ブライトン、プレミア昇格&残留に導いたヒュートン監督と2021年まで契約延長!2018.05.16 02:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは15日、クリス・ヒュートン監督(59)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

▽昨シーズンのプレミアリーグ昇格に続き今季もプレミアリーグ残留と見事な手腕を発揮したヒュートン監督は、今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。

「このクラブと過ごす時間を延長することができて本当に嬉しいよ。我々が自分たちの目標を達成する上で助けとなった会長やクラブ幹部、私のスタッフ、クラブに関わるすべての人に感謝したい。もちろん、そこにはファンたちも含まれているよ」

「我々の次のシーズンは非常にタフなものになると思う。そして、継続的に成長を続けるためにはクラブとしての一体感が必要になると思う。ただ、今はしっかりと休息を取って今季を振り返り、その後に2018-19シーズンに向けた準備を進めていきたいね」

▽これまでニューカッスルやバーミンガム、ノリッジを率いてきたヒュートン監督は、2014年12月末に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたブライトンの新指揮官に就任した。

▽就任3年目となった昨シーズンはチャンピオンシップで自動昇格圏内の2位でシーズンを終え、35年ぶりとなるトップディビジョン昇格に導くと、今シーズンは下馬評が低かったチームを最終的に15位でフィニッシュさせ、チーム最大の目標だったプレミアリーグ残留を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

ブライトン、リーガ2部降格のデポルティボからルーマニア代表FWを獲得

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、デポルティボからルーマニア代表FWフロリン・アンドネ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は2023年6月までの5年間。移籍金は明かされていないが、ルーマニア『DigiSport』は、600万ユーロ(約7億7000万円)と推定している。 ▽ルーマニア人ながら2011年にスペインのカステジョンでプロキャリアをスタートしたアンドネは、ビジャレアルを経て2014年にコルドバに加入。2015-16シーズンは、セグンダA(スペイン2部)で36試合に出場し、21ゴールを挙げる大活躍を披露し、ストライカーとしての才能を一気に開花させた。 ▽この活躍が認められ2016年7月にデポルティボに移籍すると、加入初年度からレギュラーとして活躍。在籍2年間で公式戦69試合に出場し18ゴール6アシストをマークしていた。 ▽また、2015年にデビューしたルーマニア代表では、ここまで通算21キャップを記録している。 2018.05.26 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、マインツからナイジェリア代表DFをフリーで獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは22日、マインツからナイジェリア代表DFレオン・バログン(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽2008年にブンデス6部のトゥルキェムスポル・ベルリンからハノーファーに加入したバログン。しかし、ハノーファーでは出場機会に恵まれず、その後はブレーメンやデュッセルドルフ、ダルムシュタットでプレー。 ▽2015年の夏に加入したマインツでは、センターバックを主戦場に在籍3シーズンで公式戦58試合で1ゴールをマーク。しかし、今季は2度の負傷に見舞われるなどブンデスリーガ14試合の出場にとどまっていた。 ▽また、2014年3月にデビューしたナイジェリア代表では、ここまで14試合に出場。6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)のナイジェリア代表候補メンバーにも名を連ねている。 ▽なお、バログンは今季限りでマインツとの契約が切れるためフリーでの移籍となる。 2018.05.23 01:37 Wed
twitterfacebook
thumb

サラーが最多得点記録更新! ブライトンに完勝のリバプール、4位フィニッシュで来季CL出場権獲得!《プレミアリーグ》

▽リバプールは13日、プレミアリーグ最終節でブライトンとホームで対戦し、4-0で勝利した。 ▽引き分け以上でトップ4入りがほぼ決定する4位のリバプール(勝ち点72)。前節のチェルシー戦で敗れ、最終節までこの争いに巻き込まれてしまったが、昇格組との対戦ではここ21試合で16勝5分けという相性。勝利してきっちり来季のチャンピオンズリーグ出場を決めたい最終節ブライトン戦に向けては、ファン・ダイクやワイナルドゥム、サラー、フィルミノ、マネらが先発となった。 ▽試合は序盤からリバプールが主導権を握る展開に。まずはフィルミノがボックス手前からシュートを放てば、ヘンダーソンも隙を見ては遠くから狙っていく。18分には、サラーがボックス内でダフィに倒されるが笛は鳴らず。続く19分にはソランケのスルーパスにマネが反応。ゴール前右に侵攻しシュートを放つもGKの正面に飛んでしまう。 ▽その後もブライトンを押し込むリバプールは26分、アーノルドの縦パスをボックス手前で受けたソランケがゴール前のサラーにスルーパス。サラーはこれを左足でゴール右に蹴り込み、リバプールに先制点をもたらした。サラーはプレミアリーグが38試合制になって以降の最多得点記録を更新した。 ▽先制後も次々とゴールに迫るリバプール。30分にはカウンターでマネがゴール前に持ち出し、サラーにラストパス。GKのチェックも外してシュートを放つが、寸前のところでDFにブロックされてしまう。さらに35分のワイナルドゥムのチャンスはGKライアンにファインセーブで凌がれる。 ▽すでにワンサイドゲームになりつつあるリバプールは40分、左CKの流れから、ロバートソンのクロスにロブレンがヘディングシュートを突き刺し2-0。トップ4フィニッシュにぐっと近づいた。 ▽迎えた後半、攻勢を続けるリバプールは53分、サラーが右サイドを突破すると、ダイアゴナルに走り込むソランケにラストパス。ソランケはボックス右から豪快にシュートを突き刺し、試合を決定づける3点目を沈めた。 ▽3点目を決めた後はリバプールはややペースを落として試合を進める。シュートシーンこそ減ったものの、ブライトンには反撃の隙を許さず試合を殺しにかかる。 ▽試合も終盤に入った85分には、途中出場のイングスのクロスの跳ね返りをロバートソンが蹴り込んで4点目を奪取。 ▽試合はこのまま終了し、最終節をホームで4-0と快勝したリバプールが4位をキープし、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 2018.05.14 01:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが今季昇格組のアウェイ戦で全敗…ブライトンはホーム最終戦でプレミア残留を決める!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは4日、プレミアリーグ第37節でブラントンと対戦し、0-1で敗戦した。 ▽2位のユナイテッド(勝ち点77)が、14位ブライトン(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。前節のアーセナル戦を劇的勝利で終えたユナイテッドは、その試合から先発を6人変更。ルカクやサンチェス、リンガード、リンデロフらに代えてラッシュフォードやマルシャル、マタ、ロホらを先発で起用した。 ▽試合はユナイテッドが開始早々に決定機を迎える。3分、ボックス左角手前でラッシュフォードが倒されてFKを獲得。ラッシュフォードがFKからクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したフェライニが右ヒザで押し込んだが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 ▽幸先良くチャンスを迎えたユナイテッドだが、その後は高い位置からプレッシャーをかけるブライトンに苦戦を強いられる。すると20分、バイタルエリア左でボールを受けたマーレイに強烈なハーフボレーシュートを浴びるも、これはGKデ・ヘアが好セーブで防いだ。 ▽その後もポゼッションではブライトンを上回ったユナイテッドだったが、アタッキングサードでの連係ミスやプレーの質を欠いたことで、決定機を演出できず。前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も先にチャンスを作ったのはユナイテッド。50分、マティッチのパスをボックス左で受けたポグバが右足を振り抜くも、シュートはGKライアンがセーブ。 ▽ゴールの遠いユナイテッドは、一瞬の隙からブライトンに先制を許す。57分、プレパーのパスを左サイドで受けたイスキエルドがボックス左から侵入。イスキエルドは縦へ切り込み、クロスを供給すると、ファーサイドから飛び込んだグロスがヘディングシュート。これはゴールライン上でロホがクリアしたかと思われたが、ゴールラインテクノロジーの判定でゴールが認められた。 ▽先制を許したユナイテッドは、68分にフェライニとダルミアンを下げてリンガードとショーを投入する2枚替えを敢行。さらに76分には、ロホを下げてマクトミネイをピッチに送り出し、3枚の交代カードを切り終えた。 ▽1点を追うユナイテッドは87分、リンガードのパスをボックス内のラッシュフォードがワンタッチで落とすと、ボックス内まで駆け上がったリンガードが右足を振り抜く。しかし、ダフィの後方からのスライディングタックルでバランスを崩したリンガードのシュートは、ゴール左に外れた。 ▽結局、試合はそのまま0-1で終了。リーグ戦3試合ぶりの黒星を喫したユナイテッドは、今季昇格組のアウェイ戦全敗という不名誉な記録を樹立。一方、ホーム最終戦でユナイテッドを撃破したブライトンは、勝ち点を40に伸ばしプレミアリーグ残留を決めた。 2018.05.05 06:23 Sat
twitterfacebook
thumb

4位トッテナムが格下ブライトン相手に痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

▽トッテナムは17日、プレミアリーグ第35節でブライトンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽3日前に行われたマンチェスター・シティ戦で敗戦を喫し、リーグ戦の連勝が「6」でストップした4位トッテナム(勝ち点67)が、リーグ戦4戦未勝利中の13位ブライトン(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽バウンスバックが求められるブライトンとの一戦に向けて、トッテナムはシティ戦から先発を6人変更。デレ・アリやE・ダイアー、トリッピアーらをベンチに置き、ソン・フンミンやルーカス・モウラ、ワニャマらを先発で起用した。 ▽自陣でブロックを敷く相手に、トッテナムはケインやエリクセンを起点として攻撃の糸口を探るが、なかなか決定機には至らない。23分には、ムサ・シッソコのパスをボックス左で受けたソン・フンミンが縦に切り込み左足を振り抜いたが、軸足を滑らせたシュートは相手GKに正面でキャッチされた。 ▽その後もポゼッションではブライトンを圧倒するトッテナムだが、ノーチャンスのまま時間が経過。45分には、ペナルティアーク左横で倒されたケインが直接FKでゴールを狙う。アディショナルタイム3分にも、ケインのラストパスからソン・フンミンが決定機を迎えるも、シュートはGKライアンの好セーブに防がれた。 ▽迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。48分、バックパスを最終ラインで受けたボングにワニャマが素早くプレスをかけると、このロストボールをソン・フンミンがボックス左深くで拾い、カットインからラストパス。最後はケインがこのボールをゴールに蹴り込み、トッテナムが先制した。 ▽先手を取ったトッテナムだが、不用意なファウルから同点に追いつかれる。49分、ボックス左から侵入したイスキエルドをオーリエが後ろから倒しPKを献上。このPKをグロスにゴール左隅に決められた。 ▽勝ち越しを狙うトッテナムは74分にワニャマとルーカル・モウラを下げてラメラとデンベレをピッチに送り出す。さらに85分にはケインを下げてジョレンテをピッチに送り出した。 ▽トッテナムは88分、エリクセンのパスを最前線のジョレンテがワンタッチではたくと、これを受けたラメラがボックス中央かラ侵入しシュートまで持ち込んだが、これもGKライアンにセーブされる。 ▽結局、試合は1-1のまま終了。トッテナムは格下相手に痛恨のドローで勝ち点を取りこぼした。 2018.04.18 05:48 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース