注目のW杯メンバー選考…西野朗日本代表監督「非常にデリケートな時期」2018.05.16 18:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表を率いる西野朗監督が6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)に向けてコメントした。

▽ロシアW杯が2カ月後に迫る中、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の解任に伴い、日本代表の指揮を引き継いだ西野監督。18日にキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けたメンバーが発表され、21日から始まる国内合宿を経て、同試合翌日の31日にロシア行きの23名が遂に決定する。

▽16日に表参道ヒルズで行われたスイスの高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに登場した西野監督。イベント終了後に応じた囲み取材で、ロシアW杯に向けたメンバー選考、本大会への意気込みを語った。

──W杯のメンバー選考について
「非常にデリケートな時期。選考に関する話を簡単にするのは控えたい。国内組はまだ日程が終わっていないし、海外組もそう。ここにきて、国内組もタイトなスケジュールの中で高いパフォーマンスを見せていて、代表に対する意識も高まっている。海外組も高いレベルで競争している。そういう選手の中からメンバーを選ばないといけない。緊張感のある時期」

──本大会メンバー決定に向けたガーナ戦のポイントとは
「今まで選手の最終決定に関して、自分なりの決断を下してきた。だが、やはり選手の状況、プレーヤーズ・ファーストで彼らの状況を第一に考えることで、選考も変わってくる。近くで見てみたい選手もいて、21日から始まるキャンプでチェックしないといけない選手もいる。最終的に、31日に決定する」

──本大会に向けた意気込み
「最終的に、23名の選手しか選考できない。彼らは非常にタイトなスケジュールの中で合流してくる。まずはリスタートできる身体、戦える身体、心身ともにW杯に向けてコンディションに整える時間にしたい。その上で、高いレベルのチーム作りを考えていきたい。いよいよ始まるというところ」

──同じイベントに出席した本田圭佑とやり取りは?
「一部と二部の間にだいぶ時間があったので、会えなかった。コミュニケーションは全くなかった。選考段階ということで、ヨーロッパ組の視察は別にして、国内にいる選手との接触は控えている」

コメント

関連ニュース

thumb

MF宇佐美貴史️、新チームの可能性を強調「後は良くしていくだけ」《キリンチャレンジカップ》︎︎

▽日本代表は27日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)️がメディア陣による質疑に応答した。 <span style="font-weight:700;">◆️️MF宇佐美貴史️</span>(デュッセルドルフ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──ポジション争いは意識しているか</span> 「あまり意識していません。ただ練習でアピールしていくしかない立場ですし、練習の中から色んな選手と合わせながらやっていくというのは大丈夫です。合わせながらやる器用さというのは持っていると思っています」 <span style="font-weight:700;">──3バックに意外な印象は受けたか</span> 「はい。ミーティングでこれにトライしていくと言われて、意外性はありましたね。これで行くのか、という感じで。ただ、こういう時はこうやってとミーティングの時は極論で話してきますけど、うまくハマればという状態で話を聞いている分には、凄く希望というかポテンシャルというか、僕自身のプレーを出しやすくなりそうだなというのは凄く感じました。だからこそ、あとはどれだけのことに対応できるか。しっかり沢山コミュニケーションを取って、やっていくことが今まで以上に大事かもしれません」 <span style="font-weight:700;">──あのシステムはやったことがあるか</span> 「いえ、やったことはありません」 <span style="font-weight:700;">──難しさはあるか</span> 「そうですね。今はやりたてなので、難しさは感じてます。まあ最初は大体そんなもんだと思いますよ。新しいトライする時ってやっぱり全てにおいて苦労するので。逆に最初に苦労しない方が怖いと思います。最初にうまく行きすぎる方が恐怖心があります。最初はうまくいかない方が後は良くしていくだけなので。良くなっていけば、という期待感というか可能性だけを見ている感じです。うまくいけばどのポジションでもどういう状態でも数的優位を作り出せるシステムなので」 <span style="font-weight:700;">──新システム導入からW杯まで日がありませんが</span> 「短くても全員で団結すれば。全員で意見交換しながらやればすんなり入っていくんじゃないかなと」 2018.05.27 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

”リベロ”長谷部、3バックは攻撃の策! 「攻撃的なイメージを持っています」《キリンチャレンジカップ》︎

▽日本代表は27日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)がメディア陣による質疑に応答した。 <span style="font-weight:700;">◆️️MF長谷部誠</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──3バックには慣れたか</span> 「クラブでやってますので個人的にはそんなに違和感はないんですが、クラブと代表では周りの選手との兼ね合いも違えば、やり方というのも多少なりとも違ってきます。その辺を今日なんかも戦術練習でかなりやって、合わせていくという作業を今している感じですね」 <span style="font-weight:700;">──ミーティングでも力を注いでいるか</span> 「そこまではやっていません。どちらかといえばグラウンドでやるのが一番。今日なんかもやってて、色々なシチュエーションが出てきている中で合わせていくというのが大事だと思っていますし、ピッチの中でも外でも選手同士色々話してやってます」 <span style="font-weight:700;">──3バックにおいて監督が強調している部分はどこか</span> 「守備の部分ではあまり後ろであまり過ぎないというのは大事だと思います。自分たちも思っているし、とにかく後ろからラインを上げて押し出して前の選手たちをフォローしてあげる部分が大事だなと思っているので。逆に攻撃の部分では中盤に人数を避けると思うので、その中盤のところで数的優位を作って、これまでも縦に速い攻撃というのをやってきましたがそれは現代フットボールの中では当たり前のことです。それは継続しながらも、プラス中盤の数的優位を生かした崩しとかそういうものももう少し加えていけたらなという感覚はあります」 <span style="font-weight:700;">──3バックが5バックになってしまう可能性は危惧しているか</span> 「みんなとも話していましたが、やはり5バックにはならずに、とにかくサイドに、ウィングバックの選手たちをできるだけ押し出して上げて、センターバックの選手たちがサイドにスライドしてという風な。基本的に3バックというか4バックになる形がありますし、それだけでなく中盤で浮いている選手がいたら後ろの3枚の内の誰かが付きに行くというか潰しに行くというのが必要だと思いますし、個人的にそういう部分ではチームでやっている感覚としては3バックというのは攻撃的なイメージを持っています」 <span style="font-weight:700;">──リベロについてどう考えているか</span> 「この3バックのやり方というのはとにかく、4バックというのはみんなやり慣れている部分があるので、とにかく3バックにまずはトライしてみようという形だと思います。両方の形を持っているというのは自分たちの強みになると思いますし、そういう意味ではこのトライというのは凄く面白いものだと思います」 <span style="font-weight:700;">──全体として慣れるにはどの程度の時間が必要か</span> 「現代は3バックを取り入れているチームがかなりあるので、経験している選手が多いなという印象があります。ただ、全くやったことがない選手ももちろんいるとは思います、そういう選手たちにはできるだけコミュニケーションを取って、こういうものではピッチの上で考えて動いているようだと遅れてしまいますし、逆に自然にオートマティックに動けるような形にしなければいけないので。それはもっともっとグラウンド内、ピッチ外でコミュニケーションを取ってやっていくということが大事だと思います」 <span style="font-weight:700;">──クラブとのやり方の違いの擦り合わせが必要だと思うが</span> 「そうですね。そういうものを今ピッチの中で擦り合わせていますし、それぞれのクラブでこうやってるけどという話をして、ここではこういう風にやろう、とそういうことはやってます」 <span style="font-weight:700;">──西野監督のミーティングの頻度はどうか</span> 「昨日は1時間くらいやりました。3バックの中でどう動くかということよりは、ボールにアタックする姿勢や色々な海外のいい映像を見ながらという感じです」 2018.05.27 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎が練習フル復帰! 3バックでの戦術練習も本格化《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は27日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽この日の練習では、前日まで別メニューで調整していたGK中村航輔(柏レイソル)を含む26名全員で全体練習をスタート。GK組とフィールドプレーヤーに分かれると、GK組はバドミントンを使ったレクリエーションで身体を温め、フィールドプレーヤーはストレッチを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180527_777_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽それから、4グループにわかれてのパス交換、ラダーを消化。MF乾貴士(エイバル/スペイン)が個別のランニングメニューに移行した後、ビブス組とそれ以外に分かれて戦術練習を開始。この日も、ディフェンスラインの枚数は3枚となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180527_777_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽さらに、攻撃陣と守備陣に分かれ、それぞれクロスからのシュート練習、3バックでの戦術練習を敢行。最後にストレッチを行い、この日の約2時間の練習を終了させた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180527_777_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽ガーナ戦は、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後の国内での親善試合。試合翌日の31日にW杯最終登録メンバー23人が発表される。 2018.05.27 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

エジプト代表、サラーの負傷は楽観的と発表!

▽エジプトサッカー協会(EFA)が公式ツイッター(@Pharaohs)を更新し、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーの負傷に関して楽観的な見方を示した。 ▽昨年の夏にローマからリバプールに移籍したサラーは、初年度となった今シーズンから爆発的な活躍を披露。クラブでの公式戦52試合44ゴール16アシストの数字を記録し、ワールドカップ(W杯)出場を決めたエジプト代表でも公式戦通算57試合33ゴール18アシストと希望の星となっている。 ▽ロシアW杯でもエジプト国民の期待を一身に背負うことが予想されるサラーだが、26日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリー戦で負傷。リバプールのユルゲン・クロップ監督も「深刻な負傷だ」と語り、スペイン『マルカ』など各紙はW杯出場に黄信号が灯ったことを伝えていた。 ▽しかし、EFAがツイッター上に投稿したところでは、レントゲン撮影を行った結果、サラーの負傷は左肩の靭帯損傷だと判明したという。これに関して、EFAは「楽観的」との見解を示しており、“ファラオ”の活躍がW杯で見られることになりそうだ。 2018.05.27 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

カルバハル、W杯欠場か…2016年にも直前負傷でユーロ欠場

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルのワールドカップ(W杯)出場に、暗雲が立ち込めている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽カルバハルは、26日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に出場して前半中に負傷。36分にスペイン代表DFナチョとの交代を余儀なくされると、涙ながらにピッチを後にした。 ▽クラブや代表チームからの公式発表はないものの、『マルカ』はカルバハルがあまりにもショックを受けていたためマドリーの医師も直視することができない状態であったことを伝え、その様子からW杯出場が危ぶまれる重症なのではないか、と推測している。 ▽カルバハルは、2016年5月にもCL決勝アトレティコ・マドリー戦で負傷。同年に行われたユーロ2016に臨むスペイン代表メンバーから離脱となっていた。 2018.05.27 13:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース