【EL決勝プレビュー】酒井マルセイユがフランス勢初の戴冠か、ファイナル2戦2勝のアトレティコが3度目の戴冠か2018.05.16 18:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが日本時間16日27:45にパルク・オリンピック・リヨンでキックオフされる。フランス勢として初のEL(UEFAカップ)制覇を目指すマルセイユと、2011-12シーズン以来3度目の同タイトル獲得を目指すアトレティコによる運命のファイナルだ。▽今季、オーステンデ、ドムジャレとの予備予選を制してEL本選へと駒を進めたマルセイユはグループステージで2位通過を果たすと、決勝トーナメントではブラガ、アスレティック・ビルバオとイベリア半島勢を続けて撃破。さらに、準々決勝ではRBライプツィヒ、準決勝ではRBザルツブルクとレッドブル勢を退けて前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出を果たした。

▽1992-93シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となるヨーロッパでのビッグタイトルを目指すマルセイユだが、熾烈なトップ3争いを繰り広げるリーグ・アンでは直近のギャンガン戦での痛恨のドローが響き、最終節を前にトップ3圏外の4位に甘んじている。そのため、自力での来季CL出場権獲得に向けてはこのファイナルでの勝利が必須だ。

▽一方、ローマとチェルシーと同居したCLグループステージで3位敗退となったアトレティコは、今季のELにラウンド32から参戦。コペンハーゲン、ロコモティフ・モスクワ、スポルティング・リスボンと比較的組み合わせに恵まれた中、きっちり地力の差を見せ付けてベスト4に進出。そして、事実上の決勝戦と目されたアーセナルとの準決勝では敵地での1stレグで開始早々に退場者、シメオネ監督の退席処分という逆境に追い込まれた中、エースFWグリーズマンの値千金の同点ゴールでドローに持ち込むと、圧倒的強さを誇るホームできっちり勝ち切って2011-12シーズン以来のファイナル進出を果たした。

▽国内リーグでは直近のヘタフェ戦に主力を投入して1-0の勝利を収めて今季の2位フィニッシュを確定。ワンダ・メトロポリターノで行われる最終節のエイバル戦では今季限りでの退団が発表されたレジェンドFWトーレスのお別れセレモニーも準備されており、ELトロフィーのお披露目と共に盛大にレジェンドを送り出したいところ。これまでELファイナルでは2戦2勝を誇るアトレティコだが、CLファイナルでは2戦共に宿敵レアル・マドリーに敗戦しており、今回のファイナルではどちらの姿を見せるか。

▽なお、両チームの通算成績はアトレティコの1勝1分け。2008-09シーズンのCLグループステージで実現した前回対戦では、元日本代表監督のハビエル・アギーレ監督率いるアトレティコがエリック・ゲレツ監督率いるマルセイユ相手にホームで2-1、敵地で0-0のドローという結果を残し、リバプールと共にグループステージ突破を果たしている。また、両チームを通じて当時在籍していた選手はマルセイユGKマンダンダただ一人だ。

◆マルセイユ◆
【4-2-3-1】

▽マルセイユ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:マンダンダ
DF:酒井宏樹、ラミ、グスタボ、アマヴィ
MF:アンギッサ、サンソン
MF:トヴァン、パイエ、オカンポス
FW:ジェルマン
負傷者:DFロランド、ブナ・サール、MFパイエ、FWミトログル
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関しては軽傷を抱えるロランドとミトログルに欠場の可能性がある。その一方で、直近のギャンガン戦を回避したパイエ、同試合で脱臼を負ったブナ・サールに関しては間に合う見込みだ。

▽スタメンに関してはロランドの起用が難しいため、本職中盤のグスタボがラミと共にセンターバックに入る。負傷明けで直近のギャンガン戦フル出場の酒井に関してはコンディションが微妙なところだが、ブナ・サールも万全ではないため引き続き先発に入る模様。また、セントラルMFに関してはサンソンの相棒に守備的なアンギッサ、攻撃的なマキシム・ロペスのどちらを起用するかどうかにも注目が集まる。

◆アトレティコ・マドリー◆
【4-4-2】

▽アトレティコ・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:オブラク
DF:ヴルサリコ、ホセ・ヒメネス、ゴディン、リュカ
MF:コレア、ガビ、サウール、コケ
FW:グリーズマン、ジエゴ・コスタ
負傷者:DFホセ・ヒメネス、MFビトロ
出場停止者:なし

▽4試合のベンチ入り禁止処分を科されたシメオネ監督が引き続きスタンド観戦となるが、選手に出場停止者はいない。逆に、準決勝2ndレグを出場停止で欠場したヴルサリコがサスペンション明けで復帰する。負傷者に関してはホセ・ヒメネスとビトロが軽傷を抱えているものの、招集メンバー入りを果たしている。

▽スタメンに関しては先週末のヘタフェ戦で温存された両サイドバックのヴルサリコとリュカが復帰し、中盤はガビかトーマスに代わってコレアが右サイドハーフに入る可能性が高い。ただ、守備的に戦う場合は中盤にピボーテ4人を配す“クアトロ・ピボーテ”で臨み、コレアとビトロを“ジョーカー”として起用するプランもある。

★注目選手
◆マルセイユ:FWフロリアン・トヴァン
Getty Images
▽マルセイユの注目プレーヤーは、MF小野伸二以来の同大会制覇が期待される酒井と行きたいところだが、アトレティコの堅守攻略のキーマンであるトヴァンを推したい。今季の公式戦52試合に出場し、26ゴール18アシストと圧巻の数字を残すマルセイユの絶対的エースは、準々決勝RBライプツィヒとの2ndレグで1ゴール1アシスト、準決勝ザルツブルクとの1stレグでも貴重な先制点と勝負強さが光る。先週末に行われたギャンガン戦でも数的不利とビハインドを背負った窮地に貴重な同点ゴールを叩き込み、チームを救うエースの働きを見せていた。

▽前述のようにマルセイユでは絶対的なエースに成長したトヴァンだが、フランス代表ではここまで途中出場による3キャップのみとロシア・ワールドカップのメンバー入りに向けては厳しい立場にいる。クラブOBでもあるフランス代表のデシャン監督の御前試合で、同じレフティで代表のエースのグリーズマンとの直接対決を制し、最後のアピールを行いたい。

◆アトレティコ・マドリー:FWアントワーヌ・グリーズマン
Getty Images
▽アトレティコの注目プレーヤーは、加入後初タイトルを置土産に新天地へ旅立ちたいグリーズマンだ。加入初年度にスーペル・コパを獲得しているものの、自身加入後メジャータイトルを獲得できていない27歳のフランス代表FW。アトレティコでは2015-16シーズンのCL決勝、フランス代表ではユーロ2016決勝と2つの大舞台でいずれも涙を呑んでおり、今回は3度目の正直で初のビッグタイトルを勝ち取りたい。

▽幸い、今季のELでは出場7試合で4ゴール4アシストと好調を維持しており、準決勝のアーセナル戦でもエースに相応しい好パフォーマンスを披露していた。今回の決勝ではエースとしてクラブに3度目のタイトルをもたらし、最高の形でロヒ・ブランコスでのキャリアを締めくくりたい。
コメント
関連ニュース
thumb

【プレミアリーグ第16節プレビュー】チェルシーとシティが激突!ビッグクラブの試合は土曜に集中

▽4日、5日に行われた第15節では、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルがオールド・トラフォードで激突。アーセナルに2度リードされながらもユナイテッドが追いつきドロー決着となった。その他では、マンチェスター・シティやリバプール、トッテナムが順当に勝利を収める一方で、チェルシーが昇格組のウォルバーハンプトンにまさかの逆転負けで今季2敗目を喫した。 ▽それから中2日でチェルシーはシティと対戦。本拠地スタンフォード・ブリッジで最強王者を迎え撃つ。8月のコミュニティシールド以来の対戦だ。 ▽ショッキングな敗戦から癒える間もなく迎えるシティとの大一番。すでにシティと勝ち点10も離れているチェルシーは負ければ優勝から大きく後退してしまう後がない状況だ。シティとは現在公式戦3連敗中で、ここで負ければ初の4連敗を食らってしまうことになる。 ▽前節はワトフォードの堅守速攻に手を焼きながらもきっちり勝利を収め無敗を維持したシティ。デ・ブライネやメンディなど、ケガ人を多く抱えているにもかかわらずその強さは止まることを知らない。今回のアウェイ・チェルシー戦はクラブ史上初のプレミア敵地15試合無敗が懸かった重要な一戦となる。 ▽そのシティを猛追するのがリバプールだ。第14節では後半アディショナルタイムのオリジのゴールでエバートンに劇的勝利、さらに前節は、前半に相手の守備に苦しんだ挙句、後半序盤に先制点を奪われながらもその後の立て直しで逆転勝利を収めてみせた。今節の相手は7位のボーンマス。プレミアでの対戦成績は6試合で4勝1分け1敗。ミルナーのプレミア出場500試合目が懸かる試合、勝利で飾れるか。 ▽3位浮上のトッテナムはアウェイでレスター・シティと対戦。第13節では宿敵アーセナルに苦杯をなめさせられるも、前節のサウサンプトン戦で見事にバウンスバックを果たした。連勝の鍵はエースのケイン。ここ11度の対戦で13ゴールを奪っている。 ▽ユナイテッドから逃げ切れなかったアーセナル。それでも今季の公式戦無敗を20試合に伸ばし、チームは依然好調のままだ。しかし、ユナイテッド戦で守備の要のホールディングが前十字靭帯を負傷し全治最大9カ月の重傷を負ってしまった。今節の相手は17位のハダースフィールド。プレミアでは3度目の対戦だが、過去を遡ればここ9試合でアーセナルが8勝している。 ▽アーセナルと死闘を演じたユナイテッドはホームにフルアムを迎え撃つ。リーグ戦ではここ4試合で勝利がないうえに、故郷者も少なくない。そんな中迎えるフルアムは格好の相手だ。ユナイテッドは対フルアム戦、ホームでは23試合で21勝を挙げており、一方でフルアムはリーグでのアウェイ戦ここ10試合未勝利で6連敗中となっている。 ◆プレミアリーグ第16節 ▽12/8(土) 《21:30》 ボーンマス vs リバプール 《24:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム ウェストハム vs クリスタル・パレス カーディフ vs サウサンプトン バーンリー vs ブライトン アーセナル vs ハダースフィールド 《26:30》 チェルシー vs マンチェスター・シティ 《28:45》 レスター・シティ vs トッテナム ▽12/9(日) 《25:00》 ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン 《29:00》 エバートン vs ワトフォード 2018.12.08 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第15節プレビュー】バルセロナ・ダービーにアトレティコvsアラベスの上位対決!

▽先週末に行われた第14節ではそれぞれアラベス、ジローナ相手にセビージャ、アトレティコ・マドリーがドローに終わった一方、ビジャレアルに勝ち切ったバルセロナが首位奪還に成功。また、レアル・マドリーもバレンシアとの強豪対決を制しエイバル戦での大敗を払しょくしている。 ▽ミッドウィークに多くのクラブがコパ・デル・レイを戦った中、過密日程で行われる今節はコルネジャで行われる7位のエスパニョール(勝ち点21)と首位のバルセロナ(勝ち点28)によるバルセロナ・ダービーに注目が集まるところだ。 ▽ここ最近、負傷者に悩まされるバルセロナだが前節のビジャレアル戦ではDFピケ、MFアレーニャと伏兵2人のゴールに課題の守備陣がクリーンシートを達成し、2-0の勝利を収めた。コパでもカンプ・ノウで格下のレオネッサを控えとカンテラーノの混成チームできっちり退けた。そして、今回のダービーに向けてはFWスアレス、MFアルトゥールの復帰も見込まれており、良い形で敵地へ乗り込めるはずだ。なお、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)グループ最終節のトッテナム戦を控えるが、すでに首位通過を決めており、今回のエスパニョール戦に全力を注げる。 ▽一方、先月に入るまで首位争いに絡んでいたエスパニョールだが、直近3試合ではセビージャ、ジローナ、ヘタフェ相手に大量失点を喫しての3連敗と急失速。ミッドウィークのコパで格下カディス相手にアウェイゴール差での薄氷の勝ち抜けを決めたもののチーム状態は下降気味だ。それでも、ホーム開催のダービーへの意気込みは強く得点ランク5位の8ゴールを挙げる主砲FWボルハ・イグレシアスを起点に鋭いカウンターでバルセロナに応戦したい。 ▽また、バルセロナから首位奪取を目指す3位のアトレティコ(勝ち点25)は4位のアラベス(勝ち点24)との上位対決をホームで戦う。CLモナコ戦、直近のコパのサン・アンドレウ戦でいずれも複数得点を記録して快勝したシメオネ監督率いるチームだが、リーガでは2試合連続で1-1のドロー中だ。さらに、主砲FWジエゴ・コスタが左足の手術で約2カ月の離脱を強いられるため、エースFWグリーズマンやFWコレア、FWカリニッチら攻撃陣の奮起に期待したい。なお、バルセロナと同じくアトレティコもCL決勝トーナメント進出を決めており、ベストメンバーの起用が可能だ。 ▽対するアラベスは前節セビージャと引き分けリーグ2戦未勝利も相変わらず粘り強い戦いぶりは健在だ。アトレティコ同様にここ最近の試合ではなかなか複数得点を挙げられておらず、パンチ力不足は否めない。したがって、敵地で守備的に戦いながらカウンターやセットプレーでゴールを目指す得意の形に持って行きたい。 ▽前節のドローによって2位陥落となったセビージャ(勝ち点27)は、先週にCLグループ敗退が決定した14位のバレンシア(勝ち点17)と対戦する。共に高いインテンシティと攻守の切り替えを特長とするトランジション型のチーム同士の一戦では、決定力が大きなカギを握りそうだ。その中でセビージャはFWアンドレ・シウバ、バレンシアはFWサンティ・ミナのプレーに注目したい。なお、バレンシアがCLグループ3位を確定している一方、セビージャはヨーロッパリーグ(EL)でクラスノダールとの勝ち点3必須の大一番を控えており、ホームのバレンシアにやや分があるか。 ▽エイバル戦でのショッキングな大敗後、CLでローマ、リーガでバレンシア、コパでメリリャにいずれも快勝し見事なバウンスバックを果たした5位のレアル・マドリー(勝ち点23)は最下位のウエスカ(勝ち点7)を相手に公式戦4連勝を目指す。すでにCLで首位通過を決めケガ人が戻り始めている中、多彩な選択肢を持つソラーリ監督は約10日後に初戦を迎えるFIFAクラブ・ワールドカップに向けた調整の場としてこの試合を戦うことになる。さらに、バロンドール受賞後初出場が期待されるMFモドリッチのプレーにも注目したい。 ▽ミッドウィークに行われたコパで共に久しぶりの先発機会が与えられたヘタフェのMF柴崎岳とベティスのMF乾貴士の2選手に関しては前者がカウンターの起点として上々のアピールを見せた一方、後者は試合勘のなさから思うようなプレーができずアピールに失敗。ただ、柴崎に関しては今節が金曜開催という不運もあり、ベンチスタートが濃厚だ。一方の乾も主力にケガ人が出ない限り、出場のチャンスは微妙なところだ。 《リーガエスパニョーラ第15節》 ▽12/7(金) 《29:00》 レガネス vs ヘタフェ ▽12/8(土) 《21:00》 アトレティコ・マドリー vs アラベス 《24:15》 バレンシア vs セビージャ 《26:30》 ビジャレアル vs セルタ 《28:45》 エスパニョール vs バルセロナ ▽12/9(日) 《20:00》 エイバル vs レバンテ 《24:15》 ウエスカ vs レアル・マドリー 《26:30》 レアル・ソシエダ vs バジャドリー 《28:45》 ベティス vs ラージョ ▽12/10(月) 《29:00》 ビルバオ vs ジローナ 2018.12.07 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエAプレビュー】首位と3位によるイタリア・ダービー《ユベントスvsインテル》

▽セリエA第15節、ユベントスvsインテルが日本時間7日の28:30にキックオフされる。ここまで14勝1分けと圧倒的な戦績を残している首位ユベントスと、11ポイント差で追う3位インテルによる今季最初のイタリア・ダービーだ。 ▽前節フィオレンティーナ戦をC・ロナウドのリーグ戦3戦連発となる今季10ゴール目などで3-0と快勝した首位ユベントス(勝ち点40)は、水曜に首位通過の懸かるチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦を控える中、インテルを下して更なる独走を目指す。 ▽一方、前節ローマとのビッグマッチを2度のリードを生かしきれずに引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点29)は、火曜に逆転での決勝トーナメント進出が懸かるCLのPSV戦を控える中、独走するユベントスを止めるべく勝利を目指す。 ◆ユベントス◆ 【4-3-3】<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181206_44_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ユベントス予想スタメン GK:シュチェスニー DF:デ・シリオ、ボヌッチ、キエッリーニ、カンセロ MF:ベンタンクール、ピャニッチ、マテュイディ FW:マンジュキッチ、ディバラ、C・ロナウド 負傷者:DFバルザーリ、MFケディラ 出場停止者:なし ▽ケディラとバルザーリが負傷により欠場する。アレックス・サンドロとベンタンクールもコンディションに問題を抱えており、欠場の可能性がある。甲状腺の手術を行ったジャンが復帰予定で、ベンタンクールがプレーできない場合はスタメンとなるはずだ。 ◆インテル◆ 【4-3-3】<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181206_44_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽インテル予想スタメン GK:ハンダノビッチ DF:ダンブロージオ、シュクリニアル、デ・フライ、アサモア MF:ヴェシーノ、ブロゾビッチ、ジョアン・マリオ MF:ポリターノ、イカルディ、ペリシッチ 負傷者:DFダウベルト・エンリケ、MFナインゴラン 出場停止者:なし ▽ナインゴランが負傷により欠場する。ナインゴランの代役にはジョアン・マリオではなくボルハ・バレロの可能性もある。一方でヴルサリコが招集メンバー入りしており、ダンブロージオの代わりに先発する可能性がある。 ★注目選手 ◆ユベントス:MFロドリゴ・ベンタンクール<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181205_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ケディラとジャンが戦線離脱している中、その穴を埋めているウルグアイ代表MFに注目したい。前節フィオレンティーナ戦では見事な持ち出しからのシュートで先制弾を叩き込み、攻撃面でも違いを見せた。加入2シーズン目の今季、チーム内で存在感を増しつつある中、インテルとのビッグマッチでも輝きを見せられるか。 ◆インテル: DFクワドゥオ・アサモア<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181205_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季まで6シーズンに渡ってユベントスでプレーしたアサモアに注目したい。ユベントスでは左サイドバックのバックアッパーとして重宝されていたアサモアだが、インテルでは移籍前の期待通りに不動の左サイドバックとして攻守に安定したプレーを見せている。古巣相手にも攻守に気の利いたプレーでインテルの勝利に貢献したい。 2018.12.07 17:01 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第15節プレビュー】金曜にユーベvsインテルのイタリア・ダービー

▽前節はユベントスやナポリ、ミランが勝利し、ローマとインテルは譲らずドロー決着に終わった。迎える第15節、金曜にユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが開催される。 ▽前節フィオレンティーナ戦をC・ロナウドの今季10ゴール目などで3-0と快勝した首位ユベントス(勝ち点40)は、水曜に首位通過の懸かるチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦を控える中、インテルを下して更なる首位独走となるか。リーグ戦3戦連発中でゴール量産体制に入っているC・ロナウドにゴールが生まれるかにも注目だ。 ▽一方、前節ローマとのビッグマッチを2度のリードを生かしきれずに引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点29)は、火曜に逆転での決勝トーナメント進出が懸かるPSV戦を控える中、独走するユベントスを止める勝利を飾れるか。古巣対決となるアサモアに注目だ。 ▽難敵アタランタとの前節を途中出場ミリクの決勝弾で2-1と競り勝った2位ナポリ(勝ち点32)は、19位フロジノーネ(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。火曜にリバプールとのCL決勝トーナメント進出を懸けた大一番を控える中、今季1勝のフロジノーネを下してユベントスを追走し、リバプール戦に弾みを付けたい。 ▽ジェコとエル・シャーラウィの攻撃の核2枚を欠きながらもジェンギズのスーパーミドル弾などでインテル相手に2-2の引き分けに持ち込んだ7位ローマ(勝ち点20)は、13位カリアリ(勝ち点16)とのアウェイ戦に臨む。引き続きディ・フランチェスコ監督の首が危うい中、CLでは2位通過を確定させているローマは、ここ3試合引き分けているカリアリに全勢力を傾けられる利点を生かしてすっきりと勝利できるか。 ▽前節パルマとの上位対決を幸運なPK弾で逆転勝利した4位ミラン(勝ち点25)は、6位トリノ(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。バックラインにケガ人が続出している中、アバーテをセンターバックで起用して勝利につなげたミランは、木曜には決勝トーナメント進出を懸けたオリンピアコス戦を控えるが、出場停止から復帰するイグアインの活躍で連勝としたい。 ▽最後にナポリ同様、最下位キエーボに痛恨の引き分けに終わった5位ラツィオ(勝ち点24)は、10位サンプドリア(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。リーグ戦ここ3試合引き分けとなかなか勝ち点を積み上げられないでいるが、4試合ぶりの勝利となるか。 ◆セリエA第15節 ▽12/7(金) 《28:30》 ユベントス vs インテル ▽12/8(土) 《23:00》 ナポリ vs フロジノーネ 《26:00》 カリアリ vs ローマ 《28:30》 ラツィオ vs サンプドリア ▽12/9(日) 《20:30》 サッスオーロ vs フィオレンティーナ 《23:00》 パルマ vs キエーボ ウディネーゼ vs アタランタ エンポリ vs ボローニャ 《26:00》 ジェノア vs SPAL 《28:30》 ミラン vs トリノ 2018.12.07 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第15節プレビュー】過密スケジュールの中、ユナイテッドとアーセナルが激突!

▽11月30日から12月2日にかけて行われた第14節ではアーセナルとトッテナムによるノース・ロンドン・ダービーやリバプールとエバートンによるマージサイド・ダービーが行われた。ノース・ロンドン・ダービーでは、アーセナルがオーバメヤンの2ゴール1アシストの活躍で4-2で快勝。また、マージ―サイド・ダービーは最後まで互角の攻防が続いたものの、後半アディショナルタイムのオリジのゴールでリバプールが勝利。首位マンチェスター・シティの背後にピタリとつけている。 ▽それから中2日から3日で開催される第15節は、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが激突する。 ▽低空飛行を続けるユナイテッドは前節もサウサンプトンと引き分け、リーグ戦3試合白星なしとなった。また、その試合では守備陣に故障者が続出している影響で、3バックにマティッチとマクトミネイという本来守備が本職ではない選手を起用することを強いられた。そのうえショーが負傷。厳しい台所事情となっている。 ▽一方、トッテナム撃破のアーセナルはビッグマッチ連戦も自信を持っているはずだ。公式戦無敗を19試合に伸ばし、順位表でもトッテナムを抜いて4位に浮上した。前日に試合を消化したユナイテッドよりも疲労が溜まっているのは不利な点ではあるが、チーム状況を考えれば勢いがあるのはガナーズだ。 ▽王者マンチェスター・シティは前節はボーンマスに3-1で快勝。昨季から続くリーグ無敗記録を「20」に伸ばし、ユナイテッドとアーセナルしか成し遂げたことのない偉業を達成した。ボーンマス戦ではアグエロが欠場したが、今節のワトフォード戦は次節チェルシー戦を睨んでの采配が注目される。連勝のままチェルシーとぶつかりたいところだ。 ▽前述のように土壇場で勝利を掴んだリバプールはアウェイでバーンリーと対戦する。バーンリーとはプレミアでは8度の対戦で6勝しているが、1度の敗戦はターフ・ムーアでのこと。無敗のリバプールに対し、バーンリーはわずか2勝で19位に沈んでいる。ここ7試合は2分け5敗とショーン・ダイク監督の首も怪しくなっている。 ▽フルアムに勝利したチェルシーは再び3位に浮上した。今節アウェイで対戦するウォルバーハンプトンはリーグ戦ここ7試合で1分け7敗と調子を落としてきている。プレミア通算8度の対戦成績はチェルシーの7勝1敗。その1敗は2011年1月まで遡る。チェルシーはこの試合から3日後にシティとの大一番が控えているだけに、いかに早く勝負を決めて主力を温存できるかがカギとなりそうだ。 ▽トッテナムはホームでサウサンプトンを迎え撃つ。アーセナル戦で今季4敗目を喫したスパーズは順位を2つ落とし5位に転落。ビッグマッチ3連戦を勝利で締めくくることは出来なかった。一方、吉田麻也所属のセインツは前節、ユナイテッドとドロー決着。リーグ戦10試合勝ちなしだが、多少はポジティブに捉えていいのではないだろうか。吉田は公式戦4試合連続先発出場中だ。 ◆プレミアリーグ第15節 ▽12/4(火) 《28:45》 ウェストハム vs カーディフ ボーンマス vs ハダースフィールド ブライトン vs クリスタル・パレス 《29:00》 ワトフォード vs マンチェスター・シティ ▽12/5(水) 《28:45》 ウォルバーハンプトン vs チェルシー フルアム vs レスター・シティ バーンリー vs リバプール エバートン vs ニューカッスル 《29:00》 トッテナム vs サウサンプトン マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 2018.12.04 17:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース