ブレーメンに完全移籍の大迫勇也 「今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くこと」2018.05.16 23:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽16日にケルンからブレーメンに完全移籍した日本代表FW大迫勇也(27)が同日、自身と契約するマネジメント会社を通じてコメントを発表した。

▽大迫は、2014年6月に1860ミュンヘンからケルンに加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合で4ゴール2アシストを記録した。しかし、チームは2部降格が決定。そして、クラブ降格時に一定の移籍金で他クラブへの移籍が可能となる契約条項を行使し、ブレーメンに完全移籍した。

▽大迫は今回のブレーメン行きを決断した理由に関して以下のように語っている。

「皆さん、いつも応援ありがとうございます。この度、ドイツの中でも歴史あるクラブであるブレーメンに完全移籍することになりました。来シーズンは新たなチームで挑戦できることをうれしく思います」

「ケルンで過ごした4年間は、初のヨーロッパリーグ出場やフォワード以外でのポジションなど沢山の経験をさせてもらい、サッカー選手として、1人の人間として成長させてもらえたことは感謝でしかありません」

「2部降格が決まった後、いくつかの他クラブからのオファーを頂きました。正直悩みました。ケルンへの想いと新しいチャレンジ。最終的に今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くことだと思い移籍を決断しました」

「ブレーメンはケルン同様、今シーズン当初は苦しんでいましたが、監督交代以降内容も結果も充実していきました。コーフェルト監督と話した時も、攻撃的なサッカーを続け、より高みを目指して行く中で『大迫が必要だ!』とストレートに言われ、その想いに答えたいと思いブレーメン移籍を決断しました」

「来シーズンは新天地でのスタートになりますが、みなさんに活躍している姿を届けられる様に頑張りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

大迫勇也にライバル出現! ブレーメンが岡崎慎司の元同僚オーストリア代表FWを獲得

▽ブレーメンは25日、ハノーファーのオーストリア代表FWマルティン・ハルニク(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ハルニクは、2007年7月にブレーメンのトップチームでデビュー。その後は、デュッセルドルフへのレンタル移籍を経験し、2010年7月にシュツットガルトへと移籍した。 ▽長らくシュツットガルトでプレーしていたものの、2016年7月にハノーファーへと移籍。今シーズンはブンデスリーガで30試合に出場し9ゴール3アシストを記録していた。 ▽シュツットガルト時代には、日本代表FW岡崎慎司(レスター・シティ)やDF酒井高徳(ハンブルガーSV)ともプレー。ブンデスリーガでは220試合に出場し62ゴール32アシストを記録。新シーズンからブレーメンに加入する日本代表FW大迫勇也にとっては、強力なライバルとなる。 2018.05.26 13:03 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 5月18日は、ブレーメンに移籍した日本代表ストライカー

◆大迫勇也 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1990/5/18 ポジション:FW クラブ:ブレーメン 身長:182㎝ 体重:73kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』5月18日は、日本代表FW大迫勇也だ。 ▽先日、ブレーメン移籍が決定した大迫。プロ入り前は鹿児島城西高校で1年生の頃からレギュラーとして活躍。第87回全国高校サッカー選手権大会準々決勝の滝川第二高校との試合では、6-2で勝利した試合後相手の中西隆裕選手がインタビューで下コメント「大迫半端ないって」は今でも語り継がれている。 ▽2009年に鹿島アントラーズに入団。Jリーグ開幕戦から出場したそのシーズンで優勝、2010年には天皇杯優勝も経験した。 ▽2014年1月にTSV1860ミュンヘンに移籍したことで渡欧。そのシーズンは15試合6ゴール3アシストという成績を残し、翌シーズンにはケルンに完全移籍。在籍4シーズンで公式戦120試合に出場。19ゴール18アシスト。そしてこの度、ドイツ、ブレーメンへの移籍が発表された。 ※誕生日が同じ主な著名人 槇原敬之(シンガーソングライター) ブラッド・フリーデル(元サッカー選手) リカルド・カルバーリョ(サッカー選手) エウトン(サッカー選手) マハマドゥ・ディアッラ(サッカー選手) 瀬戸康史(俳優) 2018.05.18 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫勇也のブレーメン加入が決定!

▽ブレーメンは16日、ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也(27)の加入を発表した。 ▽大迫は、2014年6月に1860ミュンヘンからケルンに加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合で4ゴール2アシストを記録した。しかし、チームは2部降格が決定。ブレーメン移籍が有力情報として浮上していた。 ▽なお、事前の報道によれば、移籍金は600〜800万ユーロ(約7億7000〜約10億3000万円)程度。ブレーメンにとって、大迫は1981〜1986年まで在籍した奥寺康彦氏以来の日本人選手となる。 2018.05.16 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、加入報道のブレーメンに「抜群にマッチする可能性」!?

▽ブレーメンの地元紙『ヴェーザー・クーリエ』が、同クラブ入団間近と伝えられるケルンの日本代表FW大迫勇也について取り上げた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽大迫が所属するケルンは、今シーズンのブンデスリーガを最下位で終え、2部降格が決定。ブレーメンの補強リストに入っていた大迫は、関心を寄せられているとされ、すでにメディカルチェックを受けたとの報道も伝えられている。 ▽そんな中、『ヴェーザー・クーリエ』は大迫について分析。「トップ、ウイング、トップ下でのプレーが可能だが、点取り屋でもなく、ドリブラーでもなく、典型的なトップ下のタイプでもない。チームへの組み込みが難しい選手」と指摘しながらも「セカンドトップとして興味深い選手。ラインの間で動き回り、スリムな体で屈強な相手からうまくすり抜けて、ゴールに向かうことが可能。最大の特徴はテクニックの高さ」と評価している。 ▽また、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督か掲げる「ウイングが積極的に中央へ仕掛け、FWとのコンビネーションサッカーで打開していくスタイル」には抜群にマッチする可能性があると見方を示した。 2018.05.16 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、アルジェリア代表FWベルフォディル獲得! 今季はブレーメンにレンタル

▽ホッフェンハイムは15日、スタンダール・リエージュからアルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディル(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽ホッフェンハイムへの加入が決定したベルフォディルはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語っている。 「この野心的なクラブでさらに成長できるチャンスを得られたことをとても嬉しく思っているよ。クラブがより多くの成功を収めるために自分が持てるすべての力を捧げるつもりだ」 ▽リヨンでプロキャリアをスタートしたベルフォディルは、その後イタリアに活躍の場を移してパルマやインテル、リヴォルノでプレー。2016年にはベルギーの名門スタンダール・リエージュに完全移籍を果たし、今シーズンは1年間のレンタルでブレーメンに加入。 ▽今季は公式戦29試合で6ゴールと目立った数字は残せなかったものの、190cmを超える長身と懐深いボールキープを生かしたポストプレーといった多彩なプレーの引き出しが評価されて来シーズンにチャンピオンズリーグに出場するホッフェンハイムへとステップアップを果たすことになった。 2018.05.16 01:35 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース