愛媛が間瀬秀一監督と契約解除…後任に同クラブU-18監督の川井健太氏2018.05.15 11:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽愛媛FCは15日、間瀬秀一監督(44)並びに、眞中幹夫ヘッドコーチ(48)との契約解除を発表した。

▽間瀬監督は、2017年から愛媛を指揮。しかし、在任2年目の今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ2勝4分け8敗の20位に沈んでいる。

▽志半ばで愛媛監督を辞することになった間瀬監督と眞中ヘッドコーチは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆間瀬秀一
「私の力が及ばず、クラブが現在の順位であることを大変申し訳なく思っています。苦しい状況の中でも、日々の練習・試合において全力で戦ってくれた選手とスタッフに心から感謝しています。また、いついかなる時も熱い声援でチームに力を与えてくださった、ファン・サポーターの皆さま、本当にありがとうございました。私はここでクラブを去りますが、最後まで絶対に諦めない愛媛FCらしいサッカーで、クラブを愛する全ての人々が喜び合えることを心から願っています」

◆眞中幹夫
「これまでご支援いただいた愛媛FCサポーターの方々を始め、愛媛FCを支えていただいたすべての皆様に、心から感謝申し上げると共に、結果を残せず、お詫び申し上げます。今後の愛媛FCの成功を心より願います」

▽なお、後任として、同クラブU-18の指揮を執る川井健太氏(36)の昇格が決定。また、アカデミーダイレクターを務める青野大介氏(38)がヘッドコーチに就任した。川井氏は次のようにコメントしている。

「この度、愛媛FCより監督要請のお話をいただき、就任する決断を致しました。クラブ出身者として、愛媛県出身者として、プライドと覚悟を持って
現在の順位・状況を打破していきます。その為にはクラブを支えて頂いている皆様の力が必要です。皆様のご声援・ご協力・ご支援のほどよろしくお願い致します」

コメント

関連ニュース

thumb

金崎夢生、ポルティモネンセ復帰説が電撃浮上

▽鹿島アントラーズに所属する日本代表FW金崎夢生(29)に古巣ポルティモネンセ復帰の可能性が急浮上した。 ▽2013年からポルティモネンセでプレーした金崎は、2015年に鹿島入り。翌年に完全移籍で鹿島に再加入を果たした。その間、鹿島をJ1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯優勝に貢献。個人としてもJリーグベストイレブンを受賞するなど、今の鹿島に欠かせない選手として不動の地位を築く。 ▽しかし、ポルトガル『A Bola』によれば、今シーズンから背番号「10」に変更した鹿島のエースに対して、再びポルトガルで真価を証明するチャンスが巡ってきたという。ポルティモネンセの幹部がチームの野心的なプロジェクトに見合う選手を探して、日本に赴いている模様だ。 2018.05.26 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

今季入団のGK金炫成、一身上の都合で相模原を退団

▽SC相模原は25日、韓国人GK金炫成(キム・ヒョンソン/25)が一身上の都合による退団の申し出を受け、これを了承したことを発表した。 ▽金炫成は、大邱FC(韓国)から今シーズン入団。ここまで出場機会がなかった。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「予定より早く韓国に戻ることになりました。これまで多くの助けをくれて本当にありがとうございます。日本に来て最初のチームで相模原に来ることができて、良い仲間良いコーチに会えて感謝しています。今は韓国に戻りますが、韓国でもSC相模原が今年は優勝、その先には1部リーグまで行くことを祈っています。これまで応援ありがとうございました!」 2018.05.25 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

来季鹿島加入内定の順天堂大MF名古新太郎が特別指定選手に

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、順天堂大学のMF名古新太郎(22)を2018年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は、鹿島アントラーズとなる。 ▽名古は静岡学園高校から順天堂大学に進学。2016年から全日本大学選抜に選出されており、2017年にはユニバーシアード日本代表に選ばれて同大会の優勝に貢献している。 ▽名古は3月1日に2019シーズンからの鹿島加入が内定。その際に同クラブは名古の特徴を「高い技術と戦術眼が持ち味。ゲームメイク能力に優れ、機を見て自ら得点も狙う」と紹介している。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2018.05.25 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、飛び級JデビューのU-19日本代表FW中村敬斗とプロA契約締結

▽ガンバ大阪は24日、U-19日本代表FW中村敬斗(17)とのプロA契約締結を発表した。中村は4月21日に行われた明治安田生命J1第9節、セレッソ大阪戦においてプロA契約締結条件を満たした。 ▽三菱養和SC出身の中村は、昨年10月に行われたU-17ワールドカップに臨む日本代表メンバー入りを果たすと、U-17ホンジュラス代表戦のハットトリックを含む大会4ゴールをマーク。浦和レッズやFC東京、ジェフユナイテッド千葉、シュツットガルト、リーズの練習にも参加するなど、国内外で注目を浴びたストライカー。 ▽現在、高校3年生ながら飛び級でプロキャリアをスタートさせた今季は、開幕戦の名古屋グランパス戦で途中出場からプロデビューを果たすと、第3節の川崎フトンターレ戦ではスタメンデビューも経験。ここまでリーグ戦13試合に出場している。さらに、JリーグYBCルヴァンカップ第2節の浦和戦ではプロ初ゴールも記録している。 2018.05.24 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタ来日、入団会見全文 「日本文化の一部に」

▽ヴィッセル神戸は24日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の完全移籍加入を正式発表した。 ▽同日に来日したイニエスタは、その足で都内での入団記者会見に出席。この日、正式に神戸の一員に、そしてJリーガーとしての第一歩を踏み出したバルセロナが誇るマエストロは、次のようにコメントしている。 ◆MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/スペイン代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさん、こんにちは。僕にとって、今日は本当に特別な日。僕のキャリアにとって、非常に重要なチャレンジになる。僕の家族も日本に来られることをとても喜んでいる」 「三木谷さん、それから三浦さん、みなさんの信頼に心から感謝したい。僕らはこのプロジェクトの中で、もう1歩前進していきたい。このクラブ、そしてJリーグがアジア全体に広まるように、僕も力を貸したい」 「チームメートたちと一緒にプレーすることを心から楽しみにしている。この素晴らしい国にいることをとても嬉しく思う。日本は僕の大好きな国。僕もそれから家族も、少しでも早く日本の文化に慣れて過ごしていきたい」 ――今の日本サッカーについて。また、今後について<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「日本のサッカーをとてもリスペクトしている。日本のプレーヤーについてもそう。非常に技術が高く、考えてプレーしていて、コンビネーションもよく使う。Jリーグについても、日本代表についても良く知っている。非常にレベルの高い選手が多い」 「僕は自分のチームを助けるために、自分のサッカーをお見せするために日本に来た。そうすることにより、クラブや日本サッカーがより一層発展していくことを祈っている」 ――日本を選択した理由。ヴィッセル神戸を選択した理由とは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「幸運なことに色々なオファーを受けた。僕に関心を抱いてくれた他のクラブにも感謝したい。僕が神戸に決めた理由は、提示されたプロジェクトが非常に興味深いものだったから。僕をすごく信頼してくれた」 「人として、プレーヤーとして僕を信頼してくれた。そこが大きかった。前にも言ったが、日本は素晴らしい国。そして、日本文化も素晴らしい。できるだけ早く日本に慣れて活躍したい。日本の生活を楽しみつつ、プレーも楽しみ、早くチームの一員になりたい」 ――具体的な好きなところとは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「全部。日本の人々も好き。でも、1番重要なのは、文化に溶け込むこと。みなさんと同じような国民の一員になりたい。僕の家族もそう。私たちの祖国の文化とは違うけど、できるだけこの文化の一部になりたい」 2018.05.24 17:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース