フライブルク、独2部からオランダ人GKを獲得!2018.05.16 00:28 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フライブルクは14日、ブンデスリーガ2部のデュイスブルクからオランダ人GKマルク・フレッケン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。

▽オランダ生まれのフレッケンはドイツのアーヘンでプロキャリアをスタート。その後、グロイター・フュルトを経て2016年に当時3部のデュイスブルクに完全移籍で加入。加入初年度から正GKの座を掴んだフレッケンは、クラブの2部昇格に貢献。今シーズンはブンデスリーガ2部で31試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

長谷部が先発復帰のフランクフルト、攻撃陣トリオ揃い踏みで後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは19日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクをホームに迎え、3-1で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 2018年最終戦となった前節バイエルン戦を0-3と完敗した6位フランクフルト(勝ち点27)は、左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場していた長谷部が先発に復帰し、ドルトムントからレンタルで加入して4年半ぶりの復帰となったローデも早速スタメンとなった。 11位フライブルク(勝ち点21)に対し、長谷部が3バックの中央に位置する[3-4-1-2]で臨んだフランクフルトがボールを動かす展開で立ち上がっていく。 しかし、長谷部を軸にポゼッションするフランクフルトが押し込む展開が続くもシュートに持ち込めずにいると、29分にニーダーレヒナーにGKトラップを強襲するシュートを浴びてしまう。 それでも、その後もポゼッションで上回ったフランクフルトが36分に先制する。ショートコーナーを使って右サイドからローデがクロスを上げると、ニアサイドのレビッチが頭で逸らしたボールをアラーが打点の高いヘッドで押し込んだ。 さらに40分、フランクフルトが個人技でリードを広げる。ボックス手前左から中に切れ込んだレビッチがシュートフェイントでDF2人を外し、中央から左足で放ったミドルシュートがゴール右に決まった。 勢いの止まらないフランクフルトは45分、コッホのパスを敵陣でカットしたヨビッチがそのままゴールへ突進。GKとの一対一を確実に制して3-0とし、前半を終えた。 後半からアタッカー2枚を変更してきたフライブルクに対し、51分にショートカウンターからレビッチがGKを強襲するシュートを浴びせたフランクフルトが主導権を渡さない。 しかし、続く61分にヨビッチが決定的なシュートを浴びせたものの決めきれずにいると、63分に長谷部が交わされてホーラーに際どいシュートを許してしまう。そして69分、自陣左サイドを破られてペデルセンにゴールを奪われ、1点を返されてしまった。 78分にはヴィレムスがミドルシュートで4点目を挙げたかに思われたフランクフルトだったが、VARによりレビッチのプレーがファウルを取られ、取り消しとなってしまう。 それでも、3-1のまま試合を終わらせたフランクフルトが快勝し、後半戦白星スタートとしている。 2019.01.20 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのイタリア代表MFグリフォ、フライブルクにレンタルで復帰

フライブルクは6日、ホッフェンハイムのイタリア代表MFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでプロデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。 この活躍が認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍したものの活躍できず、2018年夏に3年ぶりにホッフェンハイムに2022年までの契約で復帰していた。しかし、今季もここまでブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ1試合の出場に留まり、活躍できていなかった。 2019.01.06 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

久保が4試合ぶり出場のニュルンベルク、フライブルクにシャットアウト負けで5連敗… 最下位脱出できず《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは22日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクをホームに迎え、0-1で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は57分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を落とし、4連敗の最下位ニュルンベルク(勝ち点11)は、ここ3試合ベンチ入りも出場機会のなかった久保が引き続きベンチスタートとなった。 ▽12位フライブルク(勝ち点18)に対し、ニュルンベルクは19分に先制される。FKからグルデにヘディングシュートを流し込まれた。 ▽そのまま1点ビハインドで前半を終えたニュルンベルクは、57分に久保が左インサイドMFの位置に投入される。すると64分には右クロスに反応したファーサイドの久保が左足ボレーで狙ったが、ミートしきれなかった。 ▽その後もニュルンベルクが押し込む流れとなったが、76分にワルドシュミットの強烈なミドルシュートでGKを強襲されてしまう。終盤にかけてチャンスを作れなかったニュルンベルクは、そのまま0-1で敗戦。5連敗で最下位から脱出できず、前半戦を終えている。 2018.12.23 06:03 Sun
twitterfacebook
thumb

原口フル出場のハノーファーがアウグスブルクとドロー、浅野はケガでベンチ外《ブンデスリーガ》

▽原口元気と浅野拓磨が所属するハノーファーは20日にブンデスリーガ第16節でフライブルクと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽原口がリーグ戦3試合連続先発出場を果たした一方、ケガで日本代表離脱が発表された浅野はベンチ外となったこの試合。いきなりスコアが動く。2分、フライブルクの左CKの場面で、シュベクラーが競り合いの際に上にあげた手にボールが当たってしまいハノーファーがPKを献上。これをワルドシュミッドに決められ、いきなり先制点を与えてしまった。 ▽だがハノーファーもすぐに奪い返す。14分、シュベクラーの左CKをフェリペがゴール前で落ち際をダイレクトシュート。インサイドステップに丁寧に当てたシュートはゴールの左隅に流れ込んだ。 ▽1-1になって以降、落ち着いた両チームだが36分に味方のクロスからハベラーが強烈なヘディングシュートでハノーファーゴールに迫る。 ▽同点で迎えた後半、クロスバーを叩いたヴァイダントのシュートを早々に放っていったハノーファーは48分にはムスリジャがシュートを放つ。 ▽フライブルクも攻勢を仕掛ける。48分にワルドシュミッドがゴール右隅を突くシュートを放つと、50分には後半から投入されたニーダーレヒナーがボックス左深くに侵入してシュート。さらにその跳ね返りをペテルゼンが押し込みにかかるが、枠を大きく外してしまった。 ▽終盤にはフライブルクに押し込まれる展開が続いたものの、なんとか耐えたハノーファーは敵地で勝ち点1を手にし、勝ち点を「12」に。依然厳しい戦いが続いている。 2018.12.20 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

宇佐美がアシスト含む2G演出! 今季3勝目のデュッセルドルフが最下位を脱出《ブンデスリーガ》

▽デュッセルドルフは15日、ブンデスリーガ第15節でフライブルクをホームに迎え、2-0で勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はフル出場している。 ▽前節ブレーメン戦を宇佐美が下がった後半に2失点を喫し、1-3で敗戦した最下位デュッセルドルフ(勝ち点9)は、宇佐美が2試合連続先発となった。 ▽12位フライブルク(勝ち点17)に対し、宇佐美がフラットな[4-4-2]の右MFでスタートしたデュッセルドルフは、4分に宇佐美がボックス手前右から左足ミドルでゴールを狙う。 ▽ややフライブルクにボールを持たれる展開となる中、攻め手のなかったデュッセルドルフだったが、31分にボックス左に侵入したカラマンが可能性を感じさせるシュートを放った。 ▽ハーフタイムにかけても膠着状態が続いた中、迎えた後半開始4分、デュッセルドルフはヘニングスの左足ミドルでオンターゲットを記録。すると55分、先制に成功した。 ▽宇佐美の右CKからアイハンがヘディングシュートを叩き込んだ。直後にもヘニングスのコントロールシュートでゴールに迫ったデュッセルドルフは、61分にはツィンマーマンの右クロスに宇佐美がダイレクトでシュート。だが、枠の上に外してしまった。 ▽その後も宇佐美は73分に際どいボレーシュートで追加点に迫れば、78分には宇佐美がコントロールシュートでオンターゲットを記録。これはGKの好守に阻まれるも、79分に勝負を決定付けた。宇佐美の右CKから、ファーサイドのカミンスキが折り返し、ゴール前のアイハンが右足アウトでうまくゴールへ流し込んだ。 ▽宇佐美が2点を演出したデュッセルドルフが2-0で勝利。4試合ぶりとなる今季3勝目で最下位を脱出している。 2018.12.16 01:33 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース