大迫勇也のブレーメン加入が決定!2018.05.16 21:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは16日、ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也(27)の加入を発表した。

▽大迫は、2014年6月に1860ミュンヘンからケルンに加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合で4ゴール2アシストを記録した。しかし、チームは2部降格が決定。ブレーメン移籍が有力情報として浮上していた。

▽なお、事前の報道によれば、移籍金は600〜800万ユーロ(約7億7000〜約10億3000万円)程度。ブレーメンにとって、大迫は1981〜1986年まで在籍した奥寺康彦氏以来の日本人選手となる。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマがセビージャからフランス代表MFエンゾンジを4年契約で獲得!

▽ローマは14日、セビージャからフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得を発表した。 ▽ローマによると、契約期間は2022年6月までの4年間で、移籍金は2665万ユーロ(約34億円)+ ボーナス400万円(約5億円)と発表している。 ▽エンゾンジは、母国アミアンでプロデビューを果たすと、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャへ加入。加入初年度にヨーロッパリーグ3連覇に貢献すると、昨シーズンも公式戦44試合に出場していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦し、5試合に出場。フランスの20年ぶり優勝に貢献した。 ▽ローマへの移籍が決まったエンゾンジは、同クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 「ローマに加入できたことを嬉しく思っている」 「僕は年齢に関係なくいつも自分が上達することを考えている。それには常にベストを尽くし、懸命に働くことが重要なんだ。僕はローマでそれを実行し、より良い選手となってプレーと経験でチームのために手助けしていくことを約束するよ」 2018.08.15 05:50 Wed
twitterfacebook
thumb

今冬にルビン・カザンとの契約を解除した元カメルーン代表MFソングがシオンに加入

▽スイスリーグに所属するシオンは14日、元カメルーン代表MFアレクサンドレ・ソング(30)を獲得した。契約期間は2020年までの6月30日までの2年間となる。 ▽バスティアの下部組織出身のソングは、2005年8月にアーセナルへ完全移籍。ボランチやセンターバックなどで主力としてプレーすると、2012年8月にバルセロナへと完全移籍。その後はウェストハムへの2度のレンタル移籍を経験し、2016年7月にルビン・カザンへと完全移籍した。 ▽ロシア・プレミアリーグでは23試合に出場し1ゴール3アシストを記録。昨シーズンは6試合に出場し1ゴールを記録していたが、今年2月にルビン・カザンとの契約を解除していた。 2018.08.15 03:00 Wed
twitterfacebook
thumb

キエーボ、スポルティング・ヒホンからDFバルバを5年契約で獲得

▽キエーボは14日、スポルティング・ヒホンからイタリア人DFフェデリコ・バルバ(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽ローマの下部組織出身のバルバは、2013年夏にグロッセートでトップチームデビューすると、エンポリやシュツットガルトでのプレーを経て、2017年夏にスポルティング・ヒホンへ加入。 ▽昨シーズンは、スポルティング・ヒホンでリーグ戦38試合を含む公式戦41試合に出場していた。 2018.08.15 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組のパルマ、ナポリからイタリア代表FWとU-23イタリア代表MFを獲得

▽パルマは14日、ナポリからイタリア代表FWロベルト・イングレーゼ(26)とU-23イタリア代表MFアルベルト・グラッシ(23)をレンタル移籍で獲得した。 ▽パルマの公式サイトによれば、イングレーゼの契約には買い取りオプションが付随しているが、グラッシには付随していない。 ▽ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタル。昨シーズンはセリエAで34試合の出場し12ゴール2アシストを記録していた。 ▽一方、イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのユース出身であるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルハーフ。2014年11月にトップデビューを飾ると、2016年冬にナポリへ完全移籍。同シーズンはアタランタにレンタルされると、昨シーズンはSPALへレンタル移籍。SPALではセリエAで28試合に出場し3ゴールを記録していた。 2018.08.15 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、7季ぶりのCLへ導いたスパレッティ監督と2021年まで契約延長

▽インテルは14日、ルチアーノ・スパレッティ監督(59)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 ▽スパレッティ監督は、ウディネーゼやゼニト、ローマの監督を歴任し、昨夏にインテルの指揮官に就任。昨シーズンのインテルは開幕から好調を示し、最終的には4位でシーズンを終え、7シーズンぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得していた。 ▽インテルとの新契約にサインしたスパレッティ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「契約延長のチャンスをくれたチャンファミリーとクラブに感謝している」 「私はインテルというビッグクラブで一緒に戦っていきたいと常に思っていた。だから、今回のサインはそれを互いに確認しただけのことなんだ」 2018.08.15 00:32 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース