去就注目の本田圭佑「日本はない」2018.05.16 17:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が6月に開幕にするロシア・ワールドカップ後の去就に言及した。

▽本田は昨夏、1年契約でパチューカに加入。公式戦10ゴール7アシストという結果を残したが、退団の意向を示しており、今後の動向に注目が集まっている。

▽16日に表参道ヒルズで行われたスイスの高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに登場した本田は、気になる移籍先について、次のように語った。

「ここで話すと、ヒントを与えちゃうことになる(笑)。W杯が終わるまでは、このことに関して、何の意思決定もしないと決めている。その上で、去年の7月にパチューカと1年契約を結ばせてもらった」

「ここで何かを語ることで、僕の意思がみなさんに左右されることが嫌。日本はないです。それだけは言っておく。日本にいる沢山の友達に日本のサッカー界を盛り上げる役割を託す」

「僕は僕にしかできないことがある。みなさんに『らしいな』と思っていただけるような選択をしたい」

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑の新天地にオーストラリアも浮上? イニエスタとともにAリーグがオファーか

▽パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑が、来シーズンはオーストラリアでプレーするかもしれない。オーストラリア『ニューカッスル・ヘラルド』が報じた。 ▽セリエAのミランからメキシコのパチューカに挑戦の場を移した本田。今シーズンのリーガMXでは、前後期合わせて25試合に出場し7ゴール6アシストを記録。しかし、シーズン終了後にパチューカを去ることを明かした。 ▽新天地を探す本田だが、手を上げたのがオーストラリアのAリーグだった。バルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタも招き入れたいと明かしているAリーグ。その他にも、世界的なプレーヤーを呼び込もうと、声を掛けているようだ。 ▽Aリーグでは、サラリーキャップ制度を導入。チーム年俸の合計が定められているものの、制限を受けないマーキープレーヤーを各クラブが1人まで保有できる制度がある。過去には元日本代表MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)やオーストラリア代表FWティム・ケイヒル(現ミルウォール)元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏、元イングランド代表FWのエミール・ヘスキー氏らが迎えられていた。 ▽複数クラブがこのマーキープレーヤー制度を利用する考えがあり、本田がAリーグ挑戦となればマーキープレーヤーの枠で迎え入れられることになる。イニエスタの去就も気になるところだが、本田も含めオーストラリアに再びスター選手が集まることになるのだろうか。 2018.05.12 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

本田が掲げる「10の行動模範」とは?!

▽パチューカの日本代表FW本田圭佑が、自身の公式ツイッターアカウント(@kskgroup2017)を更新し、「10の行動模範」を示した。 ▽本田は11日、ツイッター上に「僕らにはグループ理念と10の行動規範っていうのがあって、これらを意識して生活していると1日の質に革命が起こるんですよね」と投稿。以下のような「10の行動模範」を箇条書きにした画像を添付した。 1.他の誰からも支配を受けないこと 2.オープンで素直であること 3.自分の言葉と行動に責任を持つこと 4.悪いルールは壊し、より良いルールを創ること 5.自分に厳しく、人に必要とされる長所を磨き続けること 6.与え続けるためには勝ち続けること 7.人が本当に困っているときは、損得を考えずに助けること 8.何事においても理想を追求することを諦めないこと 9.常に謙虚に常に挑戦者であること 10.人を喜ばせるでは足りない。感動させること ▽なお、本田は「最近は特に8を意識してます」ともコメント。パチューカでの今シーズンの公式戦で10ゴール7アシストを記録している好調ぶりは、こういった考え方から来るものなのだろうか。 2018.05.11 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

パチューカSD、本田圭佑後釜獲得へすでにJリーグを視察か

▽パチューカが、日本代表FW本田圭佑の後釜確保へ日本人選手の獲得を画策しているようだ。メキシコ『マルカ』が伝えている。 ▽2017年7月にミランからパチューカ入りした本田。加入初年度となった今シーズンの公式戦で10ゴール7アシストの活躍を披露して、チームの欠かせない存在となった。そんな同選手は、契約が今シーズン限りとなっており、去就に関して様々な憶測が浮上。新天地はスペインやアメリカになると伝えられている。 ▽パチューカは本田慰留に動くとされているが、今回伝えられるところによると、「次なる本田圭佑」探しを開始しており、日本市場に興味を示しているとのこと。すでにパチューカのスポーツディレクターを務めるマルコ・ガルセス氏は、数日間日本に滞在して試合を観戦したようだ。 2018.05.08 13:22 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑所属のパチューカ、指揮官の退任発表

▽パチューカは4日、ディエゴ・アロンソ監督(43)の退任を発表した。 ▽ウルグアイ人指導者のディエゴ・アロンソ監督は、2015年からパチューカを指揮。2017年に北中米王者としてクラブ・ワールドカップ出場に導いた。 ▽しかし、日本代表FW本田圭佑が加入した今シーズンはリーガMX前期、後期ともに振るわず、優勝プレーオフ進出を逃した。 2018.05.06 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

パチューカ退団示唆の本田圭佑、PO進出逃して今季終了《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカのプレーオフ進出が消滅した。 ▽パチューカは日本時間29日、リーガMX後期(クラウスーラ)最終節でアトラスをホームに迎え、0-0の引き分け。暫定ながらプレーオフ圏内の8位浮上を果たしたものの、翌日に試合を残す同勝ち点の9位プーマスの結果を待つ状況だった。 ▽だが、プーマスはケレタロと1-1のドロー。この結果、プーマスがプレーオフ出場圏内の8位滑り込みを決め、パチューカのシーズン終了が確定している。 ▽なお、本田は29日、自身のツイッター(@kskgroup2017)にて、今シーズン限りで契約満了を迎えるパチューカ退団を示唆。新天地に旅立つ見方が高まっている。 2018.04.30 12:15 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース