エバートン、“残留請負人”ビッグ・サムを解任!2018.05.16 22:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは16日、サム・アラダイス監督(63)を解任したことを発表した。

▽エバートンは昨年11月末日、サム・アラダイス監督を招へい。当時リーグ13位、降格圏との勝ち点差「8」という際どい位置にいたトフィーズを最終的に8位に上げ、“残留請負人”としての腕力を発揮した。

▽2019年6月まで1年半契約だったが、クラブはビッグ・サムと袂を分かつことを決意。契約が12カ月残っていることと、プレミアに残留させた実績から、600万ポンド(約9億円)の違約金が発生するようだ。

▽なお、イギリスメディアによれば、後任にはワトフォード前監督のマルコ・シウバ氏が最有力と伝えられている。
コメント
関連ニュース
thumb

元セレソンのマイコンが現役続行! 1年の浪人期間経て母国クリシューマに加入

かつてインテルやマンチェスター・シティ、ローマでプレーした元ブラジル代表DFマイコン(37)が母国のクリシューマに加入した。 2018年にアヴァイFCとの契約が終了後、1年間に渡ってフリーの状況が続いていたマイコンだったが、この度ユース時代に在籍経験があるブラジル2部のクリシューマへの加入が決定した。 2001年にクルゼイロでプロデビューしたマイコンは、2004年のモナコ移籍で海外でのキャリアをスタートすると、インテル、シティ、ローマでプレー。その後、2015-16シーズン途中でローマを去り、2017年6月にアヴァイFCに加入し13年ぶりの母国復帰を果たしていた。 インテル時代には、2006-07シーズンからセリエA4連覇を経験。2009-10シーズンには、イタリアクラブ史上初の三冠達成(セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグ)に貢献したほか、自身も世界最高の右サイドバックとして評価を高めた。 また、代表キャリアにおいては、2003年に初キャップをマーク。ブラジル代表として76試合のキャップを誇り、2010年の南アフリカ・ワールドカップから2大会連続でメンバー入りしていた。 2019.01.17 01:12 Thu
twitterfacebook
thumb

デンベレ加入報道の広州恒大、MFリカルド・グラルを母国パルメイラスにレンタルで放出

中国スーパーリーグに所属する広州恒大が元ブラジル代表MFリカルド・グラル(27)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍でパルメイラスに放出した。パルメイラスが同選手の加入を発表した。 トッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(31)の獲得が間近に迫っていると伝えられる広州恒大。しかし、ここまでは4人の外国人枠に関してブラジル人FWアラン、ブラジル代表MFタリスカ、同MFパウリーニョ、グラルの4選手で埋まっており、デンベレ獲得に向けてはいずれかの選手の放出が必要となっていた。 そこで広州恒大はグラルを母国のパルメイラスにレンタルで放出する決断を下した。 2015年にクルゼイロから当時の中国リーグ史上最高額の1500万ユーロ(約18億6000万円)で広州恒大に加入したグラルは、2015年に中国サッカー協会とACLの年間最優秀選手賞、2016年に中国スーパーリーグの得点王に輝くなど、在籍4年間で印象的な活躍を披露してきた。 2019.01.17 00:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ウエスカ、シティからベネズエラ代表MFエレーラをレンタル! 昨年11月の日本代表戦にも出場

ウエスカは16日、マンチェスター・シティからベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 10代半ばからベネズエラ国内で将来を嘱望される逸材の1人と評されたエレーラは2017年2月にシティに完全移籍で加入。その後、すぐさまシティの姉妹クラブのニューヨーク・シティFCに武者修行に出されて2シーズンで公式戦38試合に出場していた。 また、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017でベネズエラ代表の3位入賞にキャプテンとして大きく貢献した逸材セントラルMFはフル代表でもここまで9試合に出場し1ゴールを記録。昨年11月に行われた国際親善試合の日本代表戦でもプレーしていた。 2019.01.17 00:07 Thu
twitterfacebook
thumb

昌子所属のトゥールーズが元カメルーン代表MFエムビアとの契約を解除

トゥールーズは16日、元カメルーン代表MFステファン・エムビア(32)との契約を解除したことを発表した。 スタッド・レンヌやマルセイユ、QPR、セビージャと渡り歩いたエムビアは、セビージャで2度のヨーロッパリーグ制覇を達成するなど結果を残し、2015年7月にトルコのトラブゾンシュポルへと移籍。その後、2016年1月に中国スーパーリーグの河北華夏に加入したものの、2017年3月に契約を解消。 その後、1年間フリーの状態が続いた中、昨年8月に1年間の契約でトゥールーズに加入。今季ここまではリーグ戦5試合に出場していた。 2019.01.16 23:09 Wed
twitterfacebook
thumb

アジア杯敗退のインド代表、イングランド人指揮官が辞任

インドサッカー協会(AIFF)は14日、インド代表を率いるイングランド人指揮官ステファン・コンスタンティン氏(56)の辞任を発表した。 2005-06シーズンにミルウォールでアシスタントマネージャーを務めたコンスタンティン氏は、翌シーズンからマラウィ代表で監督キャリアをスタート。インド代表では2015年初めから指揮を執っており、2016年6月から2017年末にかけては10戦8勝2分け無敗を記録した。 しかし、現在開催中のアジアカップ(アジア杯)では初戦のタイ代表戦に4-1で勝利した後、続く開催国UAE代表戦、バーレーン代表戦に連敗。14日にグループステージ敗退が決まっていた。 2019.01.15 17:50 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース