レーブ監督が契約延長! 2022年カタールW杯まで指揮2018.05.15 20:16 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツサッカー協会(DFB)は15日、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督と契約延長したことを発表した。契約はカタール・ワールドカップが行われる2022年までとなった。

▽2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)終了後、当時代表監督を務めていたユルゲン・クリスマンの退任に伴い、ヘッドコーチから監督へ昇格する形でドイツ代表の指揮を取り始めたレーブ監督。2008年のユーロでは準優勝、2010年の南アフリカW杯と、2012年のユーロでは3位になるなど高い成績を収め、前回のブラジルW杯では6大会ぶりの優勝に導いた。

▽今回のロシアW杯欧州予選では10戦全勝、43得点4失点という圧倒的な数字で楽々と本大会への切符を手に。これまで2020年までの契約となっていたが、この度4人のコーチングスタッフと共に2022年までの契約を結んだ。

▽ドイツ代表はロシアW杯グループステージででメキシコ、スウェーデン、韓国と同居。2大会連続優勝を狙うマンシャフトに吉報が届いた。

コメント

関連ニュース

thumb

レーブ「CR7は超一流。でも、メッシこそ完璧な選手」

▽ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督がレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語った。 ▽C・ロナウドとメッシは、共に長らくフットボール界をリードするトッププレーヤー。互いに新進気鋭のゴールスコアラーとして他の追随を許さず、両者を巡った世界最高の選手論争も後を絶えない。 ▽ドイツ代表を率いてワールドカップ連覇を目指すレーブ監督。ドイツ『ビルト』で「ドイツにとって、どちらの選手が脅威か?」との問いに対して、次のように応えたという。 「クリスティアーノ・ロナウドは超一流で、驚異的なゴールマシーン。しかも、何年にもわたってね。だが、私が目にしてきた中で、メッシこそ最も完璧な選手だ」 2018.05.26 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レーブ監督、前回W杯でのゲッツェとの逸話に後悔「彼の重荷になってしまったかも」

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督はMFマリオ・ゲッツェについてドイツ『Bild100sport』のイベントで語っている。<br><br>ドイツは先日、ロシア・ワールドカップへ臨む23名を発表。そこには前回ワールドカップの決勝戦で殊勲のゴールを挙げたゲッツェの名前はなかった。レーブ監督はその理由について「単純に今季は、我々が望んでいるようなゲッツェが見られなかった」と話している。<br><br>また、前回W杯直後、決勝でレーブ監督がゲッツェを交代で送り出す際「(リオネル)メッシより優れていることを世界に示してこい」と伝えたことを明かしたことは話題となった。しかし、指揮官は結果としてその言葉がゲッツェの重荷になってしまったと後悔をにじませる。<br><br>「私が公の場でそういったことを明かしてしまったのはミスだった。その言葉は、マリオを助けなかったからね。彼は常にそのときと比べられ、決定的なゴールを決めたことは負担になってしまったかもしれない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.19 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

「ドイツの正GKに適役なのは…」往年の名GKカーン氏、ノイアーとテア・シュテーゲンに言及

2014年のブラジル・ワールドカップで、ドイツを優勝に導いたマヌエル・ノイアーは今シーズン、負傷により長期離脱中。長らく戦列を離れているが、ロシアW杯に臨むドイツ代表メンバー27人に名を連ねた。<br><br>これを受け、かつてドイツ代表GKとして活躍したオリバー・カーン氏が警鐘を鳴らす。カーン氏は『DAZN』の取材で次のように語った。<br><br>「最終的に23人枠に入るかどうかは、トレーニング時のコンディションで判断されるだろう」<br><br>「ただ、実際に長きに渡って実戦から遠ざかっていたGKが、本番で良いパフォーマンスを出すことは難しい。8カ月も休んでいた選手がW杯に出るとか、現実的だと思えないけどね」<br><br>かつてカーン氏はイェンス・レーマンとドイツ代表の正GK争いをしていたことでも知られるが、現在のドイツ代表ではマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンとノイアーがポジションを争うと見られる。カーン氏はバルセロナで結果を残しているテア・シュテーゲンについて、代表の守護神として適役だと説いている。<br><br>「テア・シュテーゲンはドイツ代表で以前はミスをしたかもしれない。ただ、バルセロナでは実際に落ち着いてプレーしているし、今では代表の正GKにふさわしい活躍を見せている。代表チームでデビューした当時に比べて、彼は今や別格になった。W杯でドイツのゴールを守るなら彼が適任だろう。何も心配すべきことはない」<br><br>提供:goal.com 2018.05.19 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

落選のワグナーが独代表引退 「今のコーチングスタッフのやり方に合わない」

▽バイエルンに所属するドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(30)が代表引退を表明した。『FOX Sports』が伝えている。 ▽ワグナーは今年1月、ホッフェンハイムからバイエルンに移籍。ブンデスリーガ出場14試合で8得点をマークしたが、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督に届かず、ロシア・ワールドカップに向けたメンバーから落選した。 ▽自身初の大舞台に向けた挑戦を終えたワグナー。ドイツ『Bild』に対して心境を吐露し、代表キャリアに終止符を打つ考えを明かした。 「僕はここでドイツ代表を引退する」 「今のコーチングスタッフのやり方に合わないみたいだ」 「僕は常にオープン、正直、そして、直接物を言う性格なんだ」 2018.05.19 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ノイアー、ついにフルメニュー消化! バイエルンもDFBポカール決勝でのベンチ入りを視野に

▽バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが負傷前以来、公式戦にメンバー登録される可能性が出てきた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽昨年9月のトレーニング中に中足骨を骨折したノイアー。以降、長らくピッチから遠ざかり、当初よりも経過が悪く復帰も遅れていたが、今年3月に練習場に復帰すると、4月にはキーパー練習を開始。未だ実戦復帰には至っていないものの、15日に発表されたロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むドイツ代表候補メンバーにも選出された。 ▽そんな中、ノイアーは同日の練習でついにフルメニューを消化。これを見て、バイエルンは19日に行われるDFBポカール決勝のフランクフルト戦でノイアーをベンチ入りさせることも視野に入れているようだ。 ▽「試合への復帰なしでワールドカップに行くことはできないと思う」と語っていたノイアー。リーグ戦での復帰が叶わず、今シーズン中での復帰が絶望的とみられてきたが、昨年9月以来となる出場の可能性がわずかながら見えてきた。 2018.05.17 16:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース