インテル、早くも補強2人目完了へ…未来のエース候補が来週ミラノ入り2018.05.17 00:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルが早くも来季に向けて2つめの補強を決めそうだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの加入も目前になった。

▽イタリア各メディアは15日、ユベントスとの契約が満了するガーナ代表MFクワドゥオ・アサモアがインテル加入に迫っていることを報じた。その翌日、以前からインテル移籍が話題となっていたラウタロ・マルティネスの加入に向けた準備も順調だと伝えられている。

▽ロシア・ワールドカップに出場する可能性もある20歳のラウタロ・マルティネスは、来週ミラノを訪れる予定とのこと。メディカルチェックを受けて問題がなければ、ラシン・クラブとの取引がまとまるという。

▽同選手の移籍はクラブ間で合意に達していることが以前から報じられてきたが、W杯前に取引が完了しそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

元インテルFWミリート氏、均衡したミラノダービーを予想「集中力と根性が必要」

現役時代、インテルなどで活躍した元アルゼンチン代表のディエゴ・ミリート氏が、18日付のイタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、古巣インテルやアルゼンチンについて語った。<br><br>ミリート氏の古巣であるインテルは21日、セリエA第9節でミランとのミラノダービーへ挑む。現役時代に何度も経験したダービーについて、以下のように語った。<br><br>「ダービーはこれまでと同様に均衡した試合になるだろう。特別で唯一無二の試合だ。勝つためには、洗練されたクオリティというより、集中力、そして根性が必要になる。細かい部分が結果を分けることになるだろう」<br><br>「ラウタロ・マルティネスがキーマンになることを願っている。彼のことは知っているが、素晴らしい若者だ。向こう(ミラン)にも素晴らしい選手はいるが、インテルの勝利を願っている。インテルは集中していなければ、ミランに止められてしまう可能性がある。ミランの中で最も恐るべき選手を挙げるとしたら、(ゴンサロ)イグアインやスソだろう」<br><br>■「カルチョと言えばナポリとマラドーナだった」続いてミリート氏は、母国アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏に言及。ナポリ時代のマラドーナ氏に憧れていたことを明かした。<br><br>「私にとってイタリアのカルチョとは、ナポリとマラドーナだった。日曜日の朝になると、地域の皆でテレビの前に集まって、マラドーナのナポリを観戦した。彼は僕たちにとって遠く離れたアイドル、伝説だったよ。代表監督となった彼から指導を受けたときは感激したよ。幸せな経験だった」<br><br>アルゼンチンが生んだもう1人の天才FWリオネル・メッシとは、アルゼンチン代表の同僚として共にプレーしたミリート氏。現在は代表から遠ざかってるメッシに対し、「まだできるはず」とコメントしている。<br><br>「サッカー史上、絶対的な2人の王者がアルゼンチン人であることは幸運だ。残念ながらメッシは並外れた選手でありながら、(代表で)優勝することはできなかった。私は彼と一緒にプレーし、ピッチでの彼のプレーを見ることができて幸運だった。彼はまだ代表でプレーできるはずであり、これからタイトルを獲得してくれることを願っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.19 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

初のダービーへ挑むイグアイン、同胞イカルディとの対決に「テニスではない。11人対11人」

ミランに所属するFWゴンサロ・イグアインが、18日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、21日に行われるミラノダービーについて語った。<br><br>今シーズンからミランでプレーするイグアインは、21日に初めてのミラノダービーを迎える。これまで母国やスペイン、イタリアにおいて36試合におよぶダービーを経験してきた30歳のアルゼンチン人FWは、初めてのミラノダービーを楽しみにしているようだ。<br><br>「どのダービーも特別な雰囲気がある。ミランで初めてのダービーになるが、それは同じだ。プレーを楽しみにしている。今は試合に向けて集中し、落ち着いた時間を過ごしている。良い試合ができればと思うよ。(インテルのホーム試合のため)サンシーロは向こうのファンでほぼ一杯になるだろうが、僕らにとってはより刺激になる。熱気溢れるダービーであるという点は、マドリードダービーに似ていると思う。それにサンシーロでのプレーは最高だよ。これは敵としても認めることだ」<br><br>続いてイグアインは、ダービーで対峙することになるインテルのエース、FWマウロ・イカルディとのアルゼンチン対決について言及した。<br><br>「テニスをやっているわけではなく、サッカーだよ。11対11の対決だ。センターフォワード対センターフォワードというわけではない。勝利するのはチームであり、選手個人ではない。いずれにせよ、彼は数年前から良いプレーをしているし、ゴールを量産してきた。彼はエリア内の刺客だよ。まだ若いし、成長の伸びしろがある。この調子で続けていけるかどうかは彼自身にかかっている。彼の成功を願っているよ」<br><br>また先日、MFラジャ・ナインゴランがインテルの選手の方がミランよりレベルが高いと話していたことについて反論した。<br><br>「当然、そのように言うだろう。誰もが自分のチームの利益になることを言うからね。僕が言えることは、僕らだってダービーに勝てるだけの武器を兼ね備えているということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.19 18:57 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル愛を強調するイカルディ、契約延長は「打診を受けたら嬉しいけど…」

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、数多くのクラブが関心を抱くも、残留を望んでいるようだ。<br><br>2013年に加入したインテルで、ここまで公式戦190試合112ゴールを挙げるイカルディ。在籍6シーズン目を迎え、近年は主将を任されるなど、クラブの絶対的なエースに君臨している。<br><br>アルゼンチン代表FWには、レアル・マドリーやチェルシーなど多くのビッグクラブが関心を寄せているが。本人はインテル残留を望んでいるようだ。『スカイスポーツ』の取材で「ここにいることができて嬉しい」と忠誠を誓っている。<br><br>「僕には家族の事情もあるけど、ミラノに居続けたいと思っている。それに、インテルのユニフォームを着てチャンピオンズリーグ(CL)でプレーするのが僕の夢でもあったからね」<br><br>インテル側もイカルディとの契約延長オファーを準備していると見られるが、本人は年内に決着するかどうかは不明だと述べている。<br><br>「新契約の打診を受けたらうれしいね。ただ、クリスマスよりも前に決着するかどうかは現時点でわからない」<br><br>インテルとの契約を2021年まで結んでいるが、契約解除金が1億1000万ユーロ(約143億円)に設定されているという。もし新契約締結となると、イカルディの契約解除金はさらなる高値に設定され、事実上の&ldquo;非売品&rdquo;となる見通しだ。<br><br>昨シーズンはセリエA得点王となり、今季もリーグ戦、チャンピオンズリーグの両コンペティションで合計8試合5ゴールの成績を残しているイカルディ。スペインやイングランド行きの話もあったが、このままインテルに留まる可能性が高いようだ。<br><br>インテルは21日にセリエAでミランとのミラノダービーに臨み、さらに24日にCLでバルセロナと対戦する。負けられない大一番でイカルディは結果を残すことができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.19 18:57 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第9節プレビュー】日曜にミラノ・ダービー開催、CL控える強豪勢は格下と対戦

▽代表ウィーク前に行われた前節ではユベントスが開幕8連勝を飾り、ナポリやインテル、ローマにラツィオと強豪勢が揃って勝利を収めた。迎える第9節では日曜にインテルvsミランのミラノ・ダービーが開催され、チャンピオンズリーグ(CL)を控える強豪勢は格下と対戦する。 ▽前節SPAL戦では真っ向勝負を挑んできた相手に苦戦しながらもエースのイカルディのドッピエッタで2-1と競り勝った3位インテル(勝ち点16)。リーグ戦4連勝と結果が出ているチームは、水曜にバルセロナとのCLを控える中、ダービーを制してさらなる勢いに乗れるか。 ▽一方、こちらも新エースのイグアインのドッピエッタなどで最下位キエーボに3-1と快勝して今季初のリーグ戦2連勝とした10位ミラン(勝ち点12)。徐々に内容と結果が伴ってきている中、ライバルを下して上位に食らいつけるか。調子を上げているアルゼンチン代表FW対決にも注目だ。 ▽前節ウディネーゼ戦をベンタンクールの加入後初弾とC・ロナウド弾で快勝して開幕8連勝としたユベントスは、ジェノアとのホーム戦に臨む。火曜にCLマンチェスター・ユナイテッド戦を控える中、今季ここまで9ゴールを挙げて得点ランク首位を快走するピョンテク擁する10位ジェノア(勝ち点12)に勝利して連勝を9に伸ばせるか。 ▽前節サッスオーロ戦ではインシーニェやハムシク、カジェホンら大半の主力をベンチスタートとした中、ウナスのセリエA初ゴールとインシーニェのビューティフル弾で2-0と快勝した2位ナポリ(勝ち点18)は、ウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。水曜にはCLパリ・サンジェルマン戦を控える中、3連敗中の15位ウディネーゼ(勝ち点8)を下してユベントスを追走できるか。 ▽格下エンポリに苦戦しながらもエンゾンジの移籍後初弾や相手のPK失敗などで2-0と勝利し、リーグ戦3連勝とした5位ローマ(勝ち点14)は、13位SPAL(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。火曜にグループ最大のライバルと目されるCSKAモスクワ戦を控える中、4連敗中ながら前節インテル相手に好勝負を演じたSPALを下してリーグ戦での連勝を4に伸ばせるか。 ▽難敵フィオレンティーナをインモービレの一撃で1-0と辛勝した4位ラツィオ(勝ち点15)は、7位パルマ(勝ち点13)とのアウェイ戦に臨む。昇格組みながらここ5試合で4勝と好結果を出しているパルマ相手に、ラツィオは勝利して上位に留まれるか。 ◆セリエA第9節 ▽10/20(土) 《22:00》 ローマ vs SPAL 《25:00》 ユベントス vs ジェノア 《27:30》 ウディネーゼ vs ナポリ ▽10/21(日) 《19:30》 フロジノーネ vs エンポリ 《22:00》 ボローニャ vs トリノ パルマ vs ラツィオ キエーボ vs アタランタ 《25:00》 フィオレンティーナ vs カリアリ 《27:30》 インテル vs ミラン ▽10/22(月) 《27:30》 サンプドリア vs サッスオーロ 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ピルロ氏、ミラノ・ダービーについて見解…両エース比較も

▽元イタリア代表アンドレア・ピルロ氏が、21日に行われるセリエA第9節インテルvsミランのミラノ・ダービーについて見解を示した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽セリエA第9節が20日から22日にかけて行われる。その中で最も注目なのが、3位・インテル(勝ち点16)と、10位・ミラン(勝ち点12)が激突するミラノ・ダービーだ。 ▽そんな中、現役時代にインテルとミランの両クラブに在籍していたピルロ氏が伝統の一戦について見解を述べている。 「どちらが勝つかだって? それは分からない。ただ、言えることがあるとすれば、美しい試合になるということだね。とても均衡した試合になるはずだよ」 「(ミランのFWゴンサロ・イグアインとインテルのFWマウロ・イカルディのエース対決について)2人は全く違うタイプのフォワードだよ。イカルディはボックス内においてのプレーは世界でもトップクラスの1人だ。一方でイグアインは万能で、チームを活性化させる方法を知っている。2人とも偉大な選手だよ」 「(ルチアーノ・スパレッティ監督とジェンナーロ・ガットゥーゾ監督、どっちを好む?)ミランの監督の方かな」 「(自身が好きなダービーは?)ミラノ・ダービーはたくさん経験したね。勝った試合もあれば、負けた試合もあるね。その中でも1つ選ばなくてはいけないとすれば、2002-03シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグで引き分けた試合(1-1のドロー)かな」 2018.10.18 09:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース