ブライトン、プレミア昇格&残留に導いたヒュートン監督と2021年まで契約延長!2018.05.16 02:54 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは15日、クリス・ヒュートン監督(59)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

▽昨シーズンのプレミアリーグ昇格に続き今季もプレミアリーグ残留と見事な手腕を発揮したヒュートン監督は、今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。

「このクラブと過ごす時間を延長することができて本当に嬉しいよ。我々が自分たちの目標を達成する上で助けとなった会長やクラブ幹部、私のスタッフ、クラブに関わるすべての人に感謝したい。もちろん、そこにはファンたちも含まれているよ」

「我々の次のシーズンは非常にタフなものになると思う。そして、継続的に成長を続けるためにはクラブとしての一体感が必要になると思う。ただ、今はしっかりと休息を取って今季を振り返り、その後に2018-19シーズンに向けた準備を進めていきたいね」

▽これまでニューカッスルやバーミンガム、ノリッジを率いてきたヒュートン監督は、2014年12月末に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたブライトンの新指揮官に就任した。

▽就任3年目となった昨シーズンはチャンピオンシップで自動昇格圏内の2位でシーズンを終え、35年ぶりとなるトップディビジョン昇格に導くと、今シーズンは下馬評が低かったチームを最終的に15位でフィニッシュさせ、チーム最大の目標だったプレミアリーグ残留を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

サラーのしたたかなPK弾でリバプールが辛勝! 公式戦連敗ストップで2019年初白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsリバプールが12日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが1-0で勝利した。 2019年初戦となったマンチェスター・シティとの大一番を1-2で落とし今季リーグ戦初黒星を喫した首位のリバプール。さらに、主力を温存したFAカップではウォルバーハンプトンに敗れて今季初めての公式戦連敗となった。 バウンスバックが求められる13位のブライトンとのアウェイゲームに向けてはシティ戦から先発2人を変更。負傷のロブレンに代わってサイドバックの経験はあるものの、センターバックでのプレー経験は直近のウルブス戦が初めてだったファビーニョ、ミルナーに代わってシャキリが起用された。なお、負傷者続出のセンターバックではマティプがベンチに復帰した。 立ち上がりからボールを保持するリバプールだったが、マーレイを前線に残して9人が自陣で堅固な守備ブロックを構築する相手を前になかなか効果的な攻めを見いだせない。9分には左サイドの高い位置に侵入したロバートソンのグラウンダーの高速クロスにマネ、フィルミノと飛び込むが、わずかに合わない。 その後も中盤の低い位置やサイドを起点に相手守備攻略を目指すリバプールだが、中央をきっちり締める相手の守備をなかなかこじ開けられない。27分には右サイドへの流麗な展開からアーノルドが左足で精度の高いインスウィングのクロスを入れるが、シャキリのヘディングシュートはわずかに枠の左へ外れた。 その後も攻めあぐねる状況が続いたリバプールは結局ゴールレスで試合を折り返す。それでも、後半立ち上がりの47分にはマネのスルーパスに抜け出したサラーがボックス左から際どいシュートを放ちいきなり決定機を創出。すると、直後の50分にはボックス左から内に切り込んだサラーが後ろからグロスに手をかけられると、ここでややあっさりと倒れてPKを獲得。これを自らゴール右隅に突き刺して待望の先制点を奪った。 粘り強く守りながらもサラーの“巧さ”にしてやられたホームチームはここからリスクを冒して前に出る。サイドを起点に前線のマーレイにボールを集める中、58分には右サイド深くに侵攻したモントーヤのグラウンダークロスを中央のグロスがシュートするが、これはDFファビーニョのシュートブロックに遭う。さらに右サイドのモントーヤを起点に攻勢を強めていくが、前半同様に最後の場面で精度を欠く。 その後、ノッカール、アンドネを同時投入して前がかるブライトンに対して、リバプールはシャキリを下げてミルナーを送り込み試合を締めにかかる。そのリバプールはカウンターからフィルミノやサラー、マネらに幾度か決定的な場面が訪れるが、この日は対戦相手同様にフィニッシュの精度を欠く。それでも、試合終盤の相手のパワープレーを守備陣が身体を張った守りで凌ぎ切った。 サラーのしたたかなPKで辛勝のリバプールが公式戦の連敗をストップすると共に2019年初白星を手にした。 2019.01.13 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

FAがエメリ監督を処分! ブライトン戦で蹴った給水ボトルが観客に直撃

▽イングランドサッカー協会(FA)は27日、26日に行われたブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で不適切な振る舞いを働いたアーセナルのウナイ・エメリ監督に処分を科すことを発表した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽アーセナルは26日に行われたプレミアリーグ第19節のブライトン戦を1-1のドローで終えた。そして、同試合では試合中にフラストレーションを溜めていたエメリ監督がピッチサイドの給水用のプラスチック製ボトルを蹴り上げた際、ホームのブライトンサポーターに直撃するアクシデントが発生。 ▽同試合後、エメリ監督は当該サポーターの元へ謝罪に出向き握手で和解を果たしていたが、FAは給水ボトルを蹴り上げたこと自体を不適切な行為と判断し、今回の処分発表に至った。 ▽なお、エメリ監督は2019年1月2日夕方まで異議申し立てを行うことができる。 ▽今回の事件に関してエメリ監督は27日に行われた次節リバプール戦に向けた公式会見の場で以下のように説明していた。 「フラストレーションを溜めた結果、ボトルを蹴り上げてしまった。しかし、サポーターに向けて蹴ったわけではなく、何の意図もなかった。それにすでに謝罪も行った。これでこの話が終わることを望んでいる」 ▽なお、マンチェスター・ユナイテッドの前指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督は2016年のウェストハム戦でピッチサイドの給水ボトルを蹴り上げた際に1試合のベンチ入り禁止処分を科されており、エメリ監督にも同様の処分が科される見込みだ。 2018.12.28 03:15 Fri
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンのリーグトップの13得点目もアーセナル、押し切れずブライトンとドロー《プレミアリーグ》

▽アーセナルは26日、プレミアリーグ第19節でブライトンと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽第17節でサウサンプトンに敗れたことで公式戦無敗が22試合でストップしたアーセナル。その3日後に行われたEFLカップでもトッテナムにやぶれ2連敗を喫した。前節にオーバメヤンの2ゴールなどでバーンリーを下し白星を取り戻し手迎えた今節は、そのオーバメヤンを先発に起用。その他、エジルがリーグ戦では12節以来のスタメンとなった。 ▽試合は早々に動く。7分、アタッキングサードまで攻め込んだアーセナルは、相手のクリアミスからラカゼットがボールを奪ってボックス中央へ。敵に囲まれながらもボックス左のオーバメヤンへ出すと、オーバメヤンはダイレクトでゴール右上を狙い撃ち、ガナーズが先制点を奪った。 ▽出鼻を挫かれたブライトンだが、その後は何度もアーセナルゴールに迫る場面も。29分にはカウンターから右サイドのマーチに展開。クロスをマーレイがダイレクトで合わせたが、シュートはGKレノに止められた。 ▽アーセナルはその直後、敵陣中央のトレイラから浮き球パスが前線のオーバメヤンへ。ガボン代表FWはGKと一対一になるも、ライアンの好プレーもあり追加点を奪うことはできなかった。 ▽すると35分、アーセナルのCKを奪いカウンターに繋げたブライトンはプレパーが自陣左サイドから一気に前線へロングボールを送ると、リヒトシュタイナーが目測を誤りクリアミス。これで最終ラインの背後を突いたロカディアが冷静にゴールに流し込み、ブライトンが同点に追いついた。 ▽エジルを下げてイウォビを投入したアーセナルは後半立ち上がりの49分、トレイラが味方とのコンビネーションで敵陣中央を突破。ボールを受けたラカゼットが右にスライドしながらボックス右手前からシュートを選択。しかし、このシュートは相手に当たって枠に飛ばず。こぼれ球をリヒトシュタイナーが押し込みにかかるがこれもブロックされる。 ▽対するブライトンも50分に、マーチがボックス右手前からのシュートでGKレノを強襲。53分には右サイドのマーチのクロスをプレパーが頭で合わせるも、惜しくも枠の左へ。 ▽70分を迎え、アーセナルはコシエルニーを下げてナイルズをピッチへ。ここからアーセナルは右にリヒトシュタイナー、真ん中にパパスタソプーロス、左にジャカを置く3バックに変更した。 ▽ブライトンはその手薄になった守備を狙う。80分、自陣でボールを奪いすぐさまカウンターを発動。右サイドから左に走り込んだロカディアにボールが繋がると、対面したリヒトシュタイナーをフェイントで半身躱してシュートに持ち込む。しかし、シュートは惜しくも枠の右へ。 ▽その後、アーセナルが押し込む展開が続いたものの、ブライトンの牙城を崩せず試合終了。リーグ戦2連勝は飾れなかった。 2018.12.27 04:11 Thu
twitterfacebook
thumb

最前線起用のアザールが1G1Aの活躍でチェルシーが辛勝《プレミアリーグ》

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第17節でブライトンとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節マンチェスター・シティ戦を2-0と勝利し、シティにリーグ戦初黒星を喫しさせた4位チェルシー(勝ち点34)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのヴィディ戦(2-2)は消化試合だったため、主力を温存。そのヴィディ戦のスタメンからウィリアン以外の10選手を変更した。 ▽13位ブライトン(勝ち点21)に対し、いつも通りの[4-3-3]を採用したチェルシーは3トップに右からペドロ、アザール、ウィリアン、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにカンテとコバチッチを並べた。 ▽チェルシーがボールを持つ立ち上がりとなった中、6分にD・ルイスが直接FKで、15分にマルコス・アロンソがボックス左からシュートを浴びせ、圧力を強めていく。すると17分、チェルシーが先制点を奪いきった。アザールがボックス左で縦に仕掛けてグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドのペドロが押し込んだ。 ▽先制後もチェルシーが敵陣でボールを持つ中、33分にカウンターから加点する。ミスパスをカットしたウィリアンのパスを受けたアザールが独走。俊足を飛ばしてGKとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけてもチェルシーが押し込み続けると、41分には右CKからリュディガーが決定的なヘディングシュートを浴びせたがわずかに枠の左に外れ、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半もチェルシーが主導権を握る中、63分にボックス手前左から放ったマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートが右ポストを直撃。 ▽しかし66分、1点差に詰め寄られる。右サイドからのクロスボールをファーサイドのベルナルドにヘッドで折り返され、最後はマーチに左足で押し込まれた。 ▽1点差とされたチェルシーは終盤にかけて、アザールらを下げてフレッシュなジルーらを投入していく。86分にはマルコス・アロンソが最終ラインで相手選手に入れ替わられるピンチをファウルで止めてしまったが、イエローカードで助かった。 ▽結局、チェルシーが苦しみながらも逃げ切り。アザールの1ゴール1アシストでリーグ戦連勝としている。 2018.12.17 00:23 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライトンがベテランFWマーレイと2020年まで契約延長

▽ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンは13日、FWグレン・マーレイ(35)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽2002年にワーキントンでプロデビューしたマーレイは、カーライル・ユナイテッドやロッチデールを経て、2008年にブライトンへ加入。その後、2011年までプレーしクリスタル・パレスに移籍したマーレイだが、2016年にボーンマスからレンタルで復帰すると、プレミアシップ(イングランド2部)45試合に出場し23ゴールを記録するなど、同クラブのプレミアリーグ初昇格に貢献。 ▽翌年に完全移籍でブライトンへ復帰したマーレイは、昨季プレミアで35試合に出場し12ゴールをマーク。今季もここまでエースFWとしてリーグ戦全試合に出場し6ゴールをマーク。10月27日に行われた第10節ウォルバー・ハンプトン戦(1-0で勝利)では、ブライトンでの通算100ゴールを達成し、チームを勝利に導いた。 2018.11.14 03:40 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース