スポルティングのサポーターが許されざる愚行! 50人の集団が練習場襲撃でFWドストが頭部を負傷…2018.05.16 04:16 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンの過激派サポーターグループが応援するクラブの選手たちを襲撃する許されざる愚行を働いた。ポルトガル『A Bola』など複数メディアが伝えている。

▽13日に行われたプリメイラ・リーグ最終節のマリティモ戦を1-2で落としたスポルティングは同日に宿敵で2位のベンフィカが勝利したこともあり、今シーズンのリーグ戦をチャンピオンズリーグ出場圏外の3位で終えることになった。

▽この不甲斐ないクラブの戦いぶりに激怒した過激派サポーターグループは15日午後、今週末に行われるタッサ・デ・ポルトガル決勝、アヴェス戦に向けてチームがトレーニングを行っているアルコシェテの練習場に無断で侵入。約50人と報じられている同サポーターグループは、フェイスマスクなどで顔を隠した状態で練習場に居た選手やスタッフを襲撃し、素手や道具を使って暴力行為に及んだ。さらに、ロッカールームなどで施設内の設備への破壊行為も行った。

▽そして、現地メディアの伝えるところによれば、オランダ代表FWバス・ドストが前頭部に裂傷を負うなど、一部選手やスタッフにケガ人も出ているようだ。

▽スポルティングは今回の過激派サポーターグループの暴挙を受けて、クラブ公式フェイスブックを通じて公式声明を発表。今回の犯罪行為に関与した人物の特定に向けて警察との連携を行うことを発表すると共に、断固として受け入れられない行為であると強く非難した。

「スポルティングは本日起きた事件に対して、強く非難する。プレーヤー、コーチ、スタッフに対する暴力行為、破壊行為、スポーツを尊重しない犯罪行為は到底受け入れられるべきものではない」

「スポルティングはこういった行為を強く否定し、こういった行為を決して許さない。我々は今回起きたことの究明と完全な責任を追及するために全力を注ぐ。同時に、このような哀れなやり方で事件を起こした人物に対して断固として厳正な処罰を求める」

▽まるでテロ行為や暴動を想起させる許されざる愚行を働いた、卑怯なサポーターグループには厳正な処分が下されることを願いたい。同時に、ドストを含めて心と身体に深い傷を負ったスポルティングの選手たちに対しては、適切なケアが施されることを期待したい。

◆まるでテロ集団のよう…
https://twitter.com/SiliconChip/status/996458453496487936

◆ドストが前頭部を負傷
https://twitter.com/transf_min/status/996454230025220096
コメント
関連ニュース
thumb

スポルティング・リスボンの10番、元コロンビア代表FWモンテーロが退団

スポルティング・リスボンは15日、元コロンビア代表FWフレディ・モンテーロ(31)との契約を双方合意の下、解除したことを発表した。 2013年からスポルティングでプレーするストライカーのモンテーロは、同クラブで公式戦131試合に出場して46ゴール18アシストを記録。今季はポルトガルリーグで9試合に出場して2ゴール3アシストを、ヨーロッパリーグで5試合に出場して2ゴールをマークしていたが、負傷の影響もあって年明け以降は出場機会を得られずにいた。 また、2007年5月にデビューしたコロンビア代表ではこれまで4試合に出場していた。 なお、今後の去就に関しては2017年にレンタルで在籍したMLSのバンクーバー・ホワイトキャップス行きが報じられている。 2019.02.15 22:57 Fri
twitterfacebook
thumb

スポルティング、コロンビア代表の左SBボルハを獲得!

スポルティングは30日、メキシコのトルーカからコロンビア代表DFクリスティアン・ボルハ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月まで。 母国のコルトゥルアやインディペンディエンテ・サンタフェでプレーしたC・ボルハは、2018年1月にメキシコのトルーカに完全移籍。左サイドを主戦場とし、今シーズンはここまで公式戦19試合に出場していた。 また、2018年9月にコロンビア代表デビュー。ここまで2試合に出場している。 2019.01.31 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

SPAL、スポルティングから元イタリア代表GKヴィヴィアーノをレンタルで獲得

SPALは7日、スポルティング・リスボンから元イタリア代表GKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ(33)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 フィオレンティーナの下部組織出身であるヴィヴィアーノは、これまでインテルやボローニャ、パレルモ、レンタルでアーセナルでのプレー経て、2014年からサンプドリアに加入していた。 サンプドリアでは4シーズンで公式戦115試合に出場。昨季も序盤をケガで出遅れたものの、リーグ戦27試合に出場し守護神として活躍。この活躍が認められ、昨夏に正GKを務めるポルトガル代表GKルイ・パトリシオが退団したスポルティングへ2年契約で加入。しかし、スポルティングではここまで出場機会がない状況だった。 2019.01.08 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティング、元アヤックス指揮官のカイザー氏を新指揮官に招へい

▽スポルティング・リスボンは9日、オランダ人指揮官のマルセル・カイザー氏(49)の新指揮官就任を発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽今月2日に今夏就任したジョゼ・ペセイロ前監督(58)との契約を解消したスポルティングは、その後任に元アヤックスの指揮官であるカイザー氏を招へいすることになった。 ▽現役時代にアヤックスやカンブールで活躍したカイザー氏は、2007年から監督キャリアをスタート。古巣カンブールで指揮を執ると、2016年夏にはアヤックスのリザーブチームの指揮官に就任。 ▽現在、同クラブの主力で活躍するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトらを育て上げた手腕が評価され、翌年にピーター・ボス監督の退任に伴い、トップチームの指揮官に昇格も成績不振とクラブ内部の権力争いに巻き込まれる形でシーズン途中に解任されていた。その後、直近まではUAEのアル・ジャジーラで指揮を執っていた。 ▽なお、スポルティングはプリメイラ・リーガ第9節終了時点で首位ポルトと勝ち点2差の3位に位置し、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループE第4節終了時点でアーセナルに次ぐ2位に付けている。 2018.11.10 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

乏しい試合内容も、スポルティングと引き分けたアーセナルがGS突破!ウェルベックが深刻なケガ…《EL》

▽アーセナルは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第4節でスポルティング・リスボンと対戦し、0-0で引き分けた。この結果、アーセナルのグループステージ突破が決まった。 ▽今季開幕のマンチェスター・シティとチェルシーとの連敗以降、公式戦14試合無敗のアーセナル。直近のプレミアリーグ第11節のリバプール戦では互角の戦いを見せ、ホームで1-1で引き分けた。ELではここまで3連勝のアーセナル。勝てばグループ突破が決まる今節、リバプール戦からスタメンを9人変更。ジェンキンソンやグエンドウジ、スミス=ロウらが先発に名を連ねた。 ▽互いに縦に速いフットボールを展開する両者。その中でも主導権はアーセナルが握っていく。8分に、左サイドバックのジェンキンソンがボックスの外から右足でミドルシュートを狙う。17分にはグエンドウジの右からの折り返しがスポルティングDFマテューの足に当たってゴールに向かうも、コアテスがギリギリのところでクリア。 ▽25分にアーセナルはリヒトシュタイナーのクロスにウェルベックが飛び込むもシュートはGKレナン・リベイロの正面。このプレーでガスパールと衝突したウェルベックが続行不可能となり、オーバメヤンとの交代を余儀なくされた。 ▽アーセナルは7割を超えるポゼッションを誇るものの、引いて守るスポルティングを前に、中盤のアイデアもなく乏しい内容のまま時間だけが過ぎる。 ▽後半開始早々、アーセナルは最終ラインからのロングボールでムヒタリアンが右サイドを侵攻。クロスにオーバメヤンが合わせてシュートを放つ。惜しくも枠に飛ばなかったが、ホームチームがアグレッシブな入りを見せた。 ▽さらに58分には、斜めに入ったイウォビがボックス右でパスを受けて後ろに落とす。それをオーバメヤンが狙ったがサイドネット。それでも少しずつアーセナルがゴールに近づいていく。 ▽その後は互いに大きなチャンスはなく迎えた89分、味方のパスに反応したムヒタリアンがボックス手前でマテューに倒されFKを獲得。このプレーでマテューは一発退場となってしまった。絶好のチャンスを手にしたアーセナルだったが、このFKをオーバメヤンが大きくふかしてしまう。 ▽試合はそのまま終了。互いにクオリティを欠いた試合はゴールレスドロー。グループEのもうひと試合、ヴォルスクラvsカラバフはカラバフが勝利したため、アーセナルはこれでグループステージ突破が決まった。 2018.11.09 07:00 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース