柴崎ヘタフェがボルダラス監督と2020年まで契約延長2018.05.16 23:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは16日、ホセ・ボルダラス監督(54)と2020年まで契約を延長したことを発表した。

▽2016年9月にヘタフェの指揮官に就任したボルダラス監督はテネリフェとの昇格プレーオフの末に1年で1部昇格に導いた。そして、今季も残留争いに巻き込まれることなくヨーロッパリーグ出場権争いを演じ、第37節終了時点で8位と大健闘のシーズンを送っていた。

▽28歳で現役を退き監督に転向したボルダラス監督は今季が自身初の1部での指揮となっていた。

▽ただ、ロングボール主体のサッカーを志向する同監督の下、柴崎はリーガで11試合の先発に留まり、レギュラーポジションを奪うには至っていなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

マラガ戦先発出場の柴崎岳、スペインメディア「とてもアクティブだった」

19日のリーガエスパニョーラ最終節、ヘタフェは敵地ラ・ロサレダでのマラガ戦に1&minus;0で勝利した。先発出場を果たしたMF柴崎岳は、スペインメディアから「とてもアクティブ」なプレーを見せたと評価されている。<br><br>2ボランチの一角としてプレーした柴崎は攻守両面で積極的なプレーを披露し、73分に決勝点へとつながるPKを演出した。浮き球のパスでFWロイク・レミーの飛び出しを促すと、同選手が倒されたことでヘタフェがPKを獲得。レミー本人がこれを決め切った。<br><br>スペイン『アス』電子版は、各選手の個別評価記事で、柴崎が確かな存在感を見せていたことを強調している。<br><br>「お気に入りのポジションで、とてもアクティブだった。前方へと向けたプレッシングは良質で、攻撃を創造するプレーも的確だった」<br><br>その一方でスペイン『マルカ』の採点(3点満点)において、ヘタフェでは4選手が2点を付けられ、柴崎は他8選手と並び1点の評価となった。<br><br>今季にリーガ2部のテネリフェからヘタフェに加わり、1部での挑戦を開始した柴崎。シーズン序盤にはバルセロナ戦でゴールを決めるなどレギュラーを張っていたが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折して戦線離脱を強いられ、復帰後には出場機会が激減した。今夏に移籍する可能性を指摘するメディアもあるが、その去就はどうなるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎先発のヘタフェがレミのPK弾でシーズン最終戦を白星で飾る!《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは19日、リーガエスパニョーラ最終節でマラガと対戦し、1-0で勝利した。柴崎は82分までプレーした。 ▽前節のアトレティコ・マドリー戦で惜敗し、ヨーロッパリーグ出場権を逃した8位ヘタフェ(勝ち点52)が、最下位での脱出を狙うマラガ(勝ち点20)のホームに乗り込んだ一戦。ヘタフェの柴崎は2試合ぶりに先発メンバーに名を連ねた。 ▽柴崎をボランチの一角で起用したヘタフェは、立ち上がりから積極的に前線の選手にクサビを入れながら厚みのある攻撃を展開。すると3分、モリーナのパスでボックス左に抜け出したアンヘルが左足を振り抜くも、これはGKプリエトがはじき出した。 ▽一進一退の展開が続く中、21分にマラガが決定機を迎える。左サイドで高い位置を取ったサクセスとのパス交換でボックス左深くまで侵入したD・ロランがゴール左からシュートを放ったが、これはGKグアイタがキャッチ。 ▽40分、ヘタフェはバイタルエリア中央でアンヘルが倒されFKを獲得。これをアントゥネスがゴール右隅を狙った直接FKでゴールを脅かしたが、相手GKの好セーブに阻まれ、先制点とはならない。 ▽ゴールレスで迎えた後半も、先にチャンスを迎えたのはヘタフェ。50分、バイタルエリア右でボールを受けたアンヘルのスルーパスでボックス右に侵入したアマトがシュートを狙う。さらに58分にも、柴崎の右クロスをボックス中央でモリーナが収めると、ラストパスからアンヘルがゴール前に抜け出したが、共にオフサイドの判定となった。 ▽対するマラガは67分、サクセスが左サイドからドリブルで仕掛けると、相手マークを3人かわしゴール前まで侵攻。飛び出したGKを引き付けてラストパスを供給したが、レスティエンヌのシュートはゴール右に外れた。 ▽ピンチを凌いだヘタフェは、69分にモリーナとポルティージョを下げてレミとパチェコを投入。すると73分、柴崎のパスをボックス手前で受けたレミが強引な突破でボックス内に侵入すると、D・ゴンサレスに倒されPKを獲得。これをレミがゴール右に決め、ヘタフェが待望の先制点を奪った。 ▽その後、ヘタフェは82分に柴崎を下げてセルヒオ・モラを投入。結局、最後までレミのPK弾を守り抜いたヘタフェが、今季最終戦を勝利で飾った。一方、ホーム最終戦で敗れたマラガは、シーズン最下位が決定した。 2018.05.20 03:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ監督、柴崎岳の今季の評価は…「フットボール的にはもう少し結果がほしかった」

ヘタフェを率いるホセ・ボルダラス監督は、今季のMF柴崎岳について「もう少し結果がほしかった」と振り返った。ヘタフェ公式HPが伝えている。<br><br>今季にリーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェからヘタフェに加わり、1部での挑戦を開始した柴崎。シーズン序盤にはバルセロナ戦でゴールを決めるなどレギュラーを張っていたが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折して戦線離脱を強いられ、復帰後には出場機会が激減することになった。<br><br>ボルダラス監督は、シーズンが進むに連れて起用回数を減らしていった柴崎について、次のように語っている。<br><br>「彼にとってはリーガ1部での1年目だった。私の記憶が確かならば、テネリフェで半シーズンを過ごしていたがね。パーソナルなところで言えば、私たちは満足している。ただフットボール的なところで言えば、彼自身もそう思っているように、もう少し良い結果がほしかったね」<br><br>「しかし、簡単なことではないんだ。彼にとっては新しいカテゴリーでの挑戦だし、彼以外にもこの世界最高のリーグでデビューして、良いシーズンを過ごせなかった選手はいる。けれども彼は素晴らしいプロフェショナルだし、私たちは今後も成長し続けてくれると思っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.19 23:16 Sat
twitterfacebook
thumb

コケ決勝弾にオブラクPKストップのアトレティコがEL決勝に弾み! 柴崎不出場で敗戦ヘタフェはEL出場権獲得ならず…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第37節、ヘタフェvsアトレティコ・マドリーが12日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのアトレティコが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す8位ヘタフェ(勝ち点52)はホーム最終戦で2位アトレティコとの自治州ダービーに挑む。直近5試合で4勝1分けと絶好調のヘタフェは直近のラス・パルマス戦で5試合ぶりの出場と共にフル出場を果たした柴崎だが、今節ではベンチスタートとなった。 ▽一方、来週ミッドウィークにマルセイユとのEL決勝を控えるアトレティコだが、守護神オブラクやゴディン、コケ、グリーズマン、ジエゴ・コスタなど現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽堅守同士のダービーだけに堅い入りが予想された中、開始8分という早い時間帯にスコアが動く。右サイドのスペースに抜け出したフアンフランがボックス右のグリーズマンに斜めのパス。これをグリーズマンがマイナスに落とすと、コケが右足のグラウンダーのシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽得点力に難のあるヘタフェに対して、危なげない守りでリードを保っていくアトレティコは要所でカウンターから2点目に迫る。26分にはグリーズマンの斜めのスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス内でGKと一対一になるが、ここは相手GKグアイタのビッグセーブに遭う。その後はヘタフェの激しいプレーが目立ち、EL決勝を控えるアトレティコは幾度かフアンフランやフィリペ・ルイスが削られて冷や汗をかくが、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半もクローズな展開が続く中、流れを変えたいヘタフェはアマトとフラミニを続けて下げてアンヘル、セルヒオ・モラを早い時間帯に投入。対するアトレティコはEL決勝を睨んで60分過ぎにグリーズマンとジエゴ・コスタの2トップを下げてトーレス、ガメイロの2枚替えを敢行した。 ▽この交代をキッカケに試合が動くことが期待されたものの、両チームの攻撃陣は互いの堅守を上回ることができず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。そのため、70分過ぎにはアトレティコがコレア、ヘタフェがパチェコを最後の交代カードとして切る。 ▽すると、ようやく試合が動く。77分、ボックス内でアンヘルがDFゴディンに足を踏まれたとしてヘタフェにPKが与えられる。しかし、キッカーのファイルが左隅を狙ったシュートはGKオブラクの圧巻の反応に阻まれ、絶好の同点機を逃した。その後、試合終盤にかけては互いに決定機を作り合ったものの、ガメイロがGKとの一対一を外すなど、これ以上のゴールは生まれず。ヘタフェとのダービーに競り勝ったアトレティコがEL決勝に向けて弾みをつけた。一方、敗れたヘタフェは今節上位陣が揃って勝ち点を伸ばしたことで、逆転でのEL出場権獲得の可能性が潰えた。 2018.05.13 03:38 Sun
twitterfacebook
thumb

5試合ぶり出場で決勝弾演出の柴崎、スペインメディアも評価「チームの創造性を引き受けた」

6日のリーガエスパニョーラ第36節、ヘタフェは敵地エスタディオ・グラン・カナリアでのラス・パルマス戦に1&minus;0で勝利した。この試合でフル出場を果たし、決勝点の起点となったMF柴崎岳は、スペインメディアからも高い評価を受けている。<br><br>負傷者5選手、出場停止5選手と合計10選手を欠いたヘタフェで、5試合ぶりに出場した柴崎は2ボランチの一角としてプレー。前半はボールが回ってこないこともあり存在感を欠いたが、後半には絶妙なスルーパスを通すなど、随所で光るプレーを見せている。<br><br>決定的な活躍を見せたのは88分。柴崎はラス・パルマスの中盤底に位置していたMFハビ・カステジャーノが受けたボールを、狡猾にも後方から奪取してFWホルヘ・モリーナにつないだ。そしてモリーナのパスをペナルティーエリア内で受けたFWアンヘルがネットを揺らしている。<br><br>抜け目ないプレーで決勝点を演出した柴崎。スペインのスポーツ紙『アス』の採点で同選手は、アンヘルのこの試合単独最高点となる3点満点に次ぎ、GKビセンテ・グアイタと並ぶ2点を付けられた。また同紙はヘタフェ選手の個別評価で、日本人MFについて次のように記している。<br><br>「前半のように走るために走ることを止め、創造性を引き受けた後半は華麗なパフォーマンスを見せた。ボールを奪って決勝弾の起点となっている」<br><br>なおヘタフェは次節、本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスに強豪アトレティコ・マドリーを迎える。<br><br>提供:goal.com 2018.05.07 07:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース