大迫勇也、加入報道のブレーメンに「抜群にマッチする可能性」!?2018.05.16 11:59 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンの地元紙『ヴェーザー・クーリエ』が、同クラブ入団間近と伝えられるケルンの日本代表FW大迫勇也について取り上げた。ドイツ『キッカー』が伝えている。

▽大迫が所属するケルンは、今シーズンのブンデスリーガを最下位で終え、2部降格が決定。ブレーメンの補強リストに入っていた大迫は、関心を寄せられているとされ、すでにメディカルチェックを受けたとの報道も伝えられている。

▽そんな中、『ヴェーザー・クーリエ』は大迫について分析。「トップ、ウイング、トップ下でのプレーが可能だが、点取り屋でもなく、ドリブラーでもなく、典型的なトップ下のタイプでもない。チームへの組み込みが難しい選手」と指摘しながらも「セカンドトップとして興味深い選手。ラインの間で動き回り、スリムな体で屈強な相手からうまくすり抜けて、ゴールに向かうことが可能。最大の特徴はテクニックの高さ」と評価している。

▽また、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督か掲げる「ウイングが積極的に中央へ仕掛け、FWとのコンビネーションサッカーで打開していくスタイル」には抜群にマッチする可能性があると見方を示した。

コメント

関連ニュース

thumb

デビュー戦ゴールの大迫勇也をドイツメディアも高評価!「ヘディングモンスターだ」

ブレーメンでのデビュー戦で早速ゴールを挙げた日本代表FW大迫勇也を、ドイツメディアも高く評価している。<br><br>18日に行われたDFPポカール1回戦で、ヴォルマティア・ヴォルムスと対戦したブレーメン。この試合で先発した大迫は、9分にヘディングで先制点を奪った。チームの6-1という大勝に大きく貢献している。<br><br>新天地でのデビュー戦で早くも結果を残した日本代表FWに対し、ドイツ『kreiszeitung』も「2」と高い評価を与えている。<br><br>「ヘディングモンスターだ! (プレシーズンマッチの)ビジャレアル戦でもゴール。あれは缶のフタを開けるものだった。右サイドで遊び心を発揮したが、まだ新たな仲間とのコンビネーションは完璧ではない」<br><br>なお、最高点は大迫の先制弾をアシストしたフロリアン・カインツで、最高点の「1」となった。<br><br>素晴らしい新天地デビューを果たした大迫。ロシア・ワールドカップでも飛躍した28歳は、今季何ゴール奪えるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.08.19 08:10 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫がブレーメンデビュー戦で先制ゴール! 長谷部フル出場の昨季王者フランクフルトはまさかの初戦敗退《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が18日にドイツ各地で行われた。ヴォルマティア・ヴォルムスとのアウェイ戦に臨んだブレーメンのFW大迫勇也は、先発して移籍後初ゴールを決め、66分に交代している。チームは6-1で圧勝した。 ▽ブレーメンでのデビュー戦となった大迫は、4部に属するヴォルマティアに対し、[4-3-3]の右ウイングで先発。その大迫は9分に先制点をもたらす。左サイドからのFKをボックス中央の大迫がヘッドで合わせると、シュートがゴール右に決まった。 ▽攻勢に出るブレーメンは21分、カインツのミドルシュートが決まって追加点を奪うと、31分にはクルーゼのスルーパスをボックス右で受けたバルグフレーデがシュートを流し込んで3-0。さらに41分にはクルーゼのPKも決まって4-0としたブレーメンは1点を失うも、追加タイム1分に相手のクリアミスを突いてマキシミリアン・エッゲシュタインが決め、前半で勝負を決定付けた。 ▽後半、66分に大迫をお役御免としたブレーメンは、さらに1点を追加し、6-1で大勝。危なげなく初戦を突破している。 ▽SSVウルムとのアウェイ戦に臨んだ昨季王者のフランクフルトMF長谷部誠は、フル出場したもののチームは1-2で敗戦し、まさかの初戦敗退に終わった。MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽バイエルンとのDFLスーパーカップに続いて3バックの中央で先発となった長谷部は、ビルドアップの起点となる働きを見せるも、チームは4部相手に互角の攻防を強いられてしまう。そして後半開始3分、FKの流れから先制を許してしまった。さらに75分にも失点したフランクフルトは、90分に1点を返すも1-2で敗戦。公式戦2連敗スタートとなっている。 ▽バイエルンはドロホターゼン・アッセルとアウェイで対戦し、1-0で勝利。主力を投入したバイエルンは、4部相手に苦戦する。それでも終盤の82分、左サイドをリベリが突破してマイナスのクロスを折り返すと、ゴレツカのミドルシュートをゴール前のレヴァンドフスキがコースを変えてネットを揺らした。これが決勝点となってバイエルンが苦しみながらも初戦を突破している。 2018.08.19 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫加入のブレーメン、新主将に元ドイツ代表FWクルーゼが就任

▽日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは8日、元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(30)が新キャプテンに就任したことを発表した。 ▽2007年にブレーメンでプロデビューしたクルーゼは、出場機会を求めて2009年にザンクト・パウリに完全移籍。その後、フライブルクやボルシアMG、ヴォルフスブルクでのプレーを経て、2016年の夏にブレーメンに復帰した。ドイツ代表キャリアにおいては、2013年にA代表デビューすると、これまで通算14試合4得点を誇る。 ▽ブレーメンは、昨シーズンまでオーストリア代表MFズラトコ・ユヌゾビッチがキャプテンとしてチームをけん引していたが、今夏に退団。クルーゼが後を引き継ぐことになった。 ▽新キャプテン就任したクルーゼは、公式サイトで「監督やクラブから大きな信頼を感じたから僕はキャプテンを引き受けた。僕はこの役割がもつ責任を認識している。これからもチームのために最善を尽くしていくつもりだ」 2018.08.08 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がブレーメンを選んだ理由「他のクラブは選択肢に入らなかった」

ヴェルダー・ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也が、移籍先の候補の中からブレーメンを選んだ理由を語っている。『マイン・ヴェルダー』が報じた。<br><br>2014年に1860ミュンヘンへ移籍して以来、およそ4年間に渡ってブンデスリーガでプレーする大迫。昨季はケルンで公式戦32試合に出場6ゴールを記録したが、クラブの降格に伴い新天地を求め、来季はブレーメンでプレーすることとなった。<br><br>大迫は「他に選択肢として考慮するクラブはありませんでした」と話し、ブレーメンを選んだ理由を語っている。<br><br>「フロリアン・コーフェルト監督の下で、ヴェルダーは攻撃的で、魅力的なフットボールをしていました。それでいて成功も収めていました。監督と話し、新シーズンもこういうスタイルでやると教えてくれたので」<br><br>また、お気に入りのポジションについて「10番か9番。その辺りでプレーしたいですね。ウイングとしてもプレーできますけど」と語っている。<br><br>新天地では8番を背負う大迫。攻撃的なスタイルを掲げるチームで輝きを放つことはできるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.06 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレーメンがW杯でも活躍したスウェーデン代表DFアウグスティンションと早期契約延長

▽大迫勇也が所属するブレーメンは5日、スウェーデン代表DFルドヴィグ・アウグスティンション(24)との契約延長を発表した。ドイツ『キッカー』によると、新たな契約期間は2022年までとなる。 ▽アウグスティンションは、2017年7月にコペンハーゲンからブレーメンに加入。2017-18シーズンは左サイドバック、左サイドハーフとしてブンデスリーガで29試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 ▽また、スウェーデン代表としてロシア・ワールドカップに出場。5試合にフル出場し、グループステージ第3戦のメキシコ代表戦ではゴールも記録。チームのベスト8進出に貢献していた。 2018.08.06 11:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース