W杯初出場のパナマ代表がメンバー候補35名発表《ロシアW杯》2018.05.15 22:29 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パナマサッカー協会(FPF)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたパナマ代表候補メンバー35名を発表した。

▽W杯初出場となったパナマ代表。その運命の日となった昨年10月10日の翌11日を祝日とし、国全体で快挙を喜んだ。

▽2014年から指揮を執るエルナン・ダリオ・ゴメス監督はW杯本戦に向けて35名の代表メンバー候補を発表。デポルティボでプレーするFWイスマエル・ディアスや予選で3ゴールを挙げたFWガブリエル・トーレス(ウアチパト/チリ)らが選出された。

▽パナマはグループGに入り、ベルギー代表、イングランド代表、チュニジア代表と同居に。6月18日に初戦のベルギー戦があり、同24日にイングランド、28日にチュニジアと対戦する。今回発表されたパナマ代表メンバー候補35名は以下の通り。

◆パナマ代表候補メンバー35名
GK
ハイメ・ペネド(ディナモ・ブカレスト/ルーマニア)
ホセ・カルデロン(チョリージョ)
アレックス・ロドリゲス(サン・フランシスコ)

DF
フランシスコ・パラシオス(サン・フランシスコ)
リカルド・ペラルタ(アリアンサ)
フェリペ・バロイ(ムニシパル/グアテマラ)
ルイス・オバージェ(オリンピア/ホンジュラス)
ハロルド・カミングス(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ)
ミゲル・ムリージョ(ニューヨーク・レッドブルズ/アメリカ)
フィデル・エスコバル(ニューヨーク・レッドブルズ/アメリカ)
アドルフォ・マチャド(ヒューストン・ダイナモ/アメリカ)
ロマン・トーレス(シアトル・サウンダーズ/アメリカ)
アズマハル・アリアノ(パトリオタス/コロンビア)
エリック・ダビス(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア)

MF
アダルベルト・カラスキージャ(タウロ)
バレンティン・ピメンテル(プラサ・アマドル)
アニバル・ゴドイ(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ)
クリスチャン・マルティネス(コロンバス・クルー/アメリカ)
エドガル・バルセナス(カフェタレロス・デ・タパチュラ/メキシコ)
アルベルト・キンテロ(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー)
ガブリエル・ゴメス(アトレティコ・ブカラマンガ/コロンビア)
アルマンド・クーペル(ウニベルシダ・デ・チリ/チリ)
ホセ・ゴンサレス(ウニオン・コメルシオ/ペルー)
リカルド・ブイトラゴ(デポルティボ・ムニシパル/ペルー)
ミゲル・カマルゴ(ウニベルシダ・サンマルティン・デ・ポレス/ペルー)
ホセ・ルイス・ロドリゲス(ヘントII/ベルギー)
リカルド・アビラ(ヘントII/ベルギー)

FW
イスマエル・ディアス(デポルティボ・ラ・コルーニャB/スペイン)
ガブリエル・トーレス(ウアチパト/チリ)
ルイス・テハダ(スポルト・ボーイズ/ペルー)
アブディエル・アローヨ(アラフエレンセ/コスタリカ)
ロベルト・ヌルセ(サカテカス/メキシコ)
ブラス・ペレス(ムニシパル/グアテマラ)
ロランド・ブラックバーン(チョリージョ)
ホセ・ファヤルド(インディペンディエンテ・チョレラ)
)

コメント

関連ニュース

thumb

パナマ、W杯初出場で急きょ国民の休日に

▽10日に初のワールドカップ(W杯)行きを決めたパナマは、翌11日を急きょ休日とし、国全体で快挙を喜んだようだ。『ESPN』などが伝えた。 ▽パナマ代表は10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選最終節でコスタリカ代表と対戦し、2-1で勝利。この結果、同予選で3位フィニッシュとなり、初めてとなるW杯出場を決めた。 ▽この快挙を受けて、パナマのファン・カルロス・ヴァレラ大統領は、ツイッターで「パナマの歴史的な日を祝福しましょう。明日は祝日です」と投稿し、休日としてお祝いムードを楽しむように促した。 2017.10.12 15:12 Thu
twitterfacebook
thumb

アメリカが最終節で予選敗退…パナマ初のW杯切符でホンジュラスがプレーオフへ《W杯北中米カリブ海予選》

▽日本時間11日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選最終節が行われた。 ▽北中米カリブ海予選は、W杯出場権獲得圏の3位にアメリカ(勝ち点12)、オーストラリアとの大陸間プレーオフ行きとなる4位にパナマ(勝ち点10)、同勝ち点で5位のホンジュラスという状況で最終節を迎えた。 ▽勝てばロシア行きのアメリカは、アウェイでトリニダード・トバゴと対戦。17分にウィンチェスターのゴールで先制を許したアメリカは反撃に転じるも、37分にアルヴィン・ジョーンズに決められて2失点目。後半、47分にはドルトムントのプリシッチのゴールにより1点差に詰め寄ると、その後もリスクを冒して攻めるも2点目はならず、そのまま敗れた。 ▽一方、4位のパナマはホームでコスタリカと対戦。1点ビハインドで迎えた53分にガブリエル・トーレスのゴールで先制したパナマは、88分に再びG・トーレスが加点する。そのまま逃げ切ったパナマがアメリカを上回って3位に浮上し、W杯初出場を決めた。 ▽また、5位のホンジュラスは既にW杯行きを決めているメキシコをホームに迎えた。17分にペラルタにゴールを割られたホンジュラスは、34分にアルバース・エリスがゴールを決めるも、39分にベラにネットを揺らされてビハインドを背負う。それでも、後半に入った54分にオウンゴールを誘って同点とすると、ロメル・キオトが逆転弾。そのまま3-2で逃げ切り、オーストラリアとの大陸間プレーオフ進出の4位でフィニッシュした。 ▽この結果、アメリカは5位に転落。8大会連続となるW杯出場行きはならず、1986年大会以来となる予選敗退となった。 <B>◆北中米カリブ海最終予選最終順位表</B> 1.メキシコ 21 2.コスタリカ 16 3.パナマ 13 ※得失点-1 ――――――――――――――― 4.ホンジュラス13 ※得失点-6 ⇒オーストラリアとのプレーオフへ ――――――――――――――― 5.アメリカ 12 6.トリニダード・トバゴ 6 2017.10.11 11:19 Wed
twitterfacebook
thumb

アメリカがパナマとの直接対決を制してW杯出場圏内浮上!《ロシアW杯北中米カリブ海予選》

▽日本時間7日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選第9節のアメリカ代表vsパナマ代表が行われ、4-0でアメリカが大勝した。 ▽最終予選8試合を終えて2勝3分け3敗で4位につけるアメリカ(勝ち点9)と、2勝4分け2敗で3位につけるパナマ(勝ち点10)の対戦となった。 ▽試合は序盤にホームのアメリカが先制する。8分、GKハワードのフィードの流れから前線でボールを受けたアルティドールがポストプレー。これを受けたプリシッチが最終ラインを突破してボックス内へ侵攻すると、GKペネドをかわしてゴールに流し込んだ。 ▽幸先良く先制ゴールを奪ったアメリカは19分、味方のロングボールで左サイドを抜け出したプリシッチが縦への突破からグラウンダーのクロスを供給。ゴール前中央に走り込んだアルティドールが右足で押し込んだ。 ▽2-0とリードを広げられたパナマは攻勢を強める。30分、ボックス右手前からゴドイが中央にパスを供給し、B・ペレス、A・クーパーとつなぎ、最後はガブリエル・トーレスがボックス右からシュートを放つが、GKハワードの攻守に阻まれてしまう。 ▽このピンチを脱したアメリカは42分、ボックス右手前でアリオラからパスを受けたウッドが巧みなボールタッチでボックス内へと侵攻すると、相手DFに倒されてPKを獲得。これをアルティドールが落ち着いて決めて前半だけで試合を3-0にする。 ▽後半に入っても試合を優位に進めるのはアメリカ。63分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたウッドが右サイドに展開する。パスを受けたアリオラがボックス右外からカットインし、ボックス内のウッドに預けると、反転してシュート。これがゴールネットを揺らし、試合を決定づける。 ▽その後もアメリカは、パナマを寄せつけず攻撃で時間を使い、試合終了。パナマとの直接対決を制してW杯出場圏内となる3位に浮上した。 2017.10.07 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

3発で最下位・トリニダード・ドバゴに快勝! パナマが出場圏内の3位浮上《ロシアW杯北中米カリブ海最終予選》

▽日本時間6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選第8節のパナマ代表vsトリニダード・トバゴ代表は、3-0でパナマが勝利した。 ▽大陸間プレーオフ進出の4位以内を目指す5位パナマ(勝ち点7)にとって、最下位のトリニダード・ドバゴ(勝ち点3)相手に勝ち点を落とすわけにはいかない試合。 ▽試合は39分、そのパナマがカウンターから先制に成功する。相手の右CKの流れからバルス・ペレスがクリアすると、これを拾ったガブリエル・トーレスが自陣ボックス手前からドリブルを開始。プレスにきた相手DFをボールを浮かせてかわし、詰めてきた2人目を裏街道で突破する。そのままボックス内へ侵攻してGKフィリップスとの一対一を制した。 ▽1-0でリードして試合を折り返したパナマは、58分にラッキーな形で追加点。ボックス右外でパスを受けたA・キンテロがファーサイドにクロスを送る。すると、ミッチェルが頭でクリアしようとしたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽試合を優位に進めるパナマはさらに86分、ハーフウェイライン付近でのパス回しからアローヨが左サイドを突破。そのままボックス中央へ切れ込んで右足を振り抜くと、ボールはゴール右隅を突き刺した。 ▽3-0と試合を決定づけたパナマは、その後も攻勢を続けて試合終了。同日行われた勝ち点8同士の4位・ホンジュラスvs3位・アメリカが引き分けに終わったため、勝ち点を10に積み上げたパナマが3位に浮上した。 2017.09.06 13:09 Wed
twitterfacebook
thumb

メキシコがロサーノのゴールでパナマを下しW杯出場権を獲得!《ロシアW杯北中米カリブ海最終予選》

▽現地時間1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選第7節のメキシコ代表vsパナマ代表が行われ、1-0でメキシコが勝利した。この結果、メキシコの7大会連続16回目のW杯出場が決定した。 ▽最終予選6試合を終えて4勝2分けの首位につけるメキシコと、1勝4分け1敗の5位につけるパナマの対戦。メキシコは勝利でW杯出場が決定する状況となった。 ▽試合は序盤から互いに攻めこむ展開に。メキシコは17分、左サイドを崩すとボックス内に強引に侵入したコロナがクロスも、誰にも合わず。こぼれ球をたてつづけにシュートするも、DFのブロックに遭い得点を奪えない。 ▽20分にはガジャルドが左サイドを突破。そのまま持ち込み、ボックス左からグラウンダーのボールを送るも、GKカルデロンにキャッチされてしまう。 ▽パナマは30分、ボックス手前からクーペルがクロスを上げると、走り込んだキンテーロが合わせるも、シュートは力なくGKオチョアがキャッチする。40分には、チチャリート、42分にはベラが惜しいシュートを放つも、ボールは枠を外れ得点を奪えず。前半はゴールレスで終える。 ▽後半に入ってもメキシコがペースを握る。すると50分、パナマはボックス手前中央でFKを獲得。ブイトラゴが直接狙うと、シュートは右隅を突くがGKオチョアが素晴らしい反応でセーブする。ピンチを凌いだメキシコは53分、キンテーロにボックス手前から強烈なシュートを受けるもGKオチョアがセーブ。その流れからカウンターを仕掛けると、ベラのパスを受けたコロナがクロス。これをボックス中央でロサーノがヘッドで合わせ、メキシコが先制に成功する。 ▽先制したメキシコは69分、ボックス手前中央でFKを得ると、エレーラが直接狙うもGKカルデロンがセーブ。74分にはカウンターからロサーノがグラウンダーのクロス。走り込んだチチャリートがスルーすると、ボックス内左でアキーノがシュートを放つが、ふかしてしまい大きく枠を外す。 ▽結局その後はゴールが生まれず試合終了。パナマを下したメキシコが勝ち点を17に伸ばし首位をキープ。7大会連続16回目の本大会行きを決め、開催国のロシア、南米のブラジル、アジアのイラン、日本に続き5カ国目の出場国となった。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">メキシコ 1</span>-0 パナマ 【メキシコ】 ロサーノ(後8) 2017.09.02 16:12 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース