【EL決勝プレビュー】酒井マルセイユがフランス勢初の戴冠か、ファイナル2戦2勝のアトレティコが3度目の戴冠か2018.05.16 18:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、マルセイユvsアトレティコ・マドリーが日本時間16日27:45にパルク・オリンピック・リヨンでキックオフされる。フランス勢として初のEL(UEFAカップ)制覇を目指すマルセイユと、2011-12シーズン以来3度目の同タイトル獲得を目指すアトレティコによる運命のファイナルだ。▽今季、オーステンデ、ドムジャレとの予備予選を制してEL本選へと駒を進めたマルセイユはグループステージで2位通過を果たすと、決勝トーナメントではブラガ、アスレティック・ビルバオとイベリア半島勢を続けて撃破。さらに、準々決勝ではRBライプツィヒ、準決勝ではRBザルツブルクとレッドブル勢を退けて前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出を果たした。

▽1992-93シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となるヨーロッパでのビッグタイトルを目指すマルセイユだが、熾烈なトップ3争いを繰り広げるリーグ・アンでは直近のギャンガン戦での痛恨のドローが響き、最終節を前にトップ3圏外の4位に甘んじている。そのため、自力での来季CL出場権獲得に向けてはこのファイナルでの勝利が必須だ。

▽一方、ローマとチェルシーと同居したCLグループステージで3位敗退となったアトレティコは、今季のELにラウンド32から参戦。コペンハーゲン、ロコモティフ・モスクワ、スポルティング・リスボンと比較的組み合わせに恵まれた中、きっちり地力の差を見せ付けてベスト4に進出。そして、事実上の決勝戦と目されたアーセナルとの準決勝では敵地での1stレグで開始早々に退場者、シメオネ監督の退席処分という逆境に追い込まれた中、エースFWグリーズマンの値千金の同点ゴールでドローに持ち込むと、圧倒的強さを誇るホームできっちり勝ち切って2011-12シーズン以来のファイナル進出を果たした。

▽国内リーグでは直近のヘタフェ戦に主力を投入して1-0の勝利を収めて今季の2位フィニッシュを確定。ワンダ・メトロポリターノで行われる最終節のエイバル戦では今季限りでの退団が発表されたレジェンドFWトーレスのお別れセレモニーも準備されており、ELトロフィーのお披露目と共に盛大にレジェンドを送り出したいところ。これまでELファイナルでは2戦2勝を誇るアトレティコだが、CLファイナルでは2戦共に宿敵レアル・マドリーに敗戦しており、今回のファイナルではどちらの姿を見せるか。

▽なお、両チームの通算成績はアトレティコの1勝1分け。2008-09シーズンのCLグループステージで実現した前回対戦では、元日本代表監督のハビエル・アギーレ監督率いるアトレティコがエリック・ゲレツ監督率いるマルセイユ相手にホームで2-1、敵地で0-0のドローという結果を残し、リバプールと共にグループステージ突破を果たしている。また、両チームを通じて当時在籍していた選手はマルセイユGKマンダンダただ一人だ。

◆マルセイユ◆
【4-2-3-1】

▽マルセイユ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:マンダンダ
DF:酒井宏樹、ラミ、グスタボ、アマヴィ
MF:アンギッサ、サンソン
MF:トヴァン、パイエ、オカンポス
FW:ジェルマン
負傷者:DFロランド、ブナ・サール、MFパイエ、FWミトログル
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関しては軽傷を抱えるロランドとミトログルに欠場の可能性がある。その一方で、直近のギャンガン戦を回避したパイエ、同試合で脱臼を負ったブナ・サールに関しては間に合う見込みだ。

▽スタメンに関してはロランドの起用が難しいため、本職中盤のグスタボがラミと共にセンターバックに入る。負傷明けで直近のギャンガン戦フル出場の酒井に関してはコンディションが微妙なところだが、ブナ・サールも万全ではないため引き続き先発に入る模様。また、セントラルMFに関してはサンソンの相棒に守備的なアンギッサ、攻撃的なマキシム・ロペスのどちらを起用するかどうかにも注目が集まる。

◆アトレティコ・マドリー◆
【4-4-2】

▽アトレティコ・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:オブラク
DF:ヴルサリコ、ホセ・ヒメネス、ゴディン、リュカ
MF:コレア、ガビ、サウール、コケ
FW:グリーズマン、ジエゴ・コスタ
負傷者:DFホセ・ヒメネス、MFビトロ
出場停止者:なし

▽4試合のベンチ入り禁止処分を科されたシメオネ監督が引き続きスタンド観戦となるが、選手に出場停止者はいない。逆に、準決勝2ndレグを出場停止で欠場したヴルサリコがサスペンション明けで復帰する。負傷者に関してはホセ・ヒメネスとビトロが軽傷を抱えているものの、招集メンバー入りを果たしている。

▽スタメンに関しては先週末のヘタフェ戦で温存された両サイドバックのヴルサリコとリュカが復帰し、中盤はガビかトーマスに代わってコレアが右サイドハーフに入る可能性が高い。ただ、守備的に戦う場合は中盤にピボーテ4人を配す“クアトロ・ピボーテ”で臨み、コレアとビトロを“ジョーカー”として起用するプランもある。

★注目選手
◆マルセイユ:FWフロリアン・トヴァン
Getty Images
▽マルセイユの注目プレーヤーは、MF小野伸二以来の同大会制覇が期待される酒井と行きたいところだが、アトレティコの堅守攻略のキーマンであるトヴァンを推したい。今季の公式戦52試合に出場し、26ゴール18アシストと圧巻の数字を残すマルセイユの絶対的エースは、準々決勝RBライプツィヒとの2ndレグで1ゴール1アシスト、準決勝ザルツブルクとの1stレグでも貴重な先制点と勝負強さが光る。先週末に行われたギャンガン戦でも数的不利とビハインドを背負った窮地に貴重な同点ゴールを叩き込み、チームを救うエースの働きを見せていた。

▽前述のようにマルセイユでは絶対的なエースに成長したトヴァンだが、フランス代表ではここまで途中出場による3キャップのみとロシア・ワールドカップのメンバー入りに向けては厳しい立場にいる。クラブOBでもあるフランス代表のデシャン監督の御前試合で、同じレフティで代表のエースのグリーズマンとの直接対決を制し、最後のアピールを行いたい。

◆アトレティコ・マドリー:FWアントワーヌ・グリーズマン
Getty Images
▽アトレティコの注目プレーヤーは、加入後初タイトルを置土産に新天地へ旅立ちたいグリーズマンだ。加入初年度にスーペル・コパを獲得しているものの、自身加入後メジャータイトルを獲得できていない27歳のフランス代表FW。アトレティコでは2015-16シーズンのCL決勝、フランス代表ではユーロ2016決勝と2つの大舞台でいずれも涙を呑んでおり、今回は3度目の正直で初のビッグタイトルを勝ち取りたい。

▽幸い、今季のELでは出場7試合で4ゴール4アシストと好調を維持しており、準決勝のアーセナル戦でもエースに相応しい好パフォーマンスを披露していた。今回の決勝ではエースとしてクラブに3度目のタイトルをもたらし、最高の形でロヒ・ブランコスでのキャリアを締めくくりたい。
コメント
関連ニュース
thumb

【プレミアリーグ第31節プレビュー】FAカップの影響で5試合が延期 リバプールとチェルシーが浮上を狙う

第30節を越えて、いよいよ終盤戦に突入したプレミアリーグ。熾烈を極めるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いは、前節にアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドが直接対決があり、勝利したアーセナルがユナイテッドを躱して4位に浮上した。一方、トッテナムとチェルシーはそれぞれサウサンプトンとウォルバーハンプトンに不覚を取り、勝ち点を伸ばすことはできなかった。 そんな中今節は、FAカップとの兼ね合いで5試合が延期となる。ユナイテッドとシティによるマンチェスター・ダービーが開催される予定だったが、4月24日に変更。その他、トッテナムやアーセナルの試合は未定となっている。 シティが休んでいる間に暫定首位浮上を狙う2位のリバプール(勝ち点73)はフルアムと対戦。ここ最近は引き分けが多く、勝ち点をこぼしているが、CLではアウェイでバイエルンに快勝しベスト8進出。この勢いでフルアム撃破といきたいところ。フルアムとは2012年5月に敗れて以来全勝を収めており、昇格チーム相手に11戦で10勝1分け。サラーも昇格チーム相手に過去8試合で6ゴール6アシストを挙げており、リバプールが負ける要素は見当たらない。 6位のチェルシー(勝ち点57)はアウェイでのエバートン戦に臨む。前節はウルブズ相手に後半アディショナルタイムのアザールのゴールで辛くも引き分けに持ち込んだが、連勝は「2」でストップ。ホームでの前回対戦はゴールレスドローに終わっているが、ここで勝てなければいよいよ4位浮上が揺らぐことになる。 前節のフルアム戦でロジャーズ体制初白星を手にした10位レスター・シティ(勝ち点38)はバーンリーと対戦する。バーンリーに対するロジャーズ監督の相性は良く、過去5回の対戦で4勝。同カードでは現在レスターが2連敗中だが、プレミアここ5試合で5ゴールのヴァーディに期待だ。岡崎の今季リーグ初ゴールにも期待したい。 ◆プレミアリーグ第31節 ▽3/16(土) 《24:00》 バーンリー vs レスター・シティ ウェストハム vs ハダースフィールド ボーンマス vs ニューカッスル ▽3/17(日) 《23:15》 フルアム vs リバプール 《25:30》 エバートン vs チェルシー ▽4/24(水) 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ ▽未定 ウォルバーハンプトン vs アーセナル トッテナム vs クリスタル・パレス ブライトン vs カーディフ ワトフォード vs サウサンプトン 2019.03.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第28節プレビュー】ジダン復帰のマドリー初陣はセルタ戦! バルサはベティス相手に雪辱狙う

先週末に行われた第27節では首位のバルセロナを始め5位のアラベスを除くトップ6がいずれも勝利を手にする波乱の少ない一節となった。また、MF乾貴士が古巣のエイバル相手に自身2試合連続となるゴールを挙げていた。 2019年最初の代表ウィーク前に行われる今節ではジネディーヌ・ジダン監督が電撃復帰を果たした3位のレアル・マドリー(勝ち点51)と、降格圏に沈む18位のセルタ(勝ち点25)の一戦に注目が集まる。 アヤックス相手の衝撃的な大敗でチャンピオンズリーグ(CL)4連覇の夢が絶たれたレアル・マドリーは、すでに敗退したコパ・デル・レイ、首位に12ポイント差を付けられているリーガでの現状を考えると、今季の主要タイトル無冠が決定的だ。そのため、クラブとして大きな目標なくこのままシーズンを消化していくと思われた中、11日にはサンティアゴ・ソラーリ監督の解任と共に昨夏クラブを去ったジダン監督の電撃復帰が決定。そして、レジェンドの復帰によってクラブは久々に明るさを取り戻している。 そのジダン監督の初陣となる今節は公式戦4連覇中のサンティアゴ・ベルナベウに直近4敗1分けと大不振に陥っているセルタを迎える。本来であれば、ここ最近の体たらくにマドリディスタから痛烈なブーイングに晒される見込みだったが、ジダン監督の復帰に伴い穏やかな雰囲気でフランス人指揮官の再初陣を戦えるはずだ。注目はジダン監督のメンバー選考で、前体制で不遇をかこったDFマルセロやMFイスコらにチャンスが与えられ、以前に確執が伝えられたMFベイルの起用法にも注目が集まる。 また、ミッドウィークにリヨンとの第2戦をエースFWメッシの2ゴール2アシストの活躍によって大勝し、シーズン3冠に向けてまた一歩歩みを進めた首位のバルセロナ(勝ち点63)は、カンプ・ノウでの前回対戦で屈辱の敗戦を喫した8位のベティス(勝ち点39)とのリベンジマッチに臨む。直近公式戦5連勝と勢いに乗るバルセロナに対してホームのベティスは前節セルタに勝利を収めているものの調子はいまひとつだ。ただ、ボールの主導権を握るスタイルはバルセロナとの相性が良く、この主導権争いに勝てれば、前回対戦の様な番狂わせも十分に考えられる。バルセロナとしてはMFデンベレが再離脱を強いられた中、南米トリデンテの活躍が必須となりそうだ。 CLベスト8進出を成し遂げたバルセロナとは打って変わって、宿敵クリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを許し、敵地で痛恨の敗退を強いられた2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点56)。その無様な負け方に加え、今季CL決勝の会場がワンダ・メトロポリターノだったことを考えると、その精神的なショックは計り知れない。とはいえ、バルセロナと7ポイント差と逆転優勝にわずかながら望みを残しており、ここで崩れるわけにはいかない。そして、リバウンドメンタリティが試される今回の一戦では12位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点34)とのアウェイゲームを戦う。2019年に入って安定して勝ち点を積み重ねている難敵相手に勝ち切ることはできるか。 4位のヘタフェ(勝ち点45)から8位のベティスの間で争われるCL&ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは、7位のバレンシア(勝ち点39)とヘタフェの直接対決と、乾に3試合連続ゴールが期待されるウエスカvsアラベスの2試合に注目。 共に持ち味の堅守速攻が機能しているバレンシアとヘタフェの一戦ではFWロドリゴ・モレノとFWハイメ・マタという絶好調のストライカーたちのパフォーマンスが勝敗のカギを握る。また、日本代表に招集された乾は最下位のウエスカ相手にゴールを期待したい。 《リーガエスパニョーラ第28節》 ▽3/15(金) 《29:00》 レアル・ソシエダ vs レバンテ ▽3/16(土) 《21:00》 ウエスカ vs アラベス 《24:15》 レアル・マドリー vs セルタ 《26:30》 ビルバオ vs アトレティコ・マドリー 《28:45》 レガネス vs ジローナ ▽3/17(日) 《20:00》 エイバル vs バジャドリー 《24:15》 エスパニョール vs セビージャ 《26:30》 バレンシア vs ヘタフェ ビジャレアル vs ラージョ 《28:45》 ベティス vs バルセロナ 2019.03.15 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第28節プレビュー】CL出場権を争うミラノ・ダービー開催!

前節はユベントスが勝利し、ナポリが引き分けたことでついに勝ち点差は「18」に拡大した。優勝争いが決した中、盛り上がりを見せるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ミラン(勝ち点51)、4位インテル(勝ち点50)、5位ローマ(勝ち点47)が揃って勝利し、順位に変動はなかった。迎える第28節、ミランvsインテルのCL出場権を争うミラノ・ダービーが日曜に行われる。 一時は同点に持ち込まれ、ガットゥーゾ監督が退席処分となるなど、簡単な試合にはならなかった前節のミラン。それでも、ピョンテクに公式戦3試合ぶりのゴールが生まれ、最下位キエーボに競り勝ち、連勝を5に伸ばした。冬の補強が大当たりでシーズン後半に入って絶好調のチームは、インテルとの直接対決を制して3位の座を死守しにかかる。 VARでL・マルティネスのゴールを取り消されるなど、前節SPAL戦でも苦戦を強いられたインテル。それでもポリターノとガリアルディーニ弾で競り勝ち、3試合ぶりのリーグ戦勝利を飾った。しかし、木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦ではL・マルティネスを出場停止で欠いた中、低調な0-1の敗戦を喫し、EL敗退となった。リーグ戦でのCL出場に限られた中、1ポイント差のミランとのダービーを制して3位再浮上を狙いたい。 ミラノ勢を追うローマは、ラニエリ体制となった中、格下エンポリにあわやドローに持ち込まれかけたが、2-1で何とか逃げ切った。公式戦3試合ぶりの勝利で悪い流れを断ち切った中、16位SPAL(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。エンポリ戦ではジェコとコラロフが出場停止から復帰する中、ミラノ勢が潰し合う間隙を縫って連勝となるか。 前節ウディネーゼ戦をケアンのドッピエッタなどで圧勝した首位ユベントス(勝ち点75)は、火曜に行われたCLアトレティコ・マドリー戦をC・ロナウドのハットトリックで劇的な逆転突破を演じて見せた。イタリア王者の実力を示した中、13位ジェノア(勝ち点30)とのアウェイ戦で無敗優勝に向けて突き進む。 最後に前節サッスオーロ戦を終盤のインシーニェ弾で何とか1-1で引き分けた2位ナポリ(勝ち点57)は、木曜に行われたELザルツブルク戦ではクリバリを出場停止で、インシーニェを負傷で欠いた中、1-3と敗れたものの、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出を決めた。一先ず悪い流れを断ち切った中、15位ウディネーゼ(勝ち点15)とのホーム戦で勝利を取り戻し、2位の座を死守したい。 ◆セリエA第28節 ▽3/15(金) 《28:30》 カリアリ vs フィオレンティーナ ▽3/16(土) 《23:00》 サッスオーロ vs サンプドリア 《26:00》 SPAL vs ローマ 《28:30》 トリノ vs ボローニャ ▽3/17(日) 《23:00》 ジェノア vs ユベントス ラツィオ vs パルマ エンポリ vs フロジノーネ アタランタ vs キエーボ 《26:00》 ナポリ vs ウディネーゼ 《28:30》 ミラン vs インテル 2019.03.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】崖っぷちアーセナル逆転突破なるか?! 長谷部フランクフルトは正念場

ファーストレグから1週間、14日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16のセカンドレグの8試合が行われる。優勝候補が上手くバラけたラウンド16は、ファーストレグではチェルシーやナポリが快勝を収める一方で、インテルは敵地でフランクフルトとゴールレスドロー、アーセナルは同じく敵地で1-3で敗れる結果となった。 ◆ラウンド16・2ndレグ◆ ▽3/14(木) 《26:55》 FCクラスノダール vs バレンシア ザルツブルク vs ナポリ ディナモ・キエフ vs チェルシー 《29:00》 ベンフィカ vs ディナモ・ザグレブ ビジャレアル vs ゼニト インテル vs フランクフルト アーセナル vs レンヌ スラビア・プラハ vs セビージャ ◆ラウンド16・1stレグ結果◆ ▽3/7(木) ゼニト 1-3 ビジャレアル セビージャ 2-2 スラビア・プラハ フランクフルト 0-0 インテル レンヌ 3-1 アーセナル ディナモ・ザグレブ 1-0 ベンフィカ ナポリ 3-0 ザルツブルク チェルシー 3-0 ディナモ・キエフ バレンシア 2-1 FCクラスノダール ◆明暗分かれたロンドン勢、アーセナルはホームで巻き返し狙う<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190312_43_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ロンドン勢は明暗分かれる結果に。ウクライナの雄、ディナモ・キエフをホームに迎えたチェルシーは、前線の小兵3人の見事な活躍ぶりで3発快勝を収め、ベスト8進出に大きく前進。片やアーセナルは、リーグ・アン中位のレンヌにまさかの1-3の敗戦。アウェイといえど、優勝候補らしからぬ試合展開となった。 今度は敵地に乗り込むチェルシーは、大きなアドバンテージを持っていることからスタメンを落としてくる可能性がある。EL2試合連続ゴール中のMFハドソン=オドイや、ファーストレグでそのハドソン=オドイのゴールをお膳立てMFロフタス=チークら若手が先発入りする可能性が大いにある。だが、今回の試合の4日前にあったプレミアリーグではウォルバーハンプトンと引き分けており、今後のリーグ戦に向けてバウンスバックに努めてくるかもしれない。 一方、敗退危機に直面しているアーセナルはホームでの逆転に望みをかける。ファーストレグではFWイウォビのゴールで先制するも、前半のDFパパスタソブーロスの退場で状況は一変。最終的に2点のリードを許してセカンドレグに向かうことになった。ホームではこの1点のアウェイゴールを生かしたい。チームは直近の試合でマンチェスター・ユナイテッドを倒しており、決して悪い状態ではないはず。また、当初出場停止だったFWラカゼットが処分軽減で起用可能となった点は大きな後押しとなるはずだ。 ◆イタリア勢vs日本人勢…南野ザルツは絶望的も、長谷部フランクフルトは正念場<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190312_43_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ラウンド16の注目のひとつとなっているイタリア勢vs日本人勢。FW南野拓実擁するザルツブルクと対戦したナポリはホームで3発快勝。余裕を持ってアウェイでのセカンドレグに臨む。ファーストレグでは75分から途中出場した南野に期待したい。 インテルvsフランクフルトは、ファーストレグはGKトラップのPKストップもありゴールレスドローに。フル出場したMF長谷部誠はホーム無失点に貢献し、セカンドレグに望みを繋いだ。両チームの直近の試合は、インテルはSPAL戦でリーグ戦では3試合ぶりに勝利。一方、フランクフルトはデュッセルドルフに快勝し、公式戦11試合負けなしとしている。 ◆スペイン勢は順当に勝ち上がれるか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190312_43_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>近年5回のEL優勝を誇るセビージャはスラビア・プラハをホームに迎えたファーストレグで、2度のリードを追い付かれドロー決着。サンチェス・ピスファンに集まったサポーターからはブーイングが起こる事態となった。アウェイでの勝利を目指すセビージャだが、スラビア・プラハはホームで滅法強く、リーグ戦では13試合で12勝1敗。カップ戦を含めても黒星はその1度のみとなっている。難所攻略なるか。 バレンシアとビジャレアルは、それぞれクラスノダールとゼニトのロシア勢と対戦し白星を得ている。セカンドレグでアウェイ戦に臨むバレンシアは現在公式戦13試合無敗を維持。また、ロシアでの試合はこれまで3勝1分け2敗と勝ち越している。勢いと良いデータを持ってベスト8進出といきたいところだ。 一方のビジャレアルはホームでゼニトを迎え撃つ。リーグ戦では不甲斐ないイエローサブマリンだが、ELは好調そのもの。ファーストレグでは大会でホーム無敗を誇っていたゼニトに3-1で快勝し、大きなアドバンテージを持って本拠地に戻る。ホームでのロシア勢との成績は過去4試合で全勝。ビジャレアルの勝利は堅い。 2019.03.14 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第30節プレビュー】CL出場権を争うアーセナルとユナイテッドが激突!

3月頭の第29節ではトッテナムとアーセナルによるノースロンドン・ダービーが開催された。試合は先制を許したトッテナムが後半のPKで同点に追いつきドローに持ち込んだ。そのほか、リバプールと優勝を争うマンチェスター・シティはボーンマスに辛勝。一方のリバプールはエバートンとのマージーサイド・ダービーで痛いゴールレスドローに終わり、首位の座を明け渡してしまった。 トッテナムをチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに引きずり込んだアーセナルは、今節もマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチが控える。CL出場権を争うクラブ同士の直接対決だ。 ホームに迎え撃つのは5位のアーセナル(勝ち点57)。今季のホーム戦では首位のマンチェスター・シティに次いで多くの勝ち点を重ねており、この流れで今節も勝利して4位浮上を狙う。調子の良いホーム戦ではラカゼットに期待したい。現在彼はホーム戦6試合連続で得点を決めており、この試合でゴールすればティエリ・アンリに続くクラブ史上2人目の選手となる。なお、昨年12月の前回対戦ではアーセナルが2度リードするも、その都度すぐに追いつかれ2-2のドローに終わっている。 そして、そんなエミレーツ・スタジアムに乗り込む4位ユナイテッド(勝ち点58)は好調そのもだ。前節はルカクの2ゴールでサウサンプトン土壇場で勝利し、リーグ戦ここ12試合で10勝2分け。さらにCLでは、パリ・サンジェルマン相手に2点ビハインドの逆境から、アウェイでルカクが2得点を挙げ逆転でベスト8進出を決めた。10人以上の負傷者を抱える中でのアーセナル戦だが、スールシャール監督の快進撃は続けられるか。 上記2チームの対戦結果など何処吹く風なのが首位を走るシティ(勝ち点71)だ。リーグ戦では目下5連勝中の王者の次なる相手はここ4試合で3勝を挙げているワトフォードだ。エースのディーニーは2019年に入って5ゴール3アシストと好調だが、それを上回るアグエロは2度のハットトリックを含む9ゴール1アシストで、エティハド・スタジアムでの100ゴールにあと4つと迫っている。 2位転落のリバプール(勝ち点70)はホームでのバーンリー戦に臨む。リーグ戦ここ6試合で4引き分けと調子を落としてきているが、前節にフィルミノが復帰したことが明るいニュースとなった。ホームでのバーンリー戦は1974年に敗れて以降、11試合で10勝1分け。勝利してシティに圧力をかけたいところだ。 安全圏にいたはずが、リーグ戦ここ3試合の成績からCL出場権争いに巻き込まれてしまった3位トッテナム(勝ち点61)。それでもCLではドルトムントを破ってベスト8進出。この勢いをプレミアにも持ち込みたい。そのためにはケインの活躍が不可欠だ。ケインはセインツ戦ここ4試合で6ゴール、セント・メリーズ・スタジアムでは3試合連続ゴール中だ。 6位のチェルシー(勝ち点56)はホームでウォルバーハンプトンと対戦する。最近の成績不振や、ケパとサッリ監督の衝突など負のオーラが漂っていたチェルシーだが、トッテナム、フルアムとロンドン・ダービーが続いたリーグ戦で連勝を収め、少しずつ調子を戻してきている。 ◆プレミアリーグ第30節 ▽3/9(土) 《21:30》 クリスタル・パレス vs ブライトン 《24:00》 ハダースフィールド vs ボーンマス レスター・シティ vs フルアム カーディフ vs ウェストハム ニューカッスル vs エバートン サウサンプトン vs トッテナム 《26:30》 マンチェスター・シティ vs ワトフォード ▽3/10(日) 《21:00》 リバプール vs バーンリー 《23:05》 チェルシー vs ウォルバーハンプトン 《25:30》 アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド 2019.03.09 12:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース