レーブ監督が契約延長! 2022年カタールW杯まで指揮2018.05.15 20:16 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツサッカー協会(DFB)は15日、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督と契約延長したことを発表した。契約はカタール・ワールドカップが行われる2022年までとなった。

▽2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)終了後、当時代表監督を務めていたユルゲン・クリスマンの退任に伴い、ヘッドコーチから監督へ昇格する形でドイツ代表の指揮を取り始めたレーブ監督。2008年のユーロでは準優勝、2010年の南アフリカW杯と、2012年のユーロでは3位になるなど高い成績を収め、前回のブラジルW杯では6大会ぶりの優勝に導いた。

▽今回のロシアW杯欧州予選では10戦全勝、43得点4失点という圧倒的な数字で楽々と本大会への切符を手に。これまで2020年までの契約となっていたが、この度4人のコーチングスタッフと共に2022年までの契約を結んだ。

▽ドイツ代表はロシアW杯グループステージででメキシコ、スウェーデン、韓国と同居。2大会連続優勝を狙うマンシャフトに吉報が届いた。

コメント

関連ニュース

thumb

31歳ケディラ、代表キャリア続行に意欲「より優れた選手がいるのなら受け入れるが…」

▽31歳になったユベントスのMFサミ・ケディラに、ドイツ代表を引退する考えはないようだ。 ▽前回王者としてロシア・ワールドカップ(W杯)に臨んだドイツ。しかし、初戦のメキシコ代表戦に敗れると、続くスウェーデン代表戦には勝利したものの、最終節の韓国代表戦で敗れ、1勝2敗でグループF最下位に。屈辱の成績で早期敗退を喫した。 ▽その後、ドイツ代表ではトルコにルーツを持つアーセナルのMFメスト・エジル(29)が自身への人種差別を訴えて代表を引退。シュツットガルトのFWマリオ・ゴメス(33)も自身のフェイスブックで引退を発表した。 ▽一方で、レアル・マドリーのMFトニ・クロース(28)は、代表キャリア続行の意思を表明。そんな中、ケディラは自身のインスタグラム(sami_khedira6)で、新シーズンへの抱負を語ると共に、ドイツ代表での自身のキャリアについて言及した。 「ドイツ代表での将来についてだが、代表はチームの成功とパフォーマンスが重要だ。そのため、その国の最高の選手によって構成されなくてはならない。選手として代表に呼ばれるということは、その国や地域を代表することであり、そのようなチームでプレーできることはとても名誉なことだ」 「より優れた選手が今いるのであれば、私はそれを受け入れるし、理解しなくてはならない。ただ、もし私がドイツ代表に貢献できると思われ、代表チームに招集されるならば名誉と責任、そして誇りと喜びをもってドイツの成功のために努力し続けるよ」 2018.08.17 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クロースがドイツ代表続行を表明! 2020年のユーロを視野に

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(28)が代表キャリア続行を表明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽クロースは、2010年のドイツ代表デビュー以降、通算85キャップ(13得点)を記録。3度のワールドカップ出場を誇り、2010年大会の優勝にも貢献した。 ▽MFメスト・エジルやFWマリオ・ゴメスらが代表から退くなど、世代交代が進むドイツ代表だが、クロースは代表キャリアを続ける意向を明かしている。 「2020年のユーロまで続ける。前回より良い成績を残すという大きな目標を自分に設定した」 「ヨアヒム・レーブと良い話し合いができた。一緒に解決策を見つけていくためにも、ここで休憩したい」 「ヨアヒムの理解に感謝したい」 2018.08.17 11:05 Fri
twitterfacebook
thumb

クロース、電撃引退のエジルに「ナンセンス」

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが代表引退を表明したアーセナルのMFメスト・エジルを酷評した。 ▽エジルは7月22日、ドイツ代表からの引退を電撃的に表明。トルコ系移民である自身のルーツに対する差別が原因であることを明らかにしている。 ▽ドイツ『ビルト』のインタビューに応じたクロースは、そのエジルの行動について次のように言及。同情するどころか、叱咤した。 「メストは、国際的な価値のある選手。選手として、もっと良い去り方があるはずさ」 「だから、彼のやり方は良くなかった」 「声明の一部は、残念ながらかなり多くのナンセンスなものばかりだ」 「代表チームとDFB内にいかなる人種差別も存在しない。彼も良く知っているはずだよ」 2018.08.17 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

クロップ、またしてもS・ラモスを“口撃”「手段を選ばず勝とうと思わない」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを苛烈に批判した。スペイン『アス』が、ドイツ『Sport1』を引用して伝えている。 ▽リバプールは昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)決勝で連覇中だった王者レアル・マドリーと激突。しかし、前半半ばの30分、セルヒオ・ラモスと交錯したFWモハメド・サラーが負傷退場することに。結局、エースを欠いたリバプールは1-3の完敗を喫し、マドリーの3連覇を止めることはできなかった。 ▽上記の試合に関して、クロップ監督はセルヒオ・ラモスに対する怒りを露わにしており、先月末には「あいつはレスラーか? 」と揶揄。さらに今月、『Sport1』のインタビューでは以下のように感情を爆発させている。 「手段を選ばずに勝ちたいとは思わない」 「もちろん、チャンピオンズリーグの優勝者になりたかった。もし様々な分別の無い行動が明らかにされていれば、タイトルを渡すことはなかっただろう」 「彼(セルヒオ・ラモス)にそれ(トロフィー返上)を期待しているわけではない。私が望むことは、あのシチュエーションでの自身の判断について彼がもっと考えることだ」 「もしかしたら偶然だったかもしれない。しかし、(モハメド・)サラーは彼のフットボール人生において際立ったフェイズでゲームからつまみ出された。フィールドの中央付近でね」 「大多数の人々は、こういうことは起こると言うだろう。しかし、もしそういったメッセージを僕らが子供たちに送ってしまえば、勝利が全てであり度を超すものはないということになる。そうすれば、私は40年でこの星を去ることを喜ぶだろうね」 「私がグッドルーザーかって? 違うよ。だが、準備段階でラモスについて話す必要があった。彼は前年のユベントス戦でもダイブに(フアン・クアドラードに対する)レッドカード誘発で影響を与えていたからね」 「レアル・マドリーはチャンピオンズリーグの勝者に相応しいし、誰も文句は付けないだろう。しかし、ラモスによるああいったシチュエーションを受け入れるべきだったか? そうじゃないだろう」 ▽マドリーというクラブに対してではなく、セルヒオ・ラモスという個人に対する批判を公の場で繰り返しているクロップ。発言力を持っている人物としてはかなり過激なコメントだが、エースのサラーやクラブを愛する故の言動かもしれない。 2018.08.11 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

マリオ・ゴメスがドイツ代表を引退

▽シュツットガルトのFWマリオ・ゴメスが5日、ドイツ代表からの引退を発表した。自身のフェイスブックで明かしている。 ▽ゴメスはこれまでドイツ代表として通算78試合に出場。31得点をマーク。2度のワールドカップ出場(2010と2018)、3度のユーロ出場(2008、2012、2016)を果たした。 ▽ドイツ代表を引退したゴメスのコメントは以下の通り。 「僕の代表としてのキャリアは、決して順風満帆というわけではなかった。それでも素晴らしいものだったと振り返ることができるよ。ただ今は去る時が来たということ。たくさんの若く、才能をもった選手たちにチャンスを与えるということだ。彼らの夢が叶い、そして実現し、経験を蓄積し、ドイツ代表ために最高の結果を手にするために」 ▽ドイツ代表ではMFメスト・エジルに続き、今夏二人目のドイツ代表引退選手ということになった。 2018.08.06 04:06 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース