扇原ブレ球FK弾で勝利の横浜FMがGS突破! 仙台もFC東京下し堂々の首位通過《YBCルヴァンカップ》2018.05.16 21:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽16日、2018JリーグYBCルヴァンカップ グループA最終節の2試合が開催された。

▽2位・横浜F・マリノス(勝ち点8)が3位・アルビレックス新潟(勝ち点7)をニッパツ三ツ沢球技場に迎えた一戦では、2-1で横浜FMが勝利。この結果、横浜FMのプレーオフステージ進出が決定した。

▽試合の序盤から横浜FMが主導権を握って試合を進行。12分、ピッチ中央付近での伊藤の積極的なプレスからカウンターが発動する。しかし、その流れからボックス左でボールを持った遠藤の折り返しは新潟DFのブロックに遭い得点とはならない。

▽続く14分、横浜FMは新潟陣内左でFKを獲得。キッカーの山田がボックス内にクロスを供給すると、DF栗原が頭で後方に落とす。これに反応したミロシュ・デゲネクが、ゴール左に蹴り込んで先制点とした。

▽23分、今度は新潟が横浜FMゴールに迫る。右サイド高い位置でボールを持った広瀬がクロスを上げると、ボックス左のクロスが胸でトラップ。そのまま素早く右足を振り抜くと強烈なシュートがネットに刺さり、スコアは同点となった。

▽32分、新潟に逆転のチャンスが訪れる。ピッチ中央付近でボールを持った高木が、GK飯倉が前に出ていることを確認してロングシュートを放つ。すると、枠を捉えたシュートがGK飯倉の頭上を越えたものの、ミロシュ・デゲネクがカバーに入り頭でクリアした。

▽41分、横浜FMがボックス手前中央の絶好の位置でFKを獲得する。キッカーの扇原が左足を振り抜くと、ブレ球となった強烈なシュートがGK田口の逆を突き、勝ち越し弾となった。

▽2-1で横浜FMがリードして迎えた後半、お互いに前線に人数を割き、カウンターの応酬が続くオープンな展開となる。59分、新潟がに同点のチャンス。ボックス左に侵攻した田中が、中央に山なりのクロスを入れる。しかし、フリーとなっていた途中出場矢野は、シュートを放つことができない。

▽68分、横浜FMにビッグチャンスが訪れる。新潟陣内中央付近でボールを持った松原が、前線にスルーパスを供給。ボックス手前で反応した金井のミドルシュートはGK田口に阻まれたが、新潟ゴールを脅かした。

▽78分、またしてもカウンターから新潟に決定機が訪れる。最前線に抜け出した田中が、ボックス左に侵攻。しかし、そこから巻くようにしてファーを狙ったシュートは枠を外れていく。

▽85分、今度は横浜FMが新潟ゴールに襲い掛かる。途中出場のウーゴ・ヴィエイラがボックス右でボールを持つと迷わずシュートを選択。しかし、強烈なシュートはGK田口に弾かれた。

▽結局、一進一退の攻防が続いた試合は横浜FMがリードを保ったまま終了。この結果、横浜FMのグループステージ突破が確定し、新潟は敗退することとなった。横浜FMは、プレーオフステージでヴィッセル神戸と対戦する。

横浜F・マリノス 2-1 アルビレックス新潟
【横浜FM】
ミロシュ・デゲネク(前14)
扇原貴宏(前41)
【新潟】
ターレス(前23)

▽敗退が確定している最下位FC東京(勝ち点4)が、首位ベガルタ仙台(勝ち点8)を味の素スタジアムに迎えた一戦では、1-0で仙台が勝利。この結果、仙台のプレーオフステージ進出が決定した。

▽7分、右CKから仙台がチャンスを迎える。キッカーの茂木がアウトスウィングの速いクロスを入れると、ニアの平岡がフリーで合わせる。しかし、シュートは枠を捉えず、先制点とはならない。

▽反撃に出るFC東京には22分にチャンスが訪れる。相手陣内中央でボールを持った久保が、高い精度のスルーパスを前線に供給する。しかし、GK川浪との一対一を迎えたリッピ・ヴェローゾのシュートはセーブされた。

▽30分、仙台のカウンターが発動し、ボックス左まで侵攻した永戸が鋭いクロスを供給。すると、対応したFC東京DFのクリアがキックミスとなり、ゴールに吸い込まれる。仙台が幸運な形で先制することとなった。

▽前半は仙台がこの1点をキープしたまま終了。巻き返したいFC東京は、51分にチャンスを作り出す。相手陣内で巧みなドリブルを披露した久保が、仙台の選手を抜き去りボックス左のリッピ・ヴェローゾにラストパスを通す。しかし、左足で放たれたシュートは枠を捉えず、同点にはならない。

▽さらに67分、品田からの落としを受けた久保が、ボックス手前中央から右足で狙う。シュートは枠の右に逸れたものの、積極的なプレーでFC東京の攻撃をけん引していく。

▽しかし、FC東京は最後まで一矢報いることができず。試合は仙台が1点を守る形で終了。この結果、仙台のグループステージ突破が決まった。仙台は、プレーオフステージで湘南ベルマーレと対戦する。

FC東京 0-1 ベガルタ仙台
【仙台】
OG(前30)

◆グループA最終順位※勝ち点/得失点
1.ベガルタ仙台 11pt/+4
2.横浜F・マリノス 11pt/+2
3.アルビレックス新潟 7pt/-1
4.FC東京 4pt/-5

※プレーオフ進出
※直接対決の結果、仙台が首位通過

コメント

関連ニュース

thumb

PO進出チーム出揃う! 磐田vsG大阪、神戸vs横浜FMなど勃発! 《YBCルヴァンカップ》

▽5月16日、2018YBCルヴァンカップのグループステージの全試合が終了。これにより、プレーオフステージに進出する8クラブが決定した。 ▽プレーオフステージ進出となった8クラブは、6月2日に第1戦を、6月9日に第2戦を戦う。勝者が、AFCチャンピオンズリーグに出場した川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、柏レイソルが合流するノックアウトステージに進み、優勝を争うこととなる。 ◆プレーオフステージ進出チーム 【グループA】 1.ベガルタ仙台 2.横浜F・マリノス 【グループB】 1.ジュビロ磐田 2.ヴァンフォーレ甲府 【グループC】 1.浦和レッズ 2.ガンバ大阪 【グループD】 1.ヴィッセル神戸 2.湘南ベルマーレ ◆プレーオフステージ日程 【第1戦】 ▽6月2日(土) 《14:00》 横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸 《15:00》 ヴァンフォーレ甲府vs浦和レッズ 《16:00》 ガンバ大阪vsジュビロ磐田 《19:00》 湘南ベルマーレvsベガルタ仙台 【第2戦】 ▽6月9日(土) 《14:00》 ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス 《15:00》 ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレ 《16:00》 ジュビロ磐田vsガンバ大阪 浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府 ◆ノックアウトステージ 準々決勝:第1戦→9/5(水)、第2戦→9/9(日) 準決勝:第1戦→10/10(水)、第2戦→10/14(日) 決勝:10/27(土) 埼玉スタジアム2002 2018.05.16 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

グループDは神戸が首位通過! 長崎を破った湘南が2位通過に《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・グループD最終節の2試合が16日に行われた。 ▽同勝ち点で並ぶ湘南ベルマーレとV・ファーレン長崎の一戦は、2-0で湘南が勝利した。 ▽互いにチームを全員変更して臨んだ一戦。まずは13分、ドリブルで相手のマークを外した齊藤がボックス手前左から枠内シュートを放ち、湘南がゴールに迫る。対する長崎も16分、名倉が胸トラップからゴール左を掠めるシュートを放つ。 ▽徐々に湘南がペースを握るようになると35分、左サイドの表原のクロスのこぼれ球を端戸が押し込みネットを揺らした。さらにその2分後には、右サイドの展開から山口がワンタッチで浮き球パスを前線に送ると、鈴木がこれに反応しゴール前へ。GKとの一対一を制して、湘南に追加点をもたらした。 ▽一気に2点のビハインドを負った長崎。前半終盤の43分に新里がゴール前にクロスを送るが平松は合わせられない。また、44分の米田のヘディングシュートは惜しくも枠の外。試合は湘南の2点リードで折り返した。 ▽後半頭にベン・ハロランを下げて木村を投入した長崎は57分、前田のスルーパスその木村が反応。右サイドに侵攻し折り返したクロスを香川がダイレクトで打ちにいくが大きく枠を越えてしまう。 ▽その後は互いにチャンスなく時間は経過。結局、勝ち点「7」で並んでいた両者の対決は、勝利した湘南が勝ち点を「10」に伸ばし、2位でグループステージ突破。長崎は惜しくも3位敗退という結果になった。 湘南ベルマーレ 2-0 V・ファーレン長崎 【湘南】 端戸仁(前35) 鈴木国友(前37) ▽グループDのもう一試合では、引き分け以上で突破が決まるヴィッセル神戸と、すでに敗退が決まっているサガン鳥栖が対戦し、1-1で引き分けた。 ▽まずは7分、神戸の中坂がミドルシュートでゴールを狙うと、そのこぼれ球に小川が反応し畳みかけるが相手のブロックに遭う。20分にはトスも石井のシュートで迫るがボールを枠の上へ。 ▽0-0で折り返した試合は、後半に動きを見せる。62分、神戸の郷家が高橋祐に倒された際に、報復行為で相手を蹴ってしまい一発退場に。 ▽数的優位を得た鳥栖は67分、左サイドのクロスから粘り強く繋げたボールを、最後は安在がボックス手前右から振り抜き、地を這うシュートをゴール右に突き刺した。 ▽1人少なくなってからは交代枠を使いながら試合を組み立てていく神戸。77分に三原に代えてハーフナーを投入。88分にはそのハーフナーの落としを増山が狙いに行くが、シュートは相手に当たってしまう。 ▽このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイムの94分、自陣からのFKをGK吉丸がゴール前に蹴り込むと、これを胸で収めたハーフナーが左足で押し込んで土壇場で同点に。 ▽その後まもなく試合終了のホイッスルが吹かれ、結果は1-1のドロー。勝ち点を「11」に伸ばした神戸が首位通過を決めている。 ヴィッセル神戸 1-1 サガン鳥栖 【神戸】 ハーフナー・マイク(後49) 【鳥栖】 安在和樹(後22) ◆グループD最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴィッセル神戸</span> 11pt/+5 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ</span> 10pt/+0 3.V・ファーレン長崎 7pt/-2 4.サガン鳥栖 5pt/-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※プレーオフ進出</span> 2018.05.16 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府に勝利した磐田が逆転で首位突破! 敗れた甲府も2位で続く《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・グループB最終節の2試合が16日に行われた。 ▽引き分け以上でグループ突破が決まる首位のヴァンフォーレ甲府と、勝てば突破が決まるジュビロ磐田の一戦は、1-0で磐田が勝利した。 ▽まずチャンスを作ったのはホームの甲府。味方のパスから高野がオフサイドラインギリギリで左サイドを突破すると、ボックス左からグラウンダーのクロスを供給。ゴール前で太田が飛び込むが、相手のチェックに遭いシュートを枠に飛ばすことができなかった。 ▽磐田最初のチャンスは7分。左サイドバックの高橋が敵陣深くを抉りマイナスのパス。これを小川がボックス左からダイレクトでシュートを放ちGKが弾いたところを櫻内が押し込んで磐田が先制。 ▽出鼻を挫かれた甲府も31分には左CKから秋山がヘディングシュートを放つが、右ポストに阻まれゴールとはならず。 ▽磐田の1点リードで迎えた後半、追いつきたい甲府は53分に道渕が右サイドから仕掛ける。ゴール前まで攻め込むも、シュートはGKの体に当たってしまいゴールを奪えない。 ▽さらに68分には、道渕のクロスから甲府に最大の決定機が訪れる。しかし、ゴール前で田中がふかしてしまい押し込むだけという場面でミスを犯してしまった。 ▽相手のミスにも助けられ、磐田が1点のリードを守ったまま逃げ切りに成功。逆転で首位に立ち、グループ突破を決めた。一方、敗れた甲府も2位での突破が決まっている。 ヴァンフォーレ甲府 0-1 ジュビロ磐田 【磐田】 櫻内渚(前7) ▽グループBのもう一試合は、すでに敗退が決定している北海道コンサドーレ札幌と、突破には勝利し、かつ磐田が引き分け以下という条件の清水エスパルスが激突。 ▽前半は互いに決定機がなく、ゴールレスで迎えた後半、清水が怒涛のゴールラッシュを見せる。まずは48分、鄭大世が稲本に倒されて得たPKを自ら沈めて1点目。鼻骨骨折のためフェイスガードを装着して出場したエースが先制点を奪った。 ▽さらにその3分後、右サイドの立田のクロスの跳ね返りをミッチェル・デュークが頭で入れ直すと、長谷川が頭で押し込んで追加点を挙げる。 ▽その後も札幌に攻撃の隙を与えない清水は68分、左サイド深くからの鄭大世のクロスをファーサイドで立田が折り返す。これをミッチェル・デュークがボレーで叩き込み3点目を決めた。 ▽試合はこのまま終了。3発快勝の清水だったが、最終節の結果、勝ち点で並んだ甲府との当該成績により2位浮上ならず、3位でグループステージ敗退が決定した。 北海道コンサドーレ札幌 0-3 清水エスパルス 【清水】 鄭大世(後3) 長谷川悠(後6) ミッチェル・デューク(後23) ◆グループB最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 12pt/+2 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府</span> 10pt/+5 3.清水エスパルス 10pt/+3 4.北海道コンサドーレ札幌 3pt/-10 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※プレーオフ進出</span> 2018.05.16 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

三つ巴のグループC、浦和&G大阪のプレーオフ進出決定!《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループC最終節の2試合が16日に行われた。 ▽パナソニック スタジアム 吹田で行われたガンバ大阪(3勝2敗/2位)vs名古屋グランパス(1勝4敗/4位)は、アウェイの名古屋が4-1で勝利した。 ▽引き分け以上でグループステージ突破が確定するG大阪が既に敗退が決まっている名古屋をホームに迎え撃った。 ▽試合は15分に動く。右CKから畑尾のヘディングシュートがゴール左隅に決まり、アウェイの名古屋が先制。だが、20分に敵陣右サイドの藤本が浮き球パス。ボックス中央の長沢が右足で蹴り込み、G大阪が追いつく。 ▽ところ、23分、GK林が三浦のバックパス気味なクリアをキャッチすると、これが名古屋の間接FKに。八反田のフリックボールに内田が左足で合わせ、壁に入る相手選手の股下を射抜いて再びリードする。 ▽再び追う展開を強いられたG大阪は41分、カウンターから児玉にシュートを決められて3失点目。さらに、後半開始早々の48分、自陣右サイドで許したFKからクロスバー直撃のボールを内田自らに押し込まれた。 ▽劣勢のG大阪は、中村、食野、森といったカードを切るが、フィニッシュの精度を欠いて、若手主体の名古屋に完敗。だが、他会場で3位のサンフレッチェ広島が敗れたことで、G大阪の2位通過が確定している。 ガンバ大阪 1-4 名古屋グランパス 【G大阪】 長沢駿(前20) 【名古屋】 畑尾大翔(前15) 内田健太(前24) 児玉駿斗(前41) 内田健太(後3) ▽そして、グループDのもう1試合、埼玉スタジアム2002で行われた浦和レッズ(3勝1分け1敗/1位)vsサンフレッチェ広島(2勝1分け2敗/3位)は、ホームの浦和が1-0で勝利した。 ▽引き分け以上でプレーオフ進出が決まる浦和と、他力ながら勝てば逆転突破の可能性がある広島が対戦した。 ▽試合は、序盤からホームの浦和がボールを保持。優位に試合を進めるが、広島の守備をなかなか崩し切れない展開となる。 ▽そのままゴールレスで試合を折り返すと、勝利が突破の絶対条件となる広島はパトリックを投入。しかし、ゴールが遠い。 ▽スコアに動きなく後半の終盤を迎えた試合は66分、浦和が森島のハンドでPKを獲得。だが、李がこれを決め切れない。 ▽それでも、76分にマルティノスのボール奪取からボックス手前の李が左足シュートで先制。結果、勝利した浦和はグループCを首位通過を決めている。 浦和レッズ 1-0 サンフレッチェ広島 【浦和】 李忠成(後31) ◆グループC最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">浦和レッズ</span> 13pt/+4 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪</span> 9pt/-1 3.サンフレッチェ広島 7pt/+2 4.名古屋グランパス 6pt/-5 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※プレーオフ進出</span> 2018.05.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【ルヴァン杯出場停止情報】次節勝利でPO進出の長崎MF碓井鉄平が累積警告により出場停止

▽Jリーグは14日、YBCルヴァンカップ第6節の出場停止選手を発表した。 ▽グループAではすでにグループステージ敗退が決定しているFC東京のMF米本拓司、グループDでは次節勝利でプレーオフ進出が決まる長崎のMF碓井鉄平が累積警告により出場停止となっている。 <span style="font-weight:700;">【YBCルヴァンカップ】</span> <span style="font-weight:700;">MF米本拓司</span>(FC東京) YBCルヴァンカップ Aグループ第6節 vs ベガルタ仙台(5/16) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF碓井鉄平</span>(V・ファーレン長崎) YBCルヴァンカップ Dグループ第6節 vs 湘南ベルマーレ(5/16) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.05.14 13:55 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース