W杯初出場のパナマ代表がメンバー候補35名発表《ロシアW杯》2018.05.15 22:29 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パナマサッカー協会(FPF)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたパナマ代表候補メンバー35名を発表した。

▽W杯初出場となったパナマ代表。その運命の日となった昨年10月10日の翌11日を祝日とし、国全体で快挙を喜んだ。

▽2014年から指揮を執るエルナン・ダリオ・ゴメス監督はW杯本戦に向けて35名の代表メンバー候補を発表。デポルティボでプレーするFWイスマエル・ディアスや予選で3ゴールを挙げたFWガブリエル・トーレス(ウアチパト/チリ)らが選出された。

▽パナマはグループGに入り、ベルギー代表、イングランド代表、チュニジア代表と同居に。6月18日に初戦のベルギー戦があり、同24日にイングランド、28日にチュニジアと対戦する。今回発表されたパナマ代表メンバー候補35名は以下の通り。

◆パナマ代表候補メンバー35名
GK
ハイメ・ペネド(ディナモ・ブカレスト/ルーマニア)
ホセ・カルデロン(チョリージョ)
アレックス・ロドリゲス(サン・フランシスコ)

DF
フランシスコ・パラシオス(サン・フランシスコ)
リカルド・ペラルタ(アリアンサ)
フェリペ・バロイ(ムニシパル/グアテマラ)
ルイス・オバージェ(オリンピア/ホンジュラス)
ハロルド・カミングス(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ)
ミゲル・ムリージョ(ニューヨーク・レッドブルズ/アメリカ)
フィデル・エスコバル(ニューヨーク・レッドブルズ/アメリカ)
アドルフォ・マチャド(ヒューストン・ダイナモ/アメリカ)
ロマン・トーレス(シアトル・サウンダーズ/アメリカ)
アズマハル・アリアノ(パトリオタス/コロンビア)
エリック・ダビス(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア)

MF
アダルベルト・カラスキージャ(タウロ)
バレンティン・ピメンテル(プラサ・アマドル)
アニバル・ゴドイ(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ)
クリスチャン・マルティネス(コロンバス・クルー/アメリカ)
エドガル・バルセナス(カフェタレロス・デ・タパチュラ/メキシコ)
アルベルト・キンテロ(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー)
ガブリエル・ゴメス(アトレティコ・ブカラマンガ/コロンビア)
アルマンド・クーペル(ウニベルシダ・デ・チリ/チリ)
ホセ・ゴンサレス(ウニオン・コメルシオ/ペルー)
リカルド・ブイトラゴ(デポルティボ・ムニシパル/ペルー)
ミゲル・カマルゴ(ウニベルシダ・サンマルティン・デ・ポレス/ペルー)
ホセ・ルイス・ロドリゲス(ヘントII/ベルギー)
リカルド・アビラ(ヘントII/ベルギー)

FW
イスマエル・ディアス(デポルティボ・ラ・コルーニャB/スペイン)
ガブリエル・トーレス(ウアチパト/チリ)
ルイス・テハダ(スポルト・ボーイズ/ペルー)
アブディエル・アローヨ(アラフエレンセ/コスタリカ)
ロベルト・ヌルセ(サカテカス/メキシコ)
ブラス・ペレス(ムニシパル/グアテマラ)
ロランド・ブラックバーン(チョリージョ)
ホセ・ファヤルド(インディペンディエンテ・チョレラ)
)

コメント

関連ニュース

thumb

韓国、パナマに2点差追いつかれてドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合の韓国代表vsパナマ代表が16日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽12日にウルグアイ代表に勝利した韓国と、日本代表に0-3で大敗したパナマによる一戦。ファン・ウィジョとチョン・ウヨンの活躍で格上を撃破して勢いに乗るパウロ・ベント新体制の韓国は、そのウルグアイ戦から先発5人を変更。GKキム・スンギュ、チャン・ヒョンス、チョン・ウヨン、ファン・ウィジョとJリーグに馴染みのある4選手とホン・チョルに代わって、GKにチョ・ヒョヌ、パク・チュホ、キム・ミンジェ、ファン・インボム、ソク・ヒョンジュンが起用された。 ▽直近まで採用していた[4-2-3-1]の布陣からキ・ソンヨンをアンカーに配した[4-3-3]に変更した韓国は、立ち上がりの早い時間帯に先制する。6分、右サイドをドリブルで強引にこじ開けたファン・ヒチャンがボックス右ゴールライン際でマイナスに折り返す。これが中央の密集を抜けると、ボックス左に走り込んできた左サイドバックのパク・チュホが強烈な左足のダイレクトシュートで突き刺した。 ▽幸先良く先制に成功した韓国は右ウイングのファン・ヒチャンが躍動。17分にはイ・ヨンからのスルーパスに反応しボックス内に抜け出すが、ここは飛び出したGKと交錯してしまう。直後の21分にも再びスルーパスに抜け出しボックス右から決定的なシュートを放つが、これはGKに触られて惜しくも右ポストに嫌われた。 ▽それでも、攻勢を続ける韓国は33分、ボックス右で複数のDFを相手にキープしたソン・フンミンからの丁寧なマイナスの折り返しをファン・インボムが抑えの利いた見事な右足のダイレクトシュートでゴール左隅に流し込み追加点を奪取。その後、前半終了間際の45分に相手のFKからアロージョにヘディングで決められる、前半を1点リードで終えた。 ▽しかし、後半立ち上がりの49分、韓国はミスから同点ゴールを許してしまう。自陣中央でナム・テヒが後ろに下げたボールが攻め残りしていたブラックバーンへの絶妙なラストパスとなり、これを難なく流し込まれた。 ▽2点差を追いつかれる拙い試合運びとなった韓国は59分、ボックス手前の好位置で得たFKをソン・フンミンが直接狙うが、シュートは枠を捉えたものの相手GKの好守に遭う。 ▽その後、ウルグアイ戦で先発したチョン・ウヨン、ファン・ウィジョ、ホン・チョル、チャン・ヒョンスに加え、ジョーカーのムン・ソンミンを続けてピッチに送り出し、勝ち越しゴールを目指す韓国。77分にはムン・ソンミンの鋭いカットインシュートのこぼれ球をゴール前のナム・テヒ、その後はサイドからの正確なクロスに再びナム・テヒが飛び込んでいくが、いずれもシュートを枠に飛ばすことができず。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、ミスもあって2点差を追いつかれた韓国はやや消化不良の形で今回の代表ウィークを終えることになった。 2018.10.16 22:08 Tue
twitterfacebook
thumb

出し手として大迫の存在感を感じたMF三竿健斗、「無理矢理にでも入れれば収めてくれる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は11日、デンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で勝利した。 ▽代表初先発を飾ったMF三竿健斗は同試合後、囲み取材の場でパスの出し手としての反省、新体制で初出場のFW大迫勇也の存在感について語った。 ◆MF三竿健斗(鹿島アントラーズ) ――縦パスに関して前線の選手との連係は徐々に合ってきているか 「そうですね。あとはそこに出す勇気であったり、技術が必要だと感じています。それは練習から取り組んでいきたいです」 ――ポストプレーに長けた大迫選手が入ったことで出し手としての意識で変わった部分は 「ボールを収める力がすごいのでみんなそこを意識していると思いますし、無理矢理にでも入れれば収めてくれる。逃げ道として使えると思います」 2018.10.12 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 3-0 パナマ代表《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ◆日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181012_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 6.0 ▽代表戦で自身約3年半ぶりの先発。危ない場面も少なく、集中力を保つのが難しい試合だったが、落ち着いた対応でクリーンシート。 DF 3 室屋成 5.0 ▽カバーリングや積極果敢なオーバーラップが光った。ただ、クロスの精度を含め、局面でのプレーがイマイチ。個人として課題が見えた試合に。 16 冨安健洋 6.0 ▽A代表デビュー戦で堂々とプレー。セットプレーからゴールに迫り、相手に押し込まれた展開にも臆することなく対応し続けた。 20 槙野智章 5.5 ▽ディフェンスラインのリーダーとして声かけを絶やさず。卒のないプレーで冨安をフォローするなどベテランらしい立ち振る舞いが際立った。 4 佐々木翔 5.5 ▽空中戦の競り合いで強さを見せつつ、機を見た攻撃参加にも尽力。状況に応じた振る舞いで一定のパフォーマンスを見せた。 MF 17 青山敏弘 6.5 ▽中盤のバランスを司りつつ、幾度となく相手のスペースを突くパスで攻撃のスイッチ役に。南野の得点を演出するなど、存在感を際立たせた。 18 三竿健斗 5.5 ▽青山との補完性を意識したプレーでバイタルエリアをケア。味方と息の合わない場面もあったが、総じてセーフティなプレーぶり。 (→7 柴崎岳 -) 14 伊東純也 6.0 ▽前半は突破力が鳴りを潜め、消化不良な出来だったが、後半に2戦連発となる追加点。ただ、後半に無念の負傷交代。 (→21 堂安律 -) 9 南野拓実 7.0 ▽42分に青山の縦パスからの鋭いターンで2試合連続ゴール。さらに、2点目に繋がるシュートを放つなど、ピッチで背番号9が輝いた。 (→11 川又堅碁 6.0) ▽慣れ親しんだ古巣新潟の本拠でゴール。結果的にオウンゴールの判定になったが、追加招集で掴んだアピールチャンスで爪痕を残す。 8 原口元気 6.0 ▽この試合も豊富な運動量とディフェンス意識の高さで存在感。さすがの推進力でチームの攻撃にアクセントをつけ、3点目をお膳立て。 FW 15 大迫勇也 6.0 ▽ポストワークだけでなく、裏抜けの動きで攻撃の起点に。なかなかフィニッシュワークに専念できなかったが、前線でさすがの存在感を放った。 (→13 北川航也 5.5) ▽Jリーガーの中で一番ホットな男が代表デビュー。ただ、見せ場を作れたとは言い難く、無難なプレーに終始した。 監督 森保一 6.0 ▽2試合の3-0&無失点勝利。期待がかかった世代間の融合はまだまだだが、再び新たな力を試すなど今後の伸び代を感じさせる戦いは見せた。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 南野拓実(日本代表) ▽10番としての働きで攻撃陣の旗手を担い、1ゴールを含む2得点に絡む活躍。新エースに名乗り! 日本代表 3-0 パナマ代表 【日本】 南野拓実(前42) 伊東純也(後21) OG(後40) 2018.10.12 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

南野&伊東連発! ロシアW杯主力組登場の森保ジャパン、パナマを3発撃破《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は11日、デンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で勝利した。 ▽先月、森保一体制初陣のコスタリカ代表戦を3-0で勝利した日本代表。今回はロシア・ワールドカップ(W杯)組も招集し、チーム発足時に掲げた「世代間の融合」に向けての一歩を踏み出す一戦となる。 ▽今夏のロシア大会でW杯初出場を果たしたパナマとの一戦に向けて森保監督は、[4-2-3-1]を採用。GK権田、最終ラインが右から室屋、冨安、槙野、佐々木、ダブルボランチに青山と三竿、2列目に右から伊東、南野、原口を並べ、1トップに大迫が入った。なお、冨安はこれがA代表デビュー、三竿は代表初先発となった。 ▽日本は開始直後、高い位置からの複数人でのプレスでボールを奪い、チャンスを迎える。3分、原口からパスを呼び込み、左サイドをオーバーラップした佐々木がアーリークロス。中央に走り込んだ伊東が右足を伸ばすも、わずかに届かず。 ▽立ち上がりこそ主導権を引き寄せようとする日本だが、自らのパスミスでリズムを掴みきれない。19分には南野の右CKからファーサイドの冨安が持ち前の高さでヘディングシュートを放つ。しかし、これは枠を捉えきれない。 ▽前半半ばに差し掛かると、日本は徐々にボールを保持。23分、中盤でボールを受けた青山が相手最終ラインの背後へ浮き玉を供給し、室屋がフリーでボックス右へと抜け出す。中央には南野と大迫が走り込んでいたが、両者どちらにもクロスが合わず、チャンスをモノにできない。 ▽すると29分、パナマにゴールを脅かされる。右サイドを駆け上がったパラシオスのクロスのこぼれ球を拾ったゴドイにミドルシュートを許す。しかし、ここは3年半ぶりに先発を飾ったGK権田がしっかりと対処する。 ▽その後、日本はパナマに自陣への侵攻を許す苦しい時間帯が続いた。しかし、迎えた42分、 青山が敵陣中央から相手守備陣の一瞬のスキを突く縦パス。これを南野が相手DFと競り合いながらうまくボールを収め、ボックス中央やや左に侵攻すると、ゴール左へ冷静に流し込んだ。 ▽南野のゴールで先制して試合を折り返した日本は47分、大迫のパスを受けた佐々木がボックス左外からクロス。ニアサイドの原口は収めることができなかったが、こぼれ球をボックス手前の三竿がミドルシュートを放つ。しかし、これはGKJ・カルデロンにキャッチされる。 ▽後半に入ってロシアW杯主力組の原口と大迫がボールを収められるようになるが、良い形でシュートには結びつけられず。すると56分、パナマにボックス右からムリージョにGK権田とディフェンスラインの間に鋭いクロスを入れられ、危険な場面を作られる。 ▽少々嫌な時間帯が続いた日本だったが、65分に待望の追加点。ボックス内でパスを受けた伊東がワンタッチでボックス左へ。走り込んだ南野のシュートはGKJ・カルデロンに弾かれたが、こぼれ球を伊東が押し込み、スコアを2-0とした。 ▽リードを2点に広げた日本は直後、南野と大迫に代えて川又と北川を投入する。北川はこれがA代表デビューとなった。 ▽追加点を奪った日本は、74分に青山の右CKから槙野が合わせるなど、パナマを畳みかける。しかし直後、2点目を奪った伊東が相手との接触で負傷。そのままピッチを後にして堂安と途中交代した。 ▽それでも日本は85分、原口のドリブル突破から最後は途中出場の川又が詰めると、相手オウンゴールを誘発しトドメの3点目。3-0で勝利した日本代表は、次戦で16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する。 2018.10.12 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】世代間融合への第一歩《日本vsパナマ》

▽森保一監督が監督に就任し、新体制として2度目の活動となる日本代表。12日(金)に、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦する。 ▽9月に予定されていた初陣であるチリ代表戦が北海道胆振東部地震によって中止に。コスタリカ代表との一戦が初陣となり、3-0で快勝を収めた。新戦力の活躍も見られた初戦から約1カ月。チーム発足時に掲げた「世代間の融合」に向けての一歩を踏み出す。 <span style="font-weight:700;">◆ロシアW杯組が合流</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/daihyo20181011_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽9月からの大きな変更点は、ロシア・ワールドカップを主力として戦った選手たちが招集されたことだろう。2大会連続でレギュラーとしてプレーしたDF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)、さらにDF酒井宏樹(マルセイユ)、MF原口元気(ハノーファー)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、FW大迫勇也(ブレーメン)と、ロシアW杯で結果を残した選手たちがメンバー入りを果たした。 ▽東京オリンピック世代であるU-21日本代表監督も兼任する森保監督にとって、若手とベテランの融合が課題。9月のコスタリカ戦では、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンヘン)と新戦力が活躍しただけに、10月の2試合は融合を進める必要がある。 <span style="font-weight:700;">◆乗っている新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181012_11_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、ケガの影響でFW小林悠(川崎フロンターレ)、FW浅野拓磨(ハノーファー)が離脱したこともあり、2選手が追加招集された。9月にもFW杉本健勇(セレッソ大阪)、MF大島僚太(川崎フロンターレ)が離脱しており、続けての離脱者は残念ではあるが、新たなメンバーを見ることができるのはプラスでもある。 ▽追加招集されたFW川又堅碁(ジュビロ磐田)は、これまでも何度か呼ばれており、この先も招集されるためには結果を残したい所。そして、初招集となったFW北川航也(清水エスパルス)は、Jリーグで最も乗っている選手の1人といえるだろう。 ▽清水の下部組織で育った北川は、今シーズンがプロ4年目。ゴール前でのポジショニングに優れており、今シーズンはチーム最多の11得点を記録している。 ▽ポジショニングの上手さもあるが、最も優れている能力は「適応力」だろう。清水では、FW鄭大世、FWクリスラン、FWドウグラスら強力なストライカーともコンビを組み、FW金子翔太やFWミッチェル・デュークなど、多彩な選手と攻撃で組むことが多い。その相棒となる選手に合わせることができるのが北川の魅力。日本代表でもその能力が発揮できれば、面白い存在になれるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆W杯出場も…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181012_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今回対戦するパナマは、ロシア・ワールドカップに初出場。しかし、グループステージではベルギー代表、チュニジア代表、イングランド代表と同居し3連敗を喫した。 ▽それでも歴史的な快挙であり、国を挙げて応援。「サッカーへの注目が高まっている」と、ガリー・ステンペル監督が前日会見で明かした。 ▽今回は、ワールドカップを経験した15名が来日。しかし、時差ボケや長距離移動の疲労、さらには合流が遅れるなど調整はうまく行っていない。前日会見でもステンペル監督が「ベストの状態ではないのは事実」と明かしており、本来の力を発揮できるとは言いがたい。 ▽ワールドカップでは予選で見せていた団結力を見せる場面もあったが、押し込まれる展開になるとラフなプレーが増えてしまい、一体感という良さが消えていった。経験値が不足していることもあり、一度崩れると立て直せないという側面もあり、パナマとしてはまだまだ強化段階にあると考えているはず。日本にもそのつもりで向かってくるだろう。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181012_11_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">◆日本代表</span> GK:権田修一 DF:室屋成、吉田麻也、冨安健洋、長友佑都 MF:三竿健斗、柴崎岳 MF:堂安律、南野拓実、中島翔哉 FW:大迫勇也<hr>▽「より多くのメンバーを起用したい」とメンバー発表会見で語っていた森保一監督。9月のコスタリカ戦で起用できなかった選手を起用し、若手とW杯組の融合を図ると予想する。GKは前回出場機会がなかったGK権田修一(サガン鳥栖)を予想。Jリーグでは安定したパフォーマンスを見せており、正GKを目指してアピールしたいところだ。 ▽最終ラインは、吉田と長友が先発すると予想。さらに、19歳のDF冨安健洋(シント=トロイデン)を初出場させると予想する。相棒となる吉田から多くのことを吸収し、試合中の成長も期待したい。右サイドバックには、前回も出場したDF室屋成(FC東京)が入ると予想する。 ▽中盤も熾烈なメンバー争いが起こるだろう。ボランチには、MF三竿健斗(鹿島アントラーズ)、柴崎が入ると予想。鹿島時代に一緒にプレー経験もある両者が顔を揃えるだろう。また、2列目に関しては、コスタリカ戦と同じ顔ぶれになると予想する。3選手の融合が再び見られることに期待したい。 ▽また、1トップには大迫が入ると予想。センターラインにワールドカップ主力組が入ることでチームの軸を作り、新たな選手たちがどう融合できるのか。ピッチ上での化学反応に期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆融合への第一歩</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181012_11_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2度目の招集となった森保ジャパン。今回の課題は、世代間の融合だ。1つは、森保監督が標榜するサッカーを初招集となったワールドカップ組がどこまで理解できるかだ。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ元監督の下で、「縦に早いサッカー」を磨いてきた日本。ロシア・ワールドカップでもその片鱗を見せているが、森保体制ではより縦への意識が必要となる。前線からのプレスはもちろんのこと、トランジションの早さが求められるサッカーは、ワールドカップ組も問題なく表現できるだろう。 ▽一方で、経験値の差をどう埋めるかという問題はある。今回呼ばれた6名は欧州の5大リーグでプレー経験がある選手たち。その経験値をどう伝えるか、どう主導していくかが重要となる。呼ばれたからには4年後のカタール・ワールドカップを目指すのは当然であり、世代交代の波に負けないという気持ちはあるはずだ。ピッチ内で相手に合わせてどうアジャストしていくか。そこも見どころとなる。 ▽16日にはウルグアイ代表との試合も控えており、2試合で多くのメンバーが出場することになるはずだ。まずはパナマ戦でアピールし、ウルグアイ戦でも出場機会を得られるのか。注目の一戦は12日(金)の19時35分にキックオフを迎える。 2018.10.12 13:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース