アザール「頼む、良い選手を獲ってきてくれ。優勝したいんだ」2018.05.16 15:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、クラブにある要求をしている。▽現在2020年までクラブと契約を結んでいるアザール。今季リーグ5位という結果を受けて、同選手はチェルシーが再びプレミア優勝にチャンレンジする必要があると説いている。

▽ジネディーヌ・ジダンが憧れの選手と公言していることもあり、レアル・マドリーへの移籍話が頻繁に伝えられているアザール。クラブと契約延長するためには何が必要かを尋ねられると、「新しい選手の到着を待っている」として、以下のように続けた。

「良い選手が欲しい。来季はプレミアで優勝したいからね。これが僕が時間を取っている理由さ。とても大事なことなんだ。あらゆることを考えないといけない。確かなのはここで幸せだということだよ」

▽また、アザールは19日に行われるマンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ決勝にも触れた。

「それが僕の最後に試合にはならないと思う。今シーズンの最後の試合ではあるけどね。僕の心はここにある。土曜日に大きな試合がある。本当に勝ちたいよ」

「僕らは“チェルシー”なんだ。毎シーズントロフィーを獲得しなければならない。現時点では何も持っていないし、チャンピオンズリーグも逃した。このままだと悪いシーズンになってしまう」

「チャンピオンズリーグに出られないのなら、トロフィーを獲得する必要がある。僕はFAカップで優勝したことがないんだ。僕と、そしてチェルシーのために優勝できることを願っている。全力を尽くすよ」
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーレジェンド・チェフ、引退後はスタンフォード・ブリッジ帰還か

アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフは、引退後はチェルシーに戻るのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 先日15日に、今シーズン限りで現役から身を引くことを発表したチェフ。今年でプロ20年目という節目での決断に、かつてチェルシーで師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ氏は「フットボール界の大きな損失」と表現した。 そのチェルシーでは、2004年にスタッド・レンヌから加入し2015年までプレー。公式戦出場は494試合を数え、チャンピオンズリーグ(CL)1度、プレミアリーグ4度を含む15度の戴冠を経験。個人としても、欧州最優秀GK賞を4度、プレミアリーグ・ゴールデングローブを4度獲得している。 そしてブルーズは、クラブのレジェンドを迎え入れる準備をしているようだ。アンバサダーやGKコーチなどのポジションを用意しており、チェフ自身もすでに将来的な監督業を見据えて、ライセンス取得に取り掛かっているという。 2019.01.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、チェルシー行きの噂が流れているものの現状に幸せを感じていると話した。<br><br>今冬の移籍市場が開幕した1月上旬から、ストライカーの獲得を目指すチェルシーがカバーニの獲得に興味。ウルグアイ代表FWの獲得に向けてPSGに5000万ポンド(約70億円)を支払う意思があったと考えられていた。過去にはネイマールとの不仲説が報じられ、退団に大きく傾いていたとされる同選手だが『Goal』に対して、フランスの地でプレーすることに喜びを感じており、今後も同チームの一員としてプレーしたいとの考えをあらわにした。<br><br>「フットボールだけではなくて、人生においても、人として常に成長しようと努力し、目標を持つ必要があると思う。僕の目標は毎年同じだ。勝利すること、100%のコンディションを維持すること、PSGとともにできる限り歩み続けることだ。個人的に難しい時期を送っているけれど、ハードワークを続けることだけが成功や結果につながる唯一の方法だと思う。常に100%で取り組み、チームメイトのためにベストを尽くしたい」<br><br>「アップダウンのある困難な時だとしても、僕を妨げるものは何もない。なぜなら選手である限りキャリアの中で我慢するときは誰にだって必ず訪れるとわかっているからだ。チームを助けたいと考えているからこそ、ゴールを奪えない状況に満足できないのは当然だ。ゴールを奪うことはセンターフォワードとしての僕に課された役割だ」<br><br>昨夏に就任したトーマス・トゥヘル監督の下、PSGはここまでリーグ戦で無敗を維持し、2位以下に勝ち点13差をつけて独走。ここ7年間で6度目のリーグ・アン制覇もすでに手中に収まっていると考えられている。さらに、チャンピオンズリーグでも強豪ひしめくグループを首位で通過するなど好調をキープする。これを受け、カバーニは今シーズンよりチームを率いるドイツ人指揮官の手腕を称賛した。<br><br>「コーチがチーム内のポジティブな雰囲気を作り出している。それに、フィールド内外で選手たちが少しずつ今まで以上に繋がりを持てるように彼が管理している。これは簡単なことではない。でも、僕たちは団結していると感じているし、友達のような気分だ。僕たち全員はこの状態が続いてほしいと願っている。ゆっくりだけれど、確実にチームとしてさまざまな局面に向かい合うことができている。このことが僕たちをさらに上のレベルへ導いてくれると信じている」<br><br>一方で、9日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ準々決勝では、ギャンガンに1-2で敗れて6連覇の夢が潰えた。この敗戦についてカバーニは「フットボールでは起こり得ること」と話し、以下に続けた。<br><br>「ときどき全員が揃って戦えるけれど、ある時には何人かの選手が出場できず、代わりの選手を必要とするときがある。これは至って普通のことだ。2019年の始まりに過ぎないし、僕たちはウィンターブレイクを取っていた。カップ戦での戦いは終わったけれど、シーズン前半でチャンピオンズリーグのグループリーグ突破を決め、リーグ戦では首位を走っている。他のチームも良くなっているけれど、僕たちだってこれからも力をつけていけるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 19:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ラビオ争奪戦が再加熱…イングランド勢も参戦へ

リバプールとチェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズン限りでPSG退団が決定的なラビオに関しては、今夏にフリーでのバルセロナ加入が盛んに報じられている。しかし、PSGは少しでも移籍金を得るために安価でも売却に応じる可能性があると各紙から報じられている。 そこで、今回伝えられているのが、アーセナルやリバプール、そしてチェルシーだ。中でも、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスをモナコに売却したチェルシーは、その後釜としてフランス代表MFに熱視線。PSGが要求しているとされる1350万ポンド(約19億円)と、高額な年俸を支払うことにやぶさかでない模様だ。 バルセロナ行きの可能性が高いと報じられていたラビオだが、ここにきて様々なクラブからの関心が伝えられている。PSG退団は確実視される中、23歳プレーメーカーは新天地をどこに選ぶのだろうか。 2019.01.16 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、セスク後釜確保へ! ゼニトに2度目のオファー

チェルシーがゼニト所属のアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)獲得に向けて、2度目のオファーを出したようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 スペイン代表MFセスク・ファブレガスをモナコに売却したチェルシーはその後釜獲得に尽力している。カリアリのU-21イタリア代表MFニコロ・バレッラ(21)にも関心を寄せているとされる中、ここ数日は、より安価で可能性の高いパレデスに力を注いている模様。 伝えられるところによると、チェルシーはすでに推定2700万ポンド(約37億7000万円)のオファーを拒否されており、この度2度目のオファーとして、3120万ポンド(約43億5000万円)を用意したようだ。 ゼニト側はアルゼンチン代表MFの放出に3600万ポンド(約50億円)を要求しているようだが、選手本人もチェルシー移籍に前向きであるため、今回のオファーを承諾する構えだと見られている。 なお、チェルシーはパレデスに対し、週給8万ポンド(約1100万円)の4年半契約を提示しているようだ。 2019.01.16 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、スアレスのバックアップにジルーを注視か

バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(32)を注視しているようだ。スペインメディアのレポートを引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 昨年1月に1年半契約でアーセナルからチェルシーに加入したジルー。しかし、今シーズンからブルーズを率いるマウリツィオ・サッリ監督からは絶対的な信頼は得られておらず、今シーズンもここまでプレミアリーグ17試合に出場しているが先発出場は6試合に留まっている。 バルセロナからは今冬にFWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍しており、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのバックアッパーが不在となっている。そのため、センターフォワードの確保にプライオリティーを置いていることがスペイン各紙に報じられていた。 今回伝えられるところによれば、バルセロナはジローナに所属するウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(32)をトップターゲットに挙げている。同選手には契約解除金1500万ユーロが設定されており、交渉が難航した場合は、今夏フリーになるジルーに切り替える可能性があるようだ。 2019.01.15 22:33 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース