名古屋DF和泉竜司が入籍!2018.05.15 11:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽名古屋グランパスは15日、DF和泉竜司(24)が14日に入籍したことを発表した。

▽和泉は、2014年に明治大学から名古屋入り。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ13試合に出場している。

▽クラブの発表を受け、和泉は次のようにコメントしている。

「私事ですが、このたび5月14日に入籍しましたので、ご報告させていただきます。選手としてより一層責任感を持ち、家族そしてチームを支えていけるよう頑張ります! これからも応援よろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】ソウル五輪予選で日本を破った中国選手の息子がJ1で活躍

▽先週末10日のJ1リーグ、今シーズンから導入された「フライデーナイトJリーグ」のG大阪対FC東京戦で、懐かしい名前を久々に聞いた。試合はG大阪がファビオのゴールで先制すれば、FC東京もディエゴ・オリヴェイラが個人技による突破から同点に追いつく。そして迎えた後半アディショナルタイムの95分、G大阪は高宇洋(こう たかひろ)のアシストからアデミウソンが決勝点を決めて9試合ぶりの、宮本監督になってからは初の勝利をあげた。 ▽試合後、解説を務めた水沼貴史さんは決勝点をアシストした高をヒーローインタビューしたが、そこで「僕もお父さんと試合をしたことがあるんですよ」と高に話しかけたのでピンと来た。 ▽調べたところ高は川崎Fの下部組織出身で、ユースに昇格できたものの市立船橋高に進み、高校3年時にはインターハイで優勝している。そして市立船橋高に在学中に日本国籍を取得した。ボランチとしてJの複数クラブから声がかかり、G大阪に入団したのが昨シーズンのこと。昨夏にはA契約を結んだのだから、将来を嘱望される選手なのだろう。 ▽さて彼の父親である。水沼さんが「試合をしたことがある」のは、忘れもしない87年のソウル五輪アジア最終予選の中国戦だ。日本はアウェー広州での試合を原博実のゴールにより1-0の勝利を収めた。あとは日本でのホームゲームで引き分ければ20年ぶりの五輪出場が決まる。しかしホームで0-2と敗れ、五輪出場の夢を断たれた。 ▽そのときの中国DFが高の父親である高升(こう しょう)だった。当時の中国には後にG大阪入りするストッパー賈秀全や、馬林、柳海光といった大型ストライカーを擁し、1948年のロンドン五輪以来40年ぶりの五輪出場を果たした。 ▽なぜ高升の名前を覚えていたかというと、その後は沈祥福、呂洪祥ら中国代表のチームメイトから誘われ、富士通(現川崎F)でプレーしたからだった(当時の富士通はJSL2部)。当時の富士通は中国に進出するため、中国人選手を獲得したという噂も流れた。日本での現役生活は91年から95年の4年間と短かったものの、その間に日本人女性と結婚し、06年には川崎Fの指導者を務めたこともある。 ▽さらに岡田武史氏が中国スーパーリーグの杭州緑城の監督を務めた際は、アシスタントコーチとして同氏を支えるなど、日本との縁も深い。現役時代の水沼氏にとっては五輪出場を阻まれたライバルでもある高升。ひょんなところから懐かしい名前が飛び出したものだと感心せずにはいられなかった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.14 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、U19代表GK谷晃生とプロA契約 今季堂安律以来の飛び級昇格

▽ガンバ大阪は14日、U-19日本代表GK谷晃生(17)のプロA契約移行を発表した。 ▽谷は、6月10日に行われた明治安田生命J3リーグ第13節の福島ユナイテッドFC戦でプロA契約の規定である公式戦出場時間に到達した。 ▽G大阪ユース出身の谷は今年、MF堂安律(現フローニンヘン)以来の飛び級でトップチームに昇格。将来のG大阪を担うGKとして期待される。 ▽今シーズンは、G大阪U-23の一員として明治安田生命J3リーグを主戦場にプレー。ここまで9試合に出場している。 2018.08.14 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、DFチアゴ・マルチンスが期限付き加入 J1リーグ37失点の守備陣補強

▽横浜F・マリノスは14日、パルメイラスに所属するブラジル人DFチアゴ・マルチンス(23)の期限付き移籍加入を発表した。 ▽パルメイラス下部組織出身のチアゴ・マルチンスは、パイサンドゥやバイーアといったブラジル国内でプレーしてきた身長185cmのセンターバック。今シーズンのここまでJ1ワースト2位の37失点を記録する横浜FMにとって、新たなDF到着となる。 ▽チアゴ・マルチンスはクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「このチャンスをいただき大変嬉しく思います。横浜F・マリノスのユニフォームを着て皆さんの前でプレーすることがとても待ち遠しいです。ビルドアップや1対1のデュエルの部分が自分の特長だと思っていますし、欲を言えばゴールも狙っていきたいと思っています。F・マリノスに加入することが出来てとても幸せです。チームの目標達成のために全力を尽くしたいと思います」 ▽横浜FMは現在、J1リーグ6勝5分け9敗の13位。15日に行われる次節、最下位に沈む名古屋グランパスをホームに迎え撃つ。 2018.08.14 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】累積警告により浦和DFマウリシオ、湘南DF杉岡大暉が出場停止

▽Jリーグは13日、明治安田生命J1リーグ第22節およびJ2リーグ第29節の出場停止選手を発表した。 ▽J1リーグ所属クラブでは、浦和レッズDFマウリシオと湘南ベルマーレDF杉岡大暉が出場停止に。警告の累積による1試合停止が科されている。 ▽J2リーグ所属クラブでは4名が出場停止。愛媛FCのDF西岡大輝に関しては、第28節大宮アルディージャ戦で得点機を阻止したことにより主審から退場が言い渡されていた。日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議された結果、「著しい反則行為」に該当するとして1試合の出場停止となっている。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DFマウリシオ</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ第22節 vsジュビロ磐田(8/15) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF杉岡大暉</span>(湘南ベルマーレ) 明治安田生命J1リーグ第22節 vsベガルタ仙台(8/15) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF竹田忠嗣</span>(FC岐阜) 明治安田生命J2リーグ第29節 vsロアッソ熊本(8/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFアレックス</span>(カマタマーレ讃岐) 明治安田生命J2リーグ第29節 vs横浜FC(8/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF岩尾憲</span>(徳島ヴォルティス) 明治安田生命J2リーグ第29節 vsモンテディオ山形(8/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF西岡大輝</span>(愛媛FC) 明治安田生命J2リーグ第29節 vsヴァンフォーレ甲府(8/18) 今回の停止:1試合停止 2018.08.13 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

柏DF中山雄太が左膝蓋腱炎により全治約4週間…昨季ベストヤングプレーヤー賞

▽柏レイソルは12日、U-21日本代表DF中山雄太が左膝蓋腱炎により全治約4週間と診断されたことを発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、中山は8日の日立柏総合グラウンドでのトレーニング中に負傷。検査の結果、今回の離脱が判明した。 ▽茨城県出身の中山は、中学年代から柏の下部組織に入団。2015年にトップチーム昇格を果たすと、同年5月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ベカメックス・ビンズオン戦でプロデビューを飾った。昨シーズンはJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞しており、更なる飛躍が期待される今シーズンは明治安田生命J1リーグ13試合に出場している。 2018.08.12 20:15 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース