メッシの凄みって? 本田圭佑の独自視点 「ミス後の振る舞い」2018.05.16 17:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が今まで対戦した中で1番凄かった選手として、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの名前を挙げた。▽16日に表参道ヒルズで行われたスイスの高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに登場した本田は、パチューカでの1年を振り返りつつ、近年のフットボール界におけるトップに君臨するメッシの凄みを独自の視点で語った。

「メキシコ行きはチャレンジだった。ミランでの挑戦で少し吹っ切れたというか、これまでと違うアプローチでプレーしてみた。攻撃面に集中しようと。僕自身、ドリブルは得意じゃないけど、ボールを運ぶ作業は得意。やってみないと、(4人抜きのゴール)ああゆうプレーはできない。この1年の挑戦は、僕にとって良かったシーンがいくつもあった」

「(今まで対戦した中で1番凄かった選手?) いっぱいいる。1人選ぶならメッシ。攻撃の選手なので挙げた。ドリブルやボールコントロールがフォーカスされがちだけど、実際、彼も結構ボールロストをしている」

「でも、僕が彼を凄いと思うところは、ピッチでの振る舞い。クリスティアーノ・ロナウドもそうだし、 一緒にプレーしたカカ、フェルナンド・トーレス、(マリオ・)バロテッリといった彼らも、自信に満ち溢れている。メッシも彼らもミスした後の姿勢は明らかにほかの選手と違う」
コメント
関連ニュース
thumb

“グッバイ、マム”今冬の移籍問題が泥沼化したラビオが母と決別

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)が母親と代理人をクビにしたようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了を迎えるラビオは、契約延長を固辞。チームを去る意思を表明すると、バルセロナやリバプールが獲得に興味を示していた。 移籍の意思を表明したことにより、ラビオは2018年12月から出場機会がなく、今冬にもバルセロナに移籍すると見られていた。 ラビオ本人はバルセロナと合意に達したものの、クラブ間の合意に至らず。その原因が、ラビオの母親と代理人にあり、結果的にバルセロナはラビオ獲得レースから撤退することとなった。 夏にはフリーでバルセロナ入りが濃厚とされているラビオだが、トーマス・トゥヘル監督の下では構想外に。その結果を受け、今回ラビオは母親で代理人を務めるヴェロニク・ラビオさんらとの決別を決断したようだ。 2019.02.23 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

左ハムストリング損傷のアルトゥール、クラシコで復帰か? 指揮官は慎重な姿勢

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールの復帰が近づいているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アルトゥールは6日に行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのレアル・マドリー戦でフル出場。しかしその後、左ハムストリングを損傷し、約1カ月の離脱になる見込みが伝えられていた。 その後、19日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのリヨン戦を含め、計4試合を欠場したアルトゥールだが、すでにトレーニングを再開。22日の午後には全体練習にも参加し、27日に行われるコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレアル・マドリー戦での復帰の可能性が高まっている。 ただ、バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、「彼がクラシコでプレーできるかどうかは、現時点でわからない」と慎重な姿勢。果たして、アルトゥールはクラシコで復帰するのだろうか。 2019.02.23 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、フィリペ・ルイス獲得を目指す

バルセロナが、アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)の獲得を目論んでいるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 現在、DFジョルディ・アルバとの契約延長交渉が進められているバルセロナは、完璧なバックアッパーまたは最高の代役を担うことができるF・ルイスの獲得を考えているという。同選手とアトレティコの契約は今季終了時で満了を迎えるため、現在ブラジル代表DFはあらゆるクラブと自由に交渉ができる状態にある。 伝えられるところによると、バルセロナは経験豊富なF・ルイスを連れてくることで若手の成長促進に繋がると考えている模様。だが、同選手を巡ってはパリ・サンジェルマンやユベントスからの関心も噂されており、今夏の去就に注目が集まっている。 以前は「アトレティコで引退したい」とも語っていたが、退団が有力視されている。 2019.02.23 01:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第25節プレビュー】クラシコ連戦控えるバルセロナがセビージャと対戦!

先週末に行われた第24節では首位のバルセロナがバジャドリーに辛勝した一方、2位のレアル・マドリーがジローナに不覚を取り、バルセロナと同じくラージョに辛勝したアトレティコ・マドリーに再び追い抜かれる結果となった。その他では共に勝ち点1ずつを積み上げたヘタフェとアラベスがビジャレアルに大敗した4位のセビージャに勝ち点1差で迫っている。 チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメント1回戦が終わり、来週ミッドウィークにコパ・デル・レイ準決勝2ndレグが控える過密日程の中で行われる今節。最注目は4位のセビージャ(勝ち点37)と、首位のバルセロナ(勝ち点54)が対峙する上位対決だ。 前節、FWメッシのPK弾によってバジャドリーに辛勝した首位チームは公式戦4戦ぶりの白星を手にした。しかし、ミッドウィークに行われたCLリヨン戦では20本以上のシュートを放ちながらも相手の堅守をこじ開けられず、敵地で最低限のゴールレスドローに終わった。直近3試合連続でクリーンシートを記録している点は評価できるものの、直近の公式戦5試合でわずかに4得点とここに来て得点不足が顕在化し始めている。来週ミッドウィークにコパ、週末にリーガで宿敵レアル・マドリーとの重要な連戦を控える中、持ち味の得点力を取り戻せるか。 一方、ELではラツィオ相手に見事なパフォーマンスで2連勝を飾ってベスト16進出を決めたセビージャだが、リーガではセルタ、エイバル、ビジャレアルという下位チーム相手に2敗1分けと不振が続く。とりわけ、前節のビジャレアル戦では敵地で全く良いところがなく、0-3の大敗を喫した。ラツィオ戦での好パフォーマンスを追い風にしたいところだが、同試合ではDFエスクデロ、MFヘスス・ナバスと両ウイングバックの主力が負傷しており、サイドの攻防において劣勢が予想される。 そのバルセロナとクラシコ連戦を控える3位のレアル・マドリー(勝ち点45)は、前回対戦で敗れている12位のレバンテ(勝ち点30)と対戦する。前節のジローナ戦ではホームで幸先良く先制に成功しながらもそこから逆転を許す拙い試合運びで絶不調のジローナ相手に敗戦。さらに、退場したDFセルヒオ・ラモスを出場停止で欠くことになった。クラシコ連戦に向けてバウンスバックを図りたいチームは直近のセルタ戦で4-1の大勝を飾るなど、破壊力のある攻撃に定評がある難敵相手にカピタン不在の中で勝ち切れるか。 そのレアル・マドリーを抜いてわずか1節で2位に返り咲いたアトレティコ(勝ち点47)は、直近のリーグ戦3試合負けなしと復調気配を漂わせる18位のビジャレアル(勝ち点23)と対戦する。ここ最近、リーグ戦では低調なパフォーマンスに終始していたアトレティコだが、CLユベントス戦ではFWジエゴ・コスタの復調やMFコケの復帰を追い風に、好調時のパフォーマンスを取り戻して2-0の完勝。今回のビジャレアル戦ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)との相性がすこぶる悪いFWモラタの待望の初ゴールに期待したい。 ヘタフェMF柴崎岳とアラベスMF乾貴士の日本人2選手は今節、ヘタフェが19位ラージョとのマドリード自治州ダービー、アラベスが17位セルタと対戦する。現在、共に勝ち点36でCL圏内のセビージャに肉薄する中、下位チーム相手に勝ち点3を積み上げることはできるか。また、柴崎はアジアカップ復帰後初出場、乾は移籍後初ゴールを挙げたいところだ。 《リーガエスパニョーラ第25節》 ▽2/22(金) 《29:00》 エスパニョール vs ウエスカ ▽2/23(土) 《21:00》 ヘタフェ vs ラージョ 《24:15》 セビージャ vs バルセロナ 《26:30》 アラベス vs セルタ 《28:45》 ビルバオ vs エイバル ▽2/24(日) 《20:00》 レガネス vs バレンシア 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs ビジャレアル 《26:30》 バジャドリー vs ベティス 《28:45》 レバンテ vs レアル・マドリー ▽2/25(月) 《29:00》 ジローナ vs レアル・ソシエダ 2019.02.22 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、スアレス後継者にユナイテッドの10番に関心か

バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナ不動のセンターFWとして活躍するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。パフォーマンス低下や32歳という年齢による衰えが見え始めている。 そのため、スペイン王者は後継者獲得を目指しており、真剣にラッシュフォードに関心を寄せている模様。しかし、同選手には契約解除金が設定されておらず、ユナイテッド側が移籍金を設定することが出来るため難しい交渉となる可能性が高い。 また、ユナイテッドはラッシュフォードをチームの主軸と考えている。もしバルセロナが同選手の獲得交渉を成功させたい場合には、1億ユーロ(約125億円)以上がかかるだろうと『ムンド・デポルティボ』は推測している。 ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。今シーズンから背番号「10」を背負い、ベルギー代表FWロメロ・ルカクとのポジション争いを制し、ここまでの公式戦32試合で10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 14:56 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース