マドリーに朗報! C・ロナウド&カルバハルが練習復帰2018.05.16 09:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、スペイン代表DFダニエル・カルバハルが15日の全体練習に復帰した。クラブ公式サイトが伝えている。▽C・ロナウドは6日に行われたリーガエスパニョーラ第36節のバルセロナ戦で足首をねん挫。その影響で9日のセビージャ戦、12日のセルタ戦を欠場していた。

▽一方のカルバハルは、4月25日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝1stレグのバイエルン戦でハムストリングを負傷。これまでCL決勝を目途にフィットネス・プログラムを消化していることが伝えられていた。

▽レアル・マドリーは、19日にリーガエスパニョーラ最終節でビジャレアルと対戦。その後、26日にチャンピオンズリーグ決勝のリバプール戦を迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

バジェホが今季4度目の筋肉系トラブルで約1カ月の離脱へ…右手骨折のベンゼマは週末セビージャ戦翌日に手術か?

レアル・マドリーは16日、DFヘスス・バジェホが左足ハムストリングにグレード2の損傷を負ったことを発表した。 今季ここまで3度の筋肉系のトラブルで欠場が続いているバジェホは今週行われたトレーニングセッションで再び負傷。負傷直後には涙を流し、サンティアゴ・ソラーリ監督に慰められる一幕もあった。 そして、このケガによってバジェホは最低1カ月程度の戦線離脱を強いられる見込みだ。 また、バジェホと同様に先週末のベティス戦で右手の小指を骨折したFWカリム・ベンゼマに関しては20日に手術を受けることになる模様だ。 スペイン『マルカ』が伝えるところによれば、前線に負傷者が目立つマドリーは19日にセビージャとの上位対決を控えており、ベンゼマを同試合で起用したい意向のようだ。 2019.01.16 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ、C・ロナウド加入で「CL制覇は夢から目標に」

ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入でヨーロッパ制覇が夢ではないと語っている。 ユベントスは近年チャンピオンズリーグ(CL)優勝を目標に掲げ、ヨーロッパ王者を目指してきたが、ここ2年間レアル・マドリーによってそれを阻まれてきた。中でも当時マドリーに所属していたC・ロナウドには、2016-17シーズンの決勝(4-1でマドリーが勝利)で2得点、2017-18シーズンの準々決勝(2戦合計スコア4-3でマドリーが勝利)で3得点を奪われるなど、苦汁を飲まされてきた。 そんなユベントスは、今シーズンそのC・ロナウドを獲得。キエッリーニは、これでCL制覇への準備が整ったと主張した。 「クリスティアーノは、何度も何度も僕らに対してゴールを奪ってきた。そして何度も僕らの夢を打ち砕いてきた。カーディフ、マドリッド、トリノでね」 「以前までチャンピオンズリーグは夢だった。けど今は、目標さ。なぜなら世界最高の選手であるクリスティアーノが加入したんだからね。彼は僕らが最後のステップに進むために必要なことだったのさ」 2019.01.16 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、PSGのマルキーニョスをトップリストに!

レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョス(24)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『El Pais』の情報をもとに同『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 来シーズンに向けて守備の強化を掲げているマドリー。『El Pais』が報じたところでは、マルキーニョスがリストのトップに据えられているようだ。また、マドリーが既に2022年までPSGと契約を残しているマルキーニョス側と接触したことも伝えられている。同選手の代理人も移籍の可能性を検討しているようだ。 コリンチャンス下部組織出身のマルキーニョスは2011年にトップチーム昇格を果たすと、2012年夏にローマへ期限付き移籍で加わった。加入当初はベンチを温めていたが、徐々に頭角を現し同年冬に完全移籍。加入初年度ながら公式戦30試合に出場していた。その後、2013年にPSGへステップアップを果たし、今シーズンもここまで公式戦22試合に出場している。 なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、マルキーニョスの市場価値は6000万ユーロ(約75億円)と評価されている。 2019.01.15 21:33 Tue
twitterfacebook
thumb

サントス、今夏マドリー加入内定のロドリゴの年内残留を望む…

サントスが、今夏のレアル・マドリー入団が内定しているU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)の年内残留を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 左ウイングを主戦場とするロドリゴは、2017年11月にトップチームデビュー。2018シーズンには公式戦34試合7ゴール3アシストを記録しており、3月にはコパ・リベルタドーレスで史上最年少ゴールをマークしていた。 そんなロドリゴは、ブラジルの逸材として“ネイマール2世"と評されており、昨夏の移籍市場でマドリーが約4500万ユーロ(約56億円)の移籍金で獲得。そして、マドリーはロドリゴが18歳を迎える今夏に入団すると発表していた。 しかし、サントスはロドリゴのマドリー行きを遅れさせることを望んでいるようだ。同クラブのジョセ・カルロス・ペレス会長は、テレビ番組『Round Table』でマドリーとの交渉について言及している。 「我々は、レアル・マドリーに(ロドリゴに関する)オファーを提示した。返答を待っている」 「話すには時期尚早だが、万が一のために(夏行うはずの交渉を)持ち掛けた」 また、サントスの新指揮官に就任したホルヘ・サンパオリ監督は「彼のキャリアのためにも、数年間クラブにとどまることが、私にとっても彼にとってもグッドアイディアだと思う」と残留を願っているようだ。 ブラジルの逸材は、どのタイミングでエル・ブランコのユニフォームに袖を通すのか注目が集まる。 2019.01.15 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イスコ友人がソラーリを糾弾「フットボールの殺人鬼」

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコの友人が、指揮官への不満を爆発させている。スペイン『マルカ』が伝えた。 2013年にマラガからマドリーに加入して以来、サンティアゴ・ベルナベウで多くの愛情を受けてきたイスコ。絶対的なレギュラーに君臨するシーズンは少ないものの、“マヒコ”(魔術師)と呼ばれるそのテクニカルなプレーはここぞという時に発揮され、重要な戦力として常にリスペクトされてきた。 だが、今シーズンのイスコはもう1つの“サンティアゴ”からは必要とされていないのかもしれない。昨年10月末にフレン・ロペテギ前監督から仕事を引き継いだサンティアゴ・ソラーリ監督は、ここまでの公式戦15試合で2度しかイスコを先発させず。先発させたのも、コパ・デル・レイ4回戦メリリャ(スペイン3部)戦、決勝トーナメント進出が決まった後のチャンピオンズリーグ(CL)グループG最終節CSKAモスクワ戦のみだ。 直近のリーガエスパニョーラ第19節ベティス戦(2-1でマドリーが勝利)では、FWベイルが負傷欠場し、FWベンゼマが45分で負傷交代を強いられても、イスコを投入せず。また、中盤のポジションでもカスティージャ(Bチーム)から昇格したばかりのMFバルベルデが先発し、同選手の交代時にも新加入の若手MFブラヒム・ディアスが送り出された。 試合後、ソラーリ監督はイスコに関して「私個人として彼に何かがあるわけではない」とコメント。しかし、両者の確執は繰り返し取り沙汰されており、先日には主将DFラモスが2人の関係を「複雑な状況にある」と説明していた。 当然ながら、イスコ本人だけでなく近しい人物も現状への不満を抱えているようで、友人の1人であるアイトール・コスタさんがSNS上でソラーリ監督を批判。「ソラーリは僕が工学分野でやるのと同じ考え(=人を相手にしない考え)をフットボールに抱いている」、「フットボールの殺人鬼だ」と過激なメッセージで糾弾した。 2019.01.15 14:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース