ベイル、市場評価額でイスコ&アセンシオに抜かれる2018.05.16 15:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)の市場評価額が、下落している。移籍市場を網羅する『Transfermarkt.com』の数値を基に、スペイン『アス』が報じた。▽ベイルは、2013年夏に1億100万ユーロ(現在のレートで約132億円)の移籍金でトッテナムからレアル・マドリーに移籍。将来のエースと目され、初年度には公式戦44試合22ゴール19アシストの活躍を披露した。しかし、度重なる負傷により徐々にジネディーヌ・ジダン監督の信頼を失うと、今シーズンはここまで公式戦37試合18ゴール8アシストに留まっている。

▽『Transfermarkt.com』によると、ベイルの現在の市場価格は7000万ユーロ(約91億4000万円)。ピークを迎えていた2016年夏の8000万ユーロ(約104億円)から大きく下がり、ともに7500万ユーロ(約97億9000万円)と試算されているチームメイトのスペイン代表MFイスコ(26)、FWマルコ・アセンシオ(22)に抜かれることとなった。

▽2013年にマラガ加入したイスコの移籍金が3500万ユーロ(約45億7000万円)、2014年にマジョルカから加入したアセンシオの移籍金が500万ユーロ(約6億5000万円)であったことを考えると、マドリーのアタッカー陣でどの選手がインパクトを残しているかは明白かもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

カペッロ「私がレアル・マドリーであれば今すぐにイカルディを獲得する」

イタリア人監督ファビオ・カペッロ氏が、指揮官として2度にわたって在籍したレアル・マドリーにインテルFWマウロ・イカルディの獲得を勧めている。<br><br>カペッロ氏はイタリア国営放送『ラディオ・ライ』で、FWクリスティアーノ・ロナウドを放出して得点力不足に喘ぐレアル・マドリーが、イカルディを獲得すべきと説いた。<br><br>「自分はイカルディのファンだ。私がマドリーならば、今すぐに彼を獲得するだろう。彼は最近のC・ロナウドのように、ペナルティーエリア内のスペシャリストなんだ」<br><br>「彼はゴールを見ること、感じることができる。ペナルティーエリアであんな動きを見せられる選手は、ほんのわずかしかいない。エリアに3回ボールを入れたとしたら、3回シュートまで持ち込めるのが彼だ」<br><br>イカルディはバルセロナの下部組織出身。2013年からインテルでプレーし、2014&minus;15シーズン(22得点)、2017&minus;18シーズン(29得点)と2回にわたってセリエA得点王に輝いた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.16 00:59 Tue
twitterfacebook
thumb

シュスター氏、古巣マドリーの“パニックバイ”を危惧

▽現役時代と指揮官としてレアル・マドリーに在籍していた元ドイツ代表MFのベルント・シュスター氏が、得点力不足に悩む古巣の“パニックバイ”を危惧している。同氏がスペイン『アス』で語っている。 ▽フレン・ロペテギ新監督の下で開幕数試合は好調な滑り出しを見せたマドリーだが、直近の公式戦4試合ではいずれも無得点で3敗1分けと深刻な不振に陥っている。 ▽今夏ユベントスに旅立ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの不在を大きく感じる中、今冬の移籍市場ではトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディら大物ストライカーを含め、新たなストライカーの獲得に動くのではないかと伝えられている。 ▽だが、シュスター氏は冬の移籍市場で新たなストライカーを獲得することはリスクが高いと指摘している。 「私であれば、スターやチームを改善させてくれる誰かを獲得したいと考えたとき、冬の時期にはいかなるプレーヤーも獲得することはないと思う」 「個人的に冬の重要な時期にそういった重要なプレーヤーをクラブが放出するとは思っていない。仮に、放出に動くのならば、そのプレーヤーは何らかの問題を抱えているはずだ」 「良いリズムを持ったプレーヤー以外で1月に加入してくることは非常に難しいものだ。そもそも、20ゴールも決められるようなプレーヤーをクラブがシーズン途中に手放したいとは考えない」 「(クリスティアーノ・)ロナウドはゴールを保証してくれるだけではなかった。彼の存在によって対戦相手は少なからず戦い方を変えていた」 「また、時々リーダーの不在を感じる。とりわけ、モスクワでの試合はピッチにリーダーが1人も居なかった。それはあまりに目立っていたよ」 2018.10.15 21:28 Mon
twitterfacebook
thumb

モドリッチ「ジダンと一緒にプレーしてみたかった。僕たちは同じアイデアを共有している」

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、一緒にプレーしてみかった人物として昨季まで指導を受けたジネディーヌ・ジダン氏の名を挙げている。<br><br>バロンドールを主催するフランスのフットボールマガジン『フランス・フットボール』とのインタビューに応じたモドリッチは、史上最高の選手の一人にも数えられるジダン氏について、次のように語っている。<br><br>「ジダンのチームメートになりたかった。僕たちはフットボールをプレーすることにおいて、同じアイデアを共有しているんだ」<br><br>モドリッチは、フットボーラーとしてのジダン氏を称賛し続けてきた。ジダン氏がレアル・マドリーを率いていた頃には、同氏のことを「フットボール」そのものと形容し、「彼とはフットボールについてよく話をする。彼もそういうことを話すのが好きなんだ」とも語った。<br><br>ジダン氏は昨季限りでレアル・マドリー監督の座を辞したが、モドリッチは物寂しさも感じているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 21:24 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、6度目の欧州制覇に貢献したレジェンドのセレナ氏が逝去

▽レアル・マドリーは15日、1963年~1968年までクラブに在籍していた元スペイン代表MFのフェルナンド・セレナ氏(享年77)の逝去を発表した。 ▽1963年から5年間マドリーに在籍したセレナ氏は、在籍期間に公式戦86試合に出場し15ゴールを記録。この間に4度のリーガエスパニョーラ、1度のチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)のタイトルを獲得。その後、オサスナやエルチェを経てサン・アンドレウでキャリアを終えている。 ▽セレナ氏をエル・ブランコのレジェンドの1人にしたのが、1965-66シーズンにブリュッセルで開催されたチャンピオンズカップの決勝のパルチザン戦だった。セレナ氏は同試合でチームを逆転勝利に導く見事なロングシュートを叩き込み、2-1の逆転勝利に貢献。マドリーに6度目の欧州王者のタイトルをもたらす立役者となった。 2018.10.15 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

手招き? セルヒオ・ラモスがケインを褒めちぎる

▽スペイン代表は、15日に行われるUEFAネーションズリーグでイングランド代表と対戦する。レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがその一戦に先駆け、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(25)を大絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽2010年にトッテナムでプロデビュー以降、2度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして名を馳せるケイン。その活躍ぶりから近年、レアル・マドリーら有力クラブの関心が囁かれ、動向に注目が集まり続けている。 ▽そのケインを擁するイングランド代表とスペイン代表の一員としてセルヒオ・ラモス。その一戦を前に、自身も所属するレアル・マドリー行きが取り沙汰されるケインについて、リーガエスパニョーラでも成功できる能力者として太鼓判を押した。 「プレミアリーグで輝く選手の大半はフィジカル的に優れた選手だが、その中にも質の高い選手もいる」 「ハリー・ケインは本当にフィジカルの強い点取り屋だけど、その中に巧みさもあって、対峙するDFを驚かせる。僕もその1人だ」 2018.10.15 11:45 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース