20日等々力開催のJ1第15節川崎Fvs清水、チケット完売…中断期間前最後の一戦2018.05.16 10:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽川崎フロンターレは15日、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第15節清水エスパルス戦におけるチケット完売を発表した。

▽川崎Fはクラブ公式サイトを通じて「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービス・遅割は実施いたしません」「予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります」「最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」とアナウンスしている。

▽ロシア・ワールドカップによる中断期間前最後の一戦となるJ1第15節。満員の等々力陸上競技場で、現在7勝3分け4敗で4位につける川崎Fが、5勝3分け6敗で9位に位置する清水を迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】前節劇的決勝点の札幌MFチャナティップが出場停止

▽Jリーグは20日、明治安田生命J1リーグ第24節およびJ2リーグ第30節の出場停止選手を発表した。 ▽次節は、19日のJ1第23節FC東京戦で劇的決勝点を決めた北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップが、警告の累積により1試合の出場停止に。 ▽また、J2では栃木SCのブラジル人MFヘニキが、警告の累積により出場停止。今シーズンは、同様の処分を以前にも受けていたため、停止期間は2倍の2試合となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MFチャナティップ</span>(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第24節 vs清水エスパルス(8/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MFヘニキ</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第30節 vsロアッソ熊本(8/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 明治安田生命J2リーグ第31節 vsファジアーノ岡山(9/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 ※同じ大会で、同じ種類の出場停止処分を受けた場合、出場停止処分は2倍 2018.08.20 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第23節】タイのメッシが大逆転劇完遂の驚愕弾!

▽明治安田生命J1リーグ第23節の9試合が19日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台/初選出) ▽好守連発でG大阪の攻撃を1失点にまとめ上げる。3連勝を飾ったチームの影に守護神の活躍あり。 DF金井貢史(名古屋グランパス/2回目) ▽名古屋加入後3発目。下位直接対決となる鳥栖との一戦でも持ち前の攻撃センスを遺憾なく発揮した。 DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/2回目) ▽試合を通じて安定したディフェンスを披露。仕上げの一発も決め、攻守において多大なる貢献度を誇った。 DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初選出) ▽絶妙なカバーリングで最終ラインを統率。ピンチの芽を積むプレーも少なくなく、会心の逆転勝利を呼び込んだ。 DF丸橋祐介(セレッソ大阪/2回目) ▽プロ初ヘッドでチームトップタイの今季6得点目。さらに、アシストもマークし、チームの連勝に貢献した。 MF遠藤康(鹿島アントラーズ/2回目) ▽2試合連続の決勝弾。胸トラップからの鮮やかな左足ボレーでネットを揺らす姿で鹿島ファンを沸かした。 MF守田英正(川崎フロンターレ/4回目) ▽首位攻防戦で躍動。チームトップの走行距離をマークするなど、試合を重ねるごとに攻守に存在感を示しつつある。 MFチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌/2回目) ▽スーパーな一発が2点差をひっくり返す大逆転劇の決勝点に。もはやチームの攻撃に欠かせない選手の1人に。 FW前田直輝(名古屋グランパス/3回目) ▽今節の鳥栖戦でも1得点1アシストを記録し、ジョー不在で不安視された攻撃陣を牽引。勢いが止まらない。 FW小林悠(川崎フロンターレ/3回目) ▽敵地での首位攻防戦で1点を追う中で圧巻の2ゴール。決める部分で違いとなり、逆転Vへの望みをつないだ。 FW西村拓真(ベガルタ仙台/4回目) ▽自身初のリーグ戦二桁得点を達成した勢い継続。3戦連発となる得点で逆転劇の火口を切る。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎DF髙杉亮太、Jリーグ通算300試合出場を達成! 「こんなに長くプレーできるとは思っていなかった」

▽V・ファーレン長崎は19日、DF髙杉亮太(34)がJリーグ通算300試合出場を達成したことを発表した。 ▽髙杉は、19日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J1リーグ第23節のセレッソ大阪に先発出場したことで達成。なお、内訳はJ1リーグ21試合、J2リーグ279試合となっている。 ▽髙杉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「こんなに長くプレーできるとは思っていませんでしたけど周りの方々に、長崎の方々に支えられてここまで来ることができたと思います。トータルでみたら負けている試合の方が多いと思いますけどそういう中でもJ1でプレーできるようになっているし、結果で恩返ししていきたいと思います」 ▽髙杉は2006年に明治大学からFC町田ゼルビアに入団。その後、愛媛FCでの6年間のプレーを経て、2013年に長崎に加入した。初のJ1リーグ挑戦となった今シーズンは、21試合に出場して1ゴールを記録。現在チームは最下位に沈んでいるものの、主将としても奮闘している。 2018.08.19 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大久保移籍後初弾! 柏破った磐田が3試合ぶり白星《J1》

▽19日にヤマハスタジアム行われた明治安田生命J1リーグ第23節のジュビロ磐田(10位/勝ち点28)vs柏レイソル(13位/同26)は、ホームの磐田が2-0で勝利した。 ▽磐田は、田口が出場停止で欠場。松本、上原、大久保がスタメン復帰した。対する柏は、前節と同じ11名を先発に並べ、今夏加入のオルンガが移籍後初のベンチ入りを果たした。 ▽試合は7分に動く。相手の不安定なボールの受け渡しを見逃さなかった山田がインターセプト。すぐさま縦パスを入れると、これに反応した松本が最終ラインの間を抜け出してシュートをゴール左隅に決め、磐田が先制する。 ▽攻勢続く磐田は13分、ボックス右深くに侵攻した森下が中央に折り返すと、こぼれ球を拾った森下がゴール前の大久保にボールを繋ぎ直す。これを大久保が確実に沈め、J通算200得点となる移籍後初ゴール。柏を引き離した。 ▽前半の早い時間帯に2点を追う展開を強いられた柏は、ボールの主導権を握りながら攻撃の糸口を探る。38分に左サイドで得たFKから手塚のクロスにナタン・ヒベイロが頭で合わせるが、GKカミンスキーにセーブされる。 ▽2点リードで試合を折り返した磐田。迎えた後半も柏の反撃を受ける格好になるが、最後の部分で粘り強く対応していく。すると、柏は60分、クリスティアーノとデビュー戦となるオルンガを投入。攻撃の活性化を図る。 ▽続く79分に最後の交代枠で中川をピッチに送り込んだ柏だが、ゴールが遠く、磐田が3試合ぶりの白星で連敗を「2」でストップ。柏は2試合ぶりの黒星を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

郷家J初弾など2発で神戸が完勝! 湘南は手痛い3連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節の湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸が、19日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽連敗中の12位湘南(勝ち点26)は、1-4で敗北した前節のベガルタ仙台戦から4名変更。高橋、藤田、菊池、梅崎に代えて、アンドレ・バイア、高山、石川、野田を起用した。 ▽2試合負けのない4位神戸(勝ち点33)は、1-1で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。ティーラトン、藤田、郷家、ウェリントンに代えて、アフメド・ヤセル、橋本、三田、長沢を起用した。アフメド・ヤセルと長沢は、加入後初のスタメンとなった。 ▽立ち上がりから、イニエスタを中心にボールを繋ぎつつ神戸が優勢に試合を進行。5分、イニエスタのパスを受けた古橋が放ったボックス手前中央からのシュートは相手DFにブロックされたが、湘南ゴールを脅かした。 ▽反撃に出る湘南には、25分にチャンスが訪れる。左サイドでボールを持った高山がクロスを入れると、DF渡部に跳ね返される。こぼれ球に反応した岡本がシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。 ▽37分、神戸が先制に成功する。相手陣内中央付近でポドルスキからのパスを受けたイニエスタが、ボックス内に柔らかい浮き球のパスを入れる。湘南DF2人を相手に競り勝った長沢が頭で落とし、反応した三田が豪快に蹴り込んだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽神戸が1-0のリードで試合を折り返して迎える後半。両チームともにハーフタイム中の選手交代を敢行する。湘南は野田に代えてアレン・ステバノヴィッチを投入し、神戸は古橋に代えて郷家を送り出した。 ▽後半は、豊富な運動量を誇る湘南が主導権を握るが、神戸DFが決定的なシーンを作らせない。64分には、ボックス手前でボールを持った石川がミドルシュートを狙ったが、枠をわずかに右へ外れる。 ▽耐える時間の長い神戸だが、76分に鋭い一撃を浴びせる。右サイドでボールを受けたポドルスキが、縦にドリブルで侵攻して左足でシュートを放つ。GK秋元が弾いたところを、詰めていた郷家が押し込んだ。郷家にとっては、J初ゴールとなっている。 ▽なんとしても得点が欲しい湘南は、78分にボックス手前でボールを持った山根が豪快に右足を振り抜く。すると、鋭く変化するボールが枠を捉えたが、GKキム・スンギュの好守が阻んだ。 ▽湘南は、試合終了間際の89分にもカウンターから放たれた山崎のシュートが左ポストに嫌われるなど、最後まで得点に恵まれず。結局、神戸がリードを保ったまま試合が終了した。 ▽この結果、神戸は3試合負けなしと好調を維持。湘南は、3連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 21:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース