スポルティングのサポーターが許されざる愚行! 50人の集団が練習場襲撃でFWドストが頭部を負傷…2018.05.16 04:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンの過激派サポーターグループが応援するクラブの選手たちを襲撃する許されざる愚行を働いた。ポルトガル『A Bola』など複数メディアが伝えている。

▽13日に行われたプリメイラ・リーグ最終節のマリティモ戦を1-2で落としたスポルティングは同日に宿敵で2位のベンフィカが勝利したこともあり、今シーズンのリーグ戦をチャンピオンズリーグ出場圏外の3位で終えることになった。

▽この不甲斐ないクラブの戦いぶりに激怒した過激派サポーターグループは15日午後、今週末に行われるタッサ・デ・ポルトガル決勝、アヴェス戦に向けてチームがトレーニングを行っているアルコシェテの練習場に無断で侵入。約50人と報じられている同サポーターグループは、フェイスマスクなどで顔を隠した状態で練習場に居た選手やスタッフを襲撃し、素手や道具を使って暴力行為に及んだ。さらに、ロッカールームなどで施設内の設備への破壊行為も行った。

▽そして、現地メディアの伝えるところによれば、オランダ代表FWバス・ドストが前頭部に裂傷を負うなど、一部選手やスタッフにケガ人も出ているようだ。

▽スポルティングは今回の過激派サポーターグループの暴挙を受けて、クラブ公式フェイスブックを通じて公式声明を発表。今回の犯罪行為に関与した人物の特定に向けて警察との連携を行うことを発表すると共に、断固として受け入れられない行為であると強く非難した。

「スポルティングは本日起きた事件に対して、強く非難する。プレーヤー、コーチ、スタッフに対する暴力行為、破壊行為、スポーツを尊重しない犯罪行為は到底受け入れられるべきものではない」

「スポルティングはこういった行為を強く否定し、こういった行為を決して許さない。我々は今回起きたことの究明と完全な責任を追及するために全力を注ぐ。同時に、このような哀れなやり方で事件を起こした人物に対して断固として厳正な処罰を求める」

▽まるでテロ行為や暴動を想起させる許されざる愚行を働いた、卑怯なサポーターグループには厳正な処分が下されることを願いたい。同時に、ドストを含めて心と身体に深い傷を負ったスポルティングの選手たちに対しては、適切なケアが施されることを期待したい。

◆まるでテロ集団のよう…
https://twitter.com/SiliconChip/status/996458453496487936

◆ドストが前頭部を負傷
https://twitter.com/transf_min/status/996454230025220096

コメント

関連ニュース

thumb

ウルブス、GKルイ・パトリシオの保証金の支払いでスポルティングと合意か

▽ポルトガル代表GKルイ・パトリシオの所属するウォルバーハンプトンは、同選手の前所属であるスポルティング・リスボンに対して契約解除に伴う補償金を支払うことで合意に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2006年のトップチームデビュー以降、スポルティング一筋のキャリアを歩んできたルイ・パトリシオだが、今季チャンピオンズリーグ圏外の3位でリーグ戦を終えたことに腹を立てたスポルティングの過激派サポーターグループに練習場で襲撃を受けるなど、身の危険を感じたためクラブ側に今夏での契約解除を要求した。 ▽その後、ルイ・パトリシオは6月にウォルバーハンプトンへ4年契約で加入。しかし、スポルティングは国際サッカー連盟(FIFA)へルイ・パトリシオの契約違反を訴え、補償金4800万ポンド(約71億円)の支払いを求める抗議文を提出していた。 ▽今回の報道によると、ウォルバーハンプトンとスポルティングは長期間の交渉の末、要求額の1/3以下である1500万ポンド(約22億円)をウォルバーハンプトン側が支払うことで合意に至ったという。 2018.10.19 01:25 Fri
twitterfacebook
thumb

中島が2G1Aと躍動のポルティモネンセ、強豪スポルティングを撃破し今季2勝目!《プリメイラ・リーガ》

▽ポルティモネンセは1日、プリメイラ・リーガ第7節でスポルティング・リスボンとホームで対戦し、4-2で勝利した。ポルティモネンセのMF中島翔哉はフル出場し、44分と82分にゴールを記録した。 ▽前節、最下位のデスポルティボ・アベスに完敗を喫したポルティモネンセは、その試合から先発を4人変更。中島はこの試合でも左ウィングで先発。また、今夏に加入したジャクソン・マルティネスが移籍後初先発を飾った。 ▽立ち上がりこそ地力に勝るスポルティングにやや押し込まれるポルティモネンセだったが、30分に反撃。左サイドを持ち上がったマナファが中島とのワンツーでボックス左から侵入すると、ゴールエリア左横まで持ち上がりニアサイドを抜くシュートをゴールに流し込んだ。 ▽先制点で勢いに乗るポルティモネンセは、前半終了間際に中島が再び輝きを放つ。44分、パウリーニョのパスをボックス左深くで受けたマナファが切り返しから冷静にラストパスを供給。ボックス内に走り込んだ中島のダイレクトシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽しかし、後半に入るとナニを投入したスポルティングの猛攻にさらされる。すると63分、アクーニャの左クロスのロストボールをボックス左深くでナニに拾われると、ラストパスをモンテーロに押し込まれた。 ▽その後も猛攻を受けるポルティモネンセだったが、にセットプレーからリードを広げる。82分、右CKのセカンドボールをボックス手前で拾った中島がミドルシュート。狙いすましたシュートはそのままゴール左隅に吸い込まれた。 ▽88分にコアテスのゴールで1点を返されたポルティモネンセだが、93分に途中出場のジョアン・カルロスが1点を追加し、4-2で試合終了。ポルティモネンセが中島の2ゴール1アシストの活躍で今季2勝目を飾った。 2018.10.08 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表ナニがツイッターで質問コーナーを開設、ベストゴールやベストプレイヤーは? 将来の去就も示唆

▽ポルトガル代表MFナニ(31)が、スポルティング・リスボンでの引退を示唆している。 ▽スポルティング出身のナニは、2005年にトップチームでプロデビューを果たした後、2007年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍。ユナイテッドではプレミアリーグ4回、チャンピオンズリーグ1回、クラブ・ワールドカップ1回など数々のタイトルを獲得し、輝かしいキャリアを築いた。 ▽2015年を最後に、ユナイテッドを去り、フェネルバフチェやバレンシア、ラツィオなどへの移籍を経て、今夏に古巣スポルティングへの完全移籍が決まった。2014-15シーズンに、スポルティングにレンタルしていたため、3年振りの古巣復帰となったナニは、今季はキャプテンマークを巻いてここまでリーグ戦4試合に出場。3ゴールをマークし、チームも4戦3勝1分けと好調なスタートを切っている。 ▽そんなナニがこの度、自身の公式ツイッターでフォロワーからの質問に回答。様々な質問が寄せられる中、興味深い一言を残している。 「僕はまだ引退は考えてないよ。まだまだ若いからね!」 「スポルティングでハッピーなんだ。ここでキャリアを終えると思う。昔はMLS(メジャー・リーグ・サッカー)にも興味はあったんだけどね…」 ▽また、質問は特にユナイテッド絡みのものが多く、チームメイトだったウェイン・ルーニーに関しては「素晴らしい選手、素晴らしい経験だった」とコメント。最も難しかった相手にはアシュリー・コールの名前を挙げた。 ▽さらに、「ユナイテッドでのベストゴールは?」という質問に「2011-12シーズンのオールド・トラフォードでのチェルシー戦のゴールだよ!」と答えると、ユナイテッドの公式アカウントが「私たちも大好きなゴール」と、動画付きで反応。そして、世界のベストプレイヤーを尋ねられると「もちろん、クリスティアーノ(・ロナウド)さ!」と、代表でも同僚の男の名を挙げた。 2018.09.19 17:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ドゥンビアがリーガ初挑戦、ジローナと3年契約

▽ジローナは28日、スポルティング・リスボンのコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビア(30)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となっている。 ▽柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーした快足FWのドゥンビアは、ヤング・ボーイズとCSKAモスクワでゴールを量産。しかし、その後に移籍したローマやニューカッスル、スポルティング・リスボンでは活躍できなかった。 ▽これまでセリエAやプレミアリーグを経験しているドゥンビアだが、リーガエスパニョーラは初挑戦となる。 2018.08.29 00:25 Wed
twitterfacebook
thumb

スポルティング、広州恒大からセルビア代表MFグデリをレンタルで獲得

▽スポルティング・リスボンは23日、中国スーパーリーグの広州恒大からセルビア代表MFネマニャ・グデリ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽グデリは、NACの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格。その後、AZやアヤックスでのプレーを経て、2017年1月に天津泰達に加入すると昨季は公式戦20試合に出場し1ゴール5アシストをマーク。 ▽この活躍が認められ、2018年1月には中国王者の広州恒大へ移籍。今季もここまで公式戦18試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 ▽また、2014年にデビューを果たしたセルビア代表では、これまで22試合に出場しているが、今夏に行われたロシア・ワールドカップのメンバーには選ばれなかった。 2018.08.24 08:07 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース