ホッフェンハイム、アルジェリア代表FWベルフォディル獲得! 今季はブレーメンにレンタル2018.05.16 01:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは15日、スタンダール・リエージュからアルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディル(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。

▽ホッフェンハイムへの加入が決定したベルフォディルはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語っている。

「この野心的なクラブでさらに成長できるチャンスを得られたことをとても嬉しく思っているよ。クラブがより多くの成功を収めるために自分が持てるすべての力を捧げるつもりだ」

▽リヨンでプロキャリアをスタートしたベルフォディルは、その後イタリアに活躍の場を移してパルマやインテル、リヴォルノでプレー。2016年にはベルギーの名門スタンダール・リエージュに完全移籍を果たし、今シーズンは1年間のレンタルでブレーメンに加入。

▽今季は公式戦29試合で6ゴールと目立った数字は残せなかったものの、190cmを超える長身と懐深いボールキープを生かしたポストプレーといった多彩なプレーの引き出しが評価されて来シーズンにチャンピオンズリーグに出場するホッフェンハイムへとステップアップを果たすことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

ゴレツカの2Gなど3発のバイエルンがホッフェンハイムの反撃を振り切って後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ第18節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 2018年最終戦となった前節フランクフルト戦をリベリの2発などで3-0と快勝し、5連勝とした2位バイエルン(勝ち点36)は、6ポイント差で首位ドルトムントを追う中、負傷で不在のロッベリーに代わってミュラーとコマンを起用した。そして、バンクーバーから加入したアルフォンソ・デイビスが初のベンチ入りを果たした。 7位ホッフェンハイム(勝ち点25)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ゴレツカ、コマン、ボランチにチアゴとハビ・マルティネスを起用した。 立ち上がりからボールを握ったバイエルンは10分に決定機。アラバが左サイドから折り返したクロスをレヴァンドフスキがボレー。完璧に捉えたシュートだったが、わずかに枠の左に外れた。 その後も攻勢に出るバイエルンは19分、レヴァンドフスキがボックス中央でボールを落としてミュラーがプッシュ。だが、難しい体勢から放ったシュートは枠を捉えきれない。 引き続き押し込むバイエルンは27分にCKの流れからフンメルスがルーズボールを押し込みにかかったが、ここはGKバウマンのセーブに阻まれた。 それでも、続く29分にゴレツカがGKを強襲するシュートを浴びせたバイエルンは35分に順当に先制する。左サイドからのコマンのクロスをレヴァンドフスキがヘディングで合わせたシュートはGKバウマンにセーブされるも、ルーズボールをゴールエリア左に詰めたゴレツカが左足で蹴り込んだ。 さらに前半終了間際の追加タイム1分、ロングカウンターを発動したバイエルンはアラバの左クロスをゴール前に走り込んでいたゴレツカがスライディングシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。 ゴレツカのドッペルパックで2-0としたバイエルンは迎えた後半、前がかるホッフェンハイムに開始3分、ビッテンコートに枠内シュートを打たれたものの、GKノイアーがセーブ。さらに53分、チアゴのボールロストからジョエリントンに枠内シュートを浴びたが、ここもGKノイアーが凌いだ。 しかし59分、ロングカウンターを受けると最後はN・シュルツにペナルティアーク右からゴール左にシュートを叩き込まれ、1点差に詰め寄られてしまった。 嫌な流れに陥りかけたバイエルンだったが、ここから慎重に試合を運び、ホッフェンハイムの攻勢を許さない。膠着状態に持ち込んで試合を進めていた中、83分に大ピンチ。サライにゴール至近距離から決定的なヘディングシュートを許したが、守護神ノイアーがビッグセーブで凌いだ。 すると終盤の87分に勝負を決定付けた。途中出場のハメス・ロドリゲスの浮き球パスをボックス右のミュラーがダイレクトで折り返すと、レヴァンドフスキがダイレクトでゴールに流し込んだ。このまま3-1で勝利したバイエルンが後半戦を白星スタートとし、6連勝としている。 2019.01.19 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、ホッフェンハイムからスイス代表MFツバーをレンタルで獲得!

シュツットガルトは9日、ホッフェンハイムからスイス代表MFシュテファン・ツバー(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 母国のグラスホッパーでキャリアをスタートさせたツバーは、2013年夏からCSKAモスクワでプレー。その後、2014年夏にホッフェンハイムに移籍。ここまでは左サイドハーフやセントラルMFを主戦場に公式戦99試合に出場し8ゴールを記録。今季は公式戦13試合に出場し1ゴールを挙げていた。 また、2017年にデビューを果たしたスイス代表ではここまで通算21試合に出場し5ゴールを記録。昨年行われたロシア・ワールドカップ本大会にも出場していた。 2019.01.09 20:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのイタリア代表MFグリフォ、フライブルクにレンタルで復帰

フライブルクは6日、ホッフェンハイムのイタリア代表MFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでプロデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。 この活躍が認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍したものの活躍できず、2018年夏に3年ぶりにホッフェンハイムに2022年までの契約で復帰していた。しかし、今季もここまでブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ1試合の出場に留まり、活躍できていなかった。 2019.01.06 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

後半戦での巻き返しを狙うハノーファー、ホッフェンハイムDFアクポグマをレンタルで獲得

▽ハノーファーは30日、ホッフェンハイムからDFケビン・アクポグマ(23)をレンタル移籍で獲得した。アクポグマは2019年1月2日にハノーファーに合流する。 ▽カールスルーエの下部組織出身のアクポグマは、2012-13シーズンにトップチームに昇格すると、翌年の夏にホッフェンハイムへ完全移籍。加入当初からセカンドチームでのプレーが続くと、2015年の夏からはデュッセルドルフへ2年間のレンタル移籍で加入した。 ▽ホッフェンハイムへ復帰した昨シーズンは、ブンデスリーガで22試合に出場するなど主力としてプレーしたが、今シーズンはここまでリーグ戦8試合の出場にとどまっていた。 2019.12.31 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、不調ホッフェンハイム相手にホームで痛恨のドロー《ブンデスリーガ》

▽大迫勇也の所属するブレーメンは19日、ブンデスリーガ第16節でホッフェンハイムと対戦し、1-1野引き分けに終わった。大迫は86分までプレー。 ▽前節のドルトムント戦を惜敗した9位ブレーメンが、公式戦6試合勝利のない8位ホッフェンハイムをホームに迎えた一戦。ブレーメンの大迫はトップ下で3試合ぶりの先発復帰となった。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が展開されると、ブレーメンは12分に決定機。モフワルドのラストパスが相手DFにディフレクトすると、このこぼれ球に反応した大迫はゴールエリア右付近からシュートを放ったが、これはサイドネットに外れた。 ▽チャンスを逃したブレーメンは、31分に失点を許す。ドリブルでボックス左深くまで切り込んだN・シュルツにマイナスの折り返しを供給されると、走り込んだビッテンコートがゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽迎えた後半、1点を追うブレーメンは57分に決定機。左サイドから仕掛けたアウグスティンションのクロスをファーサイドに走り込んだゲブレ・セラシェが頭で叩き込み、試合を振り出しに戻した。 ▽1-1のままこう着状態が続く中、83分にホッフェンハイムがチャンスを迎える。左サイドでボールを受けたグリリッチュがアーリークロスを供給すると、ボックス中央のクラマリッチが胸トラップシュートを放ったが、これはGKパブレンカの好セーブに阻まれた。 ▽一方のブレーメンは、86分に大迫を下げてピサロを投入。すると89分、クルーゼのスルーパスをボックス右に走り込んだカインツが折り返すと、フリーのラシカがダイレクトシュート。だが、これは枠の上に外してしまった。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。不調同士の対戦は勝ち点1を分け合う結果となった。 2018.12.20 06:36 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース