フライブルク、独2部からオランダ人GKを獲得!2018.05.16 00:28 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フライブルクは14日、ブンデスリーガ2部のデュイスブルクからオランダ人GKマルク・フレッケン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。

▽オランダ生まれのフレッケンはドイツのアーヘンでプロキャリアをスタート。その後、グロイター・フュルトを経て2016年に当時3部のデュイスブルクに完全移籍で加入。加入初年度から正GKの座を掴んだフレッケンは、クラブの2部昇格に貢献。今シーズンはブンデスリーガ2部で31試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

フライブルクが降格HSVからFWワルドシュミッドを獲得

▽フライブルクは24日、ハンブルガーSVのドイツ人FWルカ・ワルドシュミッド(22)の獲得を発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)とのことだ。 ▽前線の複数ポジションをこなせるアタッカーのワルドシュミッドは、フランクフルトの下部組織出身で2016年夏にHSVへ移籍。HSVではこれまで公式戦38試合に出場して3ゴール4アシストを記録している。また、ドイツ代表としてはU-16からU-21まで各カテゴリーで選出されていた。 ▽フライブルクへの移籍についてワルドシュミッドは次のように述べている。 「フライブルクからは比較的長い間コンタクトをもらっていた。そしてこれからの成長のために、正しい場所だと感じることができたよ」 2018.05.25 00:13 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルク、2部降格ケルンから主力CBハインツを獲得!

▽フライブルクは23日、ケルンからドイツ人DFドミニク・ハインツ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は23に決定。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ▽今シーズンのブンデスリーガを最下位で終えたケルンは、来シーズンの2部降格が決定。そして、クラブは2部降格時に有効な他クラブへの移籍が可能となる契約条項を盛り込んでおり、今回ハインツはそのオプションを行使する形でフライブルクに移籍することになった。 ▽カイザースラウテルンでプロデビューを飾ったハインツは2015年にケルンに完全移籍で加入した。ケルンでは公式戦108試合に出場し3ゴールを記録。188cmの恵まれた体躯に加え、左サイドバックでもプレー可能な精度の高い左足を兼備する同選手は総合力の高いセンターバックとしてハノーファーやフランクフルトからも関心を示されていた。 2018.05.24 14:07 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコがフライブルクのトルコ代表CBを注視! アーセナルとの争奪戦へ!

▽アトレティコ・マドリーが、フライブルクのトルコ代表DFチャグラル・ソユンク(21)を注視している。スペイン『アス』が報じた。 ▽アトレティコは今シーズン、チームの再編を計画。当然、選手の入れ替えも行われる見込みであり、テクニカルディレクターのアンドレア・ベルタ氏が若手DFソユンクに感銘を受けているという。また、ベルタ氏が同選手の代理人であるムスタファ・ドグル氏と既にコンタクトを取っていることも伝えられている。アトレティコは、ソユンクの強固なセンターバックでありつつ空中戦に長けている点に魅力を感じており、獲得を画策しているとのことだ。 ▽また、アーセナルとモナコもソユンク獲得を狙っている模様。さらに、マンチェスター・シティやリバプール、チェルシーらも関心を抱いている段階であることが伝えられている。本人はフライブルグへの残留を希望しているそうだが、移籍市場が開けばし烈な争奪戦に晒される可能性は高い。 ▽2013年に母国のアルトゥノルドゥでプロキャリアをスタートしたソユンクは、2016年にフライブルクに加入。187cmの長身に加えて、プレーリードや足元の技術にも長けた万能型センターバックとして同クラブの若きディフェンスリーダーとして活躍している。 2018.05.08 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルン、フライブルクとの残留争いに敗れて5季ぶり降格《ブンデスリーガ》

▽ケルンは28日、ブンデスリーガ第32節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。ケルンのFW大迫勇也は79分までプレーしている。 ▽前節シャルケ戦を2-2の引き分けに持ち込んだものの、残り3試合を全勝しても上位陣の結果次第で5シーズンぶりの降格となる最下位ケルン(勝ち点22)は、前節9試合ぶりにスタメンを外れ、不出場となった大迫が先発に復帰した。 ▽5連敗中で16位に沈むフライブルク(勝ち点30)に対し、ケルンは[5-2-3]を採用し、大迫が2シャドーの一角に入った。立ち上がりからフライブルクのサイドを起点とした攻撃に押し込まれたケルンは、14分に失点する。左サイドからのギュンターのクロスをニアのペデルセンにヘディングで合わせられた。 ▽さらに22分、左サイドを突破したペデルセンにボックス内への進入を許すと、ヘーガーが倒し、PKを献上。しかし、キッカーを務めたギュンターの枠の右を狙ったグラウンダーのシュートはGKホルンがセーブし、1点差を保った。 ▽劣勢のケルンは26分、左サイドからのクロスにテローデがヘディングで合わせるも、シュートはわずかに枠の左に外れてしまう。しかし、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、劣勢のまま前半を終えた。 ▽そして後半開始7分に追加点を許す。相手GKのロングボールが流れると、ボックス左のペデルセンのもとへ。ハインツと入れ替わったペデルセンにGKホルンがかわされて無人のゴールにシュートを流し込まれた。 ▽残留のためには3点が必要となった絶望的状況のケルンは、63分に2枚代えを敢行。コルドバとコジエロの両アタッカーを投入した。それでも流れを変えられず、79分に大迫に代えてピサーロを投入した。 ▽すると82分、ようやく1点を返す。右サイドからのアーリークロスをビッテンコートがボレーで蹴り込んだ。さらに87分、1点目と同じような形から試合を振り出しに戻す2ゴール目を奪う。右サイドからのリッセのアーリークロスにビッテンコートが今度はヘディングシュートで押し込んだ。 ▽押せ押せムードのケルンだったが、追加タイム2分に終戦する。ゴール正面のFKからゴールエリア左のコッホに頭で折り返されると、最後はホーラーに押し込まれた。 ▽直後にタイムアップとなり、ケルンは2-3で敗戦。5シーズンぶりの降格となった。 2018.04.29 00:42 Sun
twitterfacebook
thumb

残留圏と勝ち点5差のHSV、奇跡へ向けて酒井高は「どんな試合も捨てるつもりはない」

主将のDF酒井高徳を始めとするハンブルガーSV(HSV)は、まだまだ残留を諦めていないようだ。ドイツ『インフランケン』が報じた。<br><br>HSVは21日、ブンデスリーガ第31節でフライブルクと対戦。今節の結果次第では史上初の降格が決まってしまう可能性もあったが、ルイス・ホルトビーの1点を守りきり、貴重な勝ち点3を手にした。フル出場を果たした酒井は「どんな試合も捨てるつもりはありません」とすでに次節以降を見据えている。<br><br>好守で白星に貢献したGKユリアン・ポラースベックも「今日は良い気分だが、明日からは(次節の)ヴォルフスブルク戦にフォーカスしなければならない」と話している。<br><br>現在、勝ち点30で降格圏に沈むHSVだが、14位のヴォルフスブルクまで勝ち点は5差。次節で勝利することができれば、残り2試合で勝ち点は2差と、射程圏に入る。奇跡の残留へ向け、まだまだ諦める様子はない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 21:50 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース