大迫勇也のブレーメン加入が決定!2018.05.16 21:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは16日、ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也(27)の加入を発表した。

▽大迫は、2014年6月に1860ミュンヘンからケルンに加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合で4ゴール2アシストを記録した。しかし、チームは2部降格が決定。ブレーメン移籍が有力情報として浮上していた。

▽なお、事前の報道によれば、移籍金は600〜800万ユーロ(約7億7000〜約10億3000万円)程度。ブレーメンにとって、大迫は1981〜1986年まで在籍した奥寺康彦氏以来の日本人選手となる。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトガル代表DFフォンテが大連一方を退団…チームは降格圏に低迷

▽中国スーパーリーグの大連一方は15日、ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ(34)の退団を発表した。中国版ツイッターWeiboのクラブ公式アカウントで発表した。 ▽フォンテは、スポルティング・リスボンの下部組織出身で、 ヴィトーリア・セトゥバルやベンフィカなどポルトガルのクラブでプレー。2007年7月にクリスタル・パレスへと完全移籍しプレミアリーグに挑戦した。 ▽2010年1月にサウサンプトンへと移籍すると、日本代表DF吉田麻也とポジションを争うことに。2017年1月にウェストハムへと移籍すると、2018年2月に大連一方へと加入。中国スーパーリーグでは7試合に出場していた。 ▽また、ロシア・ワールドカップにもポルトガル代表として出場。4試合に出場していた。 ▽フォンテは、自身のインスタグラム(f6nte)でも退団を報告。感謝の気持ちを述べている。 「大連、そして中国スーパーリーグでの私の時間は終わった。私はあった全ての人に大きな感謝をし、友好を築けたと思う」 「僕は永遠に全ての大連のファンと中国という偉大な国に感謝している。少なくとも何か用意ものを残したと願っている」 「もう一度ありがとう。そして成功を祈っている」 ▽大連一方は、フォンテの他、ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(24)やFWニコラ・ガイタン(30)を獲得。かつてレアル・マドリーを指揮したベルント・シュスター監督を招へいしていたが、15位と降格圏に低迷している。 2018.07.16 14:33 Mon
twitterfacebook
thumb

サッスオーロDFゴルダニーガがフロジノーネにレンタル移籍

▽サッスオーロは15日、DFエドゥアルド・ゴルダニーガ(24)がフロジノーネにレンタル移籍したことを発表した。 ▽パレルモの下部組織で育ったセンターバックのゴルダニーガは、ピサやペルージャへのレンタル移籍を経て、2015年夏にパレルモに復帰。出場機会を徐々に増やしたが、2016-17シーズンを19位に終わったチームはセリエBに降格。 ▽これに伴い、ゴルダニーガは2017年の夏にサッスオーロへ移籍。昨季は度重なるケガなどもあり、公式戦14試合の出場にとどまっていた。 2018.07.16 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが止まらない! F・アンデルソンをクラブ最高額で獲得

▽ウェストハムは15日、ラツィオに所属するブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得を発表した。契約期間は4年。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は4200万ポンド(約62億4000万円)で、今夏にトゥールーズから加入したフランス人DFイッサ・ディオプ(21)の2200万ポンド(約32億5000万円)を上回るクラブ最高額となる。 ▽F・アンデルソンは、かつてマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰されたアタッカー。2013年夏にサントスからラツィオに加入した。2017-18シーズンは公式戦31試合7得点9アシストを記録。公式戦通算で177試合に出場して34得点42アシストの成績を収めた。 ▽マヌエル・ペジェグリーニ新体制のウェストハムは今夏、アーセナルを退団したイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)や、ドルトムントのウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ(28)ら実力者を獲得。新シーズンに向けた積極的な補強が際立っている。 2018.07.15 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼのアルゼンチン人FWマキシ・ロペスがヴァスコ・ダ・ガマへ移籍

▽ヴァスコ・ダ・ガマは14日、ウディネーゼのアルゼンチン人FWマキシ・ロペス(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年12月31日までとなっている。 ▽リーベル・プレート出身のストライカーであるマキシ・ロペスは、バルセロナやマジョルカを経て、カターニャやミラン、サンプドリア、キエーボにトリノといったセリエAのクラブでプレー。2017年夏にトリノからウディネーゼに移籍し、2017-18シーズンはセリエAで28試合に出場して2ゴールを記録していた。 2018.07.15 04:58 Sun
twitterfacebook
thumb

リーガ復帰のラージョがコンゴDR代表FWカクタを獲得! 5年ぶりの古巣復帰

▽3季ぶりにリーガエスパニョーラ復帰となるラージョ・バジェカーノは14日、中国スーパーリーグの河北華夏からコンゴDR代表FWガエル・カクタ(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽チェルシーの下部組織出身のカクタは、フルアムやボルトン、ディジョン、フィテッセ、ラツィオ、ラージョ・バジェカーノなどへのレンタル移籍を経験。2015年7月にセビージャへ完全移籍すると、2016年2月に河北華夏へと完全移籍した。 ▽しかし、同年8月にリー・ティエ監督の後任として指揮官に就任したマヌエル・ペレグリーニ前監督(現・ウェストハム監督)の元では出場機会を得られず、2017年1月にデポルティボ・ラ・コルーニャへとレンタル移籍。 ▽昨季はリーグ・アンに昇格したアミアンにレンタル移籍で加入。リーグ戦36試合に出場し、6ゴール6アシストを記録していた。また、世代別のフランス代表を経験していたカクタだが、A代表はコンゴDRを選択。これまで4試合に出場している。 2018.07.15 02:45 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース