シルバ、マテオ君が出産後5カ月を経て退院「永遠の感謝を」2018.05.16 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽息子のマテオ君が退院し、マンチェスター・シティMFダビド・シルバがその喜びを露わにしている。イギリス『BBC』が伝えている。

▽昨年12月に息子のマテオ君を授かったシルバ。ただ、予定より出産が早かったために、早産児としてしばらく入院することに。そのため、同選手は昨年末の2試合を欠場していた。

▽このたび、出産から5カ月を経て、マテオ君の退院が決まったシルバはツイッターで報告。「やっと家に帰れるよ! 長い5カ月だった。医療チームには永遠に感謝したい」と綴った。

▽また、シルバは年末の2試合を欠場したことをファンに謝罪。離脱を許可してくれたジョゼップ・グアルディオラ監督に対しては「永遠の借りがある」として、最大限の賛辞を送った。

「ファンやチームメイト、そしてスタッフに感謝の気持ちを伝えたい。特に監督は僕の状況を理解してくれた。あなたは本当に偉大な人間だ」

▽昨年末、グアルディオラ監督は「家族こそ人生で最も大事なことだ。家族は全てだ。最優先されるべきだ」と、シルバの状況を理解し、チームからの自由な離脱を許可していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール「ペップと仕事がしたい」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(26)は、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の下でのプレーを望んでいるようだ。ブラジル版『ESPN』へのコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨年の夏にバルセロナから史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約283億円)でPSGに入団したネイマール。チーム内での不和が囁かれ、年明けからはレアル・マドリー移籍の噂が多く取り沙汰されているが、本人の心は別の場所にあるようだ。以下のように打ち明けている。 「僕は彼(ジョゼップ・グアルディオラ監督)が去った後に(バルセロナに)入団した」 「本当に彼と仕事がしたいんだ」 ▽グアルディオラ監督は2011-12シーズンまでバルセロナを指揮。ネイマールは2013年夏にバルセロナ加入となったため、同クラブで一時代を築いた名将の教えを受けることができていない。今回の発言がシティ移籍を希望するものかは不明だが、もし“憧れの”グアルディオラ監督からコンタクトがあれば無下にはできないだろう。 2018.05.27 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 5月27日は、フランス代表入りを逃したシティ史上最高額DF

◆アイメリク・ラポルテ 【Profile】 国籍:フランス 誕生日:1994/5/27 ポジション:DF クラブ:マンチェスター・シティ 身長:189㎝ 体重:85kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』5月27日は、マンチェスター・シティのDFアイメリク・ラポルテだ。 ▽ラポルテはフランス人ながら、バスク人限定のビルバオでプレーした珍しい選手。同胞のDFビセンテ・リザラズ氏に続く2人目のプレイヤーだ。 ▽ビルバオに加入したのは2010年のとき。フランスのアヴィロン・バイヨンヌの下部組織からの移籍だった。2012年11月、ヨーロッパリーグのハポエル・イロニ戦でトップチームデビュー。その後およそ5年間の在籍で通算222試合に出場した。 ▽そして、今年1月、クラブ史上最高額となる5700万ポンド(約87億円)の移籍金でシティへの加入が決定。しかし、トッププレイヤーが犇めくシティでは安定した結果が出せず、今季のリーグ戦出場は9試合のみ。ワールドカップ・フランス代表メンバーからも外れている。 ※誕生日が同じ主な著名人 レイチェル・カーソン(生物学者) いっこく堂(腹話術師) ポール・ガスコイン(元サッカー選手) 飯塚悟志(お笑い芸人/東京03) MATSU(ミュージシャン/EXILE) 山根良顕(お笑い芸人/アンガールズ) 柳沢敦(元サッカー選手) ジェルヴィーニョ(サッカー選手/河北華夏) 2018.05.27 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、ペップ熱望のイスコに102億円オファー?

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)に対するマンチェスター・シティの関心が再熱している。 ▽スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督の意向により、シティはイスコを今夏の主要ターゲットに。チームへの素早い順応も期待し、移籍金8000万ユーロ(約101億9000万円)+ボーナスのオファーを用意しているという。 ▽また、イスコもチーム内での序列に不満を抱いている模様。だが、レアル・マドリーは2022年まで残すイスコの契約に7億ユーロ(約891億円)の法外な解除金を設定しており、それをクリアしたオファーにしか応じないとみられる。 ▽今夏のロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表入りを果たしたイスコは、2013年からレアル・マドリーでプレー。今シーズンも熾烈なポジション争いを強いられる中、ここまで公式戦48試合9得点10アシストを記録している。 2018.05.26 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

CL&プレミア両獲りの為に! リバプールがフェキル獲得へ!

▽リヨン退団が濃厚とみられているフランス代表FWナビル・フェキル(24)の新天地は、やはりリバプールになりそうだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽リヨンの下部組織出身のフェキルは2013年にトップチームデビュー。卓越した左足のテクニック、溢れる攻撃センスを武器に2列目を主戦場にリヨンの攻撃陣をけん引してきた。“フランスのメッシ"と評される逸材は、今シーズンの公式戦37試合に出場し22ゴール7アシストを記録している。 ▽移籍市場で最も人気を集める選手の1人であることは疑いようがなく、『デイリー・メール』によると昨年10月にはマンチェスター・シティのディレクターを務めるチキ・ベギリシュタイン氏とアシスタントコーチのミケル・アルテタ氏が視察する姿も目撃されたという。 ▽そういった中、以前からフェキルへの興味が取り沙汰されていたリバプールが、獲得に本腰を入れているとのこと。今月初週に流れた合意報道に関しては、同クラブのユルゲン・クロップ監督が「我々が試合中に移籍を成立させたって? それには、驚きしかないね」と茶化す形で否定したが、その後にプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)と戦う上では戦力に余裕を持たせるべきだという考えに至ったと伝えられている。 ▽なお、移籍金は6000万ポンド(約87億6000万円)になると伝えられており、これは昨年の夏にリヨンからアーセナルに移籍したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの総額5200万ポンド(現在のレートで約75億8000万円)を超えるリヨン史上最高額となる。 2018.05.25 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【2017-18プレミアリーグベストイレブン】王者シティから大半を占める6選手が選出

▽2017-18シーズンのプレミアリーグが終了しました。そこで本稿では今季のプレミアリーグベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆プレミアリーグベストイレブン GK:デ・ヘア DF:ウォーカー、オタメンディ、ヴェルトンゲン、マルコス・アロンソ MF:デ・ブライネ、フェルナンジーニョ、シルバ FW:サラー、ケイン、スターリング GK ダビド・デ・ヘア(27歳/マンチェスター・ユナイテッド) 出場試合数:37(先発:37)/出場時間:3330分 失点数:28<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_105_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユナイテッドのリーグ2位の失点数を支えたのはこの男。驚異的な反射神経と身体能力でビッグセーブを連発し何度もピンチを救った。18度のクリーンシートはリーグ最多の数字だ。 DF カイル・ウォーカー(27歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:32 (先発:32)/出場時間:2787分 得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_106_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽移籍金5000万ポンドでトッテナムから加入したウォーカーはすぐさまグアルディオラ監督のスタイルに順応。効果的な上下運動を繰り返し驚異的な支配率を誇るシティのフットボールを支えた。 DF ニコラス・オタメンディ(30歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:34試合(先発:33)/出場時間:2968分 得点数:4 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_107_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽ペップの下で足元の技術が洗練されたオタメンディは元々の守備力に加えビルドアップ能力も身に着けた。183cmという比較的低身長にもかかわらず空中戦でも強さを見せ、セットプレー時では相手の脅威となった。 DF ヤン・ヴェルトンゲン(31歳/トッテナム) 出場試合数:37(先発:37)/出場時間:3296分 得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_108_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1試合あたりの失点数を「1」以下に抑えたこの男の貢献度は計り知れない。シーズン途中に長期離脱を強いられたアルデルヴァイレルトに代わって抜擢されたダビンソン・サンチェスと鉄壁の“元アヤックスコンビ"を築き、持ち前のキック精度の高さで攻撃陣を後方から支援する姿も見受けられた。 DF マルコス・アロンソ(チェルシー) 出場試合数:33(先発:33)/出場時間:2860分 得点数:7<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_109_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽昨季王者から唯一の選出。昨シーズン、ヴィオラ時代にもプレーしたウイングバックに主戦場を見出したマルコス・アロンソは今季もその攻撃力を遺憾なく発揮。第2節のトッテナム戦での2ゴールや第18節のセインツ戦での決勝点など大事な場面での得点が光った。卓越した左足のプレースキックを武器に低空飛行を続けたチェルシーで一定のパフォーマンスを披露し、今季はスペイン代表デビューも飾った。 MF フェルナンジーニョ(33歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:34(先発:33)/出場時間:2885分 得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_110_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽今季で5シーズン目を迎えた33歳のベテランはこのチームのキーマンとなった。守備からボールを繋ぐ前線への橋渡し役としての重要な役割を完遂。抜群のボール回収能力でシティの怒涛の攻撃を陰からアシストした。 MF ケビン・デ・ブライネ(26歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:37(先発:37)/出場時間:3085分 得点数:8 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_111_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽新設された“アシスト王"の初代受賞者が文句なしの選出。今季のシティはデ・ブライネなしでは語れない。指揮官も「プレミアに彼以上の選手はいない」と舌を巻くほど、今シーズンのデ・ブライネはシュート、パス、ドリブル、いずれをとってもパーフェクトだった。 MF ダビド・シルバ(32歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:29(先発:28)/出場時間:2437分 得点数:9<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_112_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽目まぐるしく入れ替わるチームの中で、今季で8シーズン目を迎えたシルバはシーズンを通してハイパフォーマンスを披露。ザネやジェズス、スターリングら若手をまとめ上げた司令塔には同胞の指揮官グアルディオラからの信頼も絶大だった。 FW モハメド・サラー(25歳/リバプール) 出場試合数:36(先発:34)/出場時間:2920分 得点数:32(PK1) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_113_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽序盤から驚異的なペースで得点を重ね、得点王と共に、今季のプレミア最優秀選手賞を獲得したサラー。抜群のスピードと得点感覚で簡単に得点を奪ってしまう姿は “ファラオ(王)”と呼ぶにふさわしかった。ゴール数だけでなくアシスト数も「11」と、合わせて43ゴールを創出。守備でも献身的に走り、今季のサラーは欠点が見当たらなかった。 FW ハリー・ケイン(24歳/トッテナム) 出場試合数:37(先発:34)/出場時間:3083分 得点数:30(PK2) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_114_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2017年はケインの年になった。プレミア年間36得点&2017年56得点でメッシや、イングランドのレジェンド、シアラーを凌駕。3年連続プレミア得点王とはならなかったものの、キャリアハイの30得点の大台に乗せてきたところはさすがの一言。キャプテンにも任命されたワールドカップでも活躍が期待される。 FW ラヒーム・スターリング(23歳/マンチェスター・シティ) 出場試合数:33(先発:30)/出場時間:2593分 得点数:18(PK1)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_115_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1シーズン18ゴール11アシストは当然のようにキャリアハイの数字で、ゴールに直接絡んだ回数では、チーム内得点王のアグエロを上回る。とりわけ、第3節のボーンマス戦や、第14節のセインツ戦の後半アディショナルタイムでの劇的決勝弾は特筆もの。この勝利がシティの快進撃を支えたのは言うまでもない。 2018.05.25 01:01 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース