ブレーメンに完全移籍の大迫勇也 「今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くこと」2018.05.16 23:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽16日にケルンからブレーメンに完全移籍した日本代表FW大迫勇也(27)が同日、自身と契約するマネジメント会社を通じてコメントを発表した。

▽大迫は、2014年6月に1860ミュンヘンからケルンに加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合で4ゴール2アシストを記録した。しかし、チームは2部降格が決定。そして、クラブ降格時に一定の移籍金で他クラブへの移籍が可能となる契約条項を行使し、ブレーメンに完全移籍した。

▽大迫は今回のブレーメン行きを決断した理由に関して以下のように語っている。

「皆さん、いつも応援ありがとうございます。この度、ドイツの中でも歴史あるクラブであるブレーメンに完全移籍することになりました。来シーズンは新たなチームで挑戦できることをうれしく思います」

「ケルンで過ごした4年間は、初のヨーロッパリーグ出場やフォワード以外でのポジションなど沢山の経験をさせてもらい、サッカー選手として、1人の人間として成長させてもらえたことは感謝でしかありません」

「2部降格が決まった後、いくつかの他クラブからのオファーを頂きました。正直悩みました。ケルンへの想いと新しいチャレンジ。最終的に今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くことだと思い移籍を決断しました」

「ブレーメンはケルン同様、今シーズン当初は苦しんでいましたが、監督交代以降内容も結果も充実していきました。コーフェルト監督と話した時も、攻撃的なサッカーを続け、より高みを目指して行く中で『大迫が必要だ!』とストレートに言われ、その想いに答えたいと思いブレーメン移籍を決断しました」

「来シーズンは新天地でのスタートになりますが、みなさんに活躍している姿を届けられる様に頑張りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

大迫加入のブレーメン、新主将に元ドイツ代表FWクルーゼが就任

▽日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは8日、元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(30)が新キャプテンに就任したことを発表した。 ▽2007年にブレーメンでプロデビューしたクルーゼは、出場機会を求めて2009年にザンクト・パウリに完全移籍。その後、フライブルクやボルシアMG、ヴォルフスブルクでのプレーを経て、2016年の夏にブレーメンに復帰した。ドイツ代表キャリアにおいては、2013年にA代表デビューすると、これまで通算14試合4得点を誇る。 ▽ブレーメンは、昨シーズンまでオーストリア代表MFズラトコ・ユヌゾビッチがキャプテンとしてチームをけん引していたが、今夏に退団。クルーゼが後を引き継ぐことになった。 ▽新キャプテン就任したクルーゼは、公式サイトで「監督やクラブから大きな信頼を感じたから僕はキャプテンを引き受けた。僕はこの役割がもつ責任を認識している。これからもチームのために最善を尽くしていくつもりだ」 2018.08.08 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がブレーメンを選んだ理由「他のクラブは選択肢に入らなかった」

ヴェルダー・ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也が、移籍先の候補の中からブレーメンを選んだ理由を語っている。『マイン・ヴェルダー』が報じた。<br><br>2014年に1860ミュンヘンへ移籍して以来、およそ4年間に渡ってブンデスリーガでプレーする大迫。昨季はケルンで公式戦32試合に出場6ゴールを記録したが、クラブの降格に伴い新天地を求め、来季はブレーメンでプレーすることとなった。<br><br>大迫は「他に選択肢として考慮するクラブはありませんでした」と話し、ブレーメンを選んだ理由を語っている。<br><br>「フロリアン・コーフェルト監督の下で、ヴェルダーは攻撃的で、魅力的なフットボールをしていました。それでいて成功も収めていました。監督と話し、新シーズンもこういうスタイルでやると教えてくれたので」<br><br>また、お気に入りのポジションについて「10番か9番。その辺りでプレーしたいですね。ウイングとしてもプレーできますけど」と語っている。<br><br>新天地では8番を背負う大迫。攻撃的なスタイルを掲げるチームで輝きを放つことはできるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.06 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレーメンがW杯でも活躍したスウェーデン代表DFアウグスティンションと早期契約延長

▽大迫勇也が所属するブレーメンは5日、スウェーデン代表DFルドヴィグ・アウグスティンション(24)との契約延長を発表した。ドイツ『キッカー』によると、新たな契約期間は2022年までとなる。 ▽アウグスティンションは、2017年7月にコペンハーゲンからブレーメンに加入。2017-18シーズンは左サイドバック、左サイドハーフとしてブンデスリーガで29試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 ▽また、スウェーデン代表としてロシア・ワールドカップに出場。5試合にフル出場し、グループステージ第3戦のメキシコ代表戦ではゴールも記録。チームのベスト8進出に貢献していた。 2018.08.06 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫所属のブレーメン、ギリシャ代表GKカピノが加入!

▽ブレーメンは1日、ノッティンガム・フォレストからギリシャ代表GKステファノス・カピノ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 ▽2015年のマインツ時代以来となるドイツ復帰を果たしたカピノはクラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語った。 「素晴らしい伝統と偉大なファンを持つブレーメンの一員になれたことを心から嬉しく思うよ。クラブの幹部の人たちとの話し合いはとてもポジティブなものだったし、このチームでのプレーに向けてとてもモチベーションが高いんだ」 「マインツを離れた後、必ずブンデスリーガに戻ってきたいと思っていたんだ。ギリシャとイングランドでのプレーを経てブレーメンに加入できたことは僕にとって大きなチャンスだと思っているよ」 「このクラブにはすでに偉大なゴールキーパーたちがいるけど、すべての練習、すべての試合でチームのために全力で手助けしていくことを約束するよ」 ▽パナシナイコスの下部組織出身のカピノは、2011年に17歳の若さでトップチームデビュー。その後、2013-14シーズンに正GKの座を掴んだ同選手は、2014年夏にマインツに完全移籍。だが、マインツでは当時在籍していたドイツ人GKロリス・カリウス(現リバプール)とのポジション争いに敗れて、リーグ戦の出場は2試合にとどまっていた。 ▽その後、母国の名門オリンピアコスでセカンドGKを3シーズン務めた後、今年2月にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレストに完全移籍していた。 ▽また、2011年にギリシャのフル代表デビューを飾ったカピノは、2014年に行われたブラジル・ワールドカップの招集メンバーに入るなど、ここまで通算9試合に出場している。 2018.08.01 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也が新天地デビュー! 入団会見翌日のトレーニングマッチに途中出場し存在感

▽今夏ケルンからブレーメンへと移籍した日本代表FW大迫勇也が、突如デビューを果たした。 ▽30日に行われたVVVフェンロとのトレーニングマッチ。前日に入団会見を行った大迫はベンチ入りを果たした。 ▽試合は23分、今夏ハノーファーから復帰したFWマルティン・ハルニクのゴールでブレーメンが先制する。 ▽すると29分、突如大迫に出番が。先制点のハルニクが負傷すると、交代でピッチには大迫が。アクシデントながら、前半の早い段階で新天地でのデビューを果たす。 ▽1-0でブレーメンがリードして迎えた50分、VVVフェンロはサミュエルセンのゴールで同点に追いつく。ブレーメンは、71分に大ベテランのFWクラウディオ・ピサーロを投入。大迫はややポジションを下げてプレーするも、チームの攻撃は活性化。すると大迫は終盤の84分に決定機を迎える。 ▽ピサーロのお膳立てから、最後は大迫がシュートを放つも、これはGKがセーブ。結局試合は1-1のドローに終わった。 ▽ブンデスリーガの開幕は8月25日。ブレーメンは、日本代表FW原口元気、FW浅野拓磨が所属するハノーファーと対戦する。 2018.07.31 10:05 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース