ベニテス、武藤嘉紀を追跡か2018.05.15 12:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀(25)を巡り、ニューカッスルが目を光らせているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えている。

▽ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が今夏、攻撃陣の補強を目論み、武藤を追跡。1月加入のFWイスラム・スリマニが期待に応えられなかったことで、新たなアタッカー獲得に意欲を示している模様だ。

▽そのニューカッスルは、プレミアリーグ復帰初年度の今シーズンを10位でフィニッシュ。プレミアリーグ残留により、クラブから補強資金の提供も見込める状況だという。

▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23ゴール11アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げるなど、公式戦30試合10ゴール5アシストという成績を残している。

▽事前の報道によれば、武藤はプレミアリーグ行きを視野に入れているが、マインツはあと1年の引き留めを希望。また、移籍金として最低でも2000万ユーロ(約26億円)を求めているとみられる。

コメント

関連ニュース

thumb

ニューカッスルがトーレス獲得に乗り出す? リバプールとチェルシーで共演した指揮官が示唆

▽ニューカッスルが、今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズン限りでの退団を決断したトーレスには、中国やアメリカ行きの噂が浮上しているほか、サガン鳥栖が獲得を狙っていることが伝えられている。今回伝えられるところによると、トーレスのリバプール時代とチェルシー時代にタッグを組んでいたラファエル・ベニテス監督率いるニューカッスルも獲得に動く可能性があるようだ。 ▽このことについてベニテス監督は否定せず。ただ、加入が実現すれば2013年以来の再共演となるが、トーレスが加入する可能性は低いと考えているようだ。 「彼の獲得は難しいだろう。それは、我々が獲得を望んでいないからという訳ではない」 「現場で何が起きているかは分からない。ただ、トーレスはおそらく他のクラブのことを考えていると思うね」 「リバプールで彼はセンセーショナルだった。チェルシーでは難しい時期を過ごしたが、(2012-13シーズンに)ヨーロッパ・リーグを勝ち取るためには不可欠な存在だった」 2018.05.20 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

乾加入報道のベティス、ニューカッスルFWに関心! 強力なライバルに?

▽日本代表MF乾貴士の加入が噂されるベティスがニューカッスルのスペイン人FWアヨセ・ペレス(24)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽今季のリーガエスパニョーラでヨーロッパリーグ出場権を獲得したベティスは、二足の草鞋を履く来シーズンに向けて積極な動きを見せている。そのベティスは前線のオプションとしてニューカッスルで活躍するスペイン人FWの獲得に関心を示しているようだ。 ▽2014年にテネリフェからニューカッスルに加入したアヨセ・ペレスは、以降マグパイズの主力FWとして活躍。今シーズンはプレミアリーグ36試合に出場し8ゴール4アシストの数字を残している。先日には2021年までの契約にサインしたものの、クラブがマインツの日本代表FW武藤嘉紀らアタッカーの獲得に動いているとの報道もあり、適切なオファーが届けば、放出に踏み切る可能性も十分にあるようだ。 ▽なお、ベティスのキケ・セティエン監督は[4-3-3]や[3-3-2-2]、[3-4-3]と複数のシステムを併用している。その中でアヨセ・ペレスは2トップの一角、あるいはスペイン人FWセルヒオ・レオンのポジション争いのライバルと見られているが、左右のウイングやシャドーでのプレーを求められた場合、乾の強力なライバルとなる可能性もある。 2018.05.19 15:01 Sat
twitterfacebook
thumb

またしてもセント・ジェームズ・パーク攻略できず…チェルシー5位フィニッシュで来季はEL参戦へ《プレミアリーグ》

▽チェルシーは13日、プレミアリーグ最終節でニューカッスルとアウェイで対戦し、0-3で敗北した。 ▽わずかにトップ4入りの可能性を残す5位のチェルシー(勝ち点70)。同時刻開催される4位のリバプール(勝ち点72)の結果次第ではあるが、微かな望みにかけて勝利を目指す運命の最終節はGKクルトワが復帰し、中盤にはバークリーが1月31日以来となる先発復帰を果たし、2トップにジルーとアザールが起用された。 ▽序盤から攻勢に出るのはホームのニューカッスル。9分には左サイドのクロスを繋げると、最後はシェルヴェイが強烈なシュートを浴びせるがGKクルトワがセーブ。10分には、ディアメがボックス手前左から狙うがここもGKクルトワが弾き出す。 ▽その後もニューカッスルペースは続く。21分にディアメがカンテからボールを奪ってシュートに持ち込むと迎えた23分、右からのクロスからファーサイドのマーフィーがゴールへ向かう。ゴールに入りそうになったボールをGKクルトワが掻き出すが、その先にいたゲイルが頭で押し込んでニューカッスルが先制した。 ▽失点後、チェルシーは前線でアザールやジルーが起点を作るも、ニューカッスルの守備陣を攻略できず、前半はニューカッスルの1点リードで折り返した。 ▽前半シュート0本で終わったチェルシーは52分に、バークリーの右サイドからのクロスをジルーがヒールでループシュートを狙いに行く。後半はやや押し気味に入ったチェルシーだったが59分、シェルヴェイのボックス外からのシュートをアヨセ・ペレスがゴール前で微かに触りゴールイン。ニューカッスルが2点目を決めた。 ▽すでに満身創痍のチェルシーに決定的な3点目がのしかかる。63分、味方のパスからボックス左に入ったルジューヌの折り返しをアヨセ・ペレスが押し込んで追加点。 ▽その後、チェルシーはモラタやウィリアン、ペドロなどのアタッカーをピッチに送るが、単調な攻撃に終始しネットを揺らせないままタイムアップ。逆転でのトップ4入りの可能性もあったチェルシーだが、直近4試合で勝利がなかった鬼門セント・ジェームズ・パークでまたしても勝利できず、2017-18シーズンは5位フィニッシュという形になった。 2018.05.14 01:06 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンがチェルシーのサイドアタッカーに興味

▽バイエルンが、チェルシーのU-23ブラジル代表FWケネディ(22)に興味を持っているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽ケネディは2015年にフルミネンセからチェルシーに加入。初年度こそチェルシーでの出場機会を得られていたが、2年目からはレンタル移籍が続き、最初はワトフォード、今年1月からはニューカッスルにレンタルされている。 ▽ニューカッスルでは、加入後リーグ戦全試合に出場。左サイドを主戦場にこれまで13試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。 ▽バイエルンは、今夏での退団が噂されているスペイン代表DFフアン・ベルナトの後釜としてケネディに興味。しかし、監督交代が確実視されているチェルシーがケネディに対しどのようなプランを立てるか不透明であるうえ、ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が、もう1年レンタル期間延長を望んでいるとされていることから、バイエルン側も一筋縄ではいかないと予想されている。 2018.05.11 20:21 Fri
twitterfacebook
thumb

エースのケインの2戦連発弾でスパーズがニューカッスル撃破! 来季CL出場権獲得に成功!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第31節延期分、トッテナムvsニューカッスルが9日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 ▽前節、最下位WBAとのアウェイゲームでまさかの敗戦を喫した4位トッテナム(勝ち点71)は、5位チェルシー(勝ち点69)に2ポイント差に迫られた中、トップ4死守に向けて運命の2試合に臨む。すでに残留を決定している10位ニューカッスル(勝ち点41)との一戦に向けては先発3人を変更。アルデルヴァイレルトとローズ、ラメラに代わってムサ・シッソコ、ベン・デイビス、ソン・フンミンを起用。システムを[3-4-3]から[4-2-3-1]に戻した。 ▽試合は立ち上がりから攻め合うオープンな展開の中、互いにセットプレーからゴールに迫る。まずは10分、トッテナムがボックス手前右で得たFKをキッカーのエリクセンがファーポストを狙ってシュート。だが、これは相手GKの好守に阻まれる。直後の14分にはペナルティアーク付近でニューカッスルにFKのチャンスもシェルヴェイが右足で直接狙ったシュートは右ポストを叩いた。 ▽前半半ばから終盤にかけても拮抗した展開が続くも、セカンドボールや球際で良い反応を見せるニューカッスルがより相手ゴールに迫る攻撃を披露。一方、トッテナムはヴェルトンゲンの強烈なミドルシュートなどでチャンスを窺う。さらに前半終了間際の41分にはフィードに抜け出したケインがボックス付近でGKと一対一のチャンスを得るが、ここはシュートをミートできない。 ▽ゴールレスで折り返した試合はホームチームが立ち上がりに先制点を奪う。50分、ボックス手前中央でソン・フンミンとのパス交換を見せたケインがDFを引き付けた韓国代表FWからの横パスを見事な右足のコントロールシュートでゴール右隅に突き刺し、2試合連続となる今季28点目を奪った。 ▽この先制点で少し余裕が出てきたトッテナムだが、失点後も気持ちを切らさない相手の攻勢に押され始める。幾度かリッチーらにボックス内を陥れられるが、GKロリスを中心に粘り強い守備で最後の場面でやらせない。 ▽その後も1-0の状況が続く中、早く追加点がほしいトッテナムはソン・フンミンを下げてラメラ。80分過ぎには続けて負傷したトリッピアー、ワニャマに代えてアルデルヴァイレルト、ローズと交代カードを切っていく。試合終了間際の90分にはラメラのスルーパスに抜け出したローズがボックス内でGKと一対一になるが、右足のシュートはコースが甘く追加点とはならず。それでも、エースの決勝点を守り切ったトッテナムは、同日行われた試合でチェルシーが引き分けたことで最終節を前に4位以内が確定し来季CL出場権を手にした。 2018.05.10 06:51 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース