ローマ公式ツイッターがセンス抜群の動画でUEFAにVARを要求!2018.05.17 00:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨夏の新加入選手の発表など、センス抜群なプロモーションを展開しているローマの公式ツイッター(@ASRomaEN)が、コミカルな動画で欧州サッカー連盟(UEFA)に対してビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を求めた。

▽今月2日にスタディオ・オリンピコで行われたCL準決勝2ndレグ、ローマvsリバプールはホームのローマが4-2で勝利した。しかし、1stレグでの2-5の大敗が響きローマは2戦合計6-7で決勝進出を逃した。

▽しかし、同試合では後半序盤にFWエディン・ゼコがボックス内でリバプールGKロリス・カリウスに倒された場面がオンサイドにも関わらず、オフサイドの判定。さらにFWステファン・エル・シャーラウィのゴール前でのシュートがリバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの明らかなハンドで阻止されるもノーファウルの判定となった。

▽仮に、この2つの判定が正しくジャッジされていれば、いずれの場面でもPKが与えられ且つ両者にレッドカードが掲示される可能性が高かっただけに、1点差まで迫りながらも敗退となったローマ陣営にとっては納得できないジャッジだった。

▽試合後、一連の判定に激昂したジェームズ・パロッタ会長は記者団を前にして、審判団を強く非難すると共にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を要求する発言を行い、その後UEFAの処分対象となっていた。

▽それでも、ユーモアの精神を忘れないローマは15日、非常にコミカルな動画を投稿するとともに、UEFAに対して来季CLでのVAR導入を薦めている。

▽今回の動画ではホーム最終戦後、お馴染みの選手たちとその家族がオリンピコのピッチ内で戯れる様子が映されていた。その中でFWディエゴ・ペロッティが小さな息子とサッカーボールで遊んでいる際に事件が起きる。ペロッティが息子のドリブルに対して、アフター気味に足をかけてストップ。しかし、その場に審判はおらず、プレーは流される。すると、映像がスタンドのローマファンに切り替わると、ローマサポーターはペロッティの息子に対するファウルとカードを要求。

▽これを受けて、主審がVARによる検証を要求。主審がピッチサイドにある液晶パネルで当該シーンを確認すると、再び映像が切り替わって裁定を待つペロッティやスタンドのトッティ氏らの真剣な面持ちが抜かれる。そして、主審はVARの検証の結果、ペロッティの息子に対するファウルが悪質なものだったと判断し、同選手にレッドカードを掲示。ペロッティはユニフォームを脱いでピッチを後にすることになった。

▽ペロッティ親子の戯れる様子や今季セリエAでのVARシーンなどの動画を細かく編集して非常に凝った動画を作り上げたローマは、この動画と共に「これがチャンピオンズリーグ(@ChampionsLeague)にVARが必要な理由です(笑)」と、UEFAに対して提案を行っている。

◆センス抜群の動画です
https://twitter.com/ASRomaEN/status/996409329157902339

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア希望じゃないの? タリスカ、同僚にローマ移籍を宣言

▽ベシクタシュに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)の移籍先はローマで落ち着く様相だ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今シーズン限りでのベシクタシュ退団が明るみになったタリスカ。以前からプレミアリーグ行きを希望しているとみられ、リバプールを筆頭にイングランドの数クラブが行き先の候補として取り沙汰されてきた。 ▽だが、そのタリスカはベシクタシュ同僚に対して「僕はイタリアでキャリアを続ける。ローマ移籍の条件に目を通した。ここで素晴らしい2年間を過ごしたが、今こそ別れを告げるときだ」と話したという。 ▽タリスカは、2016年夏にベンフィカからベシクタシュにローン移籍。ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそら落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 2018.05.25 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表落選のナインゴラン、自身のギネスブック入りを希望?

▽先日に発表されたロシア・ワールドカップ(W杯)のベルギー代表メンバーから落選し、直後代表引退を表明したローマMFラジャ・ナインゴランが気の利いたジョークで一連の出来事を振り返った。ベルギー『HLN』が伝えた。 ▽ここ数シーズン、所属するローマで攻守に安定したパフォーマンスを披露し、世界屈指の万能型MFとの評価を確立してきたナインゴラン。しかし、ロベルト・マルティネス監督との確執の影響もあり、先日に発表されたロシアW杯に向けたベルギー代表メンバーにその名前はなかった。 ▽その後、通算30キャップを誇ったベルギー代表からの引退を表明したナインゴランは、『ケガ以外でW杯を2大会連続で逃したトッププレーヤー』として自身がギネスブックに載せられるべきとの気の利いたジョークで一連の出来事を振り返った。 「僕は2大会連続W杯出場を逃した唯一のトッププレーヤーとしてギネスブックに自分の場所を確保したよ。それぐらい理解できないことだね。だけど、もうそれを笑いにできるよ」 ▽また、ナインゴランは自身が代表メンバー入りに向けてできる限りのことはやったと主張し、自身を落選させたマルティネス監督の決定に不満も示している。 「僕は十分にやるべきことをやった。レッド・デビルズ(代表チームの愛称)との別れはもう決めた。今後、代表入りに向けて戦いを続けるつもりはないよ」 「ワールドカップのメンバーに入れなければ、代表を止めることは自分のプランにあったんだ」 「昨年はなかなかベルギー代表に関わることができなかったけど、ロシアに行くことを願っていたのは事実だよ」 「ワールドカップを経験することは子供の頃からの夢だった。だけど、それはすでに僕の手から離れた」 ▽ローマで世界屈指のプレーヤーに成長し、ユーロ2016では鮮烈な活躍を見せたナインゴランだけに、多くのベルギーサポーターは代表入りを望んでいたものの、2014年ブラジルW杯に続きロシアW杯行きを逃すことになった。 2018.05.24 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、アルジェリア代表MF獲得交渉は難航か

▽ローマはポルトのアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(28)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。ポルトガル『オ・ジョゴ』の報道をもとにイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽アルジェリア代表アタッカーの獲得を目指すローマは、同選手の獲得に2500万ユーロ(約32億5000万円)を用意している。しかし、ポルト側はこの条件に満足しておらず、少なくとも3000万ユーロ(約39億円)を求めているそうだ。 ▽ブラヒミ自身はポルトからの移籍を希望している。しかし、エバートンやニューカッスルも獲得を望んでおり、選手本人はイングランド行きに気持ちが傾いているという。これもローマにとっては不利な条件となることが予想されるため、獲得を実現させるには越えるべき壁がいくつかありそうだ。 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表落選のナインゴラン、代表引退を表明

▽ローマMFラジャ・ナインゴランが、ベルギー代表からの引退を決断した。自身のインスタグラム(radjanainggolan.4)で明かした。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するベルギー代表。ロベルト・マルティネス監督は21日、代表候補メンバーを発表したが、その中にイタリアで活躍するナインゴランの名前はなかった。同指揮官は「戦術的な理由」と語っている。 ▽30歳のナインゴランは自身のインスタグラムで「本当に残念だけど、僕の代表でのキャリアは終わりだ。代表になるためにいつだってできる限りのことをしてきた。今日からはサポーターの一人になる」と記した。 ▽ベルギーサッカー連盟は今月18日、マルティネス監督との契約を2020年まで延長。指揮官との関係がうまくいっていなかった様子のナインゴランは、関係の修復が難しいと感じたのかもしれない。 ▽ナインゴランは2009年5月にベルギー代表デビュー。ここまで30試合に出場し6ゴールを記録。ユーロ2016は出場していたものの、2014年のブラジルW杯は出場せず、W杯を経験せずに代表引退となった。 2018.05.21 22:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、ディ・フランチェスコ初凱旋試合で勝利! 今季を3位で終える《セリエA》

▽セリエA最終節、サッスオーロvsローマが20日にマペイ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽すでに4位以内を確定させている3位ローマが11位サッスオーロのホームに乗り込んだ今季最終戦。マペイ・スタジアム初凱旋のディ・フランチェスコ監督は前節のユベントス戦から先発6人を変更。出場停止のナインゴランに代えてストロートマン、負傷のアリソンに代わって今季リーグ戦初出場のGKスコルプスキ、マノラスとペロッティ、シック、ゴナロンが起用された。 ▽引き分け以上で3位確定となるローマは立ち上がりから相手を押し込んでいく。12分にはゴール右で細かいフェイントを見せたシックが右足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに23分にはボックス手前でペロッティのパスを受けたゼコが枠を捉えたシュートを放つが、これはGKペーゴロの好守に遭う。 ▽立ち上がりの決定機を決め切れないローマはここから続けてピンチを招く。29分には最終ライン裏へ完璧なタイミングで抜け出したポリターノに絶好機を許すが、ここはGKスコルプスキの圧巻のセーブと相手のシュートミスに救われる。 ▽すると、このピンチを凌いだローマは前半終了間際の45分、セットプレーの流れからボックス右でルーズボールを拾ったマノラスがゴールライン際でダンカンを振り切って鋭いクロスを供給。これがGKペーゴロのオウンゴールを誘い、前半を1点リードで終えた。 ▽後半もややピリッとしないローマはサッスオーロの攻勢に晒されると、立ち上がりにはベラルディに決定機を許すが、ここはGKスコルプスキの果敢な飛び出しで凌ぐ。 ▽何とか流れを変えたいローマは70分を過ぎてエル・シャーラウィ、カプラドッシ、ジェルソンと交代枠を切っていく。だが、前半に比べてチャンスを作れない。それでも、途中出場のババカルの決定機をDFコラロフの絶妙なカバーで凌ぐなど、粘り強い守備でゴールを許さない。試合最終盤にはカウンターからゼコに2点目のチャンスが訪れるも、ここは相手GKのビッグセーブに阻まれる。結局、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、苦しみながらもきっちり勝ち切ったローマが今季を3位で終えることに成功した。 2018.05.21 06:01 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース