代表集大成の本田圭佑、豪語! 「1番期待してもらって良い」2018.05.16 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)に向け、コメントを残した。

▽本田は現在、31歳。ロシアW杯の日本代表メンバー入りとなれば、自身3度目の本戦行きとなり、6月に32歳の誕生日を迎える本人も常々、「集大成の大会」として位置付けている。

▽その本田は16日に表参道ヒルズで行われたスイスの高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに登場。ロシアW杯に関する質問について、次のように答えている。

──ロシアW杯での日本の順位について
「本音で話すと、予選敗退が普通の確率論だと思う。でも、それを目指して、OKとはいかない。確率論だけの話ではない。サッカーはチームスポーツ。100mを9秒台で走れなくても、サッカーなら勝てる可能性がある。サッカーはそこが素晴らしい」

「出る限り、『優勝』としか言ってこなかった。優勝の確率を数値で表すと、1%以下かもしれないけど、可能性はある。どんな相手にも勝てる可能性はある。それをメンバーがどれだけ信じて、準備して、その雰囲気をつくっていけるか」

──帰国後のコンディションについて
「良い状態。標高2400mの場所でトレーニングを続けてきたし、1、2カ月ぐらい今の状態をキープできると聞いている。数値も問題ない」

──3度目のW杯に向けて、自身の立ち位置とは
「一番良い状態にある。まずフィジカル面で落ちていないことが象徴。それに加えて、経験が積み重なっている。プラスにしかなっていない」

「2010年は右も左もわからず、出場させてもらって、とにかく一生懸命プレーした。2014年は新しい挑戦をしたけど、うまくいかず、今回が3度目の挑戦になる」

「難しい壁もあると思うけど、それを越えるために今までいろんな挑戦をしてきた。今までの挑戦と違って、より上を目指したい。1番期待してもらって良いと自信を持って言える」

──ロシアW杯は自身にとってどういう位置付けか
「おそらく、僕にとって最後のW杯になるだろうという気持ちでいる。これまでやってきたことのすべてを出すつもりで、それぐらいの情熱をここに注ぎたい。集大成だと考えている」

コメント

関連ニュース

thumb

エジプト代表、サラーの負傷は楽観的と発表!

▽エジプトサッカー協会(EFA)が公式ツイッター(@Pharaohs)を更新し、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーの負傷に関して楽観的な見方を示した。 ▽昨年の夏にローマからリバプールに移籍したサラーは、初年度となった今シーズンから爆発的な活躍を披露。クラブでの公式戦52試合44ゴール16アシストの数字を記録し、ワールドカップ(W杯)出場を決めたエジプト代表でも公式戦通算57試合33ゴール18アシストと希望の星となっている。 ▽ロシアW杯でもエジプト国民の期待を一身に背負うことが予想されるサラーだが、26日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリー戦で負傷。リバプールのユルゲン・クロップ監督も「深刻な負傷だ」と語り、スペイン『マルカ』など各紙はW杯出場に黄信号が灯ったことを伝えていた。 ▽しかし、EFAがツイッター上に投稿したところでは、レントゲン撮影を行った結果、サラーの負傷は左肩の靭帯損傷だと判明したという。これに関して、EFAは「楽観的」との見解を示しており、“ファラオ”の活躍がW杯で見られることになりそうだ。 2018.05.27 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

カルバハル、W杯欠場か…2016年にも直前負傷でユーロ欠場

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルのワールドカップ(W杯)出場に、暗雲が立ち込めている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽カルバハルは、26日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に出場して前半中に負傷。36分にスペイン代表DFナチョとの交代を余儀なくされると、涙ながらにピッチを後にした。 ▽クラブや代表チームからの公式発表はないものの、『マルカ』はカルバハルがあまりにもショックを受けていたためマドリーの医師も直視することができない状態であったことを伝え、その様子からW杯出場が危ぶまれる重症なのではないか、と推測している。 ▽カルバハルは、2016年5月にもCL決勝アトレティコ・マドリー戦で負傷。同年に行われたユーロ2016に臨むスペイン代表メンバーから離脱となっていた。 2018.05.27 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

DF槙野智章が語る3バックの意図「できるだけ攻撃に厚みを加えたい」︎《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は26日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF槙野智章(浦和レッズ)がメディア陣による質疑に応答した。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──3バックへの変更にはどのような意図があるか</span> 「具体的なことはまだあまり言えないんですが、3枚にせよ4枚にせよ自分たちがこれから戦っていく上で選手のキャラクターだったり選手の色っていうのを引き出すためのシステムというところはあります。昨年から続いている結果や内容を見ての西野さんの考えだと思いますが、ここから戦っていく上で点を取りに行きたい、ボールを持ちたい、ポゼッションしたいという意味で、できるだけ攻撃に厚みを加えたいというシステムの1つだと思います。あとは、やり方は違えど3枚にせよ4枚にせよあまりこだわりを持ってやりたくないと言っていました。あくまでオプションの1つとして考えていくということはありました」 <span style="font-weight:700;">──どのような種類の3バックか</span> 「浦和(レッズ)の3枚はちょっと置いておいて欲しいです。守備のところと攻撃のところでの違いというのは、代表で求められる3枚の仕事というのは攻撃というよりも守備だと思っています。僕がボールを持って前線に駆け上がるということはないと思います。ただ守備のところであればしっかりとマッチアップする選手に対してガッといけるようなシステムだと思っています。前の選手のファーストディフェンスがはっきりすることで、取りどころがはっきりするというのがこのシステムの良さだと思います。先ほど言いましたけど、中盤と前の選手のところで厚みを加えたいということの意図が、この3枚にあると思ってます。そこをできるだけ後ろの選手が引き出していければいいかなと思ってます」 <span style="font-weight:700;">──サイドの選手の負担が大きくなるが、どうサポートするか</span> 「それも西野さんからありましたが、中盤のワイドの選手ができるだけ最終ラインに吸収されないようなやり方をしたい、できるだけ高い位置でプレスをかけていきたい、というのが狙いだと思います。今日で言えば吉田選手と僕がやってたポジションはかなり運動量多く頭を使ってプレーしなければならないと思っていますので、できるだけ中盤のワイドの選手たちを動かすことが必要になってくると思います」 <span style="font-weight:700;">──コロンビア代表であればFWフアン・クアドラード、セネガル代表ならFWサディオ・マネがいるため、サイドの裏が生命線になると思うが</span> 「おっしゃる通りだと思います。僕たちストッパーのポジションのマッチアップというのがかなりポイントになると思っています。そこで逆に相手を潰すこと、自由にさせないことができれば逆に攻撃を活性化できると思っていますので、あとはこのチームが立ち上がってからのデュエルというものがあります。そのデュエルでしっかりと勝ち切る。空中戦、地上戦でしっかりとボールを奪い切るというのを増やしていければ、より攻撃的にいけるんじゃないかなと考えています」 <span style="font-weight:700;">──長谷部誠選手が3バックの真ん中を務めましたが</span> 「初めてやりましたが、やはりクラブでやっているだけあってラインの設定と支持のクオリティの高さというのはやはり経験のある選手ですので、凄くやってて頼もしかったというのがありますね。まだ1回しかやっていませんので、もっと練習の中で色んなバリエーションを持ったり色んなシチュエーションの中で、コンビネーションを高めていければ良いかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──比較的シンプルなシステムの3バックなのではないか</span> 「そうですね。オーソドックスな3枚のような感じはします。ただ、まだこういう動きをして欲しいとか、こういうボールの動かしをして欲しいという話はないので分からないですけど、そんなに複雑ではないかなと思ってます」 <span style="font-weight:700;">──宿舎などでビデオなどを使った話はあったか</span> 「ありました。自分たちの映像もありましたし、これから対戦するであろうチームだったり、自分たちがイメージするビデオというのは何シーンか観て、イメージとしてはあります」 <span style="font-weight:700;">──ボランチ求めるプレーは何か</span> 「ヨーロッパ遠征をやってみて、間違いなく自分探知のボールを保持する時間が短かったです。押し込まれる中でボランチのスライドの距離も長くなったので、いざボールを持った時にやっぱり疲労のところでボールを保持する時間帯がなかったので、できるだけ後ろの選手に吸収されないようにまずすること。あとは、トライアングルという言い方をよくしますけど、できるだけボールを保持している選手に対して2人以上、しっかりとサポートできるボランチが近い距離にいることが一番かなと思っています。あとは幅と深みを持ったボールの動かしというのが必要かなと。今はちょっとレベルの高いチームとヨーロッパ遠征でやっていましたので、ボールを保持する時間帯というのはなかなかありませんでしたが、このガーナ戦はホームということもありますし、そういうところにチャレンジしていければいいかなと思っています」 2018.05.26 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

MF大島僚太、臨機応変な動きでポジション奪取へ! 「臨機応変にできなくては」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は26日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF大島僚太(川崎フロンターレ)がメディア陣による質疑に応答した。 <span style="font-weight:700;">◆MF大島僚太</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──練習を受けて修正ポイントはあるか</span> 「3枚でやる時と4枚でやる時で全然違うと思いますし、やっぱりポジションも臨機応変にできなくてはならないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──クールダウン時にDF遠藤航と会話していたが</span> 「僕らが4枚で相手が3枚の時にどう守るかという話をしてました」 <span style="font-weight:700;">──ミニゲームに関して手応えはあるか</span> 「ゲームに関しては狭いところで戦うことであったり、そういうことの方が。距離も良い距離でやるだとかそういう話がトレーニングで出ました」 <span style="font-weight:700;">──ミーティングで3バックのやり方についての話はしたか</span> 「いえ、僕はただ配置だけ、誰がどこでやるかという話でした。3枚でやる4枚でやるということは特に。臨機応変にやっていきます」 <span style="font-weight:700;">──具体的な約束事はどは決まっていないか</span> 「ありません」 <span style="font-weight:700;">──ではこれからみんなで作っていくということか</span> 「はい。あと監督が要求することだと思います」 <span style="font-weight:700;">──サバイバルが続くがどのような気持ちで練習に臨んでいるか</span> 「勝つ為に。それが最善です。全員で迷うことがないようにしていかないといけないと思います」 <span style="font-weight:700;">──ボランチの攻撃への関わり方のイメージは</span> 「相手の出方にもよるので。相手を見ながら、なるべくサポートに行くこともそうですし、逆にやり直させることも重要なのかなと。何がなんでも前に行きすぎるということはしないようにしようと思います」 <span style="font-weight:700;">──コンディション面で気をつけていることはあるか</span> 「ケガをしないことが一番です。チームとしては1つの方向に、やるべきことを明確にして良い準備をしないといけないと思っています」 <span style="font-weight:700;">──3バックからボールを引き出す時に意識することは何か</span> 「僕自身に敵が付いているのかいないのかということと、付いているのであれば飛ばしてもらって、その飛ばしてもらった先と関われれば」 <span style="font-weight:700;">──4バックと比べて違和感はあるか</span> 「3枚で回してる時にやっぱり真ん中にいたら段差ができないので、4枚でやる方が真ん中にいても自然と三角形が作りやすいというのがあります。そういった時はうまく見ながらポジショニングを取れればと思います」 2018.05.26 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

西野ジャパンは3バック濃厚!? ミニゲームではリベロ長谷部も披露《キリンチャレンジカップ》︎

▽日本代表は26日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽離脱が発表されたMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)を除いた全招集メンバーが練習に参加。この日は、前日に姿が見られなかったFW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)も練習場に登場した。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180526_778_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽練習では、GK中村航輔(柏レイソル)が引き続き別メニュー。また、MF乾貴士(エイバル/スペイン)も別メニュー調整となったが、残りの招集メンバーは岡崎を含むフィールドプレーヤーとGK東口順昭(ガンバ大阪)、川島永嗣(メス/フランス)のGK組に別れ、1分間の青空ミーティングから練習をスタートさせた。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180526_778_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽ランメニューから始まったトレーニングは、パス&ムーブを意識したメニューの後、2チームに分かれてシュートまでの動きを確認した。その後、再び岡崎のみ別メニューに移行し、残りのメンバーはピッチの1/6を使ったミニゲーム、1/21でのミニゲームを消化。ミニゲームの中では左から槙野智章(浦和レッズ)、長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)を並べたスリーバックも試された。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180526_778_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽そして、最後に入念なストレッチを行い、この日の約1時間37分の練習を終えることに。 ▽ガーナ戦は、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後の国内での親善試合。試合翌日の31日にW杯最終登録メンバー23人が発表される。 2018.05.26 20:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース