パパスタソプーロス、アーセナル移籍迫る2018.05.16 17:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス(29)のアーセナル移籍が迫っているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。

▽以前からアーセナル移籍が取り沙汰されてきたパパスタソプーロス。アーセナルは新監督が決まっていないながらも補強は進めているようで、中でも、今季限りで引退する意向を示している元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーや、負傷中のフランス代表DFローラン・コシエルニーの代役が必要なディフェンスラインは急務だという。

▽今回の報道によると、アーセナルとパパスタソプーロスの契約はほぼ完了しており、1700万ポンド(約25億3000万円)以下の移籍金になると見込まれている。

▽昨年11月からアーセナルのスカウトチーフを務めるスヴェン・ミスリンタット氏は元ドルトムントの人物で、今冬にピエール=エメリク・オーバメヤンのアーセナル移籍を実現させた実績がある。今回もこの“ツテ”を使って、アーセナルは補強を成功させることはできるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、酒井&伊藤所属のHSVから逸材SBの獲得に迫る!

▽アーセナルがハンブルガーSV(HSV)に所属する17歳の逸材サイドバックの獲得に迫っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽先日にウナイ・エメリ新監督を招へいするなど、ラウル・サンレヒ&スヴェン・ミスリンタートの新リクルート体制で変革を進めるアーセナル。 ▽今夏の移籍市場ではドルトムントから引き抜いたミスリンタート氏の下でフライブルクのトルコ代表DFチャグラル・ソユンク(21)、ドルトムントのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス(29)とドイツ方面からの補強が噂されている。 ▽そして『ビルト』が伝えるところによれば、ミスリンタート氏はさらにHSVに所属するU-18ドイツ代表DFヨシュア・ヴァグノマン(17)の獲得に迫っているようだ。 ▽HSV生え抜きのヴァグノマンは左右のサイドバックを主戦場とする186cmの大型DF。今季はU-19チームを主戦場としてきたが、今年3月に行われたバイエルン戦でブンデスリーガデビューも飾っている。そして、同クラブのユースチームではU-21日本代表FW伊藤達哉、U-17ドイツ代表FWヤン=フィーテ・アルプと共に将来を嘱望される逸材の1人だ。 ▽ヴァグノマンにはマンチェスター・シティ、チェルシー、ニューカッスルなど多くのクラブが獲得に動いているとみられているが、現時点で獲得レースをリードしているのが、アーセナルのようだ。 2018.05.27 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、1996年以来のJリーグ復帰を選択肢に?英紙報道

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は日本でキャリアを続けることを考慮に入れているようだ。英紙『デイリー・メール』が報じた。<br><br>20年以上にもわたってアーセナルで指揮をとったヴェンゲル氏。今季限りでその役目を終え、後任には元パリ・サンジェルマンのウナイ・エメリが就任した。<br><br>68歳のヴェンゲルは監督業を引退することは考えておらず、欧州やアメリカから多くのオファーが届いていると伝えられる。しかし、フランス人指揮官は1995-96年以来となる日本での指揮を選択肢に含めているという。<br><br>かつて名古屋グランパスを率いて天皇杯優勝を成し遂げたヴェンゲル。スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸に加わり、かつてないほどJリーグには注目が集まる。「オファーがあれば、ヴェンゲルは真剣に考慮する」と記事内で伝えられるが、衝撃の日本復帰は実現するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、リヒトシュタイナーとの交渉が順調に進行

▽アーセナルが、ユベントス退団を明言したスイス代表主将DFシュテファン・リヒトシュタイナー(34)との交渉を続けているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽リヒトシュタイナーは、2011年にラツィオからユベントスに加入。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、6度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献したが、今月初めに「僕の未来はイタリア国外にある」と発言し、ユベントスとの7年間に別れを告げる旨を語っていた。 ▽そして先日、イギリス『ガーディアン』がアーセナルとリヒトシュタイナーが交渉に入っていると報道。『スカイ・スポーツ』も今回、アーセナルのウナイ・エメリ新監督体制初の契約はリヒトシュタイナーになるだろうと断定的に伝えており、その実現性が日増しに高まっている。 ▽なお、ユベントスとリヒトシュタイナーの契約は来月末に期限を迎える。 2018.05.27 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

エメリ・アーセナル、移籍第一号はドルトと破談のリヒトシュタイナーか

▽今シーズン限りでのユベントス退団を明言したスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー(34)は、現在アーセナルと交渉を行っているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽『ガーディアン』よると、リヒトシュタイナーとアーセナルの交渉は順調に進んでおり、同選手がウナイ・エメリ監督就任後、最初の獲得選手になると伝えている。 ▽リヒトシュタイナーは、2011年にラツィオからユベントスに加入。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、6度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。 ▽5日に行われたセリエA第36節のボローニャ戦後、ユベントスとの契約が今シーズン限りとなっているリヒトシュタイナーは、『スカイ・スポーツ・イタリア』で「僕の未来はイタリア国外にある。サインしていないから、まだ(行き先は)言えないけどね」と、今夏のイタリア国外への移籍を明言していた。 ▽その後、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントへの移籍で合意したとの報道が出ていたが、同選手はドルトムントとの交渉の事実を認めた一方、交渉が破談に終わったことを明かしていた。 2018.05.26 03:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ご意見番キーオン、古巣アーセナルに補強を提言「エメリはヴェッラッティを連れてくる必要がある」

アーセナルOBのマーティン・キーオン氏は、古巣にマルコ・ヴェッラッティの獲得を求めた。<br><br>先日、22年間にわたりアーセナルを指揮したアーセン・ヴェンゲル氏が退任し、後任としてウナイ・エメリ監督が就任。同指揮官が2年間指揮を執っていたパリ・サンジェルマンで主力としてプレーするヴェッラッティはクラブからの退団を希望し、PSGも適切なオファーがあれば売却する意思があると報じられていた。<br><br>これらの報道を受け、アーセナルのご意見番として活躍するキーオン氏は、『デイリー・メール』で世界有数のゲームメーカーであるヴェッラッティは古巣に必要な選手だと話し、獲得に動くよう求めた。<br><br>「エメリが一晩でこのチームをチャンピオンにすることを期待するなんて現実的ではない。アーセン・ヴェンゲルのやり方で22年間を過ごしてきたアーセナルは、巨額を投じるマンチェスターのクラブと大きな差が開いてしまった」<br><br>「相手守備陣にダメージを与えられるが、特にアウェーゲームで酷い出来だった攻撃陣をエメリは引き継いだ。彼がこれを修正できれば、プレミアリーグ優勝に少なからず挑戦できるだろう。そのためには、エメリがマルコ・ヴェッラッティのような選手を連れてくる必要がある」<br><br>また、ヴェンゲル氏の後任選びに時間を要したことについて「アーセナルの元選手が指揮を執っている姿を見たいのはやまやまだが、欧州で指揮をしたことのないパトリック・ヴィエラやミケル・アルテタが就任するのは大きな賭けだ。エメリがどのように病を抱えたアーセナル守備陣を立て直すのかとても興味がある」と言及した。<br><br>提供:goal.com 2018.05.25 21:20 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース