エスパニョールGKパウ・ロペスが契約満了で退団、今季は正GKとしてプレー2018.05.17 03:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エスパニョールは16日、スペイン人GKパウ・ロペス(23)が今季限りで退団することを発表した。▽2007年にエスパニョールのカンテラに入団したパウ・ロペスは、2014年12月にトップチームデビュー。2015-16シーズンは正GKとしてクラブの一部残留に貢献していた。その後、2016年8月にトッテナムへレンタルで移籍したパウ・ロペスは、今季エスパニョールに復帰。実力者であるGKディエゴ・ロペスとのポジション争いを制し、リーガエスパニョーラ29試合に出場していた。

▽契約満了をもってクラブを退団するパウ・ロペスは次のように語っている。

「エスパニョールのユニフォームを脱ぐことになった。今季は難しいシーズンだった。シーズンが終わる今、クラブを離れる理由を説明したいと思った。エスパニョールは僕がデビューしたクラブで、僕を形成したクラブだ。ステップアップしたいと思い、それはお金のためではない。エスパニョールを代表するつもりでここを離れるよ」

▽なお、パウ・ロペスの移籍先はベティスと報じられている。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、エスパニョールで活躍中のエルモソ買戻しを検討か

▽レアル・マドリーがエスパニョールのスペイン人DFマリオ・エルモソ(23)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽マドリー・カスティージャ出身のエルモソはトップチームで試合に出ることなく2017年夏にエスパニョールに移籍を果たした。加入初年度こそ公式戦24試合の出場に留まったが、今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場し2得点をマーク。リーグ戦5位に付けるチームの欠かせない存在になっている。 ▽この活躍を続ければ移籍金が高騰する可能性が高いエルモソ。現在、クラブは同選手の契約解除金を4000万ユーロ(約50億円)に設定しているが、『アス』によれば、マドリーは750万ユーロ(約9億8000万円)で獲得する手段があるようだ。 ▽エルモソは推定移籍金40万ユーロ(約5000万円)でマドリーからエスパニョールに移籍した。その際、1500万ユーロ(約19億円)の買い戻し条項が付随されていたのだが、マドリーが現在でも保有権を50%保有しているため、半額の750万ユーロ(約9億8000万円)で済むという。 2018.10.11 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ、プロ2年目にエスパニョール加入接近していた?!

▽トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、バルセロナのエースがライバルチーム加入に近付いていたと明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽最も欠かせない選手としてバルセロナに君臨しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。13歳当時の2000年に下部組織に入団すると、17歳になった2004年10月にエスパニョールとのダービーマッチでトップチームデビューを果たした。そして、現在ではクラブにとって並び立つ者がいない程の存在となっている。 ▽しかし、3日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節トッテナムvsバルセロナに向けた会見に出席したポチェッティーノ監督は、2005年にメッシがエスパニョール移籍に近付いていたと明かした。 「私がエスパニョールの選手だった頃、彼のことを耳にしたよ」 「バルセロナのアカデミーでプレーする小さな男のことだ」 「バルセロナがジョアン・ガンペール杯でユベントスと対戦していた(2005-06)シーズン、彼がエスパニョール加入にとても、本当に接近したと聞いた」 「あの夏を覚えているよ」 「だが、ジョアン・ガンペールでの彼がとても素晴らしくて、(バルセロナは)考えを変えた。メッシをバルセロナに引き留めたんだ」 「歴史を振り返って、もし彼があの夏にジョアン・ガンペール杯でプレーしていなければ、現在ではエスパニョール最大のスターになっていた可能性もある」 「もしかしたら、私もまだエスパニョールで彼を指揮していたかもしれない! 」 ▽また、CLでのメッシ対策について問われたポチェッティーノ監督は、楽しむことが重要だと語っている。 「メッシ対策を講じようとはしていない。それは不可能だからだ」 「楽しむしかないんだよ。心配というより興奮する必要がある」 「私はエゴのためにマラドーナやロナウドとプレーした。子供や孫に話すためだ」 「だから楽しむんだ。近くに食らいついて逆サイドでのプレーを試みる。レオ(・メッシ)をゴールに近付けるな。できなければ、それはヤバいことになる! 」 2018.10.02 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベルナベウ全面改装に着手へ…改装費用として764億円の債務を負うことが承認される

23日にレアル・マドリーのソシオ(クラブ会員)総会が行われ、本拠地サンティアゴ・ベルナベウの全面改装費として、5億7500万ユーロ(約764億円)の債務を抱えることが承認された。<br><br>マドリーはアブダビ首長国が全額出資する投資会社IPICにベルナベウのネーミングライツを譲渡することで、全面改装費の資金調達を目指した。が、ホテル併設をマドリー上位裁判所から禁じられたタイミングで、IPICがプロジェトから撤退(マドリーは契約違反を訴え、パリで係争中)。これによりマドリーは債務を抱えて全面改装に着手する方針を立てた。<br><br>マドリーのクラブ規約においては、予算の15~20%以上の債務を抱える場合に、総会でソシオの代表者たちの3分の2から同意を得なければならない。そして23日に行われた総会での投票結果は賛成1017票、反対57票、白紙23票となり、債務を負うことが承認されている。<br><br>5億7500万ユーロの債務の返済期間は35年。1シーズンあたりの返済額は2500万ユーロ(約33億円)となるが、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は総会で、それがクラブ収入の4%足らずの額であることを強調した。同会長はまた、全面改装後のベルナベウでは、1シーズンにつき1億5000万ユーロ(約200億円)の収入を見込んでいることも説明している。<br><br>全面改装は来夏に着工となり、2022年に完了する予定。倫理上の観点から、ペレス会長の建設会社ACSは工事に参加しない。なおマドリーの2017&minus;18シーズンの総収入は、前シーズン比11.3%増の7億5090万ユーロ(約997億円)で、純利益は45.9%増の3120万ユーロ(約41億円)となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーデビューのオドリオソラは先輩をリスペクト! 「カルバハルに学ばせて貰っている」

▽レアル・マドリーでのデビューを飾ったスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラが、感想を述べている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽3-0で勝利したミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)ローマ戦後、中2日という過密日程でリーガエスパニョーラ第5節エスパニョール戦を迎えたマドリー。一部の主力を入れ替えるローテーションを採用して試合に臨むと、苦しみながらも1-0での勝利を手にした。 ▽その試合では今夏マドリーに加入したオドリオソラが、右サイドバックのレギュラーを務めるスペイン代表DFダニエル・カルバハルに代わって先発。記念すべきマドリーデビューを飾っている。 ▽エスパニョール戦後のインタビューに応じたオドリオソラは、まず偉大な先輩を称えた。 「彼(ダニエル・カルバハル)は世界でもベストの1人だ。以前からお手本にしていたし、今でも毎日学ばせてもらっているよ」 「競争は常に良いものなんだ」 「自滅して負傷してしまうほど不運だったけど、懸命にやらなくてはいけなくて上手くいくよう努力してきた」 「(今日は)フィジカル的に好ましかった。(デビューできて)とても満足しているよ」 ▽新チーム始動直後の8月上旬に右足外転筋を負傷したオドリオソラ。挑戦者として臨むレギュラー争いに遅れをとっている状況だが、ここから尊敬する先輩の立場を脅かすことはできるのだろうか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

一部主力温存のマドリーがアセンシオ弾でエスパニョールに辛勝《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、レアル・マドリーvsエスパニョールが22日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが1-0で勝利した。 ▽前節、敵地でアスレティック・ビルバオに引き分けリーガ開幕連勝ストップのマドリーだが、4連覇を目指すCLでは昨季ベスト4のローマを相手に3-0の圧倒的な内容で勝利しバウンスバックを果たした。リーガでの白星奪還を目指す今節は開幕から好調を維持する4位エスパニョールと対戦した。 ▽ロペテギ監督は今後の過密日程を睨み、ローマ戦から先発5選手を変更。GKをクルトワに戻したほか、休養を与えて招集外のクロースとカルバハルに代えてダニ・セバージョスとマドリーデビューのオドリオソラを起用。さらにベンチスタートのマルセロとベイルに代えてナチョとアセンシオを起用した。 ▽開始5分にイスコがファーストシュートを放つなど立ち上がりから試合をコントロールしていくマドリー。だが、ボックス付近までボールを運べるものの粘り強く守る相手を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽70パーセントを超えるボール支配率を見せるマドリーは最終ラインが度々相手陣内まで入り込むが、ややノッキング気味の攻撃は相手のロングカウンターを許す原因に。幾度か相手のカウンターをディフェンス陣の個の力で対応していた中、35分には2対2の数的同数からエルナン・ペレスにボックス内で決定機を許すが、ここは相手のシュートが甘くGKクルトワが何とかはじき出した。 ▽冷や汗をかいたマドリーだったが、前半終了間際にようやくゴールをこじ開ける。41分、ペナルティアーク付近でボールを持ったモドリッチからのパスが相手DF2人に当たってボックス左でフリーのアセンシオの足元へ。ここでアセンシオが左足を振り抜くと、ゴール右隅に決まった。ゴール直後オフサイドの判定が下されたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、判定が覆りマドリーは前半のうちにリードを手にした。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽アセンシオのゴールで重圧から解き放たれたマドリーは後半立ち上がりに猛攻を見せる。48分には左サイドでセバージョスが縦に仕掛けて入れた低いクロスをゴール前のモドリッチがボレーで枠の左に飛ばすが、これは相手GKの好守に遭う。さらに右サイドのオドリオソラのスピードを生かした攻め上がりからボックス内のイスコらにフィニッシュのチャンスが訪れるが、打ち切れない。 ▽前半以上に押し込まれるエスパニョールは55分、ピアッティとダルデルを下げてビクトル・サンチェスとレオを同時投入。この選手交代をキッカケに相手陣内でのプレーを増やしていく。 ▽対するマドリーは60分過ぎにベンゼマ、セバージョスを下げてリーガ再デビューのマリアーノ、ルーカス・バスケスを続けて投入する。だが、65分にはセルヒオ・ラモスの不用意な横パスをボルハ・イグレシアスにブロックされてGKとのボックス内での一対一から決定的なループシュートを許す。だが、このシュートはクロスバーを叩き事なきを得た。さらに畳みかけるエスパニョールに押し込まれてボルハ・イグレシアス、ロカと枠内シュートを許す。 ▽後半半ばを過ぎると、試合は完全にオープンな展開に。73分にはイスコの左クロスをゴール前のセルヒオ・ラモスが頭で合わすが、これはGKの好守に遭う。79分にマドリーはイスコを下げて今季初出場となるマルコス・ジョレンテを投入。直後の81分にはカウンターからアセンシオに決定機もシュートは枠を大きく外れる。 ▽その後も行ったり来たりの試合展開の中、最終盤には追加点を狙わず、時間を進めるゲームプランを遂行したマドリーが最後の精度を欠くエスパニョールの反撃を凌ぎ切って1-0の辛勝。一部主力を温存し内容面に課題を残したマドリーだが、リーガで2試合ぶりの勝利を手にした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 05:45 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース