横浜FM戦で魅せたG大阪MF藤本淳吾のロングシュートに伊紙「狂気のゴール」2018.05.16 19:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF藤本淳吾のあるゴールが、イタリア『トゥットスポルト』で紹介されている。▽12日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の横浜F・マリノスvsガンバ大阪の一戦に藤本は、後半開始から出場。ゴールレスで迎えた52分、MF遠藤保仁からのパスを自陣センターサークル内でパスを受けると、ハーフウェイライン手前から一瞬のスキを突く左足ロングシュート。ボールは前に飛び出していたGK飯倉大樹の頭上を越えてゴールへ吸い込まれた。

▽試合はその後、横浜FMに1点を返されて引き分けに終わったものの、このスーパーゴールをイタリア『トゥットスポルト』は、動画と共に「中盤からの狂気のゴール」と紹介している。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1ピックアッププレビュー】ノリノリな両雄の残留巡るビッグマッチ《G大阪vs横浜FM》

▽20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第30節で激突する5連勝のガンバ大阪(勝ち点36/12位)と、3連勝の横浜F・マリノス(同38/10位)。現在のJ1で最も勢いに乗る両者の顔合わせは、単なる中断明けの初戦にあらず、J1残留に向けた重要な戦いとなる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">G大阪vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆上位陣をも呑み込む5連勝の勢い〜ガンバ大阪〜 ▽今シーズン開幕から2012年以来のJ2降格危機に瀕したG大阪だが、この終盤に来て、完全に息を吹き返した。第25節の川崎フロンターレ戦を皮切りに、ヴィッセル神戸、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、セレッソ大阪を連破。3年半ぶりの5連勝で降格圏を抜け出す中で、薄れつつあった自信と勝負強さを取り戻した感がある。 ▽ただ、2試合未消化の名古屋グランパスが位置する降格圏の16位とは、わずか6ポイント差。史上最大の大激戦の残留争いから完全に抜け出したとは言い難い。その中で、迎える今節の相手は、ルヴァンカップ準々決勝でトータル1-7の大惨敗を喫した横浜FM。宮本恒靖体制発足後3勝2分けのホームでリベンジの先にある勝ち点3を目指す。 ◆3連勝の勢い+ルヴァン決勝進出の勢い〜横浜F・マリノス〜 ▽対する横浜FMも、G大阪に引けを取らないぐらい好調だ。一時クラブ初のJ2降格がちらついたが、第27節のジュビロ磐田戦から3連勝で一気に残留圏内へ。さらに、代表ウィーク期間に行われたルヴァンカップ準決勝で鹿島アントラーズを退け、17年ぶりの決勝行き切符を掴み取っていることから、チームの勢い、ムードは抜群に良い。 ▽そうした中で迎える今回のG大阪戦は、相手にとってもそうだが、横浜FMにとっても勝てば勝ち点を残留ラインに乗せることのできる大一番。さらに、他力だが、ACL権がかかる3位争いも見えてくる。この終盤に形づくアンジェ・ポステコグルー監督志向のアタッキングフットボールで要塞と化しつつある相手のホームで勝ち点3を掴めるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、遠藤保仁、今野泰幸、倉田秋 FW:渡邉千真、ファン・ウィジョ 監督:宮本恒靖<hr>▽先の大阪ダービーを累積警告で欠場した主砲のFWファン・ウィジョが復帰。したがって、先の大阪ダービーで存在価値を再び示したFWアデミウソンは、ジョーカー待機が濃厚だ。そのほかの顔ぶれ、布陣は変更なし。現状のベストな陣容で今節に挑む。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、ドゥシャン、チアゴ・マルチンス、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽こちらもDFドゥシャンが累積警告の出場停止から復帰。そのほかの面子に関して、大幅な入れ替えは考えにくく、フォーメーションの変更もないだろう。左ヒジ骨折から驚異的な回復を見せるFW伊藤翔だが、17日に練習復帰して間もなく、流動的な様相だ。 【注目選手】 ◆MF倉田秋(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、名前のとおり、この秋口から調子を挙げるMF倉田秋だ。チームの復活劇の功労者としてMF今野泰幸やFWファン・ウィジョの活躍が称えられがちだが、倉田もその間に1得点2アシストのほかに、局面での切り崩し役として多大なる貢献度を誇る。中断期間を経て、再び攻撃陣の潤滑油として光になれるか。青黒屈指のトリックスターに期待したい。 ◆FW仲川輝人(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、今や不動のアタッカーに君臨するMF仲川輝人だ。その仲川は、直近に行われたルヴァンカップの鹿島戦でも1得点を挙げるなど、直近の公式戦5試合4ゴールと絶好調。9月のJ1月間ベストゴール賞を受賞した今、新たな“ハマのメッシ”との呼び声も高まりつつある。要注意選手として相手も警戒心を強める中、チームとして重要な一戦でも輝けるか。 ◆勢いと勢いのぶつかり合い ▽5連勝中のG大阪と3連勝中の横浜FMによる一戦は、単なる中位対決にならない。両者の勝ち点差は、わずか「2」。両雄の今節は、G大阪が勝てば残留のボーダーラインとみられる40ポイントに大手をかけることができ、逆に横浜FMからしてみれば、それをクリアする可能性のある大一番となる。“勢い”を勝利に繋げるチームは果たして。両者の一戦は15時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">勝てば残留に大きく前進の注目カード!<br />G大阪vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元G大阪指揮官クルピ、5度目のアトレチコ・ミネイロ監督に就任

▽アトレチコ・ミネイロは18日、レヴィー・クルピ氏(65)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2019年末までとなる。 ▽アトレチコ・ミネイロは17日、今夏に就任したチアゴ・ラルギ監督を解任を発表。後任として白羽の矢が立ったのが、同クラブで過去4度の監督経験を持つクルピ氏だった。 ▽かつてセレッソ大阪を率いたクルピ氏は、母国ブラジル帰国後もフルミネンセやサントスなど名門クラブで指揮を執り、今シーズンからガンバ大阪の監督に就任した。 ▽若手の育成や攻撃的サッカーの構築を期待されたが、明治安田生命J1リーグは第17節終了時点で4勝3分け10敗と開幕から低迷。7月に成績不振を理由に解任されていた。 2018.10.19 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝、逆転で今季2度目の連勝! G大阪U-23は5戦ぶり黒星《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第27節の3試合が13日に各地で行われた。 ▽藤枝総合運動公園サッカー場で行われた藤枝MYFC(勝ち点25/15位)vsガンバ大阪U-23(勝ち点37/5位)では、2-1でホームの藤枝が勝利した。 ▽立ち上がりから主導権を握ったG大阪U-23は31分、ハーフウェイライン付近の西野が敵陣中央の森にパスを送る。森が反転からそのままドリブルで運び、ボックス中央から右足を振り抜き、アウェイのG大阪U-23が先制する。 ▽劣勢な展開が続いた藤枝は43分に右CKを獲得し、大竹がクロスを供給。ボックス中央の養父がヘディングシュートを叩き込み、同点に追いつく。 ▽藤枝は直後の前半アディショナルタイム。ハーフウェイライン付近の水野が前線で動き出していた遠藤純輝にスルーパスを通す。ボックス左手前で受けドリブルでボックス左に侵攻し左足でシュートを放つと、右ポストに当たったボールがゴールに吸い込まれ逆転に成功。それと同時に前半が終了した。 ▽後半は、両者共にゴール前まで攻め込むものの決定的なチャンスを作ることができず。結局、前半のスコアが動きをみせないまま試合は終了している。 ▽勝利した藤枝は今シーズン2度目の連勝を飾り暫定13位に浮上。一方、G大阪U-23は5試合ぶりに黒星を喫した。 ▽10/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">藤枝MYFC 2</span>-1 ガンバ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-0 福島ユナイテッドFC ▽10/14(日) 《13:00》 グルージャ盛岡 vs カターレ富山 AC長野パルセイロ vs Y.S.C.C.横浜 ガイナーレ鳥取 vs 鹿児島ユナイテッドFC 《14:00》 FC東京U-23 vs ブラウブリッツ秋田 《19:30》 ザスパクサツ群馬 vs アスルクラロ沼津 2018.10.13 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、ユースから“ポスト井手口”が来季昇格!

▽ガンバ大阪は10日、同クラブユースに所属するMF奥野耕平(18)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽兵庫県出身の奥野は、ボール奪取能力が売りのボランチで、2017年に世代別日本代表としてU-17ワールドカップでもプレー。同じくユース出身でグロイター・フュルトでプレーする日本代表MF井手口陽介の後継者として将来が期待され、今シーズンはU-23カテゴリーで明治安田生命J3リーグ2試合に出場している。 ▽中学時代から過ごすG大阪で来シーズンからプロとしての一歩を踏み出す奥野は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪へ昇格出来たことを嬉しく思います。それとともにプロサッカー選手になるという自覚と責任感も感じています。中学時代から成長させていただいたこのクラブに感謝し、一日でも早くチームに貢献できるように頑張ります」 2018.10.10 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

宮本ガンバ、人気サッカー漫画『ジャイキリ』とコラボ

▽ガンバ大阪は7日、講談社「モーニング」の人気サッカー漫画『GIANT KILLING(ジャイアントキリング)』とのコラボレーション実施を発表した。 ▽『GIANT KILLING(ジャイアントキリング)』とは、現役時代にイースト・トーキョー・ユナイテッド(ETU)の中心選手だった達海猛が引退後に低迷するチームの再建を託され、復権を目指す物語。今回のコラボレーションは、再建を託された宮本恒靖監督をはじめとするガンバ大阪の「選手・スタッフだけではなく、サポーターの皆様と一丸となって戦い抜くというメッセージを発信したいという思い」に、作者であるツジトモ先生が共感したことで実現した。 ▽同企画の実施対象試合は、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節の横浜F・マリノス戦、11月10日に行われる第32節の湘南ベルマーレ戦のホーム戦2試合。内容は「ツジトモ先生描き下ろしの宮本監督ビジュアルの公開」、「コラボレーショングッズ販売」、「オリジナルステッカー配布Twitter リツイートキャンペーン」、「ガンバ大阪 デジタルマッチデープログラムでのジャイアントキリングの試読」、「オリジナルスマホ壁紙プレゼント」となる。 ▽また、先日の大阪ダービーをも制して5連勝を飾った宮本監督は、今回の企画実施にあたり、新たなスローガン『心を一つに戦い抜け』を考案。J1残留に向け、機運も高まるばかりだ。 2018.10.08 15:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース