取ってきたし、昨シーズン欲していたラ・リーガを逃した。だから、今シーズンは集中しようと努力しているし、チームを改善しようとしているんだ。スーパーカップを失ってから前に進み、最近獲れていないラ・リーガを求めている。日曜日に始まるんだ。彼らはさらに飢えているし、私たちは細部まで詰めていきたい」 ▽新戦力獲得については言及しなかったロペテギ監督。スコアラーの獲得がないことを批判的に見る向きも強いが、19日に行われるリーガエスパニョーラ開幕節ヘタフェ戦に勝利し外野の意見を跳ね返すことが出来るのだろうか。 2018.08.16 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「残留は間違っていなかった」マドリーを下したグリーズマンが主張

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、UEFAスーパカップ後にコメント。チームへの自信を窺わせた。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップを制したグリーズマンは、レアル・マドリーとのUEFAスーパーカップに先発出場。試合はジエゴ・コスタの2ゴールやサウール・ニゲス、コケの活躍などで延長戦を制し、アトレティコがマドリッドダービーで勝利を収めた。 ▽グリーズマンは、試合後に『Movistar+』のインタビューに応じ、バルセロナ移籍の噂があった中、アトレティコへの残留が正しかったと主張。シーズンの良いスタートを切れたことを喜んだ。 「良いプロジェクトがあったので、僕は残った」 「僕はこのクラブ、チョロ(ディエゴ・シメオネ監督)に自信を持っている。今日、僕が間違っていなかったことを目の当たりにした」 「2度目の試合だったから、少し消えてしまった」 「最終的に重要なことは、スコアボードを動かすことだった。僕たちは非常に完璧な戦いをしたね」 「両チームがフィジカル的に100%でないことは明らかだった。でも勝つことが重要だ」 「UEFAスーパーカップで再び勝つことができた。このようにシーズンをスタートさせることはとても重要だったよ」 2018.08.16 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー《UEFAスーパーカップ》

▽UEFAスーパーカップ、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが15日にエストニアで行われ、延長戦の末に2-4でアトレティコが勝利している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 5.0 防ぎようはなかったが、4失点 DF 2 カルバハル 5.0 さほど攻撃に出られず、4失点目に関与 5 ヴァラン 5.0 概ね安定していたが、痛恨のボールロストで決勝点献上 4 セルヒオ・ラモス 5.5 開始早々ジエゴ・コスタに出し抜かれたが、PKで一時同点弾を決めた 12 マルセロ 5.0 1つ好機演出も2失点目の対応は軽かった MF 14 カゼミロ 5.5 グリーズマンにプレースペースを与えなかった。後半終盤に負傷交代 (→ダニ・セバージョス 5.0) 中盤をコントロールできず 22 イスコ 5.5 トップ下でプレー。幅広く動いてボールによく関与も違いを生むには至らず (→L・バスケス 5.0) ボールに触れなかった 8 クロース 5.5 正確なパスでゲームメーク。CKがPKを誘った (→マジョラル -) FW 11 ベイル 6.0 好調を維持。スピードを生かして同点弾をアシスト 9 ベンゼマ 6.5 同点弾を決め、PK奪取にも関与 20 アセンシオ 5.5 個人技でシュートに持ち込む場面もあったが、ボールに絡む回数が少なかった (モドリッチ 5.5) 投入直後はよくボールに絡んだが、徐々に消える 監督 ロペテギ 5.5 内容は悪くなかっただけに2-1で逃げ切りたかった ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180816_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 2失点も17分のアセンシオのヒールシュートを好守で防ぐ DF 20 フアンフラン 5.5 不用意なPK献上も2点目を演出 15 サビッチ 5.5 ベンゼマのマークを外して失点に関与もそれ以外は安定 2 ゴディン 6.0 鉄壁の守備を見せる 21 リュカ 5.5 ベイルにぶち抜かれて失点に関与。ただ、後半以降は持ち直した MF 11 レマル 6.0 コケとサイドを入れ替えながらドリブルでアクセントを付ける (→トーマス 6.0) ボール奪取からのショートカウンターが利いていた 14 ロドリゴ・エルナンデス 5.5 シンプルなボール捌きでリズムを作る (→ビトロ 6.0) 4点目をアシスト。攻め手に 8 サウール 6.5 クロースの監視役。守備に重点を置いていたが、決勝点をゲット 6 コケ 6.0 サイドでは守備に追われて良さが出なかったが、センターに移ってからはリズムを生みダメ押しゴール FW 19 ジエゴ・コスタ 7.0 開始50秒でのゴールなど全得点に絡む。戦う姿勢を全面に押し出して2ゴールの活躍 (→ホセ・ヒメネス -) 7 グリーズマン 5.0 まだまだ調整段階。守備に追われ、プレー機会が少なかった (→コレア 6.0) 持ち味の仕掛けを随所に見せ、アシストを決める 監督代行 ブルゴス 6.5 勝負強さを見せてレアル・マドリー撃破 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー) ▽2ゴールを決めて延長戦に持ち込み、3、4点目を演出。セルヒオ・ラモスとのスペイン代表マッチアップも激しかった。 レアル・マドリー 2-4 アトレティコ・マドリー 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(前27) セルヒオ・ラモス(後18[PK]) 【アトレティコ・マドリー】 ジエゴ・コスタ(前1) ジエゴ・コスタ(後34) サウール(延前8) コケ(延前14) 2018.08.16 06:40 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース