クリンスマン氏、日本代表の衝撃解任劇に言及…西野朗新監督への期待も2018.05.15 12:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
元ドイツ代表FWで、アメリカ代表などを率いた経験のあるユルゲン・クリンスマン氏が『Goal』の独占インタビューに応じ、日本代表の解任劇について語ってくれた。

日本代表は4月9日、ヴァイッド・ハリルホジッチの解任を発表。ロシア・ワールドカップまで2カ月という状況での決断に、国内外で大きな衝撃を持って伝えられた。クリンスマン氏にこの件についてコメントを求めると、「外部者は誰も日本サッカー協会が下した決断を正しいかどうか判断できないよ」と前置きしつつ、私見を述べている。

「世界で一番大きな大会であるワールドカップで自分の実力を見せる機会すら与えられなかった監督を見るのはいつの日も悲しいよ。ハリルホジッチはこれまで3年間で日本を強くするために多くの仕事と努力をしてきたし、結果も残してきた。称賛に値するよ」

一方で、ハリルホジッチの後任として西野朗監督が就任したことにはポジティブな意見を持っているようだ。

「西野朗監督は非常に経験があるし、日本の選手たちを熟知している。それだけではなくクラブレベルでも国内タイトルとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のタイトルも獲っているし、ナショナルチームとしての経験もU-20とU-23の監督を経験しているから十分だ。西野監督にはチームに正しい化学変化を起こしてくれることを期待しているよ。なぜなら多くの主力選手たちはそれぞれ海外の違う国々のクラブチームで普段プレーしているからね」

西野監督への期待を口にしたクリンスマン。求めている「正しい化学反応」は起こされるのか、ロシアでの戦いには注目が集まりそうだ。

提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース