ローマ公式ツイッターがセンス抜群の動画でUEFAにVARを要求!2018.05.17 00:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨夏の新加入選手の発表など、センス抜群なプロモーションを展開しているローマの公式ツイッター(@ASRomaEN)が、コミカルな動画で欧州サッカー連盟(UEFA)に対してビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を求めた。

▽今月2日にスタディオ・オリンピコで行われたCL準決勝2ndレグ、ローマvsリバプールはホームのローマが4-2で勝利した。しかし、1stレグでの2-5の大敗が響きローマは2戦合計6-7で決勝進出を逃した。

▽しかし、同試合では後半序盤にFWエディン・ゼコがボックス内でリバプールGKロリス・カリウスに倒された場面がオンサイドにも関わらず、オフサイドの判定。さらにFWステファン・エル・シャーラウィのゴール前でのシュートがリバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの明らかなハンドで阻止されるもノーファウルの判定となった。

▽仮に、この2つの判定が正しくジャッジされていれば、いずれの場面でもPKが与えられ且つ両者にレッドカードが掲示される可能性が高かっただけに、1点差まで迫りながらも敗退となったローマ陣営にとっては納得できないジャッジだった。

▽試合後、一連の判定に激昂したジェームズ・パロッタ会長は記者団を前にして、審判団を強く非難すると共にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を要求する発言を行い、その後UEFAの処分対象となっていた。

▽それでも、ユーモアの精神を忘れないローマは15日、非常にコミカルな動画を投稿するとともに、UEFAに対して来季CLでのVAR導入を薦めている。

▽今回の動画ではホーム最終戦後、お馴染みの選手たちとその家族がオリンピコのピッチ内で戯れる様子が映されていた。その中でFWディエゴ・ペロッティが小さな息子とサッカーボールで遊んでいる際に事件が起きる。ペロッティが息子のドリブルに対して、アフター気味に足をかけてストップ。しかし、その場に審判はおらず、プレーは流される。すると、映像がスタンドのローマファンに切り替わると、ローマサポーターはペロッティの息子に対するファウルとカードを要求。

▽これを受けて、主審がVARによる検証を要求。主審がピッチサイドにある液晶パネルで当該シーンを確認すると、再び映像が切り替わって裁定を待つペロッティやスタンドのトッティ氏らの真剣な面持ちが抜かれる。そして、主審はVARの検証の結果、ペロッティの息子に対するファウルが悪質なものだったと判断し、同選手にレッドカードを掲示。ペロッティはユニフォームを脱いでピッチを後にすることになった。

▽ペロッティ親子の戯れる様子や今季セリエAでのVARシーンなどの動画を細かく編集して非常に凝った動画を作り上げたローマは、この動画と共に「これがチャンピオンズリーグ(@ChampionsLeague)にVARが必要な理由です(笑)」と、UEFAに対して提案を行っている。

◆センス抜群の動画です
https://twitter.com/ASRomaEN/status/996409329157902339

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ指揮官、薄氷を踏む勝利に「全員が成長を」ジェコは自画自賛「最高のゴール」

ローマは19日、トリノとの開幕戦に1-0で勝利したが、指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコは、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。勝利を喜ぶとともに、ローマの課題点を指摘している。<br><br>昨シーズンを3位で終えたローマは、開幕戦においてアウェイでトリノと対戦。試合は終盤までスコアレスの状態が続いたが、89分のエースFWエディン・ゼコの決勝点により勝利を飾った。<br><br>「ゼコのゴール?ときには簡単なゴールを失敗することもあるが、今回のように殊勲のゴールを挙げることにも慣れている。後半はやや苦しめられたので、(ユスティン)クライファートを投入した。フレッシュな選手が必要だったし、彼なら準備ができていると思っていた。素晴らしいクオリティを持っていることを証明してくれたね」<br><br>また指揮官は、チームの課題も指摘しつつ、ライバルクラブを警戒している。<br><br>「今のローマは攻撃的なチームだが、攻守両面において改善しなければならない。守備陣はよくやっていたが、前線では冷静さに欠けた。誰が合格とか不合格とは言わない。ただ全員、成長しなければならない。ミラノの2クラブは補強され、特にインテルは大きく戦力が上がった。ローマからは重要な選手が何人か退団してしまった。だが代わりの選手は加入している」<br><br>一方、決勝点を挙げたゼコもインタビューに応じ、自身の今シーズン初ゴールを自画自賛した。<br><br>「クライファートが素晴らしいクロスを入れてくれたけど、それを上回る素晴らしいゴールが生まれた。自分のキャリアにおいても最高のゴール3本のうちに入ると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.20 23:06 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャが元フランス代表MFゴナロンをレンタル! エンゾンジ放出のローマから獲得

▽セビージャは20日、ローマから元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽今夏、セビージャからフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)を完全移籍で獲得していたローマは、ポジションが被るゴナロンの放出に動いていた中、一時はウェストハムやクリスタル・パレスなどプレミア行きの可能性が伝えられていた。 ▽しかし、最終的にはエンゾンジの後釜という形でセビージャに貸し出されることになった。 ▽リヨンの下部組織出身のゴナロンは、2009年にトップチームデビュー。187cmの長身を生かした対人プレーや卓越した戦術眼を生かしたゲームメークを特長とする守備的MFは、センターバックでもプレー可能な柔軟性も併せ持つ。近年はキャプテンを務めており、リーダーシップにも優れる同選手は、リヨンで公式戦330試合以上に出場したレジェンドだ。昨夏、加入したローマでは元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシのバックアッパーとして公式戦23試合に出場していた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 22:04 Mon
twitterfacebook
thumb

新星クライファートがゼコの劇的決勝点を演出! ローマがトリノに辛勝で開幕白星スタート《セリエA》

▽2018-19シーズンのセリエA開幕節、トリノvsローマが19日にスタディオ・グランデ・トリノで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽昨季、セリエA3位にしてチャンピオンズリーグ(CL)のベスト4チームのローマは今夏、守護神アリソンと主力MFナインゴランを放出したものの、クライファートやパストーレ、エンゾンジ、オルセン、クリスタンテなど12人の新戦力を獲得。トリノとの開幕戦に向けては新守護神オルセン、パストーレの2人の新戦力がスタメンに名を連ねた一方、マノラスやデ・ロッシ、ストロートマン、ゼコ、ジェンギズ・ウンデルや昨季の主力がピッチに立った。 ▽立ち上がりは相手の前からの圧力に晒されて押し込まれる入りを強いられたローマだが、時間の経過と共にフロレンツィとコラロフの両サイドバックの攻撃参加を生かして反撃に出る。17分と18分にはボックス内でパストーレ、コラロフと良い形でフィニッシュまで持ち込むが相手のブロックなどに阻まれて先制点とはならない。 ▽一方、立ち上がりこそベロッティとファルケの2トップを起点に相手陣内深くまで侵攻したトリノだが、その後は守勢に回る展開に。さらに26分には脇腹を痛めたデ・シルベストリがプレー続行不可能となり、チェルシーからの新戦力のオラ・アイナが緊急投入された。 ▽前半半ばから終盤にかけても拮抗した状況が続く中、39分にはトリノのカウンターからボックス右でキープしたファルケからのマイナスパスをリンコンがダイレクトシュートするが、これはクロスバーの上部を掠める。前半終了間際にはローマがセットプレーの二次攻撃からボックス手前でクリアボールに反応したフロレンツィが右足の見事なハーフボレーを放つが、これはGKシリグのビッグセーブに阻まれた。 ▽互いに開幕戦という硬さが目立った前半を経て試合は0-0のまま後半に突入。すると、立ち上がりの46分にトリノに絶好機。ボックス左でボールを持ったバゼッリが右足を振り抜くとボールはGKオルセンの正面に飛ぶがこれをオルセンがパンチングミスもボールはわずかに枠の右に。この直後にはボックス右に抜け出したアイナの折り返しをゴール前フリーのファルケが冷静に流し込むが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、アイナがオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽一方、後半も動きの重さや連係ミス、イージーミスが目立つローマは60分にエル・シャーラウィを下げて新戦力のクリスタンテを投入。この交代でインサイドハーフのパストーレが左ウイングにポジションを移す。65分には左CKの二次攻撃からボックス右でジェンギズが右足のシュートを枠に飛ばすがGKシリグの好守に遭う。 ▽敵地とはいえど白星スタートが求められるローマは70分、ジェンギズを諦めてクライファートをデビューさせる。すると73分、そのクライファートがショートカウンターから中央を持ち上がってDFを引き付けてボックス左に走り込むパストーレにラストパス。だが、パストーレの決定機はバゼッリのブロックに遭う。その直後にはトリノのカウンターからメイテに決定的なシュートを許すが、ここは新守護神オルセンがビッグセーブで救う。 ▽その後、76分にパストーレを下げてシックを最後の交代カードとして投入したローマは79分にコラロフの左サイドからのFKをゼコが頭で合わすが、これは右ポストを叩く。この直後にはトリノのカウンターからボックス内でファルケとDFファシオが接触するが、ここはノーファウルの判定。これに激昂したマッツァーリ監督が退席処分となる事態となった。 ▽その後はややトリノペースが続くも0-0の均衡が保たれたまま試合は最終盤に突入。すると、引き分け濃厚と思われた中、投入直後から抜群の存在感を放っていた19歳のオランダ代表FWが劇的ゴールを演出する。89分、ボックス手前でボールを持ったクライファートは複数のDFに囲まれながらも馬力のある仕掛けで右サイド深くにボールを運ぶ。そして、緩急をつけた縦への仕掛けから浮き球のクロスをファーサイドに送ると、これをゼコが見事な左足のボレーで合わせると、GKの手を弾いたボールがネットを揺らした。 ▽そして、試合終盤の相手の猛攻を何とか凌ぎ切ったローマは大苦戦を強いられながらも新星クライファートとエースの活躍で1-0の勝利を収め、開幕白星スタートとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエA観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、ローマ&リバプールの共謀に関する調査を要求…情報提供者は耳の中の“小鳥”

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、リバプールとローマに対する調査を欧州サッカー連盟(UEFA)に要求したようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽デ・ラウレンティス会長が提起しているのは、「リバプールとローマのオーナーが同一なのではないか」という問題だ。もし同一であれば、「同じ欧州の大会に参加できるクラブは、1人のオーナーにつき1つのみ」というUEFAの規約に反するとしている。 ▽今夏、移籍金6700万ポンド(約94億円)でローマからリバプールに加入したブラジル代表GKアリソンに対し、ナポリが出した6000万ユーロ(約76億円)のオファーを“あっさりと”断られたことに関して、デ・ラウレンティス会長は「私ならば1億ユーロ(約126億円)でも売らないだろう」と主張。また、昨年にはエジプト代表FWモハメド・サラーも、比較的安価な4200万ユーロ(現在のレートで約53億円)でローマからリバプールに移籍していたことから、両クラブの繋がりを疑うようになったという。 ▽デ・ラウレンティス会長は、抱いている疑念について以下のようにイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』に語っている。 「リバプールの真のオーナーがローマと同じだというのはいつも疑ってきた。数年前、小鳥が私の耳の中で囁いたんだ」 「もしそれが真実であれば、チャンピオンズリーグに彼らが同時に参戦することはできない」 ▽これに対し、ローマのゼネラル・ディレクターを務めるマウロ・バルディッソーニ氏は、以下のように反論した。 「ナポリ周辺でアウレリオ・デ・ラウレンティスが煙を焚いていることについてどう思う? 」 「もし彼がもう一度小鳥を見つけたら、私たちがバルセロナとバイエルンまでも所有していることを発見するだろうね」 ▽デ・ラウレンティス会長の発言を皮肉る形で否定したバディッソーニ氏。今回の情報をもたらしたとされる“小鳥”は、何かを隠喩したものなのだろうか。全てが謎に包まれている。 2018.08.18 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】ロナウド加入で沸く7連覇中ユーベの牙城を崩せるか

▽2018-19シーズンのセリエAが18日に開幕する。昨季はナポリがシーズン終盤までスクデット争いを盛り上げたものの、終わってみれば絶対王者ユベントスが盤石の強さで7連覇を達成した。新シーズンもFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したユベントスを中心にスクデット争いが繰り広げられることが確実だが、効果的な補強を施したインテルやローマ、監督交代があったものの戦力を維持したナポリらが優勝争いを盛り上げてくれることを期待したい。 ◆ロナウド獲得にボヌッチ復帰で盤石の陣容~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セリエA7連覇中の絶対的王者であるユベントスを中心に今季もスクデット争いが行われるのは間違いない。20年以上遠ざかっている悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も見据え、この夏は大きく動いた。レアル・マドリーから1億ユーロでロナウドを引き抜き、昨季アッレグリ監督との確執によりミランへ移籍したDFボヌッチがDFカルダーラとのトレードで復帰を果たした。また、移籍が噂されていたDFベナティアやDFアレックス・サンドロも残留し、DFカンセロを加えたディフェンスラインは昨季を上回る戦力となっている。精神的支柱だった守護神のGKブッフォンがクラブを離れたが、2チームを優に組める圧倒的な戦力を擁す中、就任5季目のアッレグリ監督がロナウドを中心にどのようなチーム作りを見せるのかに注目だ。 ◆充実の補強でユーベの対抗に~インテル~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は名将スパレッティ監督の招へいで辛くも4位に滑り込み、CL出場権獲得に成功したインテルをユベントスの対抗に推したい。昨季セリエA得点王のFWイカルディを筆頭に主力の流出がない上、ローマからMFナインゴラン、ラツィオからDFデ・フライ、ユベントスからDFアサモア、アトレティコ・マドリーからDFヴルサリコ、モナコからFWケイタ・バルデ、ラシンからFWラウタロ・マルティネスとクラブの新シーズンに懸ける本気度が窺える補強を敢行。スパレッティ監督の攻守に隙のない戦術がより浸透してくることが予想される中、イカルディと共に得点源となることが期待されるラウタロをどのように機能させられるかが見どころだ。 ◆ナインゴランとアリソン流出をモンチ・コネクションでカバー~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽インテルの次に推したいのがこの夏も敏腕SDモンチ氏の下で大きく動いたローマだ。昨季もFWサラーを引き抜かれた中、ディ・フランチェスコ新監督の下で危なげなくCL出場権を獲得した上、CLではバルセロナを破ってベスト4まで勝ち上がる大健闘を見せた。そのローマはチームの心臓であったナインゴランと守護神となったGKアリソンの流出が痛かったが、前者はセビージャの主軸MFエンゾンジとアタランタで自身の能力を再証明した元ミランMFクリスタンテで、後者はロシアW杯でスウェーデンのベスト8進出に貢献したGKオルセンで埋めにかかる。その他、FWクライファートやMFパストーレといったアクセントを付けられる攻撃陣を加え、昨季の得点力不足を補いにかかる。 ◆サッリの遺産を引き継いだアンチェロッティの手腕~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スペクタクルなサッカーを展開しつつ、結果も出していたサッリ監督がデ・ラウレンティス会長との確執から退団し、アンチェロッティ監督を招へいしたナポリは、スクデットを争うにはやや苦しいか。主力の流出こそMFジョルジーニョとGKレイナに留まっているが、優れた戦術眼を持っていたサッリに比べ、人心掌握にこそ一日の長があるものの、明確な戦術を持たないアンチェロッティでは、昨季ほどの結果を残すのは厳しい気もするが果たして。 ◆オーナー変更などゴタゴタ続きも幾つかの希望~ミラン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は中国資本となって約240億円の補強費を費やしたミランだったが、ノルマのCL出場権獲得はならず、ファイナンシャル・フェア・プレーの問題を乗り越えて何とかヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなった。そのミランは今季こそCL出場を狙いたいところだが、この夏に中国人オーナーからアメリカ資本に変わるなどゴタゴタが続いている。そんな中、フロントにはかつての黄金時代を築いたレオナルド氏やマルディーニ氏が入閣しており、その点においては希望が見いだせる格好だ。2季目となるガットゥーゾ監督の下、絶対的得点源のイグアインを手に入れたミランの真価が問われるシーズンとなる。 ◆戦力維持に成功~ラツィオ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_55_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は惜しくも最終節でインテルに敗れてCL出場を果たせなかったラツィオ。今季も目指すはCL出場権獲得となる。主力ではDFデ・フライとMFフェリペ・アンデルソンが移籍したが、売り出し中のMFミリンコビッチ=サビッチが残留した上、MFバデリやMFホアキン・コレアといった実力者を獲得しており、大きな戦力ダウンには陥っていない。堅実な手腕を発揮するS・インザーギ監督の下、昨季得点王のFWインモービレら攻撃陣が今季も期待通りの結果を残せば上位進出は確実だ。 ◆パルマら復帰組~昇格組~ ▽1990年代から2000年代初頭にビッグ7の一角と称されたパルマがセリエDからわずか4年で這い上がってきた。破産を受けて4部まで降格したかつての名門は、昨季のセリエBで2位となり、自動昇格を決めた。その他、セリエB優勝のエンポリが1年で、昇格プレーオフを勝ち抜いたフロジノーネが3年ぶりにそれぞれセリエAに復帰している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエA観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.18 12:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース