アザール「頼む、良い選手を獲ってきてくれ。優勝したいんだ」2018.05.16 15:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、クラブにある要求をしている。

▽現在2020年までクラブと契約を結んでいるアザール。今季リーグ5位という結果を受けて、同選手はチェルシーが再びプレミア優勝にチャンレンジする必要があると説いている。

▽ジネディーヌ・ジダンが憧れの選手と公言していることもあり、レアル・マドリーへの移籍話が頻繁に伝えられているアザール。クラブと契約延長するためには何が必要かを尋ねられると、「新しい選手の到着を待っている」として、以下のように続けた。

「良い選手が欲しい。来季はプレミアで優勝したいからね。これが僕が時間を取っている理由さ。とても大事なことなんだ。あらゆることを考えないといけない。確かなのはここで幸せだということだよ」

▽また、アザールは19日に行われるマンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ決勝にも触れた。

「それが僕の最後に試合にはならないと思う。今シーズンの最後の試合ではあるけどね。僕の心はここにある。土曜日に大きな試合がある。本当に勝ちたいよ」

「僕らは“チェルシー”なんだ。毎シーズントロフィーを獲得しなければならない。現時点では何も持っていないし、チャンピオンズリーグも逃した。このままだと悪いシーズンになってしまう」

「チャンピオンズリーグに出られないのなら、トロフィーを獲得する必要がある。僕はFAカップで優勝したことがないんだ。僕と、そしてチェルシーのために優勝できることを願っている。全力を尽くすよ」

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、サッリと大筋合意!

▽チェルシーが、ナポリ指揮官からの退任が明言されているマウリツィオ・サッリ監督(59)と大筋合意に至ったようだ。イタリア版『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015年からナポリの指揮を執り、魅力的な攻撃的サッカーを展開するチームを作り上げたサッリ監督。就任3年目を迎えた今シーズンは、開幕から8連勝を飾るなど冬の王者に輝いたが、結果的にはユベントスに史上初の7連覇を許し、1989-90シーズンぶりのスクデット獲得は叶わず。23日、ナポリのアレリオ・デ・ラウレンティス会長により退任が発表された。 ▽サッリ監督の新天地はチェルシーが濃厚とみられており、今回の『スカイ・スポーツ』の報道によると既に大筋合意に至っている模様。しかし、チェルシーは19日にFAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドを1-0破り優勝したため、現・指揮官のアントニオ・コンテ監督解任に1750万ポンド(約25億5000万円)を支払う必要があるという。 ▽とはいえ、本来であれば2020年までナポリと契約を結んでいたサッリ監督の契約解除金700万ポンド(約10億2000万円)は5月31日を以って失効に。ナポリが既にカルロ・アンチェロッティ監督の就任を発表していることもあり、大きな障害にはならなさそうだ。 2018.05.27 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼニト、サッリ監督の招へいを断念… 新監督には長年コーチを務めたセマク氏を招へいか

▽ロベルト・マンチーニ監督の後任としてナポリを退任したマウリツィオ・サッリ監督の招へいを目指していたセニトだが、これを断念したようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 ▽昨夏に就任したマンチーニ監督が、イタリア代表監督就任に伴い退任したゼニト。報道によれば、ゼニトはマンチーニ監督の後任にナポリを退任したサッリ監督の招へいを目指していたが、同監督はチェルシーの新監督就任が秒読み段階に入ったため、これを断念。新監督には今季ロシア1部のウファを率いていたセルゲイ・セマク氏(42)を招へいするようだ。 ▽2013年に現役を引退したセマク氏は、同年にゼニトのアシスタントコーチに就任。ルチアーノ・スパレッティ氏(現・ローマ監督)、アンドレ・ビラス・ボアス氏、ミルチェア・ルチェスク氏(現・トルコ代表監督)の下でコーチを務め、2014年3月には、暫定監督として2試合指揮を執った。 2018.05.27 05:30 Sun
twitterfacebook
thumb

サッリ招へい有力のチェルシー、イグアイン獲得へ?

▽チェルシーは、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)との契約に動く可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽昨シーズンまでナポリを率いたマウリツィオ・サッリ氏の招へいが有力視されるチェルシー。同氏はかつてナポリで師弟関係を築き、特長を知り尽くすイグアインを今夏における獲得候補の上位にリストアップしており、イタリア代表FWアルバロ・モラタを取引に含めることも考えられる模様だ。 ▽現時点でユベントスに売却意思こそないものの、年俸750万ユーロ(約9億5000万円)のクラブ最高給者であるイグアインは今年12月で31歳。パリ・サンジェルマンも関心を示しているとみられる同選手に5500万ユーロ(約70億円)程度のオファーが届けば、交渉に応じる余地もあるという。 ▽セリエA屈指の点取り屋として名を馳せるイグアインは、2013年夏にレアル・マドリーからナポリ入り。2016年夏からユベントスに活躍の場を移した。今シーズンは公式戦50試合に出場して23得点8アシストをマーク。ユベントスのセリエA7連覇、コッパ・イタリア4連覇に貢献している。 2018.05.26 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ランパード監督誕生へ

▽元イングランド代表でチェルシーのレジェンドであるフランク・ランパード氏(39)が、監督就任に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽先日、レンジャーズの指揮を執ることが発表されたスティーブン・ジェラード監督に続いて、イングランドのレジェンドがもう一人、指導者としての道を歩み始めようとしている。しかし、そのクラブはチェルシーではなく、チャンピンシップのダービーのようだ。 ▽ダービーは今季のチャンピオンシップで6位に入った。昇格プレーオフまで進んだが、フルアムに敗れ、決勝進出とはならず。先日には、ゲイリー・ローウェット監督がストーク・シティに引き抜かれて空席に。そこでランパード氏に白羽の矢が立ったという。 ▽ランパード氏も「今年はチェルシーで沢山の経験を積んだ。適切な時が来たらそれ(監督就任)について真剣に考えないといけない」と自身の去就について示唆していた。 ▽なお、“ランパード監督”誕生の発表は来週中にも伝えられるようだ。 2018.05.26 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、イカルディに44億円+モラタのオファー?

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)にチェルシー移籍の可能性が浮上した。スペイン『Cadena Ser』が伝えている。 ▽プレミアリーグ連覇どころか、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も逃したチェルシー。その中で、アントニオ・コンテ監督の希望により、昨夏にレアル・マドリーから加入したスペイン代表FWアルバロ・モラタも期待に応えられず、苦しいシーズンを過ごした。 ▽既報によれば、イタリア復帰を希望しているモラタは最近、古巣ユベントスの首脳陣と会談。チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏は、コンテ監督の解任に伴い、モラタの放出も検討しており、後釜としてインテルの点取り屋に目を光らせているという。 ▽インテルは、そのイカルディの移籍金として1億1000万ユーロ(約140億8000万円)を要求。だが、この額に難色を示すチェルシーは、移籍金3500万ユーロ(約44億8000万円)に加えて、モラタを差し出すことで、高額な移籍金の捻出を避けたい思惑がある模様だ。 ▽また、現時点でインテルにイカルディ売却の意思はないものの、最終決定権は選手自身にある様子。インテルのルチアーノ・スパレッティは最近、「退団を希望する者を止めることはできない。様子を見よう。自信はあるけどね」と語っている。 2018.05.25 16:05 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース