大宮、明治大学MF小野雅史の来季加入内定を発表! 「アカデミー時代から育てていただいたクラブ」2018.05.16 16:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽大宮アルディージャは16日、明治大学所属のMF小野雅史(21)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。

▽埼玉県出身の左利きMF小野は、大宮アルディージャの下部組織でっキャリアをスタートさせ、2012年、2013年にはU-17日本代表に選出。大宮ユースに別れを告げたのち、明治大学に進学してサッカーを続けると、2017年、2018年には関東大学選抜に選ばれた。

▽大宮に戻ってくることとなった小野は、クラブ公式サイトを通じて以下のように喜びのコメントをした。

◆小野雅史
「来シーズンより大宮アルディージャに加入することになりました、小野雅史と申します」

「アカデミー時代から育てていただいたクラブで、プロサッカー選手として再びプレーすることができ、大変うれしく思います。これまで自分に関わってくださった方々への感謝を忘れず、そして、また大宮という地域に恩返しができるように、ひた向きに頑張っていきます。今後ともよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

古橋3戦連発の岐阜が敵地で大宮に完勝! ホーム連敗の大宮は3戦未勝利…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節、大宮アルディージャvsFC岐阜が19日にNACK5スタジアム大宮で行われ、アウェイの岐阜が2-0で勝利した。 ▽3連勝から一転、2戦勝利がない14位大宮(勝ち点18)と、前節の敗戦で連勝がストップした18位岐阜(勝ち点16)によるボトムハーフ同士の一戦。 ▽前節、モンテディオ山形と1-1のドローに終わった大宮はその試合からマテウスに代えて奥抜を起用した以外、同じメンバーを起用。一方、大分トリニータに1-2で敗戦した岐阜はその試合と同じ11人で臨んだ。 ▽アウェイながら立ち上がりからボールを保持する岐阜に対して、大宮は自陣でブロックを作り応戦。守備から攻撃への切り替えの部分で2トップの個人技を生かして相手ゴールまで迫っていく。 ▽時間の経過と共に岐阜が押し込む状況が続く中、24分に見事な連係から先制点が生まれる。左サイドの古橋が中央のライアン・デ・フリースにボールを預けてゴール左に飛び出すと、デ・フリースから絶妙なヒールパスが通る。スムーズなファーストタッチでシュートコースを作った古橋が右足のシュートをゴール右隅に流し込み、3試合連続となる今季5点目を決めた。 ▽幸先良く先制に成功した岐阜はその後も質の高いパスワークで大宮のプレスを剥がしては敵陣深くに侵攻していく。35分には小野のフィードに抜け出したデ・フリースがボックス内でワントラップからフィニッシュに持ち込むが、ここはハンドの判定。さらに前半終了間際の45分にはボックス手前で得たFKを小野が直接狙うと、GKが前に弾いたボールに竹田が反応するが、ここはシュートをミートできず。それでも、大宮のシュートをわずか1本に抑え込んだアウェイチームが1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半は大宮が押し込む入りとなるが、岐阜がセットプレーから先にゴールをこじ開ける。53分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーの小野が左足インスウィングのボールを入れると、ゴール前で競り勝った竹田が巧みなバックヘッドで流し込んだ。 ▽痛恨の2失点目を喫した大宮は直後の58分、奥抜とロビン・シモヴィッチに代えてマテウスと富山を同時投入。だが、この選手交代で流れを変えることができない。不用意なボールロストから再三に渡って岐阜のカウンターを許すと、絶好調のデ・フリースや古橋にあわや3点目という場面を作られる。 ▽岐阜ペースで試合が進んでいく中、何とか追いつきたい大宮は85分、DF河本を下げてマルセロ・トスカーノをピッチに送り出す。DFを1枚削ってここから猛攻に出ると、89分には左サイドを突破したマテウスの鋭いクロスをゴール前に飛び込んだ大前がワンタッチで合わすが、これは枠の左に外れる。続く92分にはボックス手前右の大前が抑えの効いたボレーシュートを放つが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。その後も決死の猛攻を見せた大宮だが、最後まで岐阜のゴールをこじ開けられず、試合はこのままタイムアップ。 ▽敵地で大宮に完勝の岐阜が2試合ぶりの勝利で暫定10位に浮上した。一方、敗れた大宮は3試合未勝利で暫定16位に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果 ▽5/19(土) 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC岐阜</span> ▽5/20日(日) 《13:00》 ロアッソ熊本 vs 水戸ホーリーホック 《14:00》 松本山雅FC vs アビスパ福岡 大分トリニータ vs レノファ山口FC 横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉 栃木SC vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形 カマタマーレ讃岐 vs ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 vs 徳島ヴォルティス 《17:00》 愛媛FC vs 京都サンガF.C. ▽5/18(金) ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ ※雷雨の影響で試合途中に中止 2018.05.19 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮DF山越康平が入籍 「家庭、そしてチームを支えていける男、選手に」

▽大宮アルディージャは4日、DF山越康平(25)が4月30日に一般女性と入籍したことを発表した。 ▽山越は、明治大学から2016年に大宮入団。在籍3年目の今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ11試合に出場している。 ▽クラブの発表を受けて、山越は次のようにコメントしている。 「私事ですが、このたび4月30日に入籍しましたので、ご報告させていただきます。家庭、そしてチームを支えていける男、選手になれるように日々、精進してまいります。これからも応援よろしくお願いします!」 2018.05.04 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮FW清水慎太郎、右ヒザ負傷で全治約4週間…今季J2で5試合出場

▽大宮アルディージャは1日、FW清水慎太郎の負傷離脱を発表した。 ▽清水は、4月24日のトレーニング中に負傷。右ヒザ外側側副じん帯損傷で全治約4週間の見込みだ。 ▽2011年に大宮入団の清水は、2013年途中からファジアーノ岡山に期限付き移籍すると、2015年に復帰。今シーズンは明治安田生命J2リーグ5試合に出場している。 ▽2連勝中で3戦無敗の大宮は11試合終了時点で4勝2分け5敗の13位。3日に行われる次節は、首位大分トリニータとのアウェイゲームとなる。 2018.05.01 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮のMF金澤慎、GK加藤有輝が負傷…ともに19日のトレーニング中

▽大宮アルディージャは24日、MF金澤慎、GK加藤有輝の負傷を発表した。 ▽金澤は、19日のトレーニングで負傷。右下腿部肉離れと診断され、全治は約6週間とのことだ。加藤有は、金澤と同じ19日のトレーニング中に負傷。右肩関節脱臼と診断され、全治は約5カ月とのことだ。 ▽金澤と加藤有は、ともに今シーズンの公式戦に出場していなかった。 2018.04.24 16:13 Tue
twitterfacebook
thumb

苦戦続く大宮が異例の声明…「「ONE」勝利のために、熱いご声援で選手への後押しを」

▽大宮アルディージャは23日、「ファン・サポーターの皆さまへ」と題し声明を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽昨シーズンは明治安田生命J1リーグで最下位に終わり、J2へと降格した大宮。今シーズンは優勝候補にも挙げられながら、ここまで3勝2分け5敗で15位に位置している。 ▽開幕戦こそ、同じ降格組のヴァンフォーレ甲府に勝利するも、その後の4試合未勝利。第6節のアビスパ福岡戦で2勝目を上げるも、3戦未勝利となっていた。また、22日に行われたアルビレックス新潟戦では、今シーズン初となるアウェイ白星&無失点試合を達成。アウェイでの勝利は、昨年6月のサンフレッチェ広島戦以来となっていた。 ▽クラブは、森正志代表取締役社長の声明を発表。厳しい戦いが続く中で、今シーズンのチームスローガンでもある「ONE」を掲げ、チームとして結果求めていくと誓った。 「いつも大宮アルディージャに熱いご声援を頂戴し、誠にありがとうございます。明治安田生命J2リーグは昨日の試合で開幕から10節を終了いたしました。今シーズンもファン・サポーターの皆さまにはチームに対して多大なるご声援、ご期待をいただいているにも関わらず、結果につなげることができず、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。10節を終えたこのタイミングで、クラブからファン・サポーターの皆さまにチームの現状と今後についてご説明させていただきたいと存じます」 「まずは昨日も遠方のアウェイゲームにも関わらず、多くのファン・サポーターの皆さまには新潟の地で熱く選手たちを後押ししていただき、久しぶりにアウェイで勝利することができました。クラブを代表して心より御礼申し上げます」 「この結果、明治安田生命J2リーグ10節終了時点で3勝2分5敗勝点11、15位という状況にあります。チームの掲げた優勝してJ1復帰という目標からは大変厳しい状況が続いております。この状況はクラブとしても強く認識しており、石井監督をはじめチームスタッフ、選手、また強化スタッフは勝利のため日々考え、チームとしての連携や戦術を成長、成熟させるべく、チーム一丸となってトレーニング内容などを工夫し次の試合に向け集中したトレーニングをしております。詳しい取り組みの内容は、戦術に関わることもありお話できませんが、その取り組みは練習や試合の中で徐々に積み重ねられており、結果につながっていくことと信じています。昨日の試合では結果だけでなく内容面での成長、成熟が感じられるシーンが見られましたが、まだまだ改善されなければならないポイントはあります。さらなる努力を続けこの兆しを結果という確かな形にしていかなければならないと考えております」 「今シーズンを迎えるにあたり、前回戦った2015年のJ2リーグよりレベルは上がっており決して簡単では無いということは想定していましたが、10試合を戦い改めてその厳しさを感じているところではあります。しかし、今後チームの連携面での成長・成熟をより進め、チームとクラブが、ファン・サポーターの皆さま、ご支援いただいている皆さまと一つになり、一試合一試合を必死に戦うことで、今後勝点を積み上げ、必ずや上位に追いついていけるものと信じております。私はクラブの代表として、残りリーグ戦32試合、J2リーグ優勝という目標達成に向け、石井監督、選手、スタッフを様々な面でしっかり支えていく所存です」 「昨日の勝利をしっかり次につなげることが大切であるということは言うまでもありません。次節は4月28日の明治安田生命J2リーグ 東京ヴェルディとのホームゲームとなります。どうか皆さまNACK5スタジアム大宮にて「ONE」勝利のために、熱いご声援で選手への後押しを心よりお願いいたします」 ▽なお、大宮は28日に行われる第11節で、今シーズン無敗の東京ヴェルディをホームに迎える。 2018.04.23 12:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース